3月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

 

「3月に引っ越したいけど、本当にスムーズに引っ越せるの?」という疑問を持つ人は多いのではないでしょうか?

1年の中で最も引っ越し料金が高く、引っ越しする人が多いのが繁忙期の3月です。

3月はどこも学生や社会人などが引っ越しを考えて行動しているので、引っ越し業者も大変忙しくなります。

前もって準備をしておかないと、3月に引っ越すことすらできなくなってしまうので注意が必要です。

そこで今回は、3月の引っ越し費用の相場や、安く引っ越す方法についてご説明しましょう。

何とか3月でも無事に引っ越すことができるかもしれないので、この記事を読んで引っ越しに備えるのが得策です。

是非とも参考にして、引っ越しの準備を進めてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



3月は繁忙期だけど、どのくらい引っ越し費用が高くなるの?

3月は1年の中で最も引っ越し費用が高いとされていますが、どのくらい費用が高くなるのか分かりにくい人もいるでしょう。

とはいえ、1月や2月よりも高くなることは確実なので、予算を確保しておきたいところです。

それでは、3月の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

3月上旬の引っ越し費用の相場

3月上旬からは基本的に引っ越し費用が下がることはなく、むしろ上がり続ける一方になるので注意が必要です。

引っ越し業者からすれば、逆に3月をどうやって乗り切るかが勝負だと考えているほど予約が殺到するので、自然と引っ越し料金が上がります。

ただ、引っ越し業者の忙しさのピークは上旬ではないため、探せば引っ越し業者を予約できる可能性があるでしょう。

指数で表すなら、通常期が100なら3月上旬は150から200といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で6万5000円から7万4000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体7万2000円から8万円が相場となるでしょう。

3月中旬の引っ越し費用の相場

3月中旬までくると、引っ越し業者の忙しさが際立ってきます。

当然忙しさのあまり、予約の際に値引き交渉に応じてくれることはほとんどないので注意が必要です。

逆に通常の1.5倍の料金でもまだ安い方だとされているので、引っ越し料金の高さに関しては諦めるしかないかもしれません。

指数で表すと、3月中旬は上旬と同じく150から200といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で6万7000円から7万6000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体7万4000円から8万2000円が相場となるでしょう。

3月下旬の引っ越し費用の相場

3月下旬は引っ越しのピークだとされており、中旬の頃よりも引っ越し料金が高くなる可能性があります。

ここでも当然予約が殺到している為、こちらから引っ越しの希望日時を伝えても大半はその通りにいかなくなるでしょう。

引っ越し料金の高さや、自分の希望通りに引っ越しができないなど様々な弊害が起こり得る時期なので注意が必要です。

指数で表すと、3月下旬は平日なら150、土日祝日なら200といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で6万9000円から7万8000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体7万8000円から8万5000円が相場となるでしょう。

3月に引っ越しをずれ込ませる意味はあるの?

3月は繁忙期なので元々引っ越し業者や物件を探すのは半ば無謀だと言えますが、2月が忙しくて3月にずれ込むことになったケースもあるでしょう。

3月に引っ越しをずれ込ませる意味は全くないとは言えませんが、ずれ込ませるのであれば3月上旬のみにするのが得策です。

何故なら、3月上旬は中旬や下旬と比べて忙しいわけではないので、まだ希望の日時に引っ越せる可能性があるからです。

中旬や下旬にまでずれ込ませてしまうと、希望の日時に引っ越せなかったり予約すらできない可能性があるので注意しましょう。

引っ越し料金も3月中は下がることがなく、基本的に高いままなので予算にも気を付ける必要性があるでしょう。

3月に引っ越した時の物件情報について

 

3月は繁忙期なので引っ越し業者は非常に忙しいですが、物件数や家賃にも動きがあります。

特に3月中は物件がみるみる埋まってしまうので、早めの行動が必要です。

それでは、3月の引っ越しに伴う物件情報についてご説明しましょう。

3月の物件数は減りつつある

3月ともなれば多くの人が引っ越しラッシュとなっているので、あれだけ用意していた物件があっという間に埋まってしまう時期となります。

特の3月の上旬からすぐに優良物件が埋まってしまいますし、日にちが経つにつれてどんどん物件数が少なくなるため、早めに物件を見つけるか、3月を迎えるまでに物件を見つけておきましょう。

もしも3月下旬にずれ込んでしまった場合は、いっそのこと4月の引っ越しを検討するのがおすすめです。

3月の家賃相場や家賃交渉はどうなる?

3月の家賃相場は2月と同じで基本的に高くなっている傾向にあります。

どのくらい家賃が上がるかは地域にもよりますが、基本的に1割増しは当然ですし、人気エリアの物件は2割や3割も高くなっているでしょう。

大家さんとしても黙っていても入居者がやってきますし、不動産会社も大忙しなので家賃交渉に応じる暇がありません。

というよりも家賃交渉に応じている暇があったら他の入居希望者を優先するので、家賃交渉は諦めた方が良いでしょう。

3月に学生や社会人が引っ越し費用を安く抑えるコツについて

3月の引っ越し費用は基本的に高いとはいえ、できる限り引っ越し費用を安く抑えたいですよね。

基本的に交渉には応じてくれないかもしれませんが、やらないよりやった方が良いでしょう。

それでは、3月に学生や社会人が引っ越し費用を安く抑える方法についてご説明しましょう。

平日割引を利用する

平日割引とは、その名の通り平日に引っ越しを予約すると割引されるサービスです。

3月は基本的に引っ越し料金が高く、土日祝日より安いとされる平日も高くなっています。

しかし、平日割引が適用されれば3割ほど料金を安くしてくれるので大変ありがたいでしょう。

平日割引を利用するためにも、平日割引のサービスを提供している引っ越し業者を探しましょう。

引越しをするにあたって業者を調査していると、平日割引という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 その名の通り平日に割引してくれるというもの...

フリー便を利用する

フリー便は時間を指定する午前便や午後便よりも引っ越し料金が安く済ませられる方法です。

時間を指定せずに引っ越し業者の都合に合わせることで引っ越し料金を安く済ませられるでしょう。

3月の中でも一番忙しくない上旬でさえ時間指定をするのは難しいですし、中旬や下旬はほぼ不可能なのでフリー便を選んでも特に弊害はないと思われます。

ただし、引っ越し業者の都合に合わせるということは、1日の間に請け負っていた引っ越し作業を全て終わらせた後に引っ越し作業を行うことになります。

つまり、全ての引っ越し作業が終わった時点で、フリー便を選んだ人の引っ越し作業が始まる時間が夜中になる可能性が高いでしょう。

フリー便を選ぶ時は、近所迷惑にならないように事前に対策を行うのが得策です。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

混載便や帰り便を利用する

一人暮らしの引っ越しは、混載便や帰り便を利用しやすいメリットがあるでしょう。

混載便は他の人の荷物と一緒に自分の荷物を運ぶ方法であり、引っ越し先までの移動にかかるガソリン代などを2人で分割することで引っ越し料金が安くなります。

帰り便はこれから本拠地に帰るトラックを利用することで、帰りの分のガソリンなどを無駄にしない方法であり、引っ越し料金を安くすることができます。

これらを利用することで引っ越し料金を安く抑えることができますが、代わりに他の人戸のスケジュールが合わなければ待機せざるを得ないデメリットがあるので注意が必要です。

とはいえ、一人暮らしだからこそ少ない荷物で引っ越せるので利用しやすいですし、引っ越し業者は引っ越しの予約で数をこなさなければならないため、スケジュールが合いやすいかもしれません。

学割パックや単身パックを利用する

学生や社会人にとって役立つのが、学割パックや単身プランです。

単身者におすすめのサービスであり、これらを利用することで引っ越し費用を大きく値下げすることができます。

特に学割パックは引っ越し料金が5万円のところを2万9000円にまで下げてくれることもあるなど、安く抑えるのに役立つでしょう。

ただし、学生しか利用できない上に引っ越し業者によって値引きされる金額が違うので業者の吟味が必要です。

また、場合によっては学割パックよりも単身パックを利用した方が安くなることもあるので、業者にどちらを利用すれば安くなるのか聞いてみましょう。

これから引っ越しをするにあたって心配になるのが、引っ越し料金の問題です。 引っ越し料金を安く抑える方法は多くありますが、学生が引っ越すとな...

宅配便で郵送する

引っ越し料金は荷物の量などによって高くなるので、宅配便で荷物を運んでもらうのも一つの手段です。

宅配便でできる限り荷物を郵送すれば、残りの荷物の量が少なくなるので作業時間も短くなり、それに応じて引っ越し料金も安くなります。

宅配便なら繁忙期であってもあまり影響しないので、手軽に利用できるでしょう。

自分で運ぶ

もしも引っ越し先が近距離にあるのであれば、自分で荷物を運び出す方法もおすすめです。

一人暮らしの引っ越しは荷物が少ない傾向にあるため、何とか自力で引っ越すこともできます。

自分で運べるなら引っ越し費用は一切かからないので、車などを駆使すれば無料で引っ越しができると言えるでしょう。

ただ、友人などに手伝ってもらった場合は、ちゃんと友人全員にお礼をするようにしないと反感を買うので、食事を奢るなど多少のお金をかけることを覚えておきましょう。

一括見積もりサイトを利用する

引っ越しの際に見積もりを依頼した時、時間がないからといって一社だけに依頼していませんか?

一社だけに見積もりを依頼しても、それがはたして妥当な金額なのかは判断しかねるでしょう。

同じ内容の引っ越しでも業者ごとに内訳が変わってくるため、大体の相場を知るためには複数の業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼することで大体の相場が分かるので、それを基準に引っ越し業者を選びましょう。

しかし、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するとはいえ、複数の業者を探すのに時間がかかります。

しかも同じ情報を何回も教えなければならないので、手間と時間がかかってしまいます。

そんな時に便利なのが、一度に最大10社まで見積もりが依頼できる「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトではたった数分で複数の業者に見積もりを依頼することが可能であり、無料で利用できます。

もちろん見積もり結果を利用して価格交渉を行うこともできますし、悪質な業者に引っかかりにくいメリットもあります。

一括見積もりサイトの中にはCMでおなじみのサイトもあるので、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

3月に安く引っ越しできる業者を調べてみる(無料)

さいごに

一年の全盛期とも言える3月の繁忙期は、他に類を見ない引っ越し業者の忙しさと相まって引っ越し料金もかなり高めです。

基本的に家賃相場も高く、家賃交渉に応じてくれるものではないのでいかに引っ越し料金を安く抑えられるかがカギとなるでしょう。

3月は物件が非常に見つかりにくく、日にちが経つほどなくなっていくので3月までに物件が見つけられるかどうかで3月中の行動が変わりますね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

9月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

5月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

1月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

2月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

クリスマス前後の引っ越し料金は高いの?相場はどのくらい?

年末年始の引っ越し費用は高い?料金の相場は〇〇くらいです