2月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

2月に引越しを考えているなら、確実に3月に入る前に引っ越した方が良いでしょう。

3月は1年の中で最も忙しく、引っ越し費用も高くなるので早めに引っ越すに越したことはありません。

しかし、2月は徐々に忙しくなる時期なので、あまりもたもたしていると高い引っ越し費用を支払うことになったり、引っ越したい物件が見つからなかったりと散々な目に遭う可能性があります。

それを防ぐ為にも、早め早めの行動を心がける必要性がありますね。

それでは、2月に一人暮らしの人が引っ越す際の引っ越し費用の相場などをご説明しましょう。

2月は3月に入る前の前哨戦のような時期なので、焦らずに行動するのがおすすめです。

こちらの記事を読み込んで、引っ越しに備えてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



2月は徐々に引っ越し費用が高くなるので注意しよう

3月の前哨戦となる2月は、1月と違って軒並み引っ越し費用が高くなります。

物件を探す時に注意しておきたいので、慎重に行動する必要性がありますね。

それでは、2月の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

2月上旬の引っ越し費用の相場

2月上旬になると、3月の繁忙期の為に人員やトラックの数を増やしているので通常期と何も変わらない時期となります。

引っ越し業者の見積もりを忘れずに行うことが大前提となるため、注意しましょう。

指数で表すなら、通常期が100なら2月上旬は同じく100といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で3万6000円から4万4000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体5万2000円から6万2000円が相場となるでしょう。

2月中旬の引っ越し費用の相場

2月中旬に入ると、引っ越し費用も通常期より軒並み上がり始めてきます。

まだまだ繁忙期とは言えない状況ではありますが、この頃に引越しするのであれば相場よりも少し高くなっていることを意識しましょう。

指数で表すと、2月中旬は110といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で4万円から5万2000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体6万円から7万2000円が相場となるでしょう。

2月下旬の引っ越し費用の相場

3月への入り口となる2月下旬は、もはや繁忙期と言っても過言ではありません。

また、引っ越し費用は繁忙期の時と同じ相場になっているので、通常よりも高くなっています。

引っ越し業者は多くの引っ越しでスケジュールを埋め尽くしているため、なかなか予約が取れない状況が続く可能性もあるでしょう。

さらに、スケジュールの関係で引っ越し作業が多少なりとも手荒になることも珍しくありません。

ここぞという時にトラブルが起こらないように、入念な引っ越しの準備を進めましょう。

指数で表すと、2月下旬は120から130といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で5万9000円から7万円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体8万2000円から9万5000円が相場となるでしょう。

2月に引っ越しをする人に向けたアドバイス

これから3月を迎える大学生や社会人にとって、2月に引っ越しを考える人も少なくないでしょう。

そういった人は、引っ越す2ヶ月前から物件を探すのが最大のポイントです。

2月は半ば繁忙期と言っても差し支えないので、2月に引っ越す予定なのに未だに物件が見つからないようでは非常に焦ってしまいます。

したがって、2月に引っ越すなら12月に物件探しを開始しましょう

12月なら2月ほどではないものの、徐々に新しい物件が出始めている頃なので早めに物件を探すことが大切です。

学生なら学割パックを利用するのがコツ

学生が2月に引っ越すのであれば、学割パックや単身パックを利用するのもおすすめです。

学割パックとは学生のみが利用できるプランであり、繁忙期であるにもかかわらず格安で引っ越しができます。

学割パックを利用すると繁忙期なのに3万円前後で引っ越しができたり、単身パックなら2万円以下で引っ越すことができたりとお金に余裕がない学生でも手軽に利用できるでしょう

学割パックにも様々な引っ越し内容がありますが、基本的に業者に作業を任せるほど料金が高くなり、自分で作業を行うほど料金が安くなります。

できる限り費用を抑えたいのであれば、荷造りや荷解きなどは全て自分で行いましょう。

社会人が引っ越す時は会社のルールに従い、ミスのないようにしよう

社会人が引っ越すコツはあまり変わりませんが、一番気を付けておきたいのは会社のルールです。

会社が決めたルールの中には、交通費の問題は住宅費補助など様々なルールが取り決められています。

特に交通費の問題は絶対に見逃せません。

引っ越したにもかかわらず、その事実を告げずに交通費を受け取っていると、それが積みに問われる可能性があります。

社会人として住所が変更になったことを報告するのは当たり前ですし、それができなければなりません。

また、新卒の新社会人が引っ越す場合、家賃の金額や職場までの距離、敷金礼金の有無などを事前にしっかりと確認することが大切です。

どちらにしても入社する1ヶ月前や2ヶ月前に物件を探すことに変わりはありませんが、スムーズな暮らしと共に働く環境を快適にする為にも入念な物件リサーチが必要になるでしょう。

2月は引っ越し業者の予約が取りづらい!何かコツはあるの?

2月は3月に向けた引っ越しのために、引っ越し業者の予約が取りづらい状況になっています。

2月になって慌てるよりも、早めに準備した方がスムーズな引っ越しができます。

それでは、2月に引っ越すにあたってのコツをご説明しましょう。

一人暮らしが引っ越しするなら、引っ越し業者の予約は1ヶ月前から行おう

単身で引っ越す場合、引っ越し業者の予約は遅くて3週間前、早くて1ヶ月以上前から物件探しを始めるのがおすすめです。

単身の引っ越しということもあって引っ越し業者としては少ない人員を割くだけで構わないので、家族の引っ越しと比べて予約が取りやすいというメリットがあります。

つまり、引っ越しするなら引っ越し希望日の3週間前から1ヶ月前から見積もり依頼をすることで、引っ越したい日に引っ越せる可能性があるでしょう。

あくまで可能性があるというだけの話なので、心配な人は1ヶ月前から2ヶ月前から予約するのがおすすめです。

早めに引っ越しの予約をしたとしても、引っ越しする3日前までならキャンセル料が発生しません

キャンセル料が発生してもいいのであれば、当日や前日にキャンセルすることもできます。

ただし、当日にキャンセルした場合は見積もり金額の半分のキャンセル料を、前日にキャンセルすると見積もり金額の3割、2日前にキャンセルした場合は2割のキャンセル料が発生するので注意しましょう。

2月に引っ越しした場合、物件数や家賃相場はどうなるの?

2月に引っ越すにあたり、繁忙期を迎えるということで物件数や家賃相場に大きな動きが出てきます。

1月と比べて少なからず家賃相場が高くなる恐れがあるので、どうしてもというわけではないのであれば2月の引っ越しを避ける選択肢もありますね。

それでは、2月の物件数や家賃相場についてご説明しましょう。

2月の物件数はかなり増えている

2月の物件数は、1月と比べてもかなり増えています。

ただ、かなり増えているからといって油断していると、他の人に物件を取られてしまう可能性が非常に高いので注意しましょう。

特に2月上旬はまだ忙しくなるわけではないので、この隙に物件を探して家賃交渉を持ちかけるのが得策です。

2月の家賃相場は少し高くなっている

通常期の指数を100とするなら、2月の家賃相場は110が基本です。

つまり、家賃が月10万円なら2月は11万円になっていると言えるでしょう。

3月の為に物件数を多くしていますが、それに伴って家賃を少し高くしている傾向にあるため、どうしても2月に引っ越さなければならないというわけではないのであれば、2月の引越しは避けるべきかもしれません。

2月は基本的に家賃交渉に応じてくれない

2月は家賃相場が少し高くなっているので、家賃交渉をして値下げしてもらおうと思う人もいるでしょう。

しかし、家賃交渉は上旬を除いて基本的に無理です。

上旬ならまだ忙しくない時期なので、少なからず家賃交渉に応じてくれる可能性があります。

それに比べて中旬と下旬は入居希望者がかなり多いため、大家さんも不動産会社も家賃交渉に応じる暇がありません。

そんなことをしなくても入居希望者は次々にやってくるので、入居しないと判断されれば「お引き取りください」と言われる可能性が高いです。

中旬と下旬に家賃交渉をするのは止めた方が良いでしょう。

家賃の交渉についてはこちらをどうぞ。

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか? ...

引っ越し料金を安く抑えるコツについて

2月は繁忙期が差し迫っているということで、引っ越し料金が全体的に高めになります。

少しでも引っ越し料金を抑える方法があるので、それを実践するのがおすすめです。

それでは、引っ越し料金を安く抑える方法についてご説明しましょう。

混載便や帰り便を利用する

2月は引っ越しする人が増える傾向にあるので、混載便や帰り便を利用する手段もおすすめです。

混載便は他の人の荷物を一緒に載せて引っ越す方法であり、帰り便は本来本拠地に帰るはずのトラックを利用する方法です。

引っ越しする人が増える傾向にある以上、自分の引っ越し先と相手の引っ越し先が同じ地域にあることも珍しくありません。

特に単身の引っ越しであればそこまで荷物が多くならない可能性があるので、混載便が利用しやすいと言えるでしょう。

引っ越し料金に関しては2世帯分の荷物を一緒に運ぶため、ガソリン代などの経費を二人で半分ずつにすれば引っ越し料金を抑えることができます。

また、帰り便は本拠地に帰る分のガソリン代などを無駄にしない方法なので、結果的に引っ越し料金を抑えることに繋がります。

ただし、これらの方法を利用する上で注意しておきたいのが、混載便と帰り便は他の人とスケジュールが合わないと引っ越し作業が始められないことです。

他の人とスケジュールが合うまで待たなければならないので、急いでいる人はおすすめできませんね。

宅配便で郵送する

引っ越し業者は忙しいかもしれませんが、宅配業者に関してはそこまで大きな違いはありません。

したがって、2月に引っ越すなら宅配業者を利用するのがおすすめです。

宅配便であれば格安で様々な荷物を引っ越し先に郵送してくれるので、荷物が少なくなったことで作業時間も減るため、引っ越し料金が安くなります。

たくさんのダンボールを用意しなければならないので荷造りが大変ですが、一人暮らしならそこまで荷物が多くなることはないでしょう。

一括見積もりサイトを利用する

2月の引っ越し料金は軒並み高いので、引っ越し料金を抑えるには複数の業者への見積もり依頼が欠かせません。

一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼することで、今回の引っ越し料金の相場が分かるでしょう。

しかし、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼していたのでは、相場が分かったとしても時間がかかってしまうので非効率的だと言えます。

そんな時におすすめなのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」の利用です。

一括見積もりサイトであれば、たった1回データ入力するだけで最大10社まで見積もりが依頼できるようになります。

パソコンはもちろん、スマホからでも見積もりが依頼できるので非常に便利です。

無料で利用できる上、所要時間は数分程度と時間と手間をかけさせないのが一括見積もりサイトのメリットだと言えるでしょう。

一括見積もりサイトであれば時間がない人でも手軽に利用できますし、ここぞという時に格安の業者が見つけられるのは心強いです。

引っ越し先が無事に見つけられたら、早々に一括見積もりサイトを利用して業者を探してみてはいかがでしょうか。

2月に安く引っ越しできる業者を調べてみる(無料)

さいごに

2月は繁忙期直前ということで引っ越しする人が多くなるので、引っ越すなら2月上旬の方がいいでしょう。

中旬や下旬を迎えると途端に引っ越し料金が高くなってしまうため、早めに引っ越し計画を立てることが重要です。

何とか引っ越し業者の予約を取るためにも、一括見積もりサイトを利用するのがおすすめですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

6月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

9月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

10月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

8月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

5月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

正月休み中の引っ越し費用は高い?料金は安くなるのはいつからなの?