東京と沖縄間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

 

東京と最南端に位置する沖縄を引越しする場合、相当な距離が離れているので引越し費用もその分高くなるでしょう。

単身者の引越しであれば何とかなるかもしれませんが、家族で引越すとなれば相当な費用がかかる可能性があります。

いかにして時期を見極めて、引越し費用を安く抑える工夫をするかが重要になるのではないでしょうか。

この記事を読み込むことで、東京と沖縄間を引越す時の引越し費用の相場が分かります。

それでは、東京と沖縄間を引越す場合、引越し費用の相場がいくらになるのかについてご説明しましょう。

東京と沖縄間を引越す人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



東京と沖縄間の引越し費用の相場はどれくらい?

東京と沖縄では相当な距離が離れているので、引越す時期や荷物の量など少しの変化で大きく引越し費用が変動する可能性があります。

東京と沖縄間を引越す場合は、相場を比較して計算するのがおすすめですね。

こちらをご参照ください。

東京と沖縄間の引越し費用の相場
通常期
閑散期
繁忙期
単身者11万5000~15万9万~13万14万~18万
二人暮らし18万~25万13万~17万20万~25万
四人家族25万~33万20万~25万30万~34万

それでは、東京と沖縄間の引越し費用の相場はどれくらいになるのかご説明しましょう。

単身者が引越す時の引越しの費用の相場

単身者が東京と沖縄間を引越す場合の費用の相場は、およそ11万5000円から15万円程度となります。

単身者であっても移動距離が非常に長いため、たとえ荷物が少ない引越し内容であってもかなりの費用になってしまいます。

もちろん荷物の量やスタッフの人数などによって左右されるところではありますが、基本的に引越し費用は10万円以上を超えると思って良いでしょう。

二人暮らしが引越す時の費用の相場

二人暮らしの場合だと、引越し費用の相場は18万円から24万円といったところです。

二人暮らしになると引越し費用もおよそ1.5倍以上になり、高額な引越し費用が発生します。

家具家電一式を揃えていたり、荷物の量が多いほど引越し費用も高くなっていくでしょう。

ただし、方法次第では引越し費用を大きく抑えることもできるので、少しでも安く抑える工夫が求められます。

四人家族で引越す時の費用の相場

四人家族で引越した場合、引越し費用の相場は25万円から33万円となっています。

四人家族は必然的に荷物が多くなるため、引越し費用もその分高くなります。

家具家電一式やそれぞれの部屋の荷物などはもちろん、3トントラックや4トントラックを使用することになるでしょう。

それでも引越し費用を安く抑える方法はあるので、見積もり金額が高くなったとしても諦めずに交渉するのがおすすめです。

閑散期に引越す時の費用の相場

単身者が引越した場合の引越し費用の相場は、およそ9万円から13万円となります。

二人暮らしの人が引越す場合、引越し費用の相場は13万円から17万円です。

四人家族で引越した場合だと、引越し費用の相場は20万円から25万円となっています。

閑散期は基本的に引越しする人が少なく、たとえ超長距離を移動する引越しでもかなりの費用を抑えることができます。

特に理由がない場合は、できる限り閑散期を狙って引越すと費用を抑えつつ引越せるでしょう。

閑散期は通常よりも費用が安くなることに加え、さらに引越し費用を抑える方法を駆使すればさらに費用が抑えられます。

繁忙期に引越す時の費用の相場

単身者が引越した場合の引越し費用の相場は、およそ14万円から18万円となります。

二人暮らしの人が引越す場合、引越し費用の相場は20万円から25万円です。

四人家族で引越した場合だと、引越し費用の相場は30万円から34万円となっています。

繁忙期はどこも引越しする人でいっぱいになるので、自ずと引越し費用も高くなる傾向にあります。

しかも東京と沖縄間の引越しはただでさえ数日を要するため、スタッフを長く拘束することになりかねないでしょう。

方法によってはさらに費用を安く抑えることができますが、それでも引越し費用が高いことに変わりはありません。

できれば繁忙期に引越ししない方がいいとはいえ、やむをえずこの時期に引越さなければならない人もいます。

少しでも高い引越し費用を抑えるためにも、事前にできる限りのことをやっておきましょう。

大手の引越し業者に依頼するならどの業者がおすすめ?

東京と沖縄間は非常に距離が離れていることから、輸送中に荷物が破損したり故障する心配があります。

せめて安全で安心できる大手の引越し業者に依頼したいと思いますよね。

それでは、東京と沖縄間を大手の引越し業者に依頼する場合、どの業者がおすすめなのかご紹介しましょう。

サカイ引越センター

サカイ引越センターは大手引越し業者の中でも非常に人気が高い引越し業者であり、口コミなどでも満足度が非常に高い業者です。

サカイ引越センターの特徴は、基本コースが7種類あることです。

らくらくプレミアムコースやせつやくコース、建て替えコース、ご一緒便コースなどといった7種類の中から好きなコースが選べるようになっています。

自分の引越しに合ったコースを選ぶことで、スムーズな引越しを行うことができます。

特にサカイ引越センターではお客様に失礼のないように徹底したスタッフの教育を行っており、どんなに大変な作業でも顔に出さず笑顔で作業してくれるでしょう。

お客様がどんな要望を言ってもなるべく応えるようにしてくれるので、安心して引越し作業を任せることができます。

そしてメリットとして挙げられるのが、様々なサービスが取り揃えられていることです。

エアコンの移設やハウスクリーニング、新聞の手配や近隣住民へ渡す粗品の準備、引越し先の盗聴器の発券など、まさに痒い所に手が届くようなサービスが満載です。

ただでさえ丁寧で素早く慎重に引越し作業を行ってくれるのに、ここまでのサービスを提供してくれるのは本当にありがたいですよね。

耐震グッズの施工やインターネットの申し込み、さらに不用品の処分や引越し作業が完了した後の資材を回収してくれます。

さらに、自宅に庭を作りたい人向けのサービズとして、造園サービスがあります。

造園サービスは庭の設計段階からお手入れまで行ってくれるので、本当にお客様に満足してもらうためのサービスが整っています。

ハート引越センター

ハート引越センターは引越事業者優良認定制度の認定を受けている引越し業者であり、安心安全の引越し作業を行ってくれます。

顧客満足度や引越し作業の質も非常に高く、安心して引越し作業を任せることができるでしょう。

ハート引越センターの特徴は、単身者や家族の引越し、事務所移転など様々な引越しにおけるプランを用意していることです。

引越し費用自体も他の業者より安価に見積もってくれる傾向にある他、それぞれの引越しを行う際に細かなプランが選べるようになっています。

自分で荷造りするのはもちろん、ハート引越センターに全て丸投げしてしまうこともできるので忙しい人でも手軽に利用できます。

プロのスタッフが引越し作業にあたってくれる他、専門知識も持っていることから内容が違う引越しにも柔軟に対応してくれるでしょう。

そしてハート引越センターに依頼するメリットは、様々なオプションサービスが利用できることです。

ハート引越センターは様々なお客様の要望に応えられるように、豊富なオプションサービスが選べるようになっています。

インターネットの回線取次サービスや荷物を一時的に預かってくれるサービス、電気工事までも行ってくれます。

特にエアコンの取り付けやテレビのアンテナの接続などを一人で行うのは非常に難しいでしょう。

ですが、ハート引越センターではお客様の代わりに滞りなく電気工事を行ってくれるので、非常に心強いサービスだと言えます。

また、ピアノを初めとする大型の楽器の運搬も受け付けており、ペットの運搬も可能です。

ペットを運搬する時は、きちんと専門知識を持っているスタッフが運搬するので安心してペットを預けられるでしょう。

アート引越センター

アート引越センターはCMでもお馴染みの認知度が高い引越し業者であり、全てはお客様に満足してもらうためにスタッフの研修を徹底して行っています。

アート引越センターの特徴は、何といっても対応力と技術力の高さだと言えるでしょう。

スタッフ一人一人に徹底した研修を行っているので、その技術力や対応力は目を瞠るものがありますね。

突然のお願いにもかかわらず追加料金がかからなかったり、大変なことでも快く引き受けてくれたりと、とても満足できる質の引越し作業を行ってくれます。

さらにメリットとして、大手引越し業者としては異例の価格の安さなどが挙げられます。

大手引越し業者として価格が軒並み高い業者が多くある中で、アート引越センターは引越し費用の安さが売りでもあると言えるでしょう。

それでいて常に笑顔で作業を行い、プロの技術力によってあっという間に荷物を運び出してくれるなど、様々なメリットが満載です。

アート引越センターならではの教育を元に、高い技術力と対応力によって超長距離であってもスムーズに引越すことができますね。

東京の地域に密着した引越し業者のおすすめは?

東京と沖縄間を引越すのであれば、大手引越し業者の方が信用できると考える人もいます。

しかし、東京の地域に密着した引越し業者も沖縄に引越すのに便利なサービスを提供していたり、安定した引越しを行ってくれます。

それでは、東京の地域に密着したおすすめの引越し業者についてご説明しましょう。

アップル引越センター

元々はトラック1台から始まったアップル引越センターは、東京の地域に密着した引越し業者であり、様々なサービスを提供しています。

アップル引越センターの特徴は、お客様に対する姿勢を重んじていることです。

引越しを行う上でアンケートを取り、その内容を踏まえた上で顧客満足度を高めるために何をするべきなのかを常に模索し、それを実践しています。

全ての引越しがスタッフの質の向上に繋がるため、実績の数ほど高い質のサービスが受けられると思って良いでしょう。

そしてメリットとして挙げられるのが、センターコントロールによって全ての作業の効率化を図っているところです。

アップル引越センターではセンターコントロール方式を採用しており、それによって作業の全体的な効率を向上させています。

管理部署に全ての引越し情報を集め、その情報を元に配車を行うのが最大の目的です。

引越し住所や荷物の量によって必要とするトラックやスタッフの人員が違うので、その都度最適化ができれば無駄を省きながら引越し作業にあたることができます。

つまり、センターコントロール方式によって全てのスタッフの事務作業時間や移動時間が改善されるため、お客様の元へ素早く移動できるということです。

配車の効率が高まればスタッフの移動時間が減るので、その分の費用を浮かせることもできることから、まさにスタッフやお客様にとって一石二鳥のメリットだと言えるでしょう。

琉球トータル引越サービス

シーサーマークでお馴染みの琉球トータル引越サービスは、沖縄までの引越しに特化した引越し業者です。

沖縄までの引越しに特化しているというだけあって、全国から沖縄までの引越しに対応しているのが大きな特徴です。

ホームページを閲覧した人だけのキャンペーンも随時行っており、毎月10日まではトータルの日ということで先着10名に限り、引越し費用を30%から50%も割引してくれます。

さらに、琉球トータル引越サービスならではの企画便が選べるのも大きなメリットです。

特に梱包から荷解きまで全てお任せできるプランもあり、4時間分の保証付きで女性スタッフにも任せることもできます。

また、60歳以上、妊婦、5歳以下の子ども、母子家庭及び父子家庭の人が琉球トータル引越サービスに引越しを依頼すると、その場で梱包から荷解きまでにかかる費用を半額にしてくれます。

Tポイントカードを使ってポイントを貯めることもできるなど、至れり尽くせりの引越し業者だと言えるでしょう。

沖縄の地域に密着した引越し業者のおすすめは?

沖縄から東京へ引越すのであれば、大手引越し業者のみならず地域に密着している引越し業者も視野に入れるのがおすすめです。

地域に密着しているからこそ、お得に引越すことができるかもしれません。

それでは、沖縄の地域に密着しているおすすめの引越し業者についてご説明しましょう。

沖縄配送株式会社

沖縄配送株式会社は沖縄の引越し業者の中でも特に信頼できる地域密着型の業者であり、口コミなどでも良い評判を集めています。

他の離島への引越しを行う時は荷物が傷つかないか心配に思うところですが、こちらの引越し業者はスタッフの教育が行き届いており、全ての荷物を丁寧かつ慎重に運んでくれるのが大きな特徴です。

安心・信頼・確実をモットーにしているだけあって、作業の質にはとても信頼を寄せることができるでしょう。

そして各種オプションサービスが選べるのもメリットです。

エアコンやアンテナの移設などほとんどの電気工事を行ってくれたり、不用品処分やハウスクリーニング、マイカーの回送など様々なオプションが選べます。

たとえ沖縄から東京まで超長距離の引越しであっても、サービスの質が落ちることは一切ありません。

中村引越センター

中村引越センターは沖縄から東京までの引越しを請け負っており、比較的新しい引越し業者です。

中村引越センターの特徴は、諸経費がかかりにくいのと、引越貨物保険が基本サービスに含まれていることです。

中村引越センターはダンボール50個、2つのテープ、ハンガーボックス、布団袋、家具の配置など、様々なサービスが無料で利用できます。

梱包資材が無料で利用できるということで、諸経費がかかりにくいのは引越し費用を抑えるのに大変便利だと言えるでしょう。

また、もし運搬中に家具や家電が破損や故障するようなことがあっても、1000万円まで補償してくれる引越貨物保険が基本サービスにあります。

万が一のことがあったとしても、安心できますね。

さらに、様々なオプションサービスが利用できるのもメリットです。

エアコンの設置や自動車の配送、ハウスクリーニングなど、細かなところにまで手が届くようなサービスばかりです。

これなら安心して中村引越センターに、引越しを依頼することができるでしょう。

東京と沖縄間の引越し費用を少しでも安くするコツについて

東京と沖縄間では距離が離れすぎているので、引越し費用が高くなりがちです。

引越し費用を少しでも安く抑える方法が分かれば、できる限り負担をかけることなく引越すことができますね。

それでは、東京と沖縄間の引越し費用を安く抑えるコツについてご説明しましょう。

平日に引越したり、平日割引を利用する

引越しというのは基本的に土日祝日などの休日よりも、平日の方が1割ほど安い傾向にあります。

何故なら、連休などを利用して土日祝日に引越す人が多い傾向にあるからです。

引越しが殺到しやすい土日祝日は引越し業者としても忙しくなりやすいので、引越し費用もそれに応じて高くなります。

つまり、引越す人が少ない平日であれば、通常よりも引越し費用を安く抑えて引越すことができるでしょう。

また、平日に引越すのであれば、平日割引を提供している引越し業者を探すのがおすすめです。

平日割引とは、平日に引越すことで引越し費用を割引してくれるサービスです。

平日割引を利用する場合、ただでさえ平日に引越すにあたって通常よりも引越し費用が安くなっているのに、平日割引が適用されることで2割から3割ほど引越し費用を安くしてくれるでしょう。

平日に引越せるのであれば、是非とも平日に引越してみてはいかがでしょうか。

引越しするにあたって一番気になるのは、引越しにかかる料金ですよね。 引越し料金は荷物の量やサービスなど様々な要素によって大きく変わるもので...
引越しをするにあたって業者を調査していると、平日割引という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 その名の通り平日に割引してくれるというもの...

フリー便を利用する

フリー便とは時間を指定しないコースの一つであり、午前便と午後便よりも引越し費用が安くなるのが最大のメリットです。

午前便や午後便は基本的にどこも時間を指定して引越したいと考えているので、引越し業者としても引越し費用を上げざるを得ません。

しかし、時間を指定しないフリー便は午前便や午後便の引越し作業が終わり次第行われるので、引越し業者の都合に合わせることになります。

引越し業者としても時間に追われないフリー便の方が気楽に作業ができるので、精神的な余裕も生まれるでしょう、

ですが、フリー便を選ぶということは引越し作業が始まる時間帯が夕方以降や夜中になる可能性があります。

東京と沖縄間ではただでさえ超長距離の引越しになるので、時間がかなりズレることを想定したスケジュールを組む必要性があるかもしれません。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

単身パックを利用する

単身者が引越すのであれば、単身パックを利用するのがおすすめです。

単身パックとは単身者向けの引越しに役立つ方法であり、コンテナボックスに収まる範囲内の荷物を運ぶことで通常よりも引越し費用が安くなります。

通常、一般的には10万円以上を超える引越し費用になるところが、およそ8万円程度まで値下がりすることも珍しくありません。

単身者で荷物が少ない人は、是非とも単身パックを利用してみましょう。

ただし、コンテナボックスに収まり切らない荷物がある場合、その荷物を運んでもらう場合は追加料金がかかるので注意が必要です。

混載便や帰り便を利用する

東京と沖縄間を引越す人は少ないかもしれませんが、混載便や帰り便を利用するのもおすすめです。

混載便は他に人の荷物と一緒に自分の荷物を運ぶ方法であり、帰り便は荷物を全て降ろしたトラックの帰り道を利用して自分の荷物を運んでもらう方法です。

混載便や帰り便を利用すれば、いかに引越し費用が高くなりやすい引越しであっても1割から2割程度安くなるでしょう。

ただし、これらの方法は他の人とのスケジュールが合わないといつまで経っても引っ越せないデメリットがあります。

それぞれ利用する場合は、同じ方面へ引越す人や東京・沖縄に帰ってくるトラックが出てくるまで待たなければなりません。

いくら引越し費用が安くなるとはいえ、これらの方法を選ぶのは少々リスクが大きいことを覚えておいた方が良いでしょう。

宅配便を利用する

引越し費用を安くしたいのであれば、宅配便で荷物を送るのがおすすめです。

ただでさえ東京と沖縄間は超長距離になることから引越し費用が高くなりやすいため、少しでも荷物を減らすに越したことはありません。

ゆうパックを利用した場合、100サイズで東京と沖縄間を輸送してもらう場合、ダンボール1個あたりの値段は1870円となります。

ダンボール10個なら1万8700円、20個で3万7400円とまるごと引越し業者に運んでもらう時と比較すればそこまで高くありません。

引越し費用を安く抑えたいなら、宅配便の利用を検討してみましょう。

複数の業者に見積もりを依頼する

東京と沖縄間を引越す時は、必ず複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

どんなに距離が離れていても引越し内容が同じでも、引越し業者によって引越し費用が大きく違ってきます。

もし1社だけに依頼する場合だと、引越した後に他の引越し業者の方が安かったという事態になりかねません。

後悔しないためにも、1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

複数の業者からの見積もり結果を比較することで、どの引越し業者が一番安く引越し費用が安いのか分かりますし、値引き交渉を持ちかけることも可能です。

しかし、1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼する場合だと時間がかかりすぎてしまうデメリットがあります。

まず東京と沖縄間の引越しに対応してくれる業者を探すのに時間がかかりますし、そもそも時間がない人にとっては非効率になってしまうでしょう。

そこで役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」を利用する方法です。

一括見積もりサイトであれば急な引越しが決まった人でも手軽に利用できる上に、1度に最大10社まで見積もりを依頼することができます。

1回のデータ入力で情報が入力できるので、逐一条件を入力しなくて済むのもポイントです。

複数の見積もり結果を比較しやすく、値引き交渉も持ちかけやすいので見積もり金額以上に費用を安く抑えることができるでしょう。

近年では多くの人が一括見積もりサイトを利用している傾向にありますし、見積もりを依頼したからといって必ずしも引越しを依頼しなければならないわけでもありません。

パソコンやスマホからでも無料で利用できるので、東京と沖縄間を引越すなら是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

東京と沖縄間を安く引っ越しできる業者を調べてみる(無料)

東京と沖縄間を引越す時のQ&Aについて

東京と沖縄間を引越す際に気になることは多くあるでしょう。

ただでさえ距離が非常に離れているので、スムーズに引越すためにも疑問に思うことは解消しておきたいところです。

それでは、東京と沖縄間を引越す時の疑問についてお答えしましょう。

東京と沖縄間ではどのくらいの距離があるの?

首都の東京と沖縄を代表する街、那覇までの総距離は、なんと約1600キロも離れています。

東京から北海道までの総距離である1100キロを軽く超える非常に長い距離を誇っており、引越し費用が高くなるのはこの圧倒的な長距離が原因だと言えるでしょう。

ここまでの長い距離を移動するのは大変なので、高額な引越し費用がかかることを覚悟する必要性がありますね。

東京と沖縄間を引越す時の手段は何がある?

東京と沖縄間は間に海を挟んでいるので、途中までトラックで移動し、後はフェリーに乗り換えて移動する手段が一般的です。

その他には飛行機で移動する手段があるので、どちらか好きな方法を選びましょう。

東京と沖縄間では引越し日数はどれくらいかかるの?

東京と沖縄間を引越す場合、先ほど挙げた移動手段だと飛行機で約4日、フェリーを利用する場合は約6日ほどかかります。

どちらにしてもトラックだけで東京と沖縄間を引越すことは不可能なので、どうしても日数がかかってしまうのは仕方がありません。

飛行機の方が早く到着しますが、荷物の量が多いほど費用も高くなることからあまりおすすめできないかもしれませんね。

さいごに

東京と沖縄間は約1600キロも離れているので、超長距離引越しになることに間違いありません。

距離が離れているほど引越し費用も高くなるため、少しでも費用を抑える工夫が求められるでしょう。

引越し業者によって引越し費用に違いがあることもあるので、一括見積もりサイトを利用してお得に引越しするのがおすすめですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

東京と名古屋間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

東京と大阪間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

東京と北海道間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

石垣島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

離島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

東京と京都間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?