引越しの繁忙期や閑散期はいつ?料金の相場はどのくらい違うの?

引越しの際に気を付けておきたいのが、引越しの繁忙期と閑散期です。

繁忙期は引越し業者が非常に忙しいのでなかなか予約が取れなかったり料金が高かったりしますが、閑散期は逆に忙しくないので予約が取りやすく、料金も安いといった印象がありますよね。

しかし、繁忙期や閑散期というのは業者によって変わるところでもありますし、毎年時期が一緒というわけでもなさそうです。

繁忙期や閑散期が分かれば、上手に料金を安く抑えながらスムーズな引越しが出来るかもしれません。

そこで、引越しにおける繁忙期や閑散期はいつ頃なのか、料金は繁忙期と閑散期でどれくらい相場が違うのかなどをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



引越しの繁忙期はいつ頃?

引越しの繁忙期というのは基本的に業者が非常に忙しい時期なので、基本的に繁忙期に引越すのは避けた方が良いとされています。

引越しの繁忙期は、

• 3月から4月
• ゴールデンウィーク
• 8月のお盆の連休中
• 10月

以上の月が繁忙期だとされているので、これらの月に引越すのは避けた方が良いでしょう。

では、なぜこれらの時期を繁忙期と呼んでいるのかをご説明しましょう。

なぜ繁忙期と呼ばれているの?

先ほど挙げた時期が繁忙期だと呼ばれているのには、様々な理由があります。

まず3月か4月にかけての時期ですが、この時期は基本的に新社会人や新入生などがこれから新しい生活をスタートさせる為に一斉に引越しを始める時期です。

どこもこの時期に引越しを始めることから引越し業者の取り合いのような形になる為、この時期に引越しをしようとすると予約が非常に取りづらくなります。

もし予約が取れそうな状況だったとしても通常よりも高額な料金を請求されてしまい、大した値引き交渉も出来なくなるでしょう。

もし粘って値引き交渉でもしようものなら、相手も時間がないので引越しを断られてしまうこともあるほどです。

この時期は引越し業者によっての稼ぎ時なので、日にちが経つほど予約が取りづらいことからどうしてもというわけではないのであればこの時期に引越すのは止めておきましょう。

続いてゴールデンウィークですが、3月から4月ほどではないものの休みが長く続いているので引越しを考えている人が増加する傾向にあります。

たとえ時期的には中途半端だったとしても引越しする人が増えてくるので、すぐにやってくる閑散期まで待つことも大切です。

続く8月ですが、子どもの夏休み、そして両親のお盆休みを利用して引越す人が多い為に繁忙期となっています。

この時期であれば子どもがまだ学校に通っている中途半端な時期に引越しをしなくても長い休みを利用して引越せるので、引越し業者にとっても忙しくなります。

続く10月も同様に休みが多い月なので、比較的引越す人が多いことから繁忙期となります。

以上が繁忙期となる理由になります。

スムーズに引っ越しがしたい方、料金を少しでも抑えたい方は繁忙期に引越しをするのは避けた方が良いのではないでしょうか。

引越しの閑散期はいつ頃?

続いて引越しの閑散期ですが、閑散期は逆に引越す人があまりいない時期でもあるので予約が取りやすく、比較的料金が安いといった特徴があります。

閑散期と呼ばれているのは、1月、2月上旬、6月、11月、12月といった月です。

では、なぜ閑散期と呼ばれているのかをご説明しましょう。

なぜ閑散期になるの?

閑散期とは逆に言えば引越ししたくない月となります。

1月や2月の上旬、11月や12月といった時期は基本的に寒く、誰もが敬遠しやすい月です。

特に年末年始は家でゆっくりと休みたい、どこかに出かけたいなど個人的な用事があって引越ししている暇がないという理由も挙げられるでしょう。

また、6月は結婚する月としては人気ですが、梅雨の時期でもあるので引越しする月としては一番人気がないかもしれません。

引越しの時に雨が降っていると、荷物が濡れてしまったり服が濡れたりトラックが渋滞に巻き込まれてしまったりと、様々なデメリットを引き起こします。

逆にこれらを気にしないのであれば、閑散期は引越しする絶好の月だと言えるでしょう。

繁忙期と閑散期の料金相場

繁忙期や閑散期では料金の相場も大きく違ってきます。

もちろん繁忙期だと引越し業者が引く手数多という状態であり、値段を高めに設定しています。

逆に閑散期は引越しの仕事があまりない状態なので、採算がギリギリになったとしても仕事を確保しようとしてくるでしょう。

つまり、2月下旬、5月下旬、7月、9月の通常期を100の指数で表した場合、繁忙期と閑散期の指数は、

• 1月:60~90
• 2月上旬:90
• 3月:150~200
• 4月:150~190
• 5月上旬:110~150
• 6月:60~80
• 8月:110~140
• 10月:110~130
• 11月:80~90
• 12月:70~90

以上となります。

あくまで目安となる指数ではありますが、これを金額で表すと、

• 繁忙期:1.5倍から2倍
• 閑散期:4分の3程度

以上が目安となる金額です。

繁忙期の場合だと6万円が9万円や12万円にもなるので、いかに繁忙期を避けた方が良いかが分かるでしょう。

繁忙期に引越しをするメリットやデメリット

繁忙期のメリットというものは基本的にありません。

もちろん引越し業者にとっても向こうから次々に仕事が舞い込んでくる状態なので売上を上げられるというメリットがありますが、重労働という点では厳しいかもしれません。

繁忙期は基本的に費用を含めたデメリットしかないので、出来る限り繁忙期は避けた方が良いでしょう。

では、繁忙期に引越しをするデメリットをご説明しましょう。

繁忙期に引越しをするのは得策ではない

繁忙期に引越しをするデメリットとして、

• 希望する日に予約が取れないことが多い
• 当日の予定が狂う可能性がある
• 常に人手不足なので、アルバイトの作業員がやってくる可能性が高い

以上が挙げられます。

多くの人が繁忙期に引越しを行うことから予約が殺到している為、自分が希望する日に引越しが出来ないこともよくあります。

また、無事に予約出来たとしても業者側の予定によって自宅に作業員が来るのが予定した時間より数時間ほど遅れることも少なくないでしょう。

さらに、引越し業者にとっては常に人手不足の状態が続いている為、引越し作業に慣れていないアルバイトの作業員が来る可能性も十分にあります。

業者側の都合を考えれば仕方ないことかもしれませんが、作業に慣れていないアルバイトに任せるのは不安ですし、万が一にも荷物を破損させるような様々なトラブルを引き起こしかねません。

どうしてもという場合でなければ、繁忙期に引越しをするのは避けるべきでしょう。

閑散期に引越しをするメリットとデメリット

反対に閑散期は、土日祝日に引越しをしない限りデメリットはありません。

閑散期であっても土日祝日は引越し業者が忙しくなる可能性が高いので、平日に引越すようにしましょう。

では、閑散期に引越すメリットについてご説明しましょう。

閑散期は引越し業者にとって余裕があるので、様々なメリットがある

閑散期のメリットは、

• 値段が安い上に価格交渉もしやすい
• 希望する日にちに予約が取りやすい
• 時間通りに作業が進むのでスムーズな引越しが出来る

以上が挙げられます。

閑散期は引越し業者にとってお客を逃したくない時期なので、値段を下げてでも仕事を確保しようとします。

繁忙期とはうってかわって強気の値段交渉をしても応じてくれる可能性が高いので、断られない程度に値段交渉をしてみましょう。

また、同時に引越しを依頼する人が少ないことからスケジュールも空いていることが多い為、希望する日にちに予約が取りやすいのも大きなメリットです。

スケジュールが空いていることから業者も余裕を持って作業が出来るので、時間通りにスムーズな引越しが出来るでしょう。

中には予定していた人数よりさらに作業員が増えて、良い意味で予定が狂うこともあるほどです。

引越し先でもすぐに搬入が始まり、あっという間に作業が終わるなど閑散期に引越ししない手はないと言われるほどです。

余程の理由がない限りは、閑散期に引越しした方が良いのではないでしょうか。

どうしても繁忙期に引越さなければならない場合はどうすればいい?

繁忙期に引越すのは避けた方が良いとご説明しましたが、やむを得ない理由で繁忙期に引越すことになった人もいるのではないでしょうか。

ここまでの説明にあった通り、繁忙期は値段が高く、予約が取りづらいのでスムーズに引越しが出来ない可能性があります。

では、繁忙期に引越す際のコツはどんな方法なのでしょうか。

繁忙期に引越す場合のコツ

いくら値段が高いからといって、値引き交渉を行うのはあまり得策ではありません。

繁忙期の引越し業者は黙っていてもお客が来る状態なので、値引き交渉をしてくるお客の依頼を断る可能性があります。

お客を1人断ったところであっという間に次のお客からの依頼が来るので、損害はないに等しい状態なのです。

したがって繁忙期の引越しは最初から値段が高いものだと思っていた方が良いでしょう。

引越し業者を確保出来ないことの方が問題なので、業者の確保を最優先に行いましょう。

また、時間通りに業者が来ないこともあるので最初から余裕を持った行動をすること、そして荷物の破損を防ぐ為に中の荷物を衝撃などから守る方法もあります。

繁忙期の引越し業者は特に忙しいので、時間通りに来れないことは珍しくありません。

最初から余裕を持って行動することが大切です。

また、人手不足ということから慣れないアルバイトによる作業が行われることがあるので、万が一でも破損しないように荷物を衝撃から守る工夫も必要になるでしょう。

以上が繁忙期に引越しを行うコツとなります。

繁忙期に引越し料金を安くする方法とは?

繁忙期における引越し料金を安くする為には、以下の方法が挙げられます。

• 複数の業者の見積もりを取る
• 事前に出来る限り早く引越しを申し込む
• 複数の引越し予定日を伝える

特に複数の業者を見積もるのは効果的だと言えます。

何故なら、繁忙期といっても業者によって料金が違うからです。

業者によるサービスが利用出来たり、作業員やトラックの容量に余裕があったりと様々な面で料金が左右されるので、複数の業者に見積もりを取って比較するのが最適です。

複数の業者を見積もるのであれば、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」を活用するのがおすすめです。

一括見積もりであれば一度にまとめて複数の業者に見積もりが依頼出来る上に、大幅な時間短縮になるので忙しい時期でも問題ありません。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を見てみる(無料)

次に、引越し業者によっては早くから引越しを申し込むことで引越し料金が安くなるサービスが提供されていることがあります。

業者によってどれくらい早めに申し込みを行えばいいのか違いますが、ただでさえ予約が早い段階で埋まってしまうので早く申し込むに越したことはありません。

少なくとも1ヶ月前には申し込んでおくのが得策です。

そして次に、1日だけでなく複数の引越し予定日を業者に伝えるという方法です。

繁忙期の引越し業者は1日に何件もの引越し作業を抱えているので、特定の日を指定されてしまうとどうしても対応しきれず、値段を高く設定せざるを得ません。

そこで1日だけでなく複数の予定日を伝えて業者側の都合に合わせるようにすれば、小野豆と引越し料金が安くなる日に引越しが出来るかもしれません。

自分の都合が良い日を伝えるだけ伝え、安くなる日を相談してみましょう。

さいごに

引越しをするにあたって繁忙期か閑散期を気にしておいて損はないでしょう。

料金や予約の取りやすさ、作業のスムーズさなどの差が出てくるので、引越しを考えているなら時期を見極める必要性があります。

本来であれば閑散期に引越しするのがおすすめですが、どうしても繁忙期に引越さなければならない場合は、とにかく早めの行動が必要です。

早めの行動をして引越しする予定日を特定の日にこだわらないようにすれば、繁忙期でも安く引越すことが出来るのではないでしょうか。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

一人暮らしの引っ越し初期費用の相場や平均はいくらなの?

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい違うの?

引越しの平日割引って何?費用はいくら安くなるの?

引っ越しの初期費用を安く抑える方法やコツって何かある?

引っ越しで初期費用を分割払いするのって可能なの?方法は何がある?

家賃が安い時期はいつ?引越しするなら何月がおすすめ?