6月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

 

6月は1年を通して最も引っ越し費用が安い月であり、費用的には引っ越しに最も適した月だと言えるでしょう。

ジューンブライドということから6月に結婚する人が増えるので引っ越しの需要が上がるはずですが、最閑散期なのには様々な理由があります。

6月に引っ越しを考えている時は、この記事を読み込むことでなぜ引っ越し費用が安くなるのかが分かります。

それでは、一人暮らしの人が6月に引っ越す時の相場についてご説明しましょう。

是非とも参考にして、引っ越す時の準備を始めてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



6月はどの月よりも引っ越し費用が安いの?

6月は1年の中で最も引っ越し費用が安い閑散期なので、引っ越し費用を抑えたいと思っている人にはピッタリです。

引っ越し費用が安いのにはそれだけの理由があるため、引っ越す前にどんな理由があるのかを知ることも大切です。

それでは、6月の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

6月の引っ越し費用の相場

6月は上旬・中旬・下旬と1ヶ月を通して引っ越し費用が安い月です。

よって6月は安い費用で引っ越しができるので、費用を安く抑えながら引っ越すのに最適だと言えるでしょう。

指数で表すと、通常期が100なら6月を通して75といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で3万8000円から4万1000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体5万5円から6万円が相場となるでしょう。

6月はなぜこんなに引っ越し費用が安いの?

6月は確かに引っ越し費用が安いので大変ありがたいですが、なぜこんなに引っ越し費用が安くなるのか気になる人もいるのではないでしょうか?

まず理由の一つとして挙げられるのが、6月に引っ越す理由がないからです。

というのも、6月に入学や転勤を行うケースは非常に少なく、別の理由がなければ引っ越すことがありません。

さらに、6月には祝日がないのも一つの理由です。

引っ越しは土日祝日の3連休を利用して引っ越す人が多いのですが、6月は土日があっても祝日が1日もないので3連休になりません。

つまり、引っ越す理由がなければ3連休もないので、ますます引っ越しの需要が減ってしまいます。

土日を利用したとしても大変慌ただしく行動することになりますし、わざわざ有給を使わなければ3連休になりません。

そこまでして6月に引っ越すなら、5月や7月に引っ越した方がいいと判断する人が多いのでしょう。

そしてもう一つの理由が、梅雨です。

引っ越しは基本的に晴れや曇りの日に行うのが理想的ですが、雨の日に引っ越しするのはおすすめできません。

連日の雨が6月の引っ越し費用を著しく下げていると言っても過言ではなく、大変危険です。

雨の日の引っ越しは傘をさして荷物を運ぶ余裕がないので、身体や荷物が濡れてしまいます。

雨で冷えた身体で引っ越し作業を行うと、次の日には風邪をひく可能性すらあるでしょう。

また、雨の日は地面が濡れているため、大変滑りやすくなっています。

そんな中で荷物を運ぼうものなら、思わず滑って荷物を思い切り落としてしまい、破損や故障の原因になりかねません。

これは引っ越しに慣れたプロの人でも起こるので、余程の理由がない限り6月に引っ越すのは避けた方が良いでしょう。

ジューンブライドということで6月に結婚する人も多いですが、結婚したからといって必ずしもすぐに引っ越さなければならないわけではありません。

結婚に適した時期ではあるものの、以上のような理由があると引っ越しには適していないと言えますね。

6月に引っ越しする場合、物件数や家賃相場はどうなる?

6月は引っ越し費用が安いですが、物件数や家賃交渉はどうなるのでしょうか。

結婚を機に引っ越す人もいるものの、それでも物件数が少ないように感じられます。

それでは、6月の物件数や家賃相場などについてご説明しましょう。

6月の賃貸物件数はどれくらい?

6月の物件数は完全にないわけではありませんが、それでも5月より少なくなっているでしょう。

結婚を機に引っ越す人が多いとはいえ、そういった人達が借りるのは主にファミリータイプの物件です。

一人暮らしの単身者が引っ越すとなれば、数が減りつつあるワンルームでしょう。

ワンルームの物件は借り手がいない物件が中心なので、問題がある物件の可能性があります。

すぐに契約するのではなく、しっかりと内見を行ってから契約することが大切です。

6月の家賃相場は安い!家賃交渉はできる?

6月の家賃相場は基本的に安いと言えます。

家賃月10万円のところが、8万円くらいまで値下げする可能性があるとなれば、この時期の引っ越しがいかにお得であるかが分かるでしょう。

それに伴って家賃交渉もやりやすいです。

大家さんとしては閑散期の6月に引っ越してくる人がかなり少ないため、空室を埋めたくてもどうしようもありません。

そんな時に入居希望者がやってきたとなれば、家賃を下げてでも入居してもらいたいと考えるでしょう。

大幅な家賃の値下げはできませんが、交渉できる余地があるなら狙うに越したことはありません。

家賃交渉についてはこちらの記事をご覧ください。

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか? ...

引っ越し費用を安く抑えるにはどうすればいい?

引っ越し費用を安く抑えるなら6月の引っ越しが最適です。

もちろん梅雨や休日の問題がありますが、6月になって毎日雨が降るわけではありませんし、有給を使うなどの方法で休日を作ることもできます。

引っ越し費用の面ではどの月よりもお得なので、6月に引っ越しを検討してみましょう。

ただし、帰り便や混載便は効率が悪いのでおすすめできません。

帰り便も混載便も、他に引っ越す予定がある人のスケジュールに合わせなければならないので、ただでさえ引っ越す人が少ない6月に利用するのは避けた方が良いでしょう。

それでは、引っ越し費用を安く抑える方法についてご説明しましょう。

平日割引を利用する

土日を除く全ての日が平日で祝日がない6月であれば、平日割引の恩恵を受けやすいでしょう。

平日割引はその名の通り平日に引っ越すと引っ越し費用を割引してくれるサービスであり、平日に引っ越す時に役立ちます。

基本的に平日は土日祝日と比べると1割か2割ほど安いですが、平日割引が適用されると3割から4割も割引してくれる可能性があります。

平日割引を提供している引っ越し業者を選ぶ必要性があるので、サービスを提供している業者を探しましょう。

引越しをするにあたって業者を調査していると、平日割引という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 その名の通り平日に割引してくれるというもの...

学割パックや単身パックを利用する

学割パックは学生しか利用できないものの、2割ほど引っ越し費用を割引してくれるので非常にお得です。

単身パックは誰でも利用することが可能であり、学割パックよりも費用が安くなる時があります。

コンテナボックスに収まる範囲内でしか荷物を運ぶことが出来ませんが、一人暮らしの人は基本的に荷物が少ない傾向にあるので利用できる可能性は高いでしょう。

学生なら、どちらのパックを利用すると安くなるのか聞いてみるのがおすすめです。

これから引っ越しをするにあたって心配になるのが、引っ越し料金の問題です。 引っ越し料金を安く抑える方法は多くありますが、学生が引っ越すとな...

自分で運ぶ

6月の引っ越し費用は確かに安いですが、その費用すら惜しいというのであれば、自分で荷物を引っ越し先に運ぶのがおすすめです。

自分で荷物を運べばその分の費用がかからなくなるので、引っ越し費用をかけたくないなら自分で運びましょう。

ただし、近距離ならまだしも遠距離になるほど自分で引っ越すのが厳しくなるため、車での移動や友人に手伝ってもらう方法も検討する必要性があります。

車を使用したり友人に手伝ってもらう場合、引っ越し費用がかからなくてもガソリン代などの費用がかかるので注意しましょう。

フリー便を利用する

元々6月に引っ越す人が少ないので、フリー便を利用するのもおすすめです。

午前便や午後便と違ってフリー便は引っ越し業者の都合によって時間が決められるので、一番安い引っ越し費用で済みます。

1日の間に予約された引っ越しを全て終わらせてからフリー便を選んだ人のところに駆けつけるため、作業開始時間が夕方以降になる可能性が高いでしょう。

とはいえ、6月はそもそも引っ越す人が少ないことから、フリー便を選んだのに午前中に引越し作業が始まることもあります。

6月にフリー便を選ぶのは、立派な選択肢の一つだと言えますね。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

一括見積もりサイトを利用する

いくら6月は引っ越し費用の相場が安いからといって、見積もりを依頼せずに引っ越しするのは得策ではありません。

一社だけに見積もりを依頼するのももちろんNGですし、相場より高い費用で引っ越すことになりかねないでしょう。

それを防ぐためには、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼を依頼するのがおすすめです。

複数の業者に見積もりを依頼することで妥当な相場が把握できますし、安い業者に引っ越しを依頼することができます。

見積もり結果を利用して他の業者に値下げ交渉を持ちかけることもできるので、見積もりの依頼は非常に重要です。

しかし、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するのは時間がかかってしまうので、おすすめできません。

業者を探す時間がもったいないですし、時間がない人にとっては死活問題となります。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトは条件を絞り込むことで引っ越し業者を探す手間が省けますし、一度に最大10社まで見積もりを依頼することができます。

スマホでもパソコンからでも利用できる上、データ入力も一回だけで済みます。

何より見積もり結果を比較しやすいので、値下げ交渉もやりやすいのもポイントです。

業者側も値下げ交渉を行うために一括見積もりしていると予測して見積もり結果を出しているため、値下げ交渉に応じてくれる可能性があります。

梅雨の時期ということで、引っ越し業者も慎重に作業を行ってくれるでしょう。

6月に引っ越しする予定なら、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

6月に最安値で引っ越しできる業者を調べてみる(無料)

さいごに

6月は1年を通して引っ越し費用が最も安いので、引っ越しに適していると言えます。

もちろん休日が一切なく、荷物が雨で塗れる可能性が高いなどといった問題点はありますが、気を付ければスムーズに引っ越しすることもできるでしょう。

引っ越し費用をさらに安く抑える方法もあるので、一括見積もりと共に様々な方法を検討してみてはいかがでしょうか。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

11月の単身の引っ越し費用の相場とは?料金は安い?高いの?

5月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

2月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

8月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

7月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

クリスマス前後の引っ越し料金は高いの?相場はどのくらい?