東京と福岡間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

 

九州地方にある福岡県は、沖縄ほどではありませんが距離が相当離れているので引越し費用も高額になりやすいでしょう。

福岡県にも様々な魅力があるので、東京から福岡県に引越したい人もいるのではないでしょうか。

しかし、東京と福岡間は1000キロほど離れているため、数日かけて引越すことになる可能性があります。

引越し費用の相場が分かれば引越しやすくなりますし、引越し費用をさらに安く抑える方法もあるので工夫すればお得に引越せるかもしれません。

この記事を読み込むことで、東京と福岡間を引越す時の引っ越し費用の相場が分かります。

それでは、東京と福岡間を引越す場合、引越し費用の相場がいくらになるのかについてご説明しましょう。

東京と福岡間を引越す人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



東京と福岡間の引越し費用の相場はどれくらい?

東京と福岡間の引越しはかなりの遠距離になるので、引越し費用もその分高くなる可能性が高いです。

引越し費用の相場を知って、引越しに備える必要性がありますね。

こちらが費用の一覧になります。

東京と福岡間の引越し費用の相場
通常期
閑散期
繁忙期
単身者7万~10万5万~7万11万~15万
二人暮らし15万~20万10万~15万22万~27万
四人家族22万~25万17万~22万29万~33万

それでは、東京と福岡間の引越し費用の相場はどれくらいになるのか詳しくご説明しましょう。

単身者が引越す時の引越しの費用の相場

単身者が東京と福岡間を引越す場合の費用の相場は、およそ7万円から10万円となります。

単身者の場合は荷物が少ない傾向にあるので、東京と福岡間が離れていてもそこまで高額な引越し費用にはなりにくいでしょう。

使用するトラックも軽トラックから2トントラックと比較的軽いトラックが基本になるため、軽トラックであればさらに引越し費用を抑えることができます。

その他にも、引越し費用を抑えるコツを押さえることで、格安引越しが実現できるかもしれません。

二人暮らしが引越す時の費用の相場

二人暮らしの場合だと、引越し費用の相場は15万円から20万円といったところです。

二人暮らしの場合は家具家電が一通り揃っている可能性が高いので、引越し費用もその分高くなります。

荷物の量が多くなるほど2トントラックや3トントラックを用意することになるため、引越し費用に大きく影響するでしょう。

スタッフも多く動員しなければならず、予想以上に費用が高くなることもあるかもしれません。

四人家族で引越す時の費用の相場

四人家族で引越した場合、引越し費用の相場は22万円から25万円となっています。

四人家族の場合だと家具家電一式はもちろん、それぞれの部屋の荷物をまとめて運ぶ場合だと大幅に引越し費用が上がるでしょう。

四人家族の引越しは基本的に、荷物が少ない時でギリギリ3トントラックを活用しますし、荷物が多い場合は4トントラックを活用します。

また、東京と福岡間は距離が離れているということで、スタッフの人数が4人や5人と多くなるのも引越し費用が高くなる要因でもあります。

四人家族の引越しでも引越し費用を抑える方法があるので、安く引越したいなら実践するのがおすすめです。

閑散期に引越す時の費用の相場

単身者が引越した場合の引越し費用の相場は、およそ5万円から7万円となります。

二人暮らしの人が引越す場合、引越し費用の相場は10万円から15万円です。

四人家族で引越した場合だと、引越し費用の相場は17万円から22万円となっています。

閑散期は基本的に引越しする人が少ないので、引越し業者も基本的にヒマになっている状態です。

引越し業者としては何としても引越しの依頼を確保したいと考えているため、値引き交渉に応じてくれる可能性があります。

元々引越し費用が安い上に値引き交渉を行うことで、格安の引越しを実現することができるでしょう。

さらに単身パックなどを利用すれば、驚くほどの引越し費用で引越せるかもしれません。

東京と福岡間を引越そうと考えているなら、なるべく閑散期に引越すのがおすすめです。

繁忙期に引越す時の費用の相場

単身者が引越した場合の引越し費用の相場は、およそ11万円から15万円となります。

二人暮らしの人が引越す場合、引越し費用の相場は22万円から27万円です。

四人家族で引越した場合だと、引越し費用の相場は29万円から33万円となっています。

繁忙期はどこも引越ししようと考えている人ばかりなので、必然的に引越し業者が忙しくなります。

忙しい中で引越しを依頼しようとすると、引越し業者としてもなるべくなら断りたくないので高額な見積もり金額を提示してくるでしょう。

どうしても繁忙期に引越さなければならない場合は仕方ありませんが、そうでないなら繁忙期に引越すのは避けるのが得策です。

値引き交渉もほとんど応じてくれませんし、スケジュールの調整が上手くいかないこともあります。

どうしても繁忙期に引越す場合は、引越し費用を安く抑える工夫が必要です。

大手の引越し業者に依頼するならどの業者がおすすめ?

東京と福岡間を引越す時は、なるべく安心して荷物を任せられる引越し業者にお願いしたいですよね。

費用が高くなったとしても、大手の引越し業者なら安全性が高く、安心して任せられるのではないでしょうか。

それでは、東京と福岡間を大手の引越し業者に依頼する場合、どの業者がおすすめなのかご紹介しましょう。

サカイ引越センター

引越し業界最大手を誇るサカイ引越センターはパンダのマークが目印で、利用者の様々なニーズに幅広く応えてくれる柔軟性の高さなどが人気のポイントになっています。

サカイ引越センターの特徴は、何といっても単身者や家族、オフィスや海外の引越しなど様々なニーズに応えてくれることでしょう。

世の中には様々な理由で引越しする人がいますが、あらゆるケースにも対応できるようになっているので、気軽に引越しが依頼できると言えます。

その他にもらくらくコースプレミアムやせつやくコースなど様々なプランを取り揃えているのも特徴であり、選んだコースに応じて柔軟な対応を行ってくれるのでスムーズな引越しが実現できます。

そしてメリットは、スタッフの柔軟性の高さや豊富なオプションサービスが提供されていることです。

サカイ引越センターが提供しているオプションサービスは豊富で、提携している清掃専門のスタッフによるハウスクリーニングや、引越し先の盗聴器発見サービスもあります。

さらには、引越ししている最中に密封されたトラックの中で消毒や殺虫を行ってくれるサービスも選べます。

家具や家電の消毒や殺虫を行ってくれる業者はあまりないので、引越し先で安心して使うことができるでしょう。

また、スタッフの柔軟性の高さも非常に優れていると言えます。

サカイ引越センターで働くスタッフは全員徹底した教育を受けており、それが現場で如何なく発揮されるようになっています。

引越し作業中のチームワークの高さはもちろん、見積もりした時より荷物が多くなったとしても以前の見積もり金額のままであったり、手元は丁寧でテキパキとしながら常に笑顔で作業を行うなど、安心して任せられる理由があると言えるでしょう。

予定より早く引越し作業が終わることもありますし、小さな心配りも欠かさないなど様々なメリットがあります。

ハート引越センター

ハート引越センターは大手引越し業者の中でも知名度が高く、非常に質が高いサービスを提供している業者です。

他の業者よりも少々引越し費用が高い傾向にありますが、それを補うほどのサービスの質の高さが大きなポイントになっています。

ハート引越センターの特徴は、様々なニーズに合わせた多くのプランが提供されていることです。

ハート引越センターで提供されている主なプランは、スタンダード、パーフェクト、エクセレントの3種類です。

スタンダードプランは荷造りや荷解きは自分で行うプランで、可能な限り柔軟な対応をしてくれます。

他の業者よりも融通が利きやすいのも特徴であり、大型の家具や家電のみの輸送を行ってほしいという場合でも対応してくれるでしょう。

パーフェクトプランは荷造りから荷解きまで全ての作業をスタッフに任せるプランであり、引越し予定日まで時間がない人などにおすすめできます。

家具の設置までも行ってくれるので大変ありがたいですが、代わりに引越し費用が高くなるので注意が必要です。

そしてエクセレントプランは、パーフェクトプランにハウスクリーニングがセットになったプランです。

エクセレントプランであれば引越し業者に任せられることを全て行ってくれるので、すぐに新生活を始めたい人におすすめできるでしょう。

もちろん代わりに引越し費用が高くなる欠点があるため、費用を安くしたいならおすすめはできません。

以上の3種類の中から、好きなプランを選びましょう。

そしてハート引越センターに依頼するメリットとして、様々なオプションサービスが利用できることや、サービスの質がとても高いことが挙げられます。

ハート引越センターでは、電気工事や不用品の引き取り、インターネット回線の取次サービスなどを提供しています。

有料ではありますが、エアコンなどの取り外しや取り付けを専門のスタッフが行ってくれるので、エアコンの移設を行う人は要チェックです。

そして不用品の引き取りは基本的に有料になる業者が多いものの、ハート引越センターでは一部を除き、無料で不用品を引き取ってくれます。

さらに引越したその日からインターネットを利用したい時は、引越した当日からインターネットが利用できるように準備してくれる回線取次のサービスがおすすめです。

引越し作業を行う時は、他の引越し業者よりも引越し費用が高いだけあって納得のサービスを提供してくれるのは大きなメリットだと言えます。

丁寧でテキパキとした作業を徹底して行い、不測の事態が起きたとしても即座に対応してくれるなど、安心して引越し作業を任せることができるでしょう。

アリさんマークの引越し社

アリさんマーク引越し社は、徹底して研修を受けた社員の比率が多い引越し業者であり、引越し作業もプロのスタッフが行うので安心できます。

アリさんマークの引越し社の特徴は、やはりスタッフの教育が行き届いていることと様々なプランが選べることでしょう。

アリさんマークの引越し社では働くスタッフ達は徹底した研修を受けており、アルバイトよりもプロの社員の方が多いという特徴があります。

たとえ忙しくて人数を割かなければならない状態でも、なるべくプロのスタッフが引っ越し作業を行ってくれるでしょう。

そして選べるプランとして、スペシャルフルパック、経済パック、ミニ引越しプランの3種類となっています。

スペシャルフルパックは家族向けのプランとなっていて、引越しの準備から家具の配置まで全ての作業をスタッフにお任せするプランです。

全ての作業を任せることになるので、当然ながら引越し費用も高めになります。

経済パックは荷造りや荷解きは全て自分達で行うプランで、スペシャルフルパックよりも費用が安くなります。

そしてミニ引越しプランは単身者向けの引越しプランで、ダンボール20個までなら格安で引越しすることが可能です。

主に以上の3種類のプランがあるため、好きなプランを選びましょう。

さらにメリットとして挙げられるのが、豊富なオプションサービスが提供されていることです。

荷物を梱包するのに必要な梱包資材を全て無料で提供してくれたり、全ての引越し作業が終了しても約10分間は滞在してくれるとっておきサービスなど、豊富なオプションが選べるのは非常にありがたいでしょう。

高い階層まで引越すのに便利なフライングデッキを使用した引越しにも対応しているなど、痒い所に手が届くような引越しができますね。

東京の地域に密着した引越し業者のおすすめは?

東京から福岡に引越す場合、東京の地域に密着して営業している引越し業者を利用するのもおすすめです。

地域に密着しているからこそのメリットがあるので、見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

それでは、東京の地域に密着したおすすめの引越し業者についてご説明しましょう。

アクティブ感動引越センター

アクティブ感動引越センターは東京に根差した引越し業者で、8割ものリピート率を誇ることからもう一度引越しを頼みたいと思える業者だと言えます。

アクティブ感動引越センターの特徴は、料金を重視したプランから様々なプランを選ぶことができることです。

提供しているプランは、料金を重視した安心コース、らくらくコース、おまかせコースの3種類があります。

安心コースでは基本的な引越し作業を行ってくれる一般的なコースですが、なるべく引越し費用が安くなるように見積もってくれるのが特徴です。

らくらくコースでは基本的な引越し作業に加え、荷造りもスタッフに任せるコースです。

荷造りをスタッフに任せることで、急いで引越さなければならない人におすすめできます。

そしておまかせコースは、基本的な作業、荷造り、さらに荷解きと引越し作業の始めから終わりまで全てスタッフがこなしてくれるコースです。

アクティブ感動引越センターでは、様々なキャンペーンを実施しているのがメリットだと言えます。

季節ごとに違うキャンペーンが実施されており、ポイントが貯まったりダンボールが50枚まで無料になったりお得なキャンペーン内容になっています。

他にも、見積もりを取る時にTポイントカードを持っていることを伝えれば、引越し費用に応じてポイントが貯まるのも嬉しいキャンペーンです。

コスコス引越センター

コスコス引越センターでは、東京から福岡に引越す際に便利な引越し業者であり、女性にとって利用しやすい業者でもあります。

特に大きな特徴として、一人暮らしの女性の引越しに強いことが挙げられます。

男性ならできることでも、女性ではできないこともあるものです。

そんな時にコスコス引越センターでは、女性が苦手とする大型家具や家電の設置などを行ったり、様々な配線の接続などを行ってくれます。

もちろん女性にとって男性のスタッフが対応するのは不安に思うので、きちんとマナーを受けたスタッフが対応してくれるため、安心して利用できるでしょう。

この女性でも安心して引越せる対応によって、リピート率の約4割が女性からの支持を受けています。

そして大きなメリットでもあるのが、東京と福岡間の引越しを行う場合、引越し費用が安くなるプランがある点です。

これは元々帰り便として利用していたコースを定期便として利用することに決定したことによるプランで、このプランを利用することで条件次第では引越し費用が最大半額にまで抑えることができます。

一人暮らしの女性が福岡に引越す時は、非常に頼りになるでしょう。

福岡の地域に密着した引越し業者のおすすめは?

福岡から東京に引越す時は、是非とも福岡に密着した引越し業者を利用してみてはいかがでしょうか。

東京まで引越すのに役立つプランが用意されているので、利用するのに申し分ないと言えます。

それでは、福岡の地域に密着しているおすすめの引越し業者についてご説明しましょう。

博多引越本舗

博多引越本舗は福岡に密着した引越し業者であり、福岡から東京まで引越すのに便利なプランなどが提供されています。

博多引越本舗では、他の業者にはないような様々なプランが用意されているのが特徴です。

まず、女性にとって嬉しい家電の配線の接続を行ってくれる単身レディースプラン、大型の家具家電だけを輸送してくれる単身メンズプランなどがあります。

基本的なプランも用意されている上、引越しに必要な梱包資材も用意してくれます。

使い終わった梱包資材の回収も無料で行ってくれるので、スムーズに引越しすることができるでしょう。

そしてメリットとして挙げられるのが、福岡と東京間の引越し費用を安億差得やすいことです。

他の業者の場合、簡易照明の脱着や全自動洗濯機の取りつけは有料であることが多いですが、博多引越本舗では無料で行ってくれます。

特に嬉しいのは、福岡と東京間の引越し費用が安く抑えられることでしょう。

かなりの距離を移動することになりますが、時期によっては単身者の引越しでも約4万円程度で請け負ってくれるほどです。

これから福岡から東京に引越す人は、気軽に利用することができるでしょう。

中村引越センター

中村引越センターは福岡県に密着している引越し業者であり、様々なサービスと共になるべく引越し費用を安くするように尽力してくれます。

最大の特徴とも言えるのは、福岡市内に一人暮らしをしている女性に対する安定したサービスを提供していることです。

様々な無料サービスを提供しているばかりか、もしも引越し内容に満足できなかった場合は全額返金してくれるほどです。

それだけ一人暮らしの女性の引越しに絶対の自信を持っているということなので、女性にとって利用しやすいと言えるでしょう。

そしてメリットとして挙げられるのは、様々な無料サービスが利用できることです。

ダンボール50枚やハンガーボックスなど、梱包に必要な資材を無料で提供してくれるので、スムーズな荷造りができます。

その他にも自動車の輸送やハウスクリーニング、エアコンの設置から運搬などのサービスも提供しており、満足できる引越しに役立つでしょう。

東京と福岡間の引越し費用を少しでも安くするコツについて

東京と福岡間はかなり距離が離れているので、引越し費用が高くなりやすいです。

少しでも引越し費用を抑えるためにも、様々な方法を利用するのがおすすめです。

それでは、東京と福岡間の引越し費用を安く抑えるコツについてご説明しましょう。

平日に引越ししたり、平日割引を利用する

平日は土日祝日などの休日に比べて引越し費用が安い傾向にあります。

したがって、可能な人はスケジュールを調整して平日に引越すのがおすすめです。

土日祝日などの休日が引越し費用が高いのは、みんな休みの日を利用して引越しを済ませようとしているからです。

休みの日を利用すればスムーズに引越すことができるものの、誰もが休日に引越すと予約を入れようとすると、引越し業者としてもスケジュールがいっぱいになってしまいます。

引越し業者としても予約を受けるには、引越し費用を高くせざるを得ない状況になるでしょう。

このことから、引越し費用を安くするためには誰もが予約を入れる傾向になる平日の方が良いということになります。

また、平日に引越すなら、合わせて平日割引も適用してもらいましょう。

平日割引とは平日に引越しを依頼することで割引が適用されるサービスの一つであり、平日に引越すのと合わせて通常の2割から3割程度引越し費用が安くなります。

平日に引越すなら、平日割引を提供している引越し業者を探しましょう。

引越しするにあたって一番気になるのは、引越しにかかる料金ですよね。 引越し料金は荷物の量やサービスなど様々な要素によって大きく変わるもので...
引越しをするにあたって業者を調査していると、平日割引という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 その名の通り平日に割引してくれるというもの...

フリー便を利用する

引越し業者に引越しを依頼する時は午前便や午後便と時間を指定するのが一般的ですが、時間を指定する場合だと引越し費用が高くなってしまいます。

それなら、時間を指定しないフリー便の方が引越し費用が安くなります。

フリー便は時間を指定しないことで、引越し業者の都合に合わせた引越し作業を行うものです。

午前便や午後便と違って時間を指定しない場合だと、引越し費用が安くなるのが大きなメリットとなります。

ただし、時間を指定しないということは引越し作業がいつ始まるのか分からないということでもあります。

その日の引越しの予約数に左右されますが、基本的に早くても夕方以降、遅くて夜中に引越し作業が開始されることもあるので注意しましょう。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

単身パックを利用する

単身者が引越しするのであれば、是非とも単身パックを利用しましょう。

引越し業者が用意したカーゴやコンテナボックスに収まる範囲内の荷物であれば、格安で運んでくれるのが最大のメリットです。

単身者の引越しは基本的に荷物が少なく、大きさによっては冷蔵庫や洗濯機なども運んでくれます。

もし単身パックを利用した場合、引越し費用は3万円から3万5000円ほどにまで安くなるので、引越し費用を抑えたい人におすすめです。

ただし、カーゴやコンテナボックスに入らなかった荷物を運んでもらう場合、追加料金がかかるので注意が必要です。

コンテナ便を利用する

基本的に引越しはトラックを利用して行うものですが、コンテナ便を利用する方法もあります。

コンテナ便とは四畳半ほどの大きさの車に荷物を積み込み、それをJR貨物や船便、航空便などで運んでもらう方法です。

このコンテナ便のメリットは、引越しの移動を列車や船などで移動することで引越し費用を抑えることにあります。

これなら高い引越し費用も、コンテナ便の利用によって半額以下にまで抑えられるかもしれません。

しかし、コンテナ便は列車や船などの運行状況によって左右されるので、引越しの日数がかかってしまうデメリットがあります。

引越し費用の安さを取るか、引越し日数を優先するかで選ぶ必要性があるでしょう。

宅配便を利用する

引越し費用を抑えるなら、宅配便を利用するのもおすすめです。

引越し費用はスタッフが運ぶ荷物の量によって変わるので、引越し作業が始まる前に宅配便で荷物を送ってしまえば引越し費用を抑えられる可能性があります。

東京と福岡間を宅配便で送った場合、ダンボール100サイズで1個あたり1730円となります。

ダンボール10個なら1万7300円、20個なら3万4600円です。

少しでも荷物を減らすことで、当日の引越しにかかる費用を抑えることができるでしょう。

複数の業者に見積もりを依頼する

東京と福岡間を引越しするのであれば、複数の業者に見積もりを依頼することが欠かせません。

同じ引越し内容でも引越し費用が違うので、1社だけに引越しを依頼して見積もり金額を確認しても、それが高いのか安いのか判断できないでしょう。

妥当な費用で引越すためにも、1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

複数の業者に見積もりを依頼することで今回の引越し費用の相場が分かるので、どの引越し業者に依頼するのか判断しやすくなるでしょう。

見積もり結果を値引き交渉の材料にすることもできるため、是非とも値引き交渉を持ちかけるのをおすすめします。

しかし、1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼していたのでは、引越し業者を探して見積もりを依頼するまでに時間がかかりすぎてしまいます。

特に時間がない人は、1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼している暇はないでしょう。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」を利用する方法です。

一括見積もりサイトでは、1度に最大10社まで見積もりを依頼することが可能であり、所要時間もたった数分と非常に短い時間で済みます。

これなら当日中にいきなり引越さなければならなくなった人でも、気軽に利用できるでしょう。

パソコンやスマホからでも利用できる上、一括見積もりサイトの利用にお金はかかりません。

もちろん見積もりを依頼したからといって、必ずしも引越しを依頼しなければならないわけではありません。

見積もりを依頼する引越し業者も見積もり金額を比較していることを前提としているので、値引き交渉に応じやすいメリットもあります。

東京と福岡間を引越すのであれば、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

東京と福岡間の引っ越しで最安値の業者を調べてみる(無料)

東京と福岡間を引越す時のQ&Aについて

距離が離れている東京と福岡間を引越す際には、様々な疑問が浮かぶかもしれません。

その疑問を解決しない限り、安心して引越しの準備を進めることはできないのではないでしょうか。

それでは、東京と福岡間を引越す時の疑問についてお答えしましょう。

東京と福岡間ではどのくらいの距離があるの?

東京と福岡間では、地域によって多少の違いがあるものの、約1000キロ程度となっています。

ここまで北海道や沖縄ほど離れているわけではありませんが、1000キロ以上も移動することになるので必然的に引越し費用が高くなるでしょう。

引越しのルートによっては1300キロほどの距離にもなるため、十分に注意する必要性があります。

遠距離引っ越しになる場合は、どのくらいの引越し費用になるのか相場を調べることが大切です。

東京と福岡間を引越す時の手段は何がある?

東京と福岡間を引越す手段は、基本的にトラックやコンテナ便などがあります。

東京や福岡からでもトラックで引越しを行うことは十分に可能です。

トラックのみを利用する場合、3種類のルートに分かれているので、どのルートで走行するかによって走行距離や引越しにかかる時間が変わります。

一番近いルートと遠いルートでは大体3時間ほどの違いがあるので、なるべく一番近いルートを通るように業者に相談してみましょう。

東京と福岡間では引越し日数はどれくらいかかるの?

東京と福岡間の引越し日数は、トラックを選ぶのかコンテナ便を利用するのかで変わります。

トラックを利用する場合、一番近いルートであれば半日ほどで引越し先に到着します。

しかし、引越しする時に荷物の搬送に時間がかかったり、道路状況にも大きく左右されるので引越し先に到着するのは早くても翌日の朝になるでしょう。

基本的に翌日中には引越しが完了するので、東京と福岡間を引越しするならトラックを利用した方が良いかもしれません。

何故なら、コンテナ便を利用すると2日か3日ほど日数を要するからです。

コンテナ便を利用する場合、最初に荷物を直接コンテナ便に積み込み、それを列車の元まで走らせます。

その後、コンテナ便を列車に繋いで目的地付近まで走行します。

目的地付近に到着したら、コンテナ便を切り離して積み込んだ荷物をトラックに乗せ換えて引越し先まで運ばなければなりません。

ここまでの手間がかかる他、時間もかかるので2.3日ほど時間を要することになるのです。

ここはトラックのみの方法と、コンテナ便を利用した場合の引越し費用を比較して、どちらか安い方を選ぶのが基本ですね。

さいごに

東京と福岡間は1000キロ以上も距離が離れているとはいえ、様々な策を持ってすれば引越し費用を抑えることは十分に可能です。

東京と福岡間を引越すのに便利な引越し業者も多いので、きちんと見積もりを依頼して準備を進めればスムーズな引越しができるでしょう。

引越し業者に見積もりを依頼する時は、是非とも一括見積もりサイトを利用するのがおすすめですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

東京と大阪間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

東京と北海道間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

奄美大島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

東京と名古屋間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

東京と沖縄間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

海外への引越しで船便と航空便の費用の相場は?どっちが安いの?