平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい違うの?

引越しするにあたって一番気になるのは、引越しにかかる料金ですよね。

引越し料金は荷物の量やサービスなど様々な要素によって大きく変わるもので、引越し業者を比較する必要性もあるでしょう。

しかし、そこで気になるのは平日と土日などの休日による料金の違いです。

出来る限り引越し料金を抑える為にも、平日や土日のどちらが安いのかが分かれば計画も立てやすくなります。

一体、どちらの方が安いのでしょうか。

そこで、平日と土日のどちらが引越し料金が安いのかをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



月曜日から日曜日、引越し料金が安いのはどの曜日?

全ての曜日の中で引越し料金が安くなる曜日が分かれば、優先してその日に引越しを依頼したくなりますよね。

料金を抑えるに越したことはないので、どの曜日が安く抑えられるのか知っておくと便利です。

では、どの曜日が引越し料金が安くなるのかをご説明しましょう。

土日はもちろん、月曜日や金曜日も高くなりがち

前提として覚えておきたいのは、平日は基本的に通常よりも引越しをする人が少なく、休日は引越しをする人が多いということです。

休みの日を利用して引越しする人は基本的に多いので、その分料金も高めになりがちなのです。

これを曜日、そして指数で表すと、

• 月曜日:110
• 火曜日:100
• 水曜日:100
• 木曜日:100
• 金曜日:120
• 土曜日:150
• 日曜日:140

以上となります。

これらの指数の根拠は、休みが取れるかどうか、有給がスムーズに利用出来るかどうかにあるでしょう。

特に火曜日から木曜日は月曜日や金曜日が祝日などで休みにならない限り、基本的に有給を取るメリットがそこまでありません。

多くの人は休みを利用して引越しを行うので、火曜日から木曜日に有給を取っても翌日は仕事なので引越しする曜日として向いていないのです。

逆に言えば月曜日や金曜日に有給を取ると3連休になるので、引越しする曜日として適しています。

土日の後に月曜日も休みであればスムーズに引越しが出来ますし、金曜日も同様です。

しかし、どちらかといえば金曜日の方が料金が高めになります。

何故なら、月曜日よりも週の終わりである金曜日の方が有給が取りやすいからです。

そして気になる土日ですが、どちらかといえば土曜日の方が料金が高めです。

日曜日に引越しをする場合、どうしても引越しで疲れてしまうので翌日に仕事を控えている人は日曜日ではなく土曜日に引越しを考えるでしょう。

土曜日は全ての曜日の中で最も料金が高く、土曜日に引越しを済ませてしまえば日曜日にゆっくり休めるからと考えている人が多くいます。

料金にしてみると引越し業者によって変わりますが、ただでさえ忙しい土曜日に時間指定をすると、通常の2倍もの料金を請求される可能性があります。

特に繁忙期の場合だと2倍どころか3倍もの値段を請求される恐れすらあり得るので、曜日には十分に注意しましょう。

もしも平日が祝日だった場合はどうなる?

月曜日から金曜日の間に祝日があった場合、料金がどのように左右されるのか気になりますよね。

特にゴールデンウィークは祝日祭りなので繁忙期になり、引越し料金が高くなります。

もしも平日が祝日だった場合、中でも金曜日や木曜日は値段が高くなりがちです。

金曜日が祝日だと木曜日に有給を取ってしまえば4連休となるので、木曜日も通常より高くなります。

また、月曜日、もしくは火曜日が祝日だった場合は月曜日や火曜日に有給を取ることによって4連休となるので、火曜日も若干高くなる可能性があります。

ですが、前日と後日が休みではない日が祝日だった場合、その日に引越しが出来たとしても翌日は休みではないのでそこまで料金は高くなりません。

通常より料金が少し高くなる可能性はありますが、大きく値上がりすることはあまりないでしょう。

平日に引越しを行うメリット

平日に引越しを行う場合、料金が安くなること以外に様々なメリットがあります。

土日祝日に無理に引越す必要性はないので、平日に引越しを行えばスムーズに事が進められますね。

では、平日に引越しを行うメリットについてご説明しましょう。

手慣れた作業員によってスムーズな引越しが出来る

土日祝日や繁忙期などの場合、人手不足になりやすいのでアルバイトを雇ってでも仕事をこなそうとするでしょう。

しかし、アルバイトは引越しの作業に慣れていないので作業が思うように進まないケースも珍しくありません。

ですが、平日の引越しの場合、人手に余裕があるので引越し作業に手慣れた作業員がテキパキと作業を進めてくれます。

正規雇用されているベテランの作業員であれば引越し作業の工程を順序良く行ってくれるので、スムーズな引越しが出来るでしょう。

平日だと周囲の住人に迷惑をかけづらい

土日祝日は周囲の住人が家にいる可能性が高く、引越しの際の物音やトラックが道を塞いだりと様々な迷惑をかける恐れがあります。

しかし、平日は周囲の住人が家にいる可能性が低いので、多少物音を立てたりトラックが道を塞ぐようなことがあったとしても迷惑をかけづらくなります。

もちろん周囲の住人に配慮しなくていいわけではありませんが、最低限の配慮で済むでしょう。

土日祝日では出来ないことも平日なら出来る

土日祝日に引越しすることが出来たとしても、役所の窓口は休みなので当日や明日の休みの日などに引越しの手続きを済ませることが出来ません。

しかし、平日であれば当日中に窓口で必要な手続きを済ませることが出来るので、日数をかけることなく引越しが済ませられます。

土日祝日に引越すデメリット

土日祝日は休みということもあって引越しを考えている人が多く、それだけ引越し業者も忙しくなります。

その日に引越しをするとなると、様々なデメリットがあることを知っておく必要性がありますね。

では、土日祝日に引越す際のデメリットについてご説明しましょう。

基本的に料金が高い

土日祝日に引越す大きなデメリットは、基本的に通常よりも引越し料金が高くなってしまうことでしょう。

土日祝日は他の人も同様に引越すチャンスだと考えている為、人が殺到して引越し業者が忙しくなります。

引越し業者は土日祝日にたくさんの引越し作業の予定を入れているので、余裕がない分料金も高めになってしまうのです。

引越しの予約が取りづらい

土日祝日は引越ししたい人で予定がいっぱいになっているので、自分も土日祝日に引越ししたいと業者に依頼しても予定が空いていない可能性が高いです。

土日祝日までの期間が短くなるにつれて予約がどんどん埋まってしまうので、早めに予約しておかないと土日祝日を狙って引越すことが出来なくなります。

土日祝日に引越しをする際の注意点とは?

どうしても土日祝日に引越ししたい場合、様々な注意点があります。

土日祝日は引越し業者にとって忙しい日となるので、こちらも早めに行動しなければならないでしょう。

では、土日祝日に引越す際の注意点をご説明しましょう。

出来る限り予約を早めに入れるようにする

土日祝日は他に引越しを考えている人の予約ですぐにいっぱいになってしまうので、数週間前や1ヶ月前などから土日祝日に予約を入れるようにしましょう。

あまりもたもたしていると他の人の予約で埋まってしまうことに注意が必要です。

料金が割高になる

前述にもありましたが、土日祝日はどうしても通常より引越し料金が高くなってしまうので注意が必要です。

最初から料金が高いことを覚悟していなければならないので、出来る限り料金を抑える工夫が必要になるでしょう。

慣れていないアルバイトが対応する可能性がある

引越し業者にとって多くの仕事をこなす為には人手が必要になります。

もちろん土日祝日は引越し業者が引く手数多の状態なので、ベテランの作業員ではなく作業に慣れていないアルバイトの作業員が対応する可能性があるでしょう。

作業に慣れていないとベテランのようにスムーズに作業が進められないことも多く、時間通りに作業が終わらないこともあるので注意が必要です。

土日祝日の引越し料金を少しでも安くするコツとは?

土日祝日はどうしても引越し料金が高くなりがちですが、少しでも安くする為のコツはあります。

出来る限り料金を安く抑える為にも、コツを知っておきましょう。

では、土日祝日における引越し料金を安くする為のコツをご説明しましょう。

一括見積もりサイトを活用する

同じ内容の引越しでも、業者によって料金が違ってくることをご存知でしょうか?

さっき見積もってもらった時の料金より、別の業者の方が驚くほど安いということも珍しくないので、一度に複数の業者に見積もりを取ることが出来る「引っ越し業者の一括見積もりサイト(無料)」を活用してみましょう。

また複数の業者に相見積もりを取ることで引っ越しの費用を交渉する材料にすることもできます。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

早期予約割引を狙う

引越し業者によっては早く予約をすることで早期予約割引が利用出来る場合があります。

どれくらい早く予約すればいいのかは業者によって違いますが、引越し料金を安くする為にも早期予約を狙うのが得策です。

業者としても早めに予約してくれた方がトラブルが少なくて助かるので、出来る限り早めに予約しましょう。

しかし、他の人も同時に早期予約を狙っている可能性が高いので、油断せずに予約するようにしてくださいね。

荷物が少ない方が料金も安くなる

引越しの際に荷物が多いと、それだけ多くの作業員や大型のトラックを用意しなければならなくなるので、料金もそれに比例して高くなってしまいます。

逆に言えば荷物が少ないほど作業員が少なく、トラックも小規模で済むので料金が安くなる傾向にあります。

したがって、荷物を出来る限り少なくする為にも不必要なものは処分してしまいましょう。

訪問見積もりの際にどんどん質問してみる

業者にとって忙しい土日祝日は手早く引越しを済ませたいと考えていますし、こちらとしても引越し料金を抑えたいと考えています。

それなら、訪問見積もりの際にどんどん突っ込んだ質問をするのが得策です。

こちらが本気で業者に依頼しようと考えていることが伝わってくれれば、相手も様々なプランを提供してくれるので引越し料金が安くなる可能性があるでしょう。

さいごに

引越しにおける料金は平日と土日祝日で大きく違うということを覚えていれば、引越しをいつ行えばいいのか計画を立てやすくなるでしょう。

やむを得ず土日祝日に引越しすることになった場合でも引越し料金を安くするコツがあるので、出来る限り料金を抑えながら引越しすることが可能です。

一括見積もりを行ってベストとなる業者に引越しを依頼してみてはいかがでしょうか。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しをするにあたって業者を調査していると、平日割引という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 その名の通り平日に割引してくれるというもの...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しの平日割引って何?費用はいくら安くなるの?

家賃が安い時期はいつ?引越しするなら何月がおすすめ?

引っ越しで初期費用を分割払いするのって可能なの?方法は何がある?

引っ越しの初期費用を安く抑える方法やコツって何かある?

一人暮らしの引っ越し初期費用の相場や平均はいくらなの?

引越しの繁忙期や閑散期はいつ?料金の相場はどのくらい違うの?