東京と京都間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

 

大都市である東京と風光明美で観光名所としても幅広く知られている京都間を引越す人にとって気になるのは、どれくらいの費用がかかるのかどうかではないでしょうか?

もちろん引越し業者によって大きく変わるところですし、大手の引越し業者が良い時もあれば地域に密着している引越し業者の方が良い時もあります。

東京と京都間ではかなりの距離が離れているので、必然的に長距離引越しになることから引越し費用も高くなるでしょう。

スムーズに引越すのはもちろん、できる限り安く引越すためにも様々な方法を駆使する必要性もありますね。

この記事を読み込むことで、東京と京都間を引越す時の引っ越し費用の相場が分かります。

それでは、東京と京都間を引越す場合、引越し費用の相場がいくらになるのかについてご説明しましょう。

東京と京都間を引越す人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



東京と京都間の引越し費用の相場はどれくらい?

東京と京都間ではかなりの距離が離れているので、長距離引越しになるのはいうまでもありません。

長距離引越しになるということで、引越し費用もその分高くなります。

それでは、東京と京都間の引越し費用の相場はどれくらいになるのかご説明しましょう。

こちらが引越し費用の一覧になります。

東京と京都間の引越し費用の相場
通常期
閑散期
繁忙期
単身者5万~8万3万5000~5万6万~8万5000
二人暮らし6万2000~9万50004万5000~6万10008万~10万5000
四人家族10万~13万50007万5000~10万13万~15万5000

それでは詳しく解説します。

単身者が東京と京都間を引越す時の引越しの費用の相場

単身者が東京と京都間を引越す場合の費用の相場は、およそ5万円から8万円となります。

東京と京都間は長距離引越しになるので引越し費用が高くなりやすいですが、幸いにも一人暮らしの場合は荷物が少ない傾向にあるので、引越し費用もその分安くなるでしょう。

家具や家電があってもサイズが小さいことが多く、単身パックでも運べる可能性があることからお得な引越しがしやすくなります。

基本的に2トントラックを利用しますが、軽トラックに全部乗せられる程度の荷物ならさらに引越し費用を抑えることができますね。

二人暮らしが東京と京都間を引越す時の費用の相場

二人暮らしの場合だと、東京と京都間の引越し費用の相場は6万2000円から9万5000円といったところです。

二人暮らしになると家具家電一式が揃っている可能性が高いので、引越し費用も軒並み高くなります。

使用するトラックは基本的に2トントラックのロングになるため、全ての荷物を運ぶのは造作もないことです。

工夫次第ではさらに費用を抑えることができるので、何とか安く抑えられないか模索する必要性があるでしょう。

四人家族で東京と京都間を引越す時の費用の相場

四人家族で引越した場合、東京と京都間の引越し費用の相場は10万円から13万5000円となっています。

四人家族ともなればサイズが大きい家具家電一式に加え、それぞれの荷物を運ぶことになるので荷物の総量がかなり増えることになるでしょう。

そうなると引越し費用もその分増えることになるので、高額な費用が発生しやすくなります。

ただ、方法によっては引越し費用を抑えることが十分にできるため、フリー便や平日割引などを利用すれば可能な限り引越し費用を安く抑えることができます。

閑散期に東京と京都間を引越す時の費用の相場

単身者が引越した場合の引越し費用の相場は、およそ3万5000円から5万円となります。

二人暮らしの人が引越す場合、引越し費用の相場は4万5000円から6万1000円です。

四人家族で引越した場合だと、引越し費用の相場は7万5000円から10万円となっています。

閑散期の引越しのメリットは、他に引越す人があまりいないので引越し費用が通常期よりも安くなるということです。

引越し業者にとって閑散期は引越しの予約があまりないため、暇な状態です。

繁忙期で多くの利益を出していたのは閑散期に備えるためですが、それでも引越しの予約を何としてでも確保したいことに変わりはありません。

このことから引越し業者は値引き交渉に応じてでも、引越しの予約を確保したいと考えています。

元々引越し費用の相場が安い閑散期であれば、値引き交渉を持ちかけることでさらに費用を抑えることができるでしょう。

もしもスケジュールの調整ができるなら、閑散期に引越すのがおすすめです。

繁忙期に東京と京都間を引越す時の費用の相場

単身者が引越した場合の引越し費用の相場は、およそ6万円から8万5000円となります。

二人暮らしの人が引越す場合、引越し費用の相場は8万円から10万5000円です。

四人家族で引越した場合だと、引越し費用の相場は13万円から15万5000円となっています。

繁忙期の引越し費用の相場が軒並み高くなっているのは、どこも引越しする人で予約がいっぱいになっているからです。

引越し業者としても予約が殺到するのは構いませんが、1日にできる作業には限界があるので引越し費用を高くせざるを得ません。

引越し費用が高くても良いのであれば問題ありませんが、できる限り繁忙期は避けた方が良いでしょう。

やむを得ず繁忙期に引越すことになったとしても、値引き交渉にはほぼ応じてくれないので注意が必要です。

大手の引越し業者に依頼するならどの業者がおすすめ?

東京と京都間を引越すなら、安心して引越しが任せられる大手引越し業者に依頼したいですよね。

知名度や評判も納得の技術力と対応力によって、スムーズな引越しができます。

それでは、東京と京都間を大手の引越し業者に依頼する場合、どの業者がおすすめなのかご紹介しましょう。

アリさんマークの引越社

東京や関西などを初めとする主要都市を初め、全国展開を広げている大手引越し業者のアリさんマークの引越社は、非常に知名度が高いのと同時に顧客満足度が高いです。

スタッフの教育も徹底して行われており、引越し作業も適格かつスムーズに行ってくれるでしょう。

アリさんマークの引越社の特徴は、様々なお客のニーズに応えられるように数多くのプランが用意されていることです。

荷造りから荷解きまで全て任せられるプレミアムプランの一つであるアリさんスペシャルフルパックやアリさんパック、荷物を配送するだけの経済パックなどを初めとしたプランが満載です。

特にアリさんマークの引越社は長距離引越しに強いということから、最初から最後まで自社が用意したトラックで荷物を配送する長距離スペシャル便が用意されています。

その他にも長距離エコ便や長距離エコリーズナブルパックなどのプランも選べます。

無料のオプションサービスも多数用意されているので、お得な引越しができるでしょう。

また、アリさんマークの引越社のメリットとして、大手引越し業者の中でも引越し費用の相場が軒並み安いことが挙げられます。

その安さは、通常期でも四人家族の引越しで10万円を切ることがあるほどの安さです。

これはアリさんマークの引越社の大手ならではのスケールメリットがあるからこそ実現できるもので、場合によっては東京と京都間の引越しでも思ったより安い引越し費用で引越せる可能性があります。

細かいところにまで気を配ってくれる上に引越し費用も安く済ませられるのは、非常にありがたいですよね。

東京と京都間を引越すのであれば、是非ともアリさんマークの引越社への見積もりを検討してみてはいかがでしょうか。

ハート引越センター

大手引越し業者であるハート引越センターは全国に展開している営業所の数が非常に多く、どこへでも引越しに対応してくれるでしょう。

スタンダードプランを中心に、荷造りか荷解きのどちらかをスタッフが行うエコノミープラン、荷造りと荷解きを両方行うパーフェクトプランなどのプランが充実しているのがハート引越センターの特徴です。

フリー便や混載便、帰り便も選ぶことができる上、家電の設置から家財の預かりまで一通りのプランを揃えており、様々なお客のニーズに応えてくれます。

プランによっては引越し費用を大きく値下げしてくれることもあるので、相談次第でお得に引越しすることができるでしょう。

そして様々なオプションサービスが利用できるのも大きなメリットです。

ハート引越センターではピアノの運搬を受け付けるプランがありますが、そのオプションサービスの中にはピアノ・ファニチャーサービスというものがあります。

ピアノ・ファニチャーサービスとはピアノを初めとする様々な楽器から家具などの単品からの移動を行い、ピアノの調律を行います。

また、楽器や家具などの買い取りや引き取り処分、クリーニングを行ってくれるサービスです。

ピアノを引越し先に運びたい人はもちろん、不要品を処分した人などにおすすめできるサービスだと言えるでしょう。

他にも各種電気工事からトランクルームサービス、そして荷造りや荷解きに加えてハウスクリーニングも行ってくれるエクセレントプランなど、充実したオプションサービスが選べるようになっています。

サカイ引越センター

パンダのマークでお馴染みのサカイ引越センターは大手引越し業者の中でも安定した実績を重ねており、自社が保有するトラックと自社で採用されているプロのスタッフによる安定した引越し作業を行ってくれます。

日本全国に170もの支社を持っているので、非常に幅広い範囲の引越しに対応してくれるでしょう。

もちろん東京と京都間の長距離引越しにも対応しており、様々なプランが用意されているのが特徴だと言えます。

荷造りか荷解きのどちらかを行ってくれるプランや全ておまかせのプレミアムプランも用意されており、フリー便や混載便などの引越し費用が安くなるプランも用意されています。

家電の設置から家財の預かりプランもある上、ピアノも運んでくれるので様々なお客の要望に応えてくれるでしょう。

引越し業界最大手と言っても良いほどの引越し業者なので安心して引越し作業を任せられますし、一括見積もりなどを利用すれば費用を大幅に安くしてくれる可能性もあります。

このことから、お客の要望に応えてくれるメリットや、スタッフの教育が行き届いているメリットが挙げられるでしょう。

引越し作業を行うスタッフの教育が行き届いているのはもちろん、電話対応のオペレーターも教育が行き届いているので、最初から最後まで気持ちが良い引越しができます。

大事な家具や家電があったとしても、サカイ引越センターであれば安心して任せられるのではないでしょうか。

東京の地域に密着した引越し業者のおすすめは?

大手引越し業者の方が安心して引越しを任せることができるかもしれませんが、地域密着の引越し業者も負けていません。

地域に密着しているからこそのメリットがあるので、東京の地域密着の引越し業者にも目を向けてみるのもおすすめです。

それでは、東京の地域に密着したおすすめの引越し業者についてご説明しましょう。

アクティブ感動引越センター

アクティブ感動引越センターは中小企業の中でも特に知名度が高い引越し業者で、引越し業者を比較したランキングでは中小企業部門で1位を獲得しているほどです。

アクティブ感動引越センターでは様々な人が引越ししやすいように、多くのプランを取り揃えている特徴があります。

通常の引越しプランに加え、荷造りか荷解きのどちらかを行ってくれるプランや荷造りから荷解きまで全てプロのスタッフが行ってくれるプランも選べます。

新築専用のプランを選ぶこともできるので、新築に引越す時に非常にありがたいでしょう。

他にも、エアコンの脱着やハウスクリーニングといったオプションサービスが取り揃えられており、地域密着型の引越し業者ならではの引越し費用の安さがメリットとして挙げられます。

必ずしも安くなるとは限りませんが、大手引越し業者ほどの引越し費用はかからないと考えて良いかもしれません。

自動車の陸送や不用品の買い取りなども行っており、リサイクルショップを利用する手間が省けるでしょう。

金庫などの重量物の輸送も行ってくれるので、スムーズな引越しができるのではないでしょうか。

コスコス引越センター

九州に本社を持つコスコス引越センターは、東京と九州までの間の長距離引越しに強い地域密着型の引越し業者です。

特に目を瞠るのは長距離引越しの費用の安さでしょう。

この安さの秘密は、毎月1日から25日の平日引越しが最大半額まで割引されるという特徴であり、大きなメリットです。

これは長距離引越しでも関係なく最大半額になるキャンペーンであり、常にキャンペーンが行われているのでお得に引越しすることができます。

もちろんいつでも最大半額になるわけではありませんが、一括見積もりなどの様々な方法を駆使すれば引越し費用を安くしやすいでしょう。

ダンボールやガムテープ、布団袋も無料で提供してくれますし、ハウスクリーニングや不用品の整理を行ってくれるなど数多くのオプションサービスが提供されているのもポイントです。

東京から京都へ安く引越ししたいのであれば、コスコス引越センターに見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

京都の地域に密着した引越し業者のおすすめは?

京都から東京に引越す場合は、大手引越し業者ではなく京都の地域に密着した引越し業者の利用を検討するのもおすすめです。

京都の地域に密着した引越し業者の方がお得に引越せる可能性があるので、是非とも見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

それでは、京都の地域に密着しているおすすめの引越し業者についてご説明しましょう。

人力引越社

京都に本社を持つ人力引越社は、お得なサービスを数多く提供している引越し業者です。

特に人力引越社の特徴として挙げられるのが、条件次第では格安で引越すことができる点です。

京都から東京に引越す場合、人力引越社は東京に支社があるので遠距離引越しであっても格安で引越せる可能性があります。

四人家族で引越す場合の引越し費用の相場は10万円弱となっており、お得なサービスと合わせればスムーズな引越しを行うことができるでしょう。

そして人力引越社のメリットとして、特徴的なオプションサービスも提供されていることが挙げられます。

まず特徴的なのは、電話やネットで見積もってもらった時の金額は完全確定料金になることです。

もし後から引越し費用が上がるようなことがあったとしても、見積もり金額が上がることがありません。

万が一荷物が破損したり故障するようなことがあっても、100%荷物安全保証によって全額が保証されるようになっています。

さらに使用している家具や家電で掃除したくても手に届かないところの清掃を無料で行ってくれるサービスもあります。

大手引越し業者にはないようなサービスが満載なので、人力引越社へ見積もりを検討する価値は十分にあるでしょう。

京都赤帽

赤帽といえば引越し費用の徹底したコスト削減によって長距離引越しであるにも関わらず、低価格で引越しすることができる業者として有名です。

京都赤帽の特徴は、良くも悪くも単身引越ししか受け付けていないことでしょう。

赤帽は単身者の引越しに特化した引越し業者であり、それでも徹底したコスト削減によって驚きの低価格で引越しを請け負ってくれます。

しかも保証制度もバッチリ完備されていますし、全国に展開しているので東京への引越しもお手の物です。

他の引越し業者のように様々なプランが用意されているわけではありませんが、単身引越しの費用の相場が3万円前後となれば、大きなメリットとなるでしょう。

東京と京都間の引越し費用を少しでも安くするコツについて

東京と京都間を引越すにあたって重要なのは、いかに引越し費用が抑えられるかどうかです。

引越し費用は安いに越したことはないので、できる限り安く抑えるためにも様々な方法を実践するのがおすすめです。

それでは、東京と京都間の引越し費用を安く抑えるコツについてご説明しましょう。

平日に引越ししたり、平日割引を利用する

休みを利用して引越すよりも、平日に引越した方が引越し費用が少し安くなることをご存知でしょうか?

実は引越し費用は土日祝日よりも平日の方が少し安くなる傾向にあるので、平日に引越すのがおすすめされています。

というのも、平日の引越し費用が安くなるのは、土日祝日に引越しが集中しているからです。

休みを利用すれば確かに引越しがやりやすいかもしれませんが、誰もが土日祝日に引越そうとすると予約でいっぱいになっています。

繁忙期は特に予約が殺到してしまうので、引越し業者としても引越し費用を高く設定せざるを得なくなります。

しかし、平日はスケジュールの問題でなかなか休むことができないため、土日祝日に比べて平日の方が予約の数が少なく、引越し費用が安くなるのです。

また、平日に引越すことができるのであれば、是非とも平日割引を提供している引越し業者に依頼しましょう。

平日割引とはその名の通り平日に引越すことで引越し費用が割引されるサービスです。

引越し業者の中には平日に引越すことで最大半額まで引越し費用が割引されることがあるので、これを狙わない理由はありません。

スケジュールが合うのであれば、是非とも平日に引越すのがおすすめですね。

引越しをするにあたって業者を調査していると、平日割引という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 その名の通り平日に割引してくれるというもの...
引越しするにあたって一番気になるのは、引越しにかかる料金ですよね。 引越し料金は荷物の量やサービスなど様々な要素によって大きく変わるもので...

フリー便を利用する

引越し費用は時間を指定するよりも、引越し業者に時間をおまかせした方が安くなります。

通常は午前便と午後便の2種類がありますが、時間をおまかせするフリー便であれば引越し費用を大きく値下げしてくれる可能性があります。

早く引越したいのであれば午前便や午後便の方がお得ですが、時間指定は引越しの予約が非常に入りやすく、引越し費用が高くなりやすいです。

逆に時間を指定しないフリー便なら引越し業者の都合で引越し作業が始められるので、引越し費用が安くなります。

ただし、引越し費用が安くなる代わりに、引越し作業が始まるのは早くても夕方以降、遅くて夜中になることに注意しましょう。

どうしても早く引越したい場合はフリー便を利用するわけにはいきませんし、スケジュールに余裕がある時にフリー便を利用した方が良いかもしれませんね。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

単身パックを利用する

単身者が引越しする時は、そのまま引越しするよりも単身パックを利用するのがおすすめです。

単身パックとは引越し業者が用意するカーゴやコンテナボックスに荷物を入れていき、それだけを運ぶことで引越し費用が安くなるプランです。

単身パックを利用すると、大体2万円から3万円ほど安くなることがほとんどでしょう。

荷物が少ない傾向にある単身者ならではのお得なプランなので、単身者が引越す場合は利用を検討するのがおすすめです。

ただし、カーゴやコンテナボックスに収まり切らなかった荷物を運ぶ場合、追加料金が発生してしまいます。

単身パックを利用する時は荷物の量を調整する必要性があるでしょう。

混載便や帰り便を利用する

東京と京都間は基本的に移動ルートがしっかりしており、移動にも困らないので引越ししやすいルートだと言えます。

そこでおすすめできるのが、混載便や帰り便を利用する方法です。

混載便は他の人の荷物と一緒に引越しする方法で、帰り便はこれから本拠地に帰るトラックを活用して引越しする方法です。

これらの方法を利用することで引越し費用が2割ほど安くなるので、可能であれば積極的に利用していきましょう。

ただし、混載便は荷物が少なく、同じルートを引越しする人しか利用できません。

帰り便も東京から京都、東京から京都と帰ってくるトラックを利用することになるので、タイミングが合わないと利用できないでしょう。

スケジュールに余裕がある人ほど利用しやすいと推測できるため、まずは混載便と帰り便を利用する時の注意点について引越し業者に聞くのがおすすめです。

宅配便を利用する

荷物の量が多い場合は、宅配便で引越し先に郵送するのもおすすめです。

大型の家具や家電は引越し業者に運んでもらい、後の細かな荷物を宅配便で郵送することで引越し費用を削減する方法です。

東京と京都間を宅配便で郵送する場合、ダンボール1個あたり100サイズなら1410円になります。

10個なら1万4100円、20個でも2万8200円となるので、場合によってはそのまま引越しするよりも費用を大きく抑えることができるでしょう。

複数の業者に見積もりを依頼する

引越し業者に依頼する上で絶対に欠かせないのが、複数の引越し業者への見積もりです。

引越しというのは同じ引越し内容なのに引越し業者によって見積もり金額が違うので、複数の業者に見積もりを依頼していかないと妥当な金額なのかが分かりません。

費用の相場が分からずに引越しを依頼してしまうと、後でもっと見積もり金額が安い引越し業者があることを知って後悔する可能性があります。

1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼することで、見積もり結果を比較することができるでしょう。

見積もり結果を比較することで、どの引越し業者が安く見積もってくれているかが分かりますし、見積もり結果を利用すれば値引き交渉を持ちかけることもできます。

しかし、1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼していたのでは、多くの時間をかけてしまうことになります。

これでは引越し予定日まで時間がない人は非常に利用しづらいでしょう。

そこで役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」を利用する方法です。

一括見積もりサイトは1社ずつではなく、一度に最大10社まで見積もりを依頼することができるのが最大のメリットです。

いっぺんに見積もり結果を比較することができるので、時間をかけずにどの引越し業者に依頼するかを決められるでしょう。

見積もりを依頼する時にかかる時間はたったの数分で済みますし、一回のデータ入力で見積もりが依頼できるのもポイントです。

見積もりを依頼したからといって、必ずしも引越しを依頼しなければならないわけではありません。

パソコンやスマホからでも簡単な操作で見積もりが依頼できる上に、値引き交渉に応じてくれやすいのも見逃せません。

東京と京都間を引越す時は、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

東京と京都間の引っ越しで最安値の業者を調べてみる(無料)

東京と京都間を引越す時のQ&Aについて

東京と京都間を引越すにあたって、疑問に思うことが多くあるのではないでしょうか?

スムーズに引越すためにも、疑問に思うことは全て解決したいですよね。

それでは、東京と京都間を引越す時の疑問についてお答えしましょう。

東京と京都間ではどのくらいの距離があるの?

東京と京都間の距離は、直線距離で368キロ、トラックで移動する場合だと最短でも457キロと長距離引越しになります。

必然的に引越し費用が高くなるので、十分に注意しましょう。

東京と京都間を引越す時の手段は何がある?

東京と京都間を引越す時の移動手段は、主に高速道路を利用してトラックのみの手段か、コンテナ便を利用することになります。

とはいっても基本的にトラックを利用することになりますし、コンテナ便は引越しにかかる時間が短縮されるものの、費用が高くなるのであまりおすすめできません。

東京と京都間では引越し日数はどれくらいかかるの?

東京と京都間を引越す時の引越し日数は、トラックで高速道路を利用した場合だと移動時間だけで約6時間ほどかかります。

搬出と搬入にそれぞれ2時間ほどかけるとなると、多く見積もっても引越しが完了するまで約半日ほどかかるでしょう。

ただし、繁忙期は15時間や20時間ほどかかると思われます。

この時期は誰もが引越ししようとしているので、道路が渋滞する可能性があるからです。

渋滞に巻き込まれた分だけ引越しに時間をかけてしまうことになるため、繁忙期に引越しする場合は十分に注意しましょう。

また、コンテナ便を利用した場合は7時間から9時間と比較的早い時間で引越しすることができます。

引越し費用が高くなっても早く引越したいのであれば、コンテナ便を利用するのがおすすめです。

さいごに

東京と京都間を引越す時は必然的に長距離引越しになるので、引越し費用が高くなりやすいでしょう。

東京と京都間の引越しに対応している引越し業者であれば、方法次第で引越し費用を安くしてくれる可能性があります。

引越し業者によって様々な違いがあるので、一括見積もりサイトを利用するのがおすすめですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

東京と福岡間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

佐渡島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

石垣島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

奄美大島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

離島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

海外への引越しで船便と航空便の費用の相場は?どっちが安いの?