同一市内の引っ越し費用の相場は?安い業者を見つけるコツとは?

引っ越しするにあたって重要になるのが、引っ越し料金費用の相場です。

安い業者を探すに越したことはありませんし、できる限り引っ越し料金を抑えることができればお得ですよね。

ただ、数ある引っ越しの中でも同一市内の引っ越しは基本的に距離が短いので、料金が安くなる傾向にあるでしょう。

もちろん同じ内容の引っ越しでも場合によっては料金が高くなる可能性があるので、引っ越し料金がどのように決められているのかも気になるところです。

そこで、同一市内での引っ越し料金の相場はどれくらいなのかについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



引っ越し料金はどうやって決められているの?

見積もりを依頼して結果を見たとしても、引っ越し料金はどのように決められているのか気になる人もいるのではないでしょうか?

料金が高い結果になったらその理由を聞きたくなるものですし、納得ができる理由がほしいですよね。

では、どうやって引っ越し料金が決められているのかご説明しましょう。

引っ越し先までの距離

第一に挙げられるのが、引っ越し元から引っ越し先までの総距離です。

引っ越しにおいて重要なのは、引っ越し先まで移動するにあたってどれくらいのガソリン代がかかるのか、高速道路を利用するのか、そしてどれくらいの時間スタッフを拘束するかどうかです。

つまり、移動時間が長くなるほど引越し料金が高くなるということになります。

引っ越し業者としても一日の間に何件も作業を行うのがベストなので、拘束された分は料金が上乗せされることを覚えておきましょう。

特に繁忙期の業者は非常に忙しい為、同じ距離でも料金が大きく違うので注意が必要です。

引っ越し先まで運ぶ荷物の量

もう一つは、引っ越し先まで運ぶ荷物の量です。

これは荷物の量が多いほど、トラックの台数を増やし、スタッフを増員しなければならないからです。

使えるトラックを一世帯の引っ越しの為に増やさなければなりませんし、その分動員できるスタッフを一世帯に回さなければならないので、その分料金が高くなる仕組みになっています。

逆にトラックの台数が少なく、スタッフの人数が少ないほど料金が低くなるので、荷物の量が少ないに越したことはないのです。

ただし、繁忙期の場合は業者が多方面へスタッフを向かわせている為、たとえ荷物の量が少なくてもスタッフを半ば無理矢理動員しなければならず、料金は高くなる傾向にあるので注意しましょう。

同一市内の場合だと引っ越し料金はどうなる?

先ほどの内訳は一般的な引っ越しにかかる料金ですが、同一市内の引っ越しとなれば話は違ってきます。

同一市内で引っ越す場合、荷物の量が多かったとしても距離が基本的に短いので移動時間が少ない為、その分料金は安くなると言えるでしょう。

移動する距離が短いということは消費するガソリンが少ないですし、スタッフを拘束する時間も短くて済みます。

つまり、引っ越し料金を安くしたい場合は同一市内の引っ越しを検討することも一つ御選択肢だと言えますね。

同一市内の半径10km程度の引っ越しを行う場合、費用の相場はどれくらい?

同一市内で引っ越しを行う場合、費用の相場は他の引っ越しよりも安い傾向にあるのではないでしょうか。

もちろん何人で暮らしているかによって料金が違ってくるので、その都度チェックした方が良いかもしれません。

それでは、半径10km程度の引っ越しを行う場合、費用の相場はどれくらいなのかをご説明しましょう。

一人暮らしの場合

一人暮らしの人が同一市内の引っ越しを行う場合、費用の相場は約3万5000円程度となっています。

これは距離が短いばかりか、荷物の量が少ないことからスタッフの数が少なくて済むのがポイントです。

同一市内であれば気軽に引っ越せるので、急な用事ができたとしても対応しやすくなるでしょう。

繁忙期の場合は業者が忙しいので料金が高くなりますが、それでも相場は5万円と比較的安いのでありがたいですよね。

二人暮らしの場合

二人暮らしともなれば荷物が増えるので、費用の相場は約7万円となります。

一人暮らしで約3万5000円だったので、それを二人分合わせることから妥当な相場だと言えるでしょう。

また、繁忙期の時の費用の相場は約9万円となります。

四人暮らしの場合

四人暮らしともなれば荷物の量もかなり増えていくので、費用の相場は約11万円となります。

繁忙期になると約15万円もかかる為、同一市内の引っ越しであっても油断することはできません。

距離は短くても荷物の量が多くなればスタッフもトラックも増やす必要性があるので、その分どうしても料金が高くなることに注意しましょう。

同一市内の引っ越し料金を安くするコツとは?

いくら同一市内の引っ越し料金が基本的に安いとはいえ、引っ越し料金は安いに越したことはありません。

特に引越し料金が高くなる繁忙期に引っ越すのはどうしてもというわけではない限り、もっての外なので引っ越す日を調節する必要性もありますね。

では、同一市内の引越し料金を安くする方法をご説明しましょう。

閑散期に引っ越す

閑散期とは繁忙期の反対で、引っ越す人が少なくなる時期のことです。

繁忙期は引っ越す人が多いので業者としても値段を高くするチャンスですが、閑散期は逆に引っ越す人が少なく、業者も暇な状態です。

しかし、お客がいないと仕事が成り立たないので、引っ越ししたい人が現れたら絶対に逃したくないでしょう。

閑散期は引っ越し業者が料金を安くしてでも仕事を確保したい時期である為、同一市内でも閑散期に引っ越しした方が安く引っ越しできます。

特に6月は梅雨の時期であり、荷物が濡れるなど様々なトラブルが起こりやすい為、最も人気がない月となっています。

閑散期に引っ越すのはもちろん、できれば6月の引っ越しを検討するのもおすすめですね。

引越しの際に気を付けておきたいのが、引越しの繁忙期と閑散期です。 繁忙期は引越し業者が非常に忙しいのでなかなか予約が取れなかったり料金が高...

フリー便を利用する

フリー便とは時間帯を選ばない引っ越しであり、時間を指定する午前便や午後便と違って料金が安いのがメリットです。

ただでさえ同一市内の引っ越し料金は安いのに、時間を指定しないとなるとさらに安い料金で引っ越せる期待が持てます。

ただ、フリー便にはデメリットがあることに注意しましょう。

フリー便は時間を指定しないので、業者としてもフリー便の引っ越しは一番後回しにされてしまいます。

後回しにされた結果、引っ越し作業の開始時間が夕方以降や夜中になることもしばしばあります。

夕方以降や夜中に引っ越し作業を開始すると近所迷惑になる可能性があるので、十分に注意しなければなりません。

フリー便を利用する場合は、周囲の住民への配慮を忘れないようにしましょう。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

不要品を処分する

引っ越し料金は距離だけでなく荷物の量でも決まります。

つまり、荷物の量を少なくすれば自ずと引っ越し料金も安くなります。

したがって、引っ越しを機に不要品は処分するか買い取ってもらいましょう。

買い取ってもらえないものは処分するかリサイクル業者に引き取ってもらうしかありませんが、できる限り不用品は買い取ってもらうのがおすすめです。

不要品の中には値段がつく可能性があるものもあるかもしれないので、買い取ってもらえればその分の費用を活用することができます。

不要品を処分するなら先に買い取ってもらえる場所を探しましょう。

一括見積もりサイトを利用する

一人暮らしなら約3万5000円、二人暮らしなら約7万円とご説明しましたが、これが安いのかどうかと言えば判断しづらいですよね。

そこでおすすめなのが、複数の業者に見積もりを依頼する方法です。

1社だけでなく複数の業者に見積もりを依頼することで、同一市内の引っ越し料金が安い業者を探すことができるでしょう。

しかし、1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するのは時間がかかります。

特に時間がない人は、複数の業者に見積もりを依頼している暇なんてないという人もいるでしょう。

そんな時には、たった数分で最大10社まで見積もりが依頼できる「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」を利用するのがおすすめです。

1社ずつ見積もりを依頼する手間が省けますし、見積もり結果を比較しやすいのが一括見積もりならではの大きなポイントだと言えます。

見積もりを依頼したからといって必ずしも引っ越しを依頼しなければならないわけではなく、しかも無料で利用できるので気軽に活用できますね。

同一市内の引っ越しを行うことでキャンペーンの対象になることもあるので、これを利用しない手はありません。

同一市内の引っ越しをするなら、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

同一市内の引越しで最安値の業者を調べてみる(無料)

さいごに

他の引っ越しとは違い、同一市内の引っ越しは基本的に料金が安いのでお得です。

それでも荷物の量が多かったり、大人数で引っ越すごとに料金が高くなるので、せめて荷物の量を減らす必要性があるでしょう。

より安い引っ越し料金で引っ越す為にも、一括見積もりサイトを利用しない手はありませんね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

同じマンション内での引っ越しの費用の相場はいくら?

損してる?長距離引っ越しの費用の相場はいくら?