7月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

 

7月末から夏休みに入る人がほとんどなので、その時期に引っ越そうと考えている人もいるのではないでしょうか?

ただ、7月のいつに引っ越すのがベストなのか、引っ越し費用が安いのはどのタイミングなのか分からない人もいるでしょう。

実際、7月上旬はまだ梅雨の影響が残っているので、まだまだ雨が降る可能性が高いです。

これが引っ越し費用にどう影響するのか、気になりますよね。

この記事を読み込むことで、7月に引っ越すならどの時期がいいのかが分かります。

それでは、一人暮らしの人が7月に引っ越す時の相場についてご説明しましょう。

7月に引っ越す時は、この記事を読んで参考にしてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



7月は上旬が安く、下旬が高めになるので注意しよう

7月は6月の影響を残している時期ですが、下旬まで来ると状況が一変します。

徐々に気温が高くなるこの時期は、引っ越し費用だけでなく気温の高さにも注意する必要性がありますね。

それでは、7月の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

7月上旬・中旬の引っ越し費用の相場

7月上旬はまだまだ6月の梅雨の影響を色濃く残しているので、それほど引っ越し費用が上がるわけではありません。

中旬も上旬と同じく、まだ引っ越しの需要が上がるわけではないので、引っ越し費用が上がることはあまりないでしょう。

この時期に引っ越すのであれば、雨の影響に注意する必要性がありますね。

指数で表すなら、通常期が100だった場合、7月上旬や中旬は80から90といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で4万円から5万円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、5万2000円から6万円が相場となるでしょう。

7月下旬の引っ越し費用の相場

7月下旬は、上旬や中旬と比べて状況が一変します。

下旬に入ると夏休み期間になるため、その間に引っ越しを考える人は急激に増えます。

引っ越しの需要が大きく上がることから、引っ越し業者が途端に忙しくなるので引っ越し費用も大幅に上がるでしょう。

指数で表すと、7月下旬は120から130といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で5万9000円から8万円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体8万2000円から9万5000円が相場となるでしょう。

7月下旬に引っ越し費用が上がるのはなぜ?

7月下旬でなくとも8月の夏休み中やお盆に引っ越しても同じなのではないかと思うかもしれません。

しかし、お盆は引っ越しをする人は少なく、代わりに実家への帰省や旅行など引っ越し以外の様々な用事を済ませる人が多くいます。

どちらにしても8月中に引っ越す場合だと、夏休みが終わるまでに新しい生活に慣れておかなければなりません。

引っ越したことで役所などへの手続きも済ませなければなりませんし、何かと忙しい時期になるでしょう。

8月中に引っ越すよりも7月下旬に引っ越すことで早めに新生活に慣れることや、お盆の過ごし方を重要視する人が多い傾向にあります。

さらに、引っ越し費用が高くなる理由の一つとして、気温の急上昇が挙げられます。

梅雨が明けると気温は急上昇するようになり、炎天下の中で作業を繰り返すと熱中症になる恐れがあるでしょう。

引っ越し作業はどうしても炎天下の中で行わなければなりませんし、体力の低下の速さと疲労の貯まりやすさから一日に何度も引っ越し作業を行うのは危険です。

スタッフも人間なので、一人一人の体力には限界があります。

いくら引っ越しの需要が高いとはいえ、体調不良を起こしてしまっては意味がないので予約をキャンセルされることもあるでしょう。

7月下旬は予約が取りづらく、引っ越し費用も高くなりがちなので注意が必要です。

7月に賃貸物件に引っ越す場合の物件数や家賃相場はどれくらい?

7月は引っ越し費用が安い時期と高い時期がハッキリと分かれていますが、物件数や家賃相場はどうなっているのでしょうか。

どちらも引っ越しする時に重要なことなので、しっかり調べていきたいところです。

それでは、7月の物件数や家賃相場などについてご説明しましょう。

7月の賃貸物件数はどれくらい?

7月の物件数はそこまで大きく変わるわけではありません。

この時期の引っ越しはどちらかと言えば家族向けの需要が高いので、ファミリータイプの物件が人気があります。

逆に単身者向けの物件はそれほど人気があるというわけではないため、物件探しにはさほど困らないでしょう。

ただし、中には問題がある物件が隠されているので、物件の内見はしっかりと行いましょう。

7月の家賃相場は他の月と比べて違うところはある?家賃交渉は?

7月は基本的に引っ越し費用に大きな違いがありますが、家賃相場はそれほど変わりません。

ファミリータイプの物件なら少々高めに設定されている可能性がありますが、単身者向けは通常通りの相場のままです。

逆に7月下旬はやや安めに設定されていることもあるので、そういった物件を探すのもおすすめですね。

ただ、家賃交渉に関しては必ずしも応じてもらえるわけではありません。

物件数もそこまで変わらず、7月下旬は引っ越しの需要が増えるからこそ家賃相場も通常通りになっています。

あまり期待はできませんが、7月下旬であれば1割くらいは値上げしてくれる可能性があるかもしれません。

ダメ元で交渉を持ちかけるのが得策です。

家賃交渉についてはこちらの記事をご覧ください。

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか? ...

引っ越し料金を安く抑えるにはどうすればいい?

7月に引っ越し料金を安く抑える方法は様々です。

梅雨の時期はただでさえ引っ越し費用が安いですが、7下旬は高いので安く抑えるに越したことはありません。

それでは、7月に引っ越し費用を安く抑える方法についてご説明しましょう。

自分で荷物を運ぶ

引っ越し先が近距離にあるのであれば、自分で引っ越しするのがおすすめです。

自分で荷物を運べる距離に引っ越し先があるのであれば、引っ越し業者に依頼せずに済むので引っ越し費用が一切かかりません。

様々な方法の中で最も引っ越し費用がかからない方法なので、距離によっては自分だけで引っ越すのも良いでしょう。

とはいえ、遠距離に引っ越し先がある場合は、どうしても別の費用がかかる可能性があります。

友人などに手伝ってもらわなければならない時もありますし、車を利用するならガソリン代もかかってしまいます。

引っ越し先までの距離によっては、素直に引っ越し業者に依頼した方が良い時もあるでしょう。

平日割引を利用する

引っ越し業者が提供するサービスの一つに、平日に引っ越しすることで引っ越し費用を割引してくれるサービスがあります。

基本的に土日祝日などの休日は引っ越し費用が高めですが、平日は引っ越す人が少ないので通常よりも1割程度費用が安いです。

そんな時に平日割引が適用されれば、通常の引っ越し費用から3割ほど割引してもらえる可能性があるでしょう。

平日割引のサービスを提供している業者を探さなければなりませんが、平日に引っ越す予定ならこれを利用しない手はありませんね。

引越しをするにあたって業者を調査していると、平日割引という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 その名の通り平日に割引してくれるというもの...

単身パックを利用する

荷物が少ない単身者が引っ越すのであれば、通常の引っ越しよりも単身パックを利用するのがおすすめです。

この単身パックは業者が用意したコンテナボックスに収まる範囲内で荷物を運んでくれるものであり、通常よりも1割から2割ほど料金が安いのがポイントです。

荷物が少ない分だけ通常の引っ越しでは引っ越し費用がもったいないので、単身パックを利用しましょう。

ただし、コンテナボックスに荷物が収まらなかった場合、その分の荷物を運ぶ場合は数千円から数万円の追加料金が発生するので注意が必要です。

宅配便で郵送する

引っ越し業者ではなく、宅配便で荷物を運ぶ方法もおすすめです。

引っ越し費用は荷物の重さによって決まるようなものなので、宅配便を利用して事前に可能な限り荷物を引っ越し先に送ってしまえば、トータルの引っ越し費用が安くなるでしょう。

宅配便で運べるものは運んで、大型の家具などは引っ越し業者に任せれば、費用を抑えながら上手に引っ越すことができますね。

ただし、引っ越し先が遠い場合は、宅配便で運ぶ際の費用が高くなる可能性があるので注意しましょう。

フリー便を利用する

引っ越し費用はどの時間帯に引っ越し作業を行うのかで決まります。

したがって、午前便や午後便ではなく、フリー便を利用するのがおすすめです。

時間指定をする午前便や午後便は引っ越し業者の予約を入れなければならないので、他の引っ越しする人との予約争奪戦が始まります。

フリー便は逆に時間指定をすることがなく、引っ越し業者がその日のうちに請け負っていた作業を全て終わらせてからフリー便を選んだ人の元へいきます。

時間を指定せず、引っ越し業者の都合に合わせた方が業者としてもありがたいということになりますね。

ただし、フリー便を選ぶと引っ越し作業の開始時間が夕方以降や夜中になる可能性もあるので、時間には十分注意しましょう。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

一括見積もりサイトを利用する

上旬と下旬で引っ越し費用の落差が激しいため、引っ越し業者への見積もり依頼を欠かすことはできません。

相場よりも高い費用で引っ越しすることになりかねませんし、引っ越し費用は安いに越したことはないでしょう。

引っ越し費用で損をしたくないなら、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

複数の業者に見積もりを依頼することでどの業者がどんな見積もり金額を提示するのかが分かるので、比較できるのが大きなメリットです。

見積もり結果を元に別の業者へ値下げ交渉を持ちかけることもできるため、引っ越し費用を安く抑えるのに便利でしょう。

とはいえ、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼する場合だと、複数の業者を見つけ出す時間がかかりすぎてしまうのが大きなデメリットです。

時間がない人にとって時間がかかる行為は避けたいですよね。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトは一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼のではなく、一度に最大10社まで一気に見積もりが依頼できます。

条件を絞り込む時も一回のデータ入力で済みますし、利用料も無料なので何度でも手軽に利用できるでしょう。

引っ越しを検討している多くの人は一括見積もりサイトを利用して賢く引っ越ししているので、利用するに越したことはありません。

もちろん見積もり結果を元に他の業者に値下げ交渉を持ちかけ、『こちらで引っ越しを依頼したいのですが、他の業者の方が見積もり金額が安かったです』と交渉することもできます。

パソコンやスマホからでも利用できるので、7月に引っ越しを検討している人は是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをご覧ください。

7月に最安値で引っ越しできる業者を調べてみる(無料)

さいごに

これから夏休みに入る7月は、引っ越し費用が大きく違うので引っ越すタイミングには十分に注意したいところです。

7月上旬は梅雨の影響が残っているので、費用の相場が安くても油断することはできません。

7月下旬は引っ越し費用の相場が大きく上がってしまうため、どのタイミングで引っ越せばいいのか、今後の予定を考慮してよく考えましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

6月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

1月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

12月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

5月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

2月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

9月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?