5月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

 

3月や4月と比べ、5月は大きく引っ越し費用が下がる時期です。

とはいえ、5月上旬にはゴールデンウィークが控えているので、その時期は大きく引っ越し費用が変わることに変わりはありません。

引っ越し費用を抑えたいのであれば、ゴールデンウィークを過ぎた日から検討する必要性があるでしょう。

ただし、どうしてもゴールデンウィーク中に引っ越したい人は気を付けることが多くあります。

それでは、一人暮らしの人が5月に引っ越す時の相場についてご説明しましょう。

5月に引っ越す時は、この記事を読んで参考にしてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



5月は3月や4月よりも引っ越し費用が安いって本当?

実際に5月は繁忙期だった3月や4月と比べて引っ越し費用が安いと言えます。

しかし、一番注意しておきたいのは、ゴールデンウィーク中の引っ越し費用です。

それでは、5月の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

5月上旬、ゴールデンウィーク中の引っ越し費用の相場

5月上旬は4月末から続いているゴールデンウィークの真っ最中なので、この時期は繁忙期とそう変わらない相場になります。

費用の相場は4月末の時と変わらない為、引っ越し費用が高くなりがちになるでしょう。

もちろんゴールデンウィークが始まる前からでも引っ越し費用が高い傾向にあるため、そこまで大きな差があるわけではありません。

引っ越し費用の高さを考慮するのであれば、ゴールデンウィークが過ぎてから引っ越すのが得策です。

指数で表すと、通常期が100なら5月上旬は120から130といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で5万9000円から6万8000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体6万4000円から7万1000円が相場となるでしょう。

ゴールデンウィーク中でも平日は安いのでは?

引っ越し費用は休日よりも平日の方が安い傾向にあります。

ゴールデンウィークもその法則が成り立つのではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

ゴールデンウィーク中の休日は多くの会社が休みにしているところが多く、そうでなくても気候的にも非常に引っ越しやすい条件が揃っている時期です。

ゴールデンウィーク中は全て土日祝日と変わらない引っ越し費用がかかるため、平日だからといって油断しないようにしましょう。

ゴールデンウィーク中の引っ越しを行う時の注意点

まず、ゴールデンウィーク中の引っ越しを行う上で注意したいのが、この時期に引っ越しする人が多いことから渋滞に巻き込まれる可能性が高いことです。

早い時間に引っ越せるのであれば問題ありませんが、それでも渋滞に巻き込まれる可能性が高く、引っ越しが完了する時間が大幅に遅れるかもしれません。

また、他にも注意したいのが、ゴールデンウィーク中は役所や様々な業者が休んでいる可能性が高いことです。

役所は確実に休んでいるので、引っ越してから期間内に行うべき手続きをすぐに済ませることができません。

ガスや電気、水道の開通や開栓などを行いたくても、業者が休みを取っている可能性が高いため、引っ越し当日から不便な生活を送ることになりかねません。

とにかくゴールデンウィーク中は業者が休んでいる関係で対応できなかったり、対応が遅れたりする可能性が高いので十分に注意しましょう。

5月中旬の引っ越し費用の相場

5月中旬は、ゴールデンウィークを過ぎているので途端に引っ越しの需要が減っていきます。

その減り方は今までの忙しさが嘘かのような静けさと言えるため、引っ越しを検討しているならこの時期に引っ越すのがおすすめです。

指数で表すと、5月中旬は85から90といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で5万2000円から5万7000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、5万3000円から6万1000円が相場となるでしょう。

5月下旬の引っ越し費用の相場

5月下旬は、これから閑散期を迎えるということで中旬よりもさらに引っ越しを検討する人が少なくなります。

引っ越しする人が少なくなるにつれて引っ越し業者も仕事が少なくなり、引っ越し費用を下げざるを得なくなるでしょう。

この時期は5月中で最も引っ越し費用が安くなるため、この時期に引っ越すのもおすすめですね。

指数で表すと、5月下旬は80から85といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で5万円から5万4000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体5万2000円から5万9000円が相場となるでしょう。

5月の引っ越しは縁起が悪いって本当?

昔から5月に引っ越すのは縁起が悪いとされていますが、現在ではそんなことはありません。

そもそも縁起が悪いと言われているのは、昔の引っ越しは周囲の住民に手伝ってもらうのが一般的だったものの、5月はどこも田植えで忙しいので手伝いを頼むと迷惑をかけてしまうからです。

しかし、現在では田植えを行っているのはごく一部ですし、誰かに手伝ってもらうわけではないなら関係ないと言えます。

むしろ5月中旬からは引っ越し費用がかなりやすくなるので、縁起の良し悪しを気にして引っ越さないのは実にもったいないでしょう。

それでも気になるのであれば引っ越しを6月にずらすのが得策ですが、引っ越さなければならない理由があるなら気にせずに引っ越すのがおすすめです。

4月に比べて5月の賃貸物件の数はどれくらいになる?

5月は4月と比べて引っ越しする人が落ち着きやすいので、物件探しに大きな影響を与えるでしょう。

とはいえ、4月にも物件を増やしていたのが、5月になって残っているとは思わないのではないでしょうか。

それでは、5月の物件数などについてご説明しましょう。

5月の賃貸物件数はどれくらい?

5月は4月と比べて物件数に期待が持てないかもしれませんが、4月に全ての物件がなくなるわけではありません。

4月に物件を増やしても売れ残っている可能性が高いので、物件数もそれなりに多くあります。

ただし、4月に入居者を募集してもなお売れ残っているということは、その物件に何かしらの問題がある可能性があるということになるでしょう。

ハウスクリーニングが行き届いていないことがあったり、水回りや壁などに様々な問題があったりと慎重にチェックしないと後悔することになりかねません。

物件を探す際にはすぐに契約しようとするのではなく、しっかりと内見を行ってどんな問題があるのかを調べてからにしましょう。

5月の家賃相場は他の月よりも安い傾向にある!家賃交渉は可能?

5月の物件の家賃相場は、4月などに比べて安い傾向にあります。

何故なら、これから6月、7月と引っ越しを検討する人が少なくなる時期がやってくるので、それまでに何としても入居希望者を迎えたいと考えているからです。

望みだった4月やゴールデンウィークを過ぎてもなお入居希望者が現れない物件は、閑散期を迎える前に家賃を下げてでも入居してほしいでしょう。

この時の家賃相場は、月10万円のところ、月9万円まで下げてくれる可能性が高いです。

また、家賃相場が下がると共に家賃交渉がしやすい時期でもあります。

物件に入居してもらうためならすんなりと聞き入れてくれることが多いですし、内見を行った時に何か問題が見つかった場合、それを逆手に家賃交渉を行うこともできます。

ここで家賃交渉をしないのは非常にもったいないので、家賃交渉を行う前提で物件を探しましょう。

家賃交渉についてはこちらの記事をご覧ください。

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか? ...

引っ越し料金を安く抑えるにはどうすればいい?

引っ越し料金を抑えるためには、様々な方法を実行する必要性があります。

ただし、ゴールデンウィーク中はなかなか上手くいかないこともあるので、あまり実感しにくい方法もあるかもしれません。

それでは、5月に引っ越しする際に引っ越し費用を安く抑える方法についてご説明しましょう。

混載便や帰り便を利用する

混載便や帰り便はゴールデンウィーク中に利用するのにおすすめできるでしょう。

混載便は他の人の荷物と一緒に引っ越す方法であり、帰り便は本拠地に帰る予定のトラックを利用して引っ越す方法です。

一人暮らしの人であれば荷物が少ない傾向にあるので混載便が利用しやすいメリットがあります。

ただ、混載便や帰り便を利用する際には、他の人とのスケジュールが合わなければ利用できません。

とはいえ、ゴールデンウィーク中は引っ越す人が多いので、他の人とのスケジュールが合いやすいでしょう。

帰り便も引っ越し先からこちらに帰ってくる際に利用できるため、ゴールデンウィーク中に利用するのにピッタリです。

学割パックや単身パックを利用する

荷物が少なく、学生や一人暮らしの人が引っ越すのであれば学割パックや単身パックの利用がおすすめです。

学生限定の学割パックは5万円の引っ越し費用が約3万円まで安くなるなど、大きなメリットがあります。

また、単身パックは場合によって学割パックを利用する時よりも値段が安い時があるので、どちらを利用すると引っ越し費用が安くなるのか調べる必要性があるでしょう。

学生でない場合は単身パックしか利用できず、コンテナボックスに収まり切らない荷物があると追加料金が発生するので注意しましょう。

これから引っ越しをするにあたって心配になるのが、引っ越し料金の問題です。 引っ越し料金を安く抑える方法は多くありますが、学生が引っ越すとな...

自分で運ぶ

様々な方法の中で最も引っ越し費用がかからないのが、荷物を自分で運ぶ方法です。

自分で荷物を運ぶことで、引っ越し業者に依頼するよりも大幅に費用をかけずに引っ越すことができます。

近距離であればスムーズに引っ越すことができますが、遠距離の引っ越しになる場合はガソリン代などの費用がかかることに注意が必要です。

友人に手伝ってもらった場合も別に料金がかかる可能性がありますし、引っ越し業者ほどの費用がかからなくても、多少の費用が発生する可能性があることを覚悟しておきましょう。

宅配便で郵送する

引っ越し業者ではなく、事前に宅配便で運べる荷物を郵送してもらう方法も効果的です。

ダンボール何十箱を引っ越し業者に運んでもらうより、宅配便で郵送してもらった方が料金が安い傾向にあります。

ダンボール100サイズで1400円程度しかかからないので、これを10箱で1万4000円、20箱でも2万8000円と引っ越し費用より安く済ませられるでしょう。

代わりにダンボールの荷造り作業に追われることになりますが、それでも引っ越し費用を安く抑えるためには必要な労力です。

フリー便を利用する

午前便でも午後便でもなく、フリー便を選ぶことで引っ越し費用を安く抑えることができます。

フリー便を依頼する時は午後便が終わってからというより、その日の引っ越し業者の都合によって引っ越し作業が開始される時間が変わります。

ゴールデンウィーク中もフリー便を利用することができますが、繁忙期並みに忙しい引っ越し業者にとっては一番後回しになるでしょう。

その上、後回しにされるとあっては引っ越し作業が開始する時間が夜中になることも十分にあり得ます。

フリー便を利用する時は十分に注意しましょう。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

一括見積もりサイトを利用する

ゴールデンウィーク中に引っ越す場合でも、5月中旬以降に引っ越す場合でも、業者への見積もり依頼は決して忘れてはいけません。

見積もりを依頼せずに引っ越しを依頼してしまうと、相場よりも高い料金で引っ越しすることになってしまいます。

それを防ぐためには、妥当な金額を知るために一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するのが得策です。

複数の見積もり結果を比較することで、一番安い引っ越し業者と契約することができるでしょう。

見積もり結果を利用して値下げ交渉を行うこともできますし、上手くいけばさらに料金を値下げすることもできます。

とはいえ、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するのでは時間がかかりすぎてしまうので、効率が悪いでしょう。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトは一度に最大10社まで同時に見積もりを依頼することができますし、すぐに業者ごとの比較ができるメリットがあります。

スマホやパソコンで簡単操作ができる上、一度のデータ入力で複数の業者に見積もりが依頼できるので手間がかかりません。

所要時間もたった数分で済むので時間を無駄にしませんし、引っ越し業者は見積もり結果を比較している前提で見積もり金額を出しているので、値下げ交渉もしやすいでしょう。

無料で利用できるので、5月の引っ越しを検討している人は是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

5月の引っ越しで最安値の業者を調べてみる(無料)

さいごに

5月は4月に比べて引っ越しやすい環境ではありますが、ゴールデンウィーク中はスムーズに引っ越すのは難しいでしょう。

どうしてもというわけではないならゴールデンウィークを避けて引っ越すのが得策なので、事前に引っ越し計画は非常に大切です。

ただ、物件探しの際には慎重に内見を行わないと欠点を見落とす可能性があるため、入念なチェックが重要ですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

年末年始の引っ越し費用は高い?料金の相場は〇〇くらいです

6月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

10月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

9月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

3月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

正月休み中の引っ越し費用は高い?料金は安くなるのはいつからなの?