9月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

 

これから秋に入る9月に引っ越すなら、早めの行動が必要だということを覚えておきましょう。

9月上旬はそれほどでもありませんが、下旬は3月のような繁忙期となるので早めに行動しないと引っ越しすることができない可能性すらあります

上旬と下旬では非常に大きく違うので、引っ越し費用にも大きな差が出てきます。

どのくらい引っ越し費用がかかるのかが分かれば、引っ越しの準備もやりやすくなりますね。

それでは、一人暮らしの人が9月に引っ越す時の相場についてご説明しましょう。

9月は下旬に近づくほど引っ越すのが大変になるので、この記事を読み込んで引っ越しする時の参考にしてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



9月は日が経つにつれて引っ越し費用が高くなるので注意しよう

9月は上旬と下旬で状況が全く違うので、まさに天国と地獄のような状況になると言っても過言ではありません。

そんな状況がやってくる前に、早めに引っ越すのが得策です。

それでは、9月の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

9月上旬の引っ越し費用の相場

9月上旬はこれから迎える下旬の嵐の前の静けさとも言うべきか、引っ越し費用は基本的に通常よりも安い傾向にあります。

この時期は閑散期のような状況になるので、引っ越しするなら9月上旬がラストチャンスと言えます。

9月上旬に引っ越すということは8月から物件探しを行っているかもしれませんが、もし9月上旬から引っ越し業者を探すのであれば、値下げ交渉がやりやすいので覚えておきましょう。

指数で表すなら、通常期が100だった場合、9月上旬は90といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で4万円から4万8000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、5万6000円から6万3000円が相場となるでしょう。

9月中旬の引っ越し費用の相場

9月中旬を迎えるにあたって注意しておきたいのが、シルバーウィークの存在です。

シルバーウィークは中旬の終わりごろにやってくるので、中旬の最初の週の引っ越し費用は通常期のような費用に元通りになります。

ただし、シルバーウィークに差し掛かってくると多くの人が引っ越しするため、一気に引っ越し費用が高くなるので注意しましょう。

指数で表すと、9月中旬は100から150といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で4万3000円から5万2000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、5万8000円から6万3000円が相場となるでしょう。

9月下旬の引っ越し費用の相場

9月下旬はシルバーウィークの真っただ中なので、中旬以上に多くの人が引っ越しを始める時期です。

救いなのは下旬がピンポイントで繁忙期のような引っ越し費用になることなので、下旬を迎える前に引っ越しができる点です。

しかし、どうしても下旬に引っ越すことになった場合は、早めの予約を心がけるようにしましょう。

指数で表すと、9月下旬は150から200といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で6万7000円から7万6000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体7万4000円から8万2000円が相場となるでしょう。

お彼岸の日と前後の引っ越し費用の相場はどれくらい?

9月にはお彼岸の日があるので、その日に引っ越そうとすると引っ越し費用が高くなる傾向にあります。

とはいえ、お彼岸があるせいで引っ越し費用が高くなるわけではなく、その日は祝日なので引っ越し費用が高くなります。

繁忙期の中にお彼岸があることから、9月下旬と変わらない引っ越し費用になるでしょう。

お彼岸の前なら中旬と同じような引っ越し費用になりますが、お彼岸の後となるとますます引っ越しが盛んに行われるので、引っ越し費用もその分高くなるでしょう。

お彼岸に引っ越すのは縁起が悪いって本当?

よくお彼岸に引っ越しをすると縁起が悪いと言われていますが、現在ではそんなことはありません。

そもそも縁起が悪いと言われているのは、お彼岸が先祖に感謝する日だとされているからです。

つまり、仏壇がある家は自分達よりも先祖を優先して行動する日だと言えます。

そんな時期に引っ越しを行うと、当然仏壇を移動させることになるので先祖に迷惑をかけてしまうでしょう。

わざわざお彼岸に引っ越す理由があるのかと異を唱える人もいますが、現在では仏壇がない家もありますし、お彼岸だからといって必ずしも引っ越しを避けることはありません。

家に仏壇がないのであれば、そのまま引っ越しても構わないでしょう。

ただ、お彼岸を気にする人が身近にいるのであれば、場合によっては止めた方が良いかもしれませんね。

9月の物件数や家賃相場はどうなっているの?

9月は上旬と下旬で引っ越し費用が大きく変動しますが、物件数や家賃相場はどうなるのでしょうか。

単身者とファミリー層では少し違うところがあるので、チェックする必要性があります。

それでは、9月の物件数や家賃相場についてご説明しましょう。

9月の賃貸物件数はどれくらい?

9月の物件数は、上旬と下旬で大きく違います。

上旬の場合、単身者向けの物件数はそこまで多くなることはありません。

まだ上旬ということで不動産会社もあまり物件を確保していない傾向にあるので、少々探しづらくなる可能性があります。

しかし、下旬は繁忙期のため、引っ越しの需要が高くなるので不動産会社も多くの物件を確保しようと忙しくしています。

この時期は引っ越し費用の高さや予約の取りにくさなどの問題がありますが、代わりに物件を探しやすいメリットがあるでしょう。

もちろん慎重に物件探しを行うに越したことはないので、十分に注意する必要性がありますね。

9月の家賃相場は他の月と比べて違うところはある?家賃交渉は?

9月の家賃相場は、物件数と同様に上旬と下旬で大きく違います。

上旬の場合、単身者向けの物件の家賃相場はファミリータイプの物件とは違い、あまり物件数が増えず、入居者もなかなか現れません。

この時期は大家さんにとって空室を埋めづらい時期でもあるので、家賃を下げてでも入居してもらいたいと考えています。

家賃交渉にも応じてもらいやすいので、9月上旬は家賃が下がった物件を探し、家賃交渉を持ちかけるのがおすすめです。

ただし、9月下旬は上旬のような状況が一変します。

下旬は引っ越しのために物件を探し人が急激に増えてくるので、不動産会社も確保した物件の家賃相場を通常通りかそれ以上の金額に設定しています。

この時期は家賃相場が基本的に高く、家賃交渉も期待できません。

物件探しだけでなく、家賃相場が高いことにも注意した方が良いでしょう。

家賃交渉についてはこちらの記事をご覧ください。

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか? ...

引っ越し料金を安く抑えるにはどうすればいい?

9月に引っ越しするにあたり、上旬はともかく下旬の引っ越し費用が高いので安く抑える方法を実践した方が良いでしょう。

9月下旬にかけて繁忙期のように引っ越し費用が高くなるので、注意が必要です。

それでは、引っ越し費用を安く抑える方法についてご説明しましょう。

平日割引を利用する

上旬や下旬問わず、平日に引っ越しするなら平日割引を利用するのがおすすめです。

シルバーウィークといっても連休になる可能性は低いので、シルバーウィーク中の平日でも平日割引を利用することで少なくとも1割ほど値引きしてくれます。

平日割引を提供している引っ越し業者を探す必要性がありますが、大抵はどこの業者も提供しているので業者を探し出すのに苦労することはないでしょう。

特にシルバーウィーク中の平日に引っ越すなら、是非とも平日割引を利用してみてはいかがでしょうか。

引越しをするにあたって業者を調査していると、平日割引という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 その名の通り平日に割引してくれるというもの...

混載便や帰り便を利用する

上旬はまだ引っ越す人がそこまでいないので利用しにくいですが、下旬にかけて利用しやすいのが混載便と帰り便です。

混載便は自分の荷物が少ない場合に利用が可能で、他の人の荷物と一緒に引っ越し先に荷物を運ぶ方法です。

帰り便は本拠地に帰るトラックを利用する方法です。

混載便の場合、二人分の荷物を一緒に運ぶことでガソリン代などを浮かすことができますし、帰り便は本拠地に帰る時に消費するガソリン代を無駄にしません。

引っ越し費用を抑えられる代わりに、混載便は他の人とのスケジュールを合わせなければならず、帰り便は本拠地に帰る予定のトラックがなければ利用できません。

これらの方法を利用する場合は、自分のスケジュールと相談しましょう。

単身パックを利用する

単身者の引っ越しにおいて最も利用しやすいのが、単身パックです。

単身パックは通常の引っ越しよりも費用が安くなるので、コンテナボックスに収まる荷物であれば容易に利用できるでしょう。

通常、引っ越し費用が5万円程度だと、単身パックの利用で4万円から3万円程度まで値下げされるのが一般的です。

単身パックを提供している業者によってはスタッフに荷造り・荷解きを任せる方法がありますが、スタッフに任せるよりも自分で荷造りと荷解きを行った方が料金が安くなります。

単身パックを利用するなら、なるべく自分で荷造りと荷解きをしましょう。

自分で運ぶ

引っ越し先が近距離にあるなら、引っ越し業者ではなく、自分で荷物を運ぶ方法がおすすめです。

自分で荷物を運べば引っ越し費用は一切かかりませんし、繁忙期も何も関係ありません。

単身者の引っ越しなら荷物も少なめなため、手軽に引っ越すことができます。

ただし、引っ越し先が遠距離にあるなら一人で引っ越すと大変なので、やむなく車を利用したり友人に手伝ってもらうこともあるでしょう。

その場合は、別途でガソリン代などの費用がかかる可能性があるため、注意が必要です。

フリー便を利用する

引っ越しは時間指定をするよりも、時間指定をしない方法の方が引っ越し費用が安くなることをご存知でしょうか。

引っ越しの際には午前便や午後便ではなく、フリー便を選ぶのがおすすめです。

フリー便は時間指定をしない代わりに引っ越し費用が安くなるコースであり、引っ越し費用が大体1万円ほど安くなります。

引っ越し費用を抑えるのであればこの上ない方法ではありますが、代わりに引っ越し作業がいつ始まるのかが分からない欠点があります。

引っ越し業者の都合に合わせるので、午前便と午後便が終わってからようやくフリー便を選んだ人の下へ向かうのが一般的です。

特に9月下旬は引っ越しの予約でいっぱいになりやすいため、フリー便を選ぶと引っ越し作業が夕方以降や夜中に行われる可能性が高いでしょう。

フリー便を選ぶ時は、引っ越し作業が遅くなってもいいようにしておきましょう。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

一括見積もりサイトを利用する

9月上旬と下旬で引っ越し費用が大きく変動するため、業者ごとに見積もりを依頼するのを忘れてはいけません。

同じ引っ越し内容でも業者ごとに見積もり結果が違うので、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

複数の業者の見積もり結果を比較することで、一番安い見積もりを出した引っ越し業者に引っ越しを依頼することができますし、見積もり結果を利用して値下げ交渉を行うこともできます。

しかし、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼する場合、複数の業者を見つけるのに時間がかかってしまうのが難点です。

9月中に早めに引っ越したい場合は、業者を探している時間が惜しいでしょう。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトのメリットは、一社ずつではなく一度に複数の業者に見積もりを依頼することができる点でしょう。

一度に最大10社まで見積もりを依頼することができる上、一回のデータ入力でいっぺんに情報が送信できるのも魅力です。

パソコンはもちろんスマホからでも利用できますし、無料なので手軽に活用できます。

見積もりを依頼したからといって必ずしも引っ越しを依頼しなければならないわけではありません。

見積もり結果が比較しやすいことから、他の業者に値下げ交渉を持ちかけることも容易にできるのでより低い引っ越し費用で引っ越すこともできます。

9月に引っ越す予定がある人は、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

9月に最安値で引っ越しができる業者を調べてみる(無料)

さいごに

9月は引っ越しする人が軒並み多く、特に下旬のシルバーウィークは引っ越す人がさらに多くなるので引っ越し費用も高くなります。

下旬までに引っ越すのが理想的ではありますが、もし下旬に引っ越すことになった時のためにも引っ越し費用を安く抑える方法を実践してみましょう。

上旬は9月の中で最も引っ越しやすい時期なので、早めに行動するように心がけることが大切です。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

7月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

1月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

12月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

8月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

年末年始の引っ越し費用は高い?料金の相場は〇〇くらいです

2月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?