年末年始の引っ越し費用は高い?料金の相場は〇〇くらいです

 

引っ越しする時は時期を考えて日程を調整する方法もおすすめされていますが、年末年始に引っ越しを検討している人もいるのではないでしょうか?

しかし、年末年始といえば大半の業者が休んでいるので、引っ越し業者も例に漏れず休業になっている可能性も考えられます。

もし引っ越しに対応してくれるなら、通常の時期とは違って引っ越し費用が高くなる可能性もあるでしょう。

ただでさえ何らかの予定が建てられやすい年末年始の引っ越しははたしてお得になるのか気になりますよね。

この記事を読み込むことで、年末年始に引っ越しすることはできるのか、引っ越し費用の相場が分かります。

それでは、年末年始の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

年末年始に引っ越したい人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



そもそも引っ越し業者は年末年始の引っ越しに対応しているの?

結論から言えば、年末年始でも引っ越しに対応してくれる引っ越し業者は存在します。

しかし、様々な業種の多くが休業とする年末年始は引っ越し業者であっても、例外なく休業になっている可能性が高いです。

というのも、引っ越し業者は基本的に1年を通して需要があるので休業を設定しているわけではありません。

このことから年末年始を1年間で最初で最後の連休としている引っ越し業者が多く、引っ越し業者を探すのには苦労する可能性があるでしょう。

年末年始といえば一般的に12月28日から1月3日までとされていますが、引っ越し業者は基本的に12月31日から1月3日までを休みにしています。

長ければ1月6日まで休みにしている引っ越し業者も存在するので、ますます探しにくくなるかもしれません。

とはいえ、全ての引っ越し業者が年末年始に休んでいるわけではないため、根気よく探せば年末年始の引っ越しに対応してくれる可能性があります。

年末年始の引っ越し費用の相場はどれくらいになるの?

年末年始に引っ越す場合、通常の時期とは違って様々な影響を受けることになります。

それは引っ越し費用に大きく表れることになるので、注意が必要です。

それでは、年末年始の引っ越し費用についてご説明しましょう。

年末の引っ越し費用の相場について

基本的に年末は12月28日から31日となりますが、一番引っ越しが集中するのは30日までとなります。

26日から30日までの間は連休になる人が多く、年始を新しい自宅で過ごしたいと考えられることから連休中に引っ越しが集中する傾向にあるでしょう。

費用の相場を指数で表すなら、通常期を100として年末は120から130になります。

通常期の引っ越し費用が2割から3割程度高くなるので、注意した方が良いでしょう。

ここまで引っ越し費用が高くなるのは、この時期になるとアルバイトが集まりにくく、人手不足に陥りやすいからです。

人手不足になりやすい以上は1日に請け負える引っ越し件数にも限界があるので、通常期よりも引っ越し費用が高くなります。

年始の引っ越し費用の相場について

1月1日から3日といった年始は年末に比べて引っ越しの依頼が一段落する時期なので、年末ほど引っ越し費用も高くありません。

それでも引っ越し費用の相場は、通常期を100とするなら年始の費用の相場は110から120となります。

費用にして1割から2割程度高くなるので、この時期も注意した方が良いかもしれません。

とはいえ、年末に比べて少しでも費用が安くなることを考えれば、年末に慌てて引っ越す必要性がないとも言えます。

少しでも引っ越し費用を抑えたい、あるいはスケジュールに余裕がある場合は年末ではなく年始に引っ越すのがおすすめですね。

なお、年始でも引っ越し費用が高めなのは、引っ越し業者が年始の引っ越しに合わせて特別料金を設定しているからです。

この特別料金は年始だけでなく年末にも設定されていることが多く、普段なら休みになるはずの年末年始に引っ越しする場合に付加される形になります。

特に12月30日から1月4日まで特別料金の対象になっている可能性があるので、年末年始に引っ越す場合は注意しましょう。

ちなみに1月4日は引っ越し業者が休みにしている場合もあります。

年末年始に引っ越す時の注意点

年末年始に引っ越す時は、引っ越し費用以外にも様々な注意点があります。

引っ越し費用が高いだけだと思っていると、思わぬ事態になりかねません。

それでは、年末年始に引っ越す時の注意点についてご説明しましょう。

道路が混雑して渋滞に巻き込まれやすい

年末年始に引っ越す上で注意したいのは、帰省ラッシュなどの影響で道路が混雑しやすく、渋滞に巻き込まれやすいことです。

通常期に比べて年末年始はちょっとした渋滞どころか数十キロにも亘る大きな渋滞に巻き込まれやすいので、引っ越しのスケジュールが狂いやすくなります。

近距離引っ越しならまだしも、遠距離引っ越しは随所で渋滞に巻き込まれる可能性があるため、引っ越しのスケジュールに余裕を持たせる必要性があるでしょう。

年末年始は役所の窓口が開いていない

引っ越しする前と引っ越しした後では様々な手続きを期限内に済ませなければなりませんが、年末はもちろん年始は役所の窓口が開いていません。

窓口が開いていないということは、役所で行わなければならない手続きが全てできなくなるということになります。

住民票の住所変更や転出届、転入届、転居届の手続きなど、窓口が開いていない限り本当に手続きができなくなるので期限内に手続きができるように注意しなければならないでしょう。

窓口が休んでいる日程を調べて、その前に手配するようにしておけば最低限の手続きは済ませられるかもしれません。

年末年始に引っ越すのであれば、窓口での手続きの問題を忘れないようにしてくださいね。

ライフラインの開通もできない可能性がある

年末年始に引っ越す時に忘れてはならないのが、電気、水道、ガスの開通の問題です。

年末年始は契約している電気会社や水道局、ガス会社も休みを取っている可能性が高く、引っ越し先でライフラインを開通したくてもできない可能性があります。

無事に引っ越すことができたとしても、ライフラインの開通ができなければ数日間は電気も水道もガスも使えません。

生活に支障が出てしまう可能性があるので、契約している会社がいつ休みになるのか確認する必要性があるでしょう。

なお、契約している会社によって休みの日や対応が違うため、そこも合わせて確認してくださいね。

年賀状の問題

もう一つ気を付けておきたいのが、年賀状を出すタイミングです。

年末年始と言えば年賀状を出す習慣ですが、この年賀状を出すタイミングに注意が必要です。

年末年始の引っ越しは誰もが忙しくしているので年賀状を出す暇がないという人もいますが、引っ越す前に新しい住所が確定しているかそうでないかによって対応が変わります。

引っ越しする前に新しい住所が確定していれば、そのまま年賀状を出すだけで構いません。

しかし、もし引っ越しする前に旧住所の年賀状を出した場合、引っ越ししたら新しい住所になったことを報告する必要性があります。

また、もし年賀状を出し忘れていた人から年賀状が届いた時、その返事として年賀状を出すと相手の家に届くのが基本的に三が日の後になるので大幅に遅れる可能性もあるでしょう。

年末年始はどこの郵便局も一時的に人手が足りない状態になるため、年賀状を出すタイミングには注意してくださいね。

年末年始の引っ越しに対応してくれる業者は?

年末年始だと業者によっては対応していない場合があります。

なのでできるだけ多くの業者に見積もりを取り、対応しているのか、費用はどのくらいなのかを確認し比較しましょう。

「でも複数の業者に見積もりを取るのってめんどくさい…」

「何社くらい見積もりを取ればいいんだろう?」

何て疑問がありますよね?

そういう時に便利なのが「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一回の入力で最大10社まで見積もりを取ることができます。

引越し日を入力するので年末年始対応が可能な引越し業者からのみ見積もりを取ることができるのが便利です。

複数の業者に見積もりを取ることで費用の相場を知ることができ、安い業者を見つけることもできます。

利用の所要時間は数分程度になります。

利用料は無料になりますので、年末年始の引っ越しに対応している業者を調べるためにも一度利用してもいいと思います。

詳しくはこちらをどうぞ。

年末年始に安く引っ越しできる業者を調べてみる(無料)

さいごに

年末年始の引っ越しは何かとバタバタしやすく、引っ越し費用も通常より高い傾向にあるので注意が必要です。

引っ越し費用が高いこと以外にも気を付けておきたいことがあるので、あらかじめ準備しておかなければならないこともあるでしょう。

年末年始に引っ越す時は、なるべくスケジュールに余裕を持たせて入念な準備を済ませておくのがおすすめですね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

これから2月や3月を迎えるにあたって引っ越そうと考えている人は、1月に引っ越すとどれくらいの引っ越し費用がかかるのか気になるのではないで...
「12月に引っ越したいんだけど費用はどのくらいかかるんだろう?」 「12月でいつが安く引っ越しをすることができるのかな?」 ...
引っ越しするならなるべく特別ではない日に引っ越すことが多いかもしれませんが、クリスマス前後に引っ越す人もいるのではないでしょうか? ...
年末年始の引っ越しは忙しいと言われていますが、正月休み中に引っ越しすることはできるのでしょうか? 年始は引っ越し業者も休んでいる可...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

8月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

7月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

5月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

10月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

正月休み中の引っ越し費用は高い?料金は安くなるのはいつからなの?

3月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?