10月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

 

9月の繁忙期が10月になっても続くこの時期は、引っ越し費用などに十分気を付ける必要性があるでしょう。

特に10月上旬は9月から続く繁忙期なので、軒並み引っ越し費用が高い傾向にあります。

ただ、反対に中旬からは今までの忙しさが嘘のように収まるので、逆に引っ越すチャンスです。

9月に引っ越せなくて10月にずれ込んだ場合は仕方ありませんが、そうでない人はなるべく10月の中旬以降に引っ越しを検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、一人暮らしの人が10月に引っ越す時の相場についてご説明しましょう。

10月に引っ越す時は、この記事を読んで参考にしてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



10月は引っ越し費用が安いって本当?

10月の引っ越し費用の相場は、基本的に中旬からが狙い目になります。

やむを得ず上旬に引っ越さなければならない場合は仕方ないので、引っ越し費用の相場が高くなりますね。

それでは、10月の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

10上旬・中旬の引っ越し費用の相場

10月上旬から中旬にかけて引っ越し費用が繁忙期のように高くなります

上旬から中旬に差し掛かる間は、9月に引っ越せなかった人が10月に引っ越そうと考えている人でいっぱいになる時期です。

これは10月の初めに人事異動が行われるためであり、人事異動に向けた引っ越しでバタバタする時期でもあります。

本来であれば余裕を持って対応できるように9月中に引っ越すのがベストですが、9月は繁忙期なのでどこも予約でいっぱいになっている可能性があるでしょう。

9月中に引っ越せなかった場合は、やむなく10月にずれ込んでしまいます。

なお、10月にずれ込む世帯は単身者が中心となります。

家族で生活している場合は引っ越しの準備に時間がかかることを見越しているので、早めに人事異動の話が来るでしょう。

しかし、単身者は基本的に荷物の量が少ないので時間もそこまでかかりません。

このことから、人事異動の話が10月に入って初めて聞かされることもあるでしょう。

いつ人事異動の話が来てもいいように、すぐ準備に取り掛かれるようにした方がいいかもしれませんね。

指数で表すと、通常期が100なら10月上旬は150といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で6万5000円から7万4000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体7万8000円から8万3000円が相場となるでしょう。

10月下旬の引っ越し費用の相場

10月下旬は上旬や中旬とはうってかわって、閑散期と変わらない費用まで下がります

人事異動のシーズンが終わり、この時期に引っ越す主だった理由もないので引っ越し需要が大きく下がっていくのが特徴です。

引っ越し需要が下がると同時に引っ越し業者も仕事が一気になくなるため、仕事がなくて暇な状態になるでしょう。

この時期こそ10月に引っ越すのにおすすめのタイミングなので、10月に引っ越ししようと考えているなら下旬に引っ越すのがおすすめです。

引っ越し費用や値引き交渉、日程、予約のしやすさなど様々な面で引っ越しがしやすいですが、スタッフの作業の質が変わることもあるので注意しましょう。

指数で表すと、10月下旬は90から100といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で4万2000円から4万7000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体5万8000円から6万6000円が相場となるでしょう。

10月上旬にある体育の日に引っ越す場合は注意しよう

10月上旬に引っ越すにあたって忘れてはならないのが、10月第1週の体育の日です。

この日は必ず月曜日が祝日になるので、必然的に3連休となります。

この3連休を狙って引っ越そうと考えるかもしれませんが、この3連休を狙って引っ越す人はかなり多いです。

誰もが3連休を利用して引っ越そうと考えているので、引っ越し業者も大忙しとなり、引っ越し費用もその分高くなります。

上旬の指数は150とご説明しましたが、この3連休の間は160にも170にも上がるでしょう。

この時期に引っ越す場合は、日程に余裕があっても通常より高い引っ越し費用がかかる可能性が高くなることを覚えてくださいね。

10月の賃貸物件の数はどれくらいになる?

10月の家賃相場は上旬と下旬で大きく様変わりします。

物件数も通常通りありますが、物件を探す人が増えるので早めに物件を探す必要性がありますね。

それでは、10月の物件数などについてご説明しましょう。

10月の賃貸物件数はどれくらい?

10月の物件数は下旬にかけて軒並み少なくなる傾向にあります。

これから11月、12月と年末が近づいてくるので、新たな物件も出てきにくくなるでしょう。

10月上旬ならまだ物件が残っていますが、下旬に引っ越そうと考えている人にとっては少々探しづらいかもしれません。

できる限り早めに物件を探し回るのが得策です。

10月下旬の家賃相場は他の月よりも安い傾向にある!家賃交渉は可能?

10月の家賃相場は上旬と下旬で大きく違います。

上旬だと繁忙期ということもあって1割程度家賃が高くなります。

入居希望者が現れやすい上旬を逃すわけにはいかないので、ここぞとばかりに家賃を値上げする傾向にあるでしょう。

対する下旬は、一気に入居希望者が少なくなるため、家賃相場もその分下がります。

上旬を過ぎてもなお空室が空いているとなると、これから閑散期がやってくるので大家さんとしては今のうちに何としてでも空室を埋めたいと思っているでしょう。

逆に引っ越す側としては家賃相場が安い時期こそ引っ越すチャンスでもあるので、下旬に引っ越すのがおすすめです。

家賃交渉に関しては、上旬も下旬も関係なくできる可能性があります。

いくら上旬が繁忙期だからといって10月に入居希望者を逃してしまうと利益に繋がらなくなる恐れがあるので、多少なりとも家賃交渉に応じてくれるかもしれません。

特に下旬はこの先も入居希望者が現れにくくなる傾向にあるため、下旬のうちに入居者を確保したいと考えています。

上旬よりも下旬の方が家賃交渉に応じてくれる可能性があるので、一度は家賃交渉を持ちかけてみましょう。

引っ越し料金を安く抑えるにはどうすればいい?

10月の引っ越し費用を抑える方法は様々です。

特に上旬は引っ越し費用が高くなりやすいので、できる限り抑えるに越したことはありません。

それでは、10月に引っ越しする際に引っ越し費用を安く抑える方法についてご説明しましょう。

混載便や帰り便を利用する

上旬に引っ越す予定の人は、混載便や帰り便を利用するのがおすすめです。

混載便は他の人の荷物と一緒に自分の荷物を運ぶ方法であり、単身者の引っ越しに向いています。

帰り便は本拠地に帰る予定のトラックを利用する方法であり、帰りの分のガソリン代などを無駄にしません。

混載便は他の人とのスケジュールが合わないと利用できませんが、引っ越す人が多い繁忙期なら予定が合いやすいので利用しやすいでしょう。

帰り便も同じように引っ越し帰りのトラックが自宅に来れるかどうかが重要になります。

他の人の引っ越しがなければ利用できない点では不便に感じられますが、繁忙期である上旬であれば利用しやすいのでおすすめです。

単身パックを利用する

単身パックとは単身者向けの引っ越しプランの一つであり、通常の引っ越しよりも安い引っ越し費用で引っ越すことができます。

単身パックであれば1万円ほど安いことも珍しくないので、基本的に荷物が少ない単身者の引っ越しに向いているでしょう。

とはいえ、単身パックはコンテナボックスに収まる範囲しか運べず、追加で運んでもらおうとすると追加料金が発生します。

自分で運べるものは自分で運ぶなど、できる限り荷物の量を減らす必要性がありますね。

自分で運ぶ

引っ越し費用を一切かけたくないのであれば、自分で荷物を引っ越し先に持っていく方法がおすすめです。

引っ越し先が遠い場合は別の費用が発生する可能性がありますが、徒歩で行けるような距離に引っ越し先がある場合は自分で運ぶことができます。

大変な労力を必要とするかもしれませんが、代わりに引っ越し費用がかからないので一番安上がりの方法だと言えるでしょう。

宅配便で郵送する

元々荷物が少ない場合でも、宅配便を利用することで引っ越し費用をさらに安くすることができます。

ダンボールのサイズが100サイズだった場合、1箱1400円程度で運んでくれるので、10箱で1万4000円、20箱でも2万8000円で引っ越し先まで運んでくれます。

大型の家具や家電は宅配便だと対応してくれないケースがありますが、中には一部の家具家電なら運んでくれるサービスもあるのでさらにお得です。

引っ越し費用を抑えたいなら、宅配便を利用してみましょう。

フリー便を利用する

引っ越し作業が始まる時間が遅くなっても構わないのであれば、フリー便を利用するのがおすすめです。

時間を指定する午前便や午後便は軒並み引っ越し費用が高くなることが多いですが、フリー便であれば時間を指定しないので費用を安く抑えることができます。

ただし、フリー便は完全に引っ越し業者の都合に合わせるので、引っ越し作業が始まる時間が夕方以降や夜中になる可能性があります。

特に繁忙期の上旬はフリー便を後回しにするため、午前と午後の引っ越し作業が終わってフリー便の引っ越し作業を行う時の時間が夜中になっていることが多くあるでしょう。

夜中に引っ越すことを想定して、前もって近隣住民に挨拶しておくのが得策です。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

一括見積もりサイトを利用する

10月の引っ越し費用を抑えたいのであれば、複数の業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

同じ内容の引っ越しでも、引っ越し業者によって費用が変わります。

一社だけに見積もりを依頼して引っ越しを依頼した後に、他の業者の方が安かったという事態になりかねません。

ここは一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼して、大体の見積もり金額の相場を調べましょう。

見積もり結果を比較することでどの業者が一番安く引っ越してくれるのかが分かりますし、値下げ交渉を持ちかけることもできます。

安く引っ越すためにも、見積もりを行うのは非常に重要です。

とはいえ、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼していたのでは、業者を探して見積もりを依頼するまでの時間がかかりすぎてしまいます。

時間がない人にとってはおすすめできない方法になりかねません。

そこで役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトはたった一回のデータ入力で情報を一斉送信することができますし、一度に最大10社まで見積もりが依頼できます。

条件も絞り込みやすいので業者を探す手間が省ける上、所要時間はたったの数分だけです。

もちろん見積もりを依頼したからといって必ずしも引っ越ししなければならないわけではないので、安心して利用できるでしょう。

利用料も一切かかりませんし、手軽に得た見積もり結果を利用して値下げ交渉もできます。

10月に引っ越ししようと考えているなら、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

10月に最安値で引っ越しすることができる業者を調べてみる(無料)

さいごに

10月は上旬と下旬で状況が様変わりするので、できれば下旬に引っ越した方がお得だと言えます。

とはいえ、人事異動などの影響でどうしても上旬に引っ越さなければならない場合は仕方がないので、引っ越し費用を安く抑える方法を実践しましょう。

賢く行動すれば、家賃を値下げしつつスムーズに引っ越すことができますね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

クリスマス前後の引っ越し料金は高いの?相場はどのくらい?

9月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

12月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

2月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

年末年始の引っ越し費用は高い?料金の相場は〇〇くらいです

7月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?