引越しの転居はがきは必要?いつまでに出さないといけないの?

引越しをする際には、引越し先の住所を両親や友人など、様々な人達に知らせなければならないでしょう。

引越し先を知らせるにあたって転居はがきを出す方法がありますが、メールやSNSなど手軽に連絡できる手段が増えてきたので簡単に済ませてしまうこともあるかもしれません。

ただ、お世話になった人や目上の人に対しても簡単に連絡を済ませてしまってもいいものか悩みますよね。

はたして、転居はがきは本当に必要なのでしょうか。

そこで、引越しした後に転居はがきを送る必要性はあるのか、いつまでに出すべきなのかについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



そもそも転居はがきを出す必要性はあるの?

結論から言えば、転居はがきを出す必要性はあります。

引越しした後はどうしても片付けや他の手続きなどで、連絡を疎かにしてしまうのは無理もありません。

時間がない時に最低限引越し先の住所を知らせたり挨拶をする為には、メールやSNSなどで簡単に済ませてしまう人もいるでしょう。

しかし、引越ししたことを知らされていない人からすれば、なぜ引越ししたことを知らせてくれなかったのかと疑問を抱くことになります。

また、引越し先の住所を知らせていない状態だと旧住所に荷物などを郵送してしまうので、その荷物が送り返されてしまったり、最悪の場合は既に住んでいる人に情報を盗み取られる可能性もあります。

これらを防ぐ為にも、住所を知っている人全員に引越したことを知らせる転居はがきを送る必要性があるでしょう。

そもそもメールやSNSで知らせればいいと思っても、メールができない相手であったり、SNSで連絡が取り合えない人だと必然的に転居はがきを送ることになるでしょう。

引越し先を知らせる必要性がある人に対して面倒だから転居はがきを送らないのは、様々なデメリットに繋がりかねません。

引越したら必ず転居はがきを送るようにしましょう。

転居はがきはいつまでに出せばいい?

引越しした直後はどうしても忙しくて連絡を後回しにしてしまうのではないでしょうか。

しかし、なるべく早く送らないと様々なトラブルに繋がりかねません。

では、いつまでに転居はがきを送ればいいのでしょうか。

引越してから1ヶ月以内、遅くても2ヶ月以内に送ろう

転居はがきを出すなら、できる限り引越してから1ヶ月以内に出すのが理想的です。

早めに知らせるに越したことはありませんし、余計なトラブルを起こさない為にも早めに転居はがきを出しましょう。

ですが、1ヶ月以内といっても片付けや手続きなどに追われてなかなか転居はがきを出せる余裕がない人もいるかもしれません。

どうしても忙しくて時間がない場合は、遅くても2ヶ月以内に転居はがきを出すようにしましょう。

どうしてもメールやSNSで連絡してはいけない?

できれば転居はがきを出すのが理想的ですが、絶対にメールやSNSで連絡してはいけないというわけではありません。

親しい間柄であれば特に問題はありませんし、どうしても時間がない時に知らせる手段として役に立つでしょう。

転居はがきはわざわざ印刷したり手書きで作成したりと面倒なので、メールなどで知らせれば手間がかかりませんよね。

しかし、わざわざ印刷や手書きで作成したはがきを送ることこそ、それを受け取った側は嬉しく思うものです。

引越したことをわざわざはがきで知らせることで相手に気持ちが伝えられるので、一旦メールやSNSで連絡してから改めてはがきで知らせるのがおすすめです。

転居はがきは誰に出せばいい?

自分と関わりがある人全員に転居はがきを出せばいいのかと思われるかもしれませんが、とにかくはがきで知らせればいいというものではありません。

はがきを出す相手に対する配慮も必要なので、自分と親交がある人に限られるでしょう。

では、誰に転居はがきを出せばいいのでしょうか。

転居はがきはなるべく多くの人に出そう

転居はがきを絶対に送っておきたいのが、

• 毎年年賀状を交換している人
• 取引先
• 上司などお世話になっている人

以上の3種類です。

これらの種類に限らず、なるべく知らせておきたい人全員に知らせることが大切です。

引越し先の住所や電話番号などを知らせることで余計なトラブルが発生することもなくなりますし、引越し先を教えてくれることに対する気遣いなども感じられるでしょう。

それだけ転居はがきをたくさん作成する必要性がありますが、今後の為にもなるべく多くの人にはがきを送るのがおすすめです。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

年始や正月休みに引越す人が考えなければならないのは、年賀状の扱いについてです。 毎年必ず年賀状を出している人にとって、引越しと被っ...

転居はがきを早く送るのはマナー違反?

転居はがきを引越しした後ではなく引越しする前に送ろうと考える人もいるでしょう。

もちろん引越しする前に転居はがきを出しても問題ありませんが、2ヶ月前などあまりにも早い時期に転居はがきを出すのは得策ではありません。

まだ引越ししたわけではありませんし、相手が勘違いして引越していない新住所に荷物などを郵送してしまう可能性があります。

忘れないように転居はがきを出したいのであれば、引越す1週間前や2週間前にしましょう。

転居はがきを出す時の文章は?

転居はがきを出す相手によって、文章を変えなければなりません。

誰でも同じ文章ではいけませんし、かといってどんな文章を書けばいいのか分からない人もいるかもしれません。

では、転居はがきを出す際の文章のポイントをご説明しましょう。

転居はがきの文章のポイント

転居はがきを書く時のポイントは、始まりの文章と最後に日付と引越し先の住所と電話番号を記載することです。

前もって引越したことを知らせている場合は構いませんが、最初にいきなり引越したことを知らせてしまうと、相手に対する配慮が欠けてしまいます。

相手に対する最大限の配慮を欠かさない為にも、まずは引越したことの報告と、引越した理由を記載します。

次に「お近くにお越しの節にはぜひお立ち寄り下さいますようお待ち申し上げます。」というような新住所への来訪を願う言葉を記載しましょう。

「来てください」では自宅へ行かなければならないという強制されてしまうような印象を与えてしまうので、押しつけがましくない文章を記載するのがポイントです。

そして最後に日付、新住所、電話番号、名前と順番に記載します。

たとえ相手が既に新しい住所を知ってる場合でも、改めて新住所を記載するのがマナーです。

相手が頻繁に連絡を取り合うような親しい人なら、少し砕けた文章でも良いでしょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

引越しした時に忘れてはいけないのが、転居はがきを送ることです。 引越しした後に送るものなので、ただでさえ引越しの後片付けや手続きに追われる...

さいごに

引越しに伴う転居はがきの作成は、非常に面倒に思う人もいるでしょう。

実際、引越しした後に転居はがきを出している暇がない人もいるでしょうし、ついはがきを出し忘れてトラブルになることもあるかもしれません。

転居はがきを出すのは一つのマナーでもあるので、相手に合わせたはがきを作成して1ヶ月以内に出すようにしてくださいね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

結婚してから引っ越す夫婦がいるように、結婚と引っ越しのタイミングは人それぞれですよね。 結婚や引っ越しの準備で忙しくしている以上、それぞれ...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引っ越しと結婚の報告をはがきで一緒にしてもいいの?文例はある?

六曜が気になるけど引越しで縁起が悪いとかある?費用が安くなったりする?

引っ越し業者にお礼やお心付けは渡すべきなの?渡すなら相場はいくらくらい?

一人暮らしから実家に引っ越しするけど不用品の処分はどうしたらいい?

引越しの転居はがきの文例はある?書く場合の注意点とは?

一人暮らし女性の引越しだから男性作業員に不安があるけどどうしたらいい?