12月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

 

「12月に引っ越したいんだけど費用はどのくらいかかるんだろう?」

「12月でいつが安く引っ越しをすることができるのかな?」

何て疑問はありませんか?

12月は新年に向けてクリスマスや冬休みや大晦日などイベントがあります。

スムーズに引っ越しする為には、タイミングを見極める必要性もあるでしょう。

こちらの記事を読み込むことで、12月に引っ越しする時のコツやポイントが分かります。

それでは、一人暮らしの人が12月に引っ越す時の相場についてご説明しましょう。

12月に引っ越す時は、この記事を読んで参考にしてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



12月は11月よりも引っ越し料金が安いって本当?

結論から言えば、12月は大晦日や年末年始と、どこも新年を迎える準備で大忙しなので引っ越しを検討している人が11月よりも少ない傾向にあります。

つまり、引っ越し業者も引っ越しを依頼してくる人がかなり少ないため、閑散期に引っ越すことが可能です。

閑散期は他の月に比べて引っ越しを依頼する人が少ない月なので、それだけ引っ越し業者も暇だということになります。

ですが、油断しないでおきたいのが、クリスマスを過ぎたあたりから急激に引っ越しの需要が上がってしまうことです。

それでは、12月の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

12月上旬の引っ越し費用の相場

12月上旬ともなれば、まだ閑散期なのでそれほど引っ越し費用が高くなるわけではありません。

指数で表すなら、通常期が100だった場合、12月上旬は75といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で2万円から3万円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、5万円から6万円が相場となるでしょう。

12月中旬の引っ越し費用の相場

12月中旬は、まだ引っ越しの需要が高まっているわけではないので上旬と比べてもそこまで大きな変化はありません。

指数で表すと、12月中旬は80といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で2万3000円から3万1000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、5万4000円から6万2000円が相場となるでしょう。

12月下旬の引っ越し費用の相場

12月下旬は、上旬や中旬とはうってかわって一気に繁忙期となるので十分な注意が必要です。

指数で表すと、12月下旬は130といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で4万5000円から5万4000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体8万円から9万円が相場となるでしょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引っ越しする時は時期を考えて日程を調整する方法もおすすめされていますが、年末年始に引っ越しを検討している人もいるのではないでしょうか? ...

クリスマス前後の引っ越し費用はどうなるの?

クリスマスは各地で様々なイベントが行われるので人々が浮足立ちますが、引っ越し費用の相場に関してはそこまで大きな影響はありません。

12月中旬より少し高い程度、つまりクリスマス前後は近距離で2万5000円から3万3000円、遠距離なら5万6000円から6万2000円が相場となります。

以上がクリスマス前の引っ越し費用の相場なので、クリスマスに引っ越しても問題ないと言えます。

しかし、ここから問題になるのが、クリスマスを過ぎた後から大晦日を迎えるまで繁忙期と同じような忙しさになることです。

今まで閑散期と同じ費用だったのは、これから世間が年末年始を迎えるにあたって仕事などが忙しくなるからです。

ですが、クリスマスを過ぎた後から年末年始に向けた仕事が一旦終了する他、年末休暇となる職場が多くなります。

このことから、クリスマスを過ぎたあたりから急激に引っ越しの需要が高まっていくのです。

問題なのはそれだけではなく、引っ越し業者がアルバイトを確保しにくいという問題が発生します。

通常期ならアルバイトを雇ってまで人員を増やしますが、年末まで働きたくないという傾向から人員が確保しにくく、引っ越し件数が多くなって混み合ってしまうのも一つの要因です。

したがって、クリスマスを過ぎてから引っ越しを考える人は十分に注意しましょう。

年末年始の引っ越し費用の相場は?

年末になると年始に向けて行動する人が多くなるので、それに応じて引っ越しを考える人も多くいるでしょう。

はたして、年末に引っ越す時に気を付けたい注意点があるのでしょうか。

年末に引っ越しすると縁起が悪いって本当?

よく年末に引っ越しすると縁起が悪いと言われることがありますが、そんなことは全くありません。

縁起が悪いと言われているのは他の月なので、12月の年末に引っ越したとしても縁起が悪くなることはないでしょう。

ただ、縁起を担ぐのであれば六曜の中で最も縁起があるとされる『大安』の日に引っ越すのがおすすめです。

年末の引っ越し費用の相場はどれくらい?

年末の引っ越し費用はクリスマス以降の相場と同じで、繁忙期と同じ引っ越し費用がかかると思って良いでしょう。

つまり、一人暮らしの近距離引っ越しで5万円から5万4000円、遠距離だと6万3000円から7万円が相場となります。

年末は今年最後の忙しさとも言えるので、引っ越す場合は十分に注意しましょう。

年末に引っ越しする時の注意点

年末に引っ越す上で注意しておきたいのは、年末年始の帰省ラッシュとガスや水道、電気の開通です。

年末年始は休暇を利用して帰省する人が非常に多く、引っ越しするタイミングで交通渋滞に巻き込まれる可能性が高いでしょう。

年始を迎えるまでに引っ越したいと思っていても、交通渋滞に巻き込まれてしまうとスケジュールが乱れる可能性があるので早めの引っ越しが必要になります。

また、引っ越し先のガスや電気、水道を開通させる場合、年末年始はスムーズに行くかどうか怪しいと言えます。

ガス会社や水道会社、電気会社なども年末年始の影響で休んでいる可能性が高く、もし自分が契約している会社が休んでいた場合はすぐに使うことができません。

年末はもちろん、年始も同様に休んでいる会社が多いので早めに立ち合いの元、開通してもらわないと引っ越ししたその日から不便な生活を送ることになりかねないでしょう。

大晦日に引っ越すことはできるの?

そもそも大晦日に引っ越せるかどうかについてですが、引っ越し業者は基本的に休業というものはないので、引っ越し自体はできます。

しかし、大晦日なので休業している業者が多く、たとえ引っ越しを受け付けている業者がいたとしても引っ越し費用は繁忙期の時と同じくらいの費用になります。

これは大晦日にアルバイトが集まらず、他の社員や業者が休みを取っているからです。

他の業者が休みということは業者を探しにくいので値引き交渉に応じなくても問題ありませんし、元々の料金もそのままで構わないと判断しています。

つまり、大晦日は引っ越しはできたとしても料金が高めであり、帰省ラッシュが続いているので渋滞に巻き込まれやすい日ということになります。

余程のことがない限りおすすめはしませんが、どうしても大晦日に引っ越さなければならないのであれば十分に注意しましょう。

12月に引っ越す時、住民税の支払いはどうなるの?

12月に引っ越す上で忘れてはならないのが、住民税の支払いです。

本来は翌年の1月1日から12月31日までの収入の総額によって決められた住民税を、現在住んでいる自治体に納付しなければなりません。

それでは、住民税はどうなるのかご説明しましょう。

住民税は年末調整の際に新住所を記載してから支払う

12月に引っ越したとしても、住民税の支払いに関するルールは変わりません。

住民税は翌年の1月1日時点で現在住んでいる市町村の自治体に納付することになっているので、年末調整の際に記載する住所に気を付けるだけで問題ないでしょう。

もし年末調整の際に旧住所を記載してしまうと、旧住所と新住所で請求される自治体が異なる事態になってしまいます。

会社員の人は会社が自動的に天引きしてくれますが、12月に引っ越しが決まったらすぐに会社に知らせましょう。

年末調整を行うのは経理部なので、経理部に迷惑をかけないように早めに知らせることが大切です。

もし年末調整の際に旧住所を記載したまま引っ越してしまうと、書類が送り返されてしまう可能性があるので注意しましょう。

住民税を納める自治体は、1月2日に引っ越して住民票を移したら旧住所があった自治体に納付すること、そして1月1日に住民票を移した場合は新住所がある自治体に納付するということを覚えておくと分かりやすいのではないでしょうか。

12月に賃貸物件に引っ越す場合はどうなるの?

12月に引っ越すことが決まった時に心配になるのが、引っ越し先がスムーズに見つけられるかどうかです。

閑散期ということで家賃交渉はやりやすいかもしれませんが、物件の数がどうなっているかが問題ですよね。

それでは、12月の物件や家賃についてご説明しましょう。

12月の賃貸物件数はどれくらい?

12月の物件数は11月と比べて徐々に増えている傾向にあります。

直接不動産会社に行って探しても見つかるかどうかは分かりませんが、インターネットなどで探してみると新しい物件が見つかる可能性があるでしょう。

これから迎える3月に向けて徐々に物件が増えてきているので、それを狙うのも得策です。

12月の家賃相場は他の月と比べて違うところはある?家賃交渉は?

12月の家賃相場は、基本的に下がっている傾向にあります。

1月や2月も閑散期なので、大家さんとしても長く空室をそのままにしておくわけにはいきません。

空室を埋めるためには苦渋の決断として家賃を下げる傾向にある為、家賃が10万円だとすれば8万円程度にまで下げる可能性もあります

家賃交渉も同様に、入居者が契約しやすくするために少しでも下げてくれる可能性があると言えます。

ただし、クリスマスを過ぎた後は繁忙期のようになるので、多くの入居者がやってくることから家賃相場を高くする可能性があるでしょう。

家賃交渉にも応じてくれない可能性があるため、相場が安いうちに引っ越したいのであれば最低でもクリスマスが過ぎる前に引っ越すのがおすすめです。

家賃の交渉についてはこちらをどうぞ。

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか? ...

引っ越し料金を安く抑えるにはどうすればいい?

12月の閑散期はクリスマス以降を除いて引っ越し料金が安い傾向にありますが、さらに安く抑えるに越したことはありません。

それでは、引っ越し料金を安く抑える方法についてご説明しましょう。

宅配便で郵送する

引っ越し料金を少しでも安く抑えたいなら、一部の荷物を宅配便で郵送するのがおすすめです。

郵送先によって左右されるところですが、基本的にダンボールのサイズによって料金が発生します。

一人暮らしの場合だと荷物の数が少ない傾向にあるので、費用を抑えるのに最適です。

フリー便を利用する

時間を指定しないフリー便であれば、時間指定の午前便や午後便よりも安い料金で引っ越すことができます。

12月は閑散期なので引っ越しを依頼する人が少ないため、引っ越し業者の都合に合わせるといっても午前中や午後に作業が開始されることもあります。

ただし、クリスマスを過ぎた後にフリー便を利用すると業者のスケジュールの関係上、作業の開始時間が大幅に遅れることがあるので注意しましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

一括見積もりサイトを利用する

クリスマスを過ぎる前や過ぎた後で引っ越し料金が大きく変わるため、きちんとした見積もり結果で依頼する業者を決めたいですよね。

より多くの見積もり結果を手に入れるためには、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。

複数の業者に見積もりを依頼することで、どの業者が一番安く引っ越してくれるのかが分かります。

しかし、忙しい人や時間を無駄にしたくない人などにとって、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するのは手間がかかるでしょう。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトでは一社ずつではなく、最大10社まで一度に見積もりを依頼することができます。

見積り依頼に至るまでの時間はわずか数分と短く、操作も簡単なので誰でも見積もりが手軽にできるのが大きなメリットでしょう。

今ならサイトを利用することでキャンペーンの対象になるところもあるため、引っ越しを考えている人は是非とも利用してみてはいかがでしょうか。

12月に安く引っ越すことができる業者を調べてみる(無料)

さいごに

これから迎える新年の前に引越しを考えるのであれば、最低でもクリスマスまでには引っ越すのがおすすめです。

クリスマスを過ぎると引っ越し料金が高くなる可能性があるので、引っ越し料金を抑えたいなら早めに引っ越しましょう。

早めに引っ越せれば慌ただしく年末年始を迎えることもありませんし、無事に心機一転して生活することができますね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

9月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

クリスマス前後の引っ越し料金は高いの?相場はどのくらい?

8月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

3月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

1月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

2月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?