海外への引越しで船便と航空便の費用の相場は?どっちが安いの?

国内に引越すのではなく、海外に引越す場合は相応の準備が必要になるでしょう。

海外への引越しは国内に引越すのと違って様々な手続きが必要になりますし、運べる荷物にも注意しなければなりません。

しかし、海外への引越し方法によっては様々なメリットやデメリットがあるので、費用の相場などを調べる必要性があります。

費用がどのくらいかかるのかが分かれば、海外へ引越ししやすくなるかもしれませんね。

そこで、海外へ引越す場合、船便と航空便の費用の相場はどれくらいなのかなどをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



そもそも海外へはどうやって引越すの?

海外へ引越す方法は、主に船便と航空便の2種類があります。

船便は、大型貨物船に自分の荷物を載せて海外まで運ぶ方法です。

航空便は飛行機に荷物を載せて海外まで運ぶ方法です。

中にはスーツケースで運んだり、機内に持ち込む方法もありますが、船便や航空便と比べて自由性が乏しいので緊急時でない限りはおすすめできません。

船便と航空便にはそれぞれメリットやデメリットがあるので、十分な注意が必要です。

船便で海外に引越すメリット

船便で引越すメリットは、運賃が安いのと一度に多くの荷物が運べることです。

大型貨物船で荷物を海外まで運ぶ方法なので、一度に多くの人の荷物を運びます。

しかも運賃は重さではなく大きさで決まる為、大型の家具や家電など重い荷物を簡単に運べるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

船便は海外先で新しく家具家電を買い替える必要性がない人や、料金を安く抑えたい人に向いているかもしれません。

船便で海外に引越すデメリット

船便には魅力的なメリットがあるとはいえ、デメリットもあります。

そのデメリットとは、荷物を運ぶ際に故障や破損の恐れがあること、そして引越し先に荷物が到着するのが非常に遅いということです。

船便で荷物を運ぶ場合だと他の人の荷物と一緒に運ばれることになるので、自分の荷物が他の人の荷物に紛れてしまったり、逆に他の人の荷物が自分の荷物に紛れる恐れがあります。

また、業者によっては乱暴に荷物が扱われる可能性がある為、引越し先に着いた時には家具家電が破損していたり、故障している可能性もあるでしょう。

日本製の家具や家電は海外製のものよりも質が高い傾向にあるので、このようなトラブルが起こりやすいことに注意が必要です。

もう一つ問題になるのは、引越し先に荷物が到着するのが非常に遅いということです。

アジアに引越す場合だと最低20日ほどかかり、最長で1ヶ月以上かかることもあります。

アメリカだと1ヶ月から2ヶ月といったところですが、ヨーロッパだと2ヶ月以上待たされることもあるでしょう。

すぐに使う予定だった荷物を船便で運んでしまうと、引越し先で苦労することになるのですぐに必要になる荷物は自分で運び、すぐに使う予定ではないものを運んでもらうようにするのが得策です。

航空便で海外に引越すメリット

船便ではなく航空便で海外に引越す場合も、様々なメリットがあります。

それは、船便よりも早く引越し先に荷物が届くこと、そして破損や故障が起こるリスクが少ないことです。

元々航空便を利用する場合は運ぶ荷物の重さに制限がかかっているので、そんなに思い荷物を運ぶことができません。

このことから、飛行機が空港に着いた時点で現地の引越し業者がすぐに運んでくれるので、引越し先に荷物が到着するのが早くなります。

また、荷物は客室の下にある荷物部に載せて運ぶので、しっかりと固定されていることから破損や故障のリスクが少ないです。

近年は飛行機で何かを運ぶ需要が高まっている為、利用者も増えつつあります。

航空便で海外に引越すデメリット

航空便を利用する上でのデメリットは、運賃が比較的高いのと送れる荷物の重さや物の制限がかけられることです。

飛行機で荷物を運ぶ時に気を付けたいのが、送れる荷物と送れない荷物があるケースです。

爆発物や高圧ガス、引火性の液体などが運べないのはもちろん、液体バッテリーや漂白剤、マッチなどの可燃性物質など様々な物が持ち込めません。

これは万が一の時に乗客全員の安全を脅かすようなことがないように厳しく決められている為、もし持ち込もうとすると確実に止められます。

こういった荷物を運ぶ場合は、別の方法で運ぶことを考える必要性があるでしょう。

また、料金は大きさではなく荷物の総量で決定します。

つまり、運ぶ荷物の総量が重いほど運賃が高くなるので注意しなければなりません。

しかし、現在では細かい料金が設定されているので、見積もりを依頼すると意外に安い料金で引越すことができるのではないでしょうか。

船便と航空便で海外に引越す場合の費用相場

船便や航空便を利用して海外に引越す場合、費用の相場は日本側の輸出料金と海上運賃、外国側の輸入料金、関税の全てを足した料金が引越し料金になります。

また、引越し料金は業者によって大きく違うので、相場も大きく異なるでしょう。

では、船便と航空便の費用の相場をご説明しましょう。

引越し料金の細かな内訳

先に引越し料金について細かな内訳をご紹介しましょう。

まず、日本側の輸出料金の内訳は以下の通りになっています。

• 内装梱包料
• 作業・輸送賃料
• 輸出梱包料
• 輸出通関料
• 船積諸掛料

外国側の輸入料金の内訳が以下の通りです。

• 陸揚げ料
• 保管料
• 輸入通関料
• 税関検査料
• 新居までの運送料

以上に海上運賃と関税をプラスします。

海上運賃とは船便の場合だと船便料金、航空便の場合は航空便の料金となります。

また、基本的に引越しには関税がかかりませんが、引越し先の国によっては課税対象となって関税が課せられる可能性があるので注意しましょう。

例えば発展途上国に引越す場合、家電製品全般に関税が課せられます。

新品の荷物、もしくは購入してから1年未満の荷物に関税が課せられることもあるでしょう。

長期滞在ビザを取得していない場合も関税が課せられる国も多く、送り主か受け取り主のどちらかが代理人の場合も関税が課せられます。

これらの関税が課せられた時の為に、どのくらいの関税が課せられるのかを確認しておきましょう。

船便で海外に引越す場合の費用相場

船便で海外に引越す場合の費用の相場は以下の通りです。

• ニューヨーク:約10万円から約20万円
• ヨーロッパ:約8万円から約19万円
• イギリス:約20万円
• オーストラリア:約9万円から約20万円
• 香港:約7万円から約15万円
• アジア:約6万円から約13万円

以上の値段はあくまで相場なので、引越しの内容によっては料金が大きく変わることがあるので注意しましょう。

例えばニューヨークに50個のダンボールを運ぶ場合だと、総額約50万円もの料金がかかる可能性があります。

航空便で海外に引越す場合の費用相場

航空便で海外に引越す場合の費用の相場は以下の通りです。

• ニューヨーク:約30万円から約50万円
• ヨーロッパ:約15万円から約31万円
• イギリス:約20万円から約30万円
• オーストラリア:約15万円から約30万円
• 香港:約15万円から約20万円
• アジア:約14万円から約22万円

以上の値段はあくまで相場なので、引越しの内容によっては料金が大きく変わることがあるので注意しましょう。

航空便は重さで料金が変わる為、荷物が重いほど料金が高くなります。

基本的に航空便よりも船便を利用した方が安いですが、重い荷物は船便で運び、軽い荷物は航空便で運ぶ方法もあるなど、引越しの仕方で料金が大きく変わるでしょう。

海外への引越しに対応している業者を探すなら、一括見積もりサイトを利用しよう

国内ではなく海外に引越す場合、海外への引越しに対応している業者を探す必要性があります。

効率良く引越し業者を探すなら、複数の業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

海外への引越しに対応している引越し業者を探し、複数の業者に見積もりを依頼することでベストな業者が見つかるかもしれません。

しかし、引越し業者を1社ずつ探して複数の業者に見積もりを依頼するとなると非常に時間がかかりますよね。

海外への引越しに対応している引越し業者はそう多くありませんし、複数の業者を探すとなると時間がかかるので時間がない人におすすめできません。

そこで活用できるのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」の利用です。

一括見積もりサイトであれば条件を絞ることで海外への引越しに対応している業者が見つけられるでしょう。

それも一度に最大10社まで見積もりを依頼することができますし、海外へ引越す人の為のキャンペーンも用意されていることもあります。

時間がない人でも一括見積もりはたった数分でできますし、必ずしも見積もりを依頼した引越し業者を利用しなければならないわけではないので、安心して利用できますね。

近年では多くの人が一括見積もりサイトを利用しているので、賢く引越す為には必須の手段だと言えるのではないでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

海外へ安く引っ越しできる業者を調べてみる(無料)

さいごに

海外への引越しは基本的に費用が高くなりやすく、見積もりの必然性が窺えます。

船便と航空便では船便の方が基本的に費用が安いですが、引越しの内容によっては航空便の方が安い場合もあります。

引越しの内容によって見積もり結果も大きく変わる為、海外へ引越す場合は一括見積もりを利用するのがおすすめですね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

海外に引越すことが決まったとはいえ、次に疑問に思うのが引越し業者の問題です。 国内の引越しならいくらでも業者を探すことができますが、海外へ...
海外に引っ越す場合、海外への引っ越しに対応している業者を探さなければなりませんよね。 そこでおすすめされるのが、クロネコヤマトと日本通運で...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

東京と京都間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

石垣島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

東京と北海道間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

東京と大阪間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

奄美大島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

東京と名古屋間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?