引越し時のガスの解約や開栓手続きは?電話で何て伝えればいい?

引越しの際にはいろいろとやらなければならないことが山積みなので、どれから手を付けていいか分からないことがあるのではないでしょうか。

特に引越しする時はライフラインとして欠かせないガスの利用を止めなければならず、その為の手続きも行わなければなりません。

手続きが遅れるようなことがあっては引越しの当日になって様々な問題になりかねませんし、何より自分が引越した後に新しく入居する人の為にもしっかり解約しなければならないでしょう。

立つ鳥跡を濁さずというように、解約の手続きは一人の常識人として必要になります。

そこで、引越しする時のガスの解約や開栓の手続きはどうするのか、電話でどのように伝えればいいのかをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



ガスの解約はどのように行うべき?

まず最初にするべきなのは、ガスの解約です。

ライフラインの一つであるガスを解約するのが早すぎると引越し前の自分の生活に支障が出る可能性がありますし、遅すぎても後々の問題に繋がってしまうでしょう。

一体、引越しのどのタイミングで解約するべきなのでしょうか。

ガスを解約する時は、引越しする1週間前が基本

ガスを解約するベストな日にちは、引越しする1週間前が目安です。

1週間前がどうしても無理というのであれば、遅くても引越しする2日から3日前までには電話やインターネットで契約しているガス会社に連絡を取る必要性があるでしょう。

しかし、場合によっては自分が解約したい日にちの希望が通らない場合があるので注意が必要です。

特に引越しの繁忙期である3月や4月などはどこも引越しで忙しく、ガス会社もガスの解約などの手続きで慌ただしくしています。

繁忙期になって引越しの1週間前に解約したいと希望しても、他の誰かの予約が入っている可能性が高いです。

繁忙期でないなら1週間前でも解約出来るかもしれませんが、忙しくない時期でもなるべく2.3日前など引越しまでの日にちに余裕がない時に連絡するのは避けましょう。

したがってガスの解約は基本的に1週間前、後になって希望する日時に予約出来ないのを避ける為に1ヶ月前を目処に申し込むのがベストです。

電話で解約を申し込む際にはどう伝えればいい?

ガスの解約をガス会社に申し込む時は、

・契約者氏名
・現住所
・引越し先住所
・引越し日
・お客様番号

以上の情報を伝える必要があります。

お客様番号は検針票やガスメーターに記載されているので、記載されている番号を伝えれば問題ありません。

引越しの当日はどうすればいい?

ガスの閉栓を行うということでガス会社の係員と立ち会わなければならないのではないかと思われるかもしれませんが、基本的に閉栓の立ち会いは必要ありません。

基本的な流れはガス会社の係員がガスメーターを確認し、ガス料金の精算を行ってから閉栓をします。

清算されたガス料金は請求書か口座振替によって支払うことになります。

しかし、ガスメーターが屋外ではなく室内やオートロック式の建物内にある場合は係員が勝手に立ち入るわけにはいかないので、必ず立ち会いが必要です。

もちろん立ち会いに出張費などは一切かかりませんし、立ち会いといってもただ立っているだけの10分程度で終わることがほとんどなので気兼ねする必要性はないでしょう。

ガスの開栓をする時の手続きはどうすればいいの?

次に重要になるのが、ガスの開栓です、

これも引越しする際に手続きを済ませておかなければならず、あまりもたもたしていると新居に引越した当日からガスが使えないということになるでしょう。

では、ガスの開栓の手続きを行う際にはどうすればいいのでしょうか。

ガスの開栓も引越しする1週間目に申し込むのが基本

ガスの開栓は基本的に解約する時と同様に、1週間前に申し込むのが基本です。

もちろん引越しの繁忙期になればガス会社も忙しくなるので、希望する日にちに申し込めない可能性があります。

したがって引越しする1ヶ月前にガス会社へ新居のガスの開栓の申し込みを行いましょう。

電話で開栓を申し込む際にはどう伝えればいい?

新しい引越し先を管轄しているガス会社に開栓の予約を申し込む際には、

・契約者氏名
・新住所
・引越し日
・連絡先
・現在使用しているガスの種類

以上の情報を伝える必要があります。

使用しているガスの種類を伝えるのには、プロパンガスや都市ガスでは使用出来るガス機器が違うからです。

同じであれば問題ありませんが、もしガスの種類と機器が違うとなるとそのままでは使用出来ないのでメーカーに依頼して改造してもらう必要性があります。

引越しの当日はどうすればいい?

ガスの解約時には必ずしも立ち会う必要性はありませんでしたが、ガスの開栓を行う際には必ず新居を管轄してるガス会社の係員と立ち会わなければなりません。

立ち会いなしにガスを開栓することは出来ないので、引越し前の申し込みが非常に重要になってきます。

立ち会いの際には、係員が使用するガスの種類とガス機器が合っているかどうか、警報装置がきちんと作動するか、ガス漏れなどが起きていないかなどの安全点検を行います。

もし問題があればその都度対応することになりますし、ガスの種類とガス機器が合っていなければ先ほど説明したように改造しなければなりません。

ガス機器との接続がきちんと出来ているかどうかの確認など、最後までガスが問題なく使用出来るかどうか細かくチェックされるので、立ち会いには多少の時間を要すでしょう。

最後までチェックして何も問題がなければ、無事にガスが使用出来るようになります。

さいごに

ガスの解約や開栓の基本は、スケジュールを詰め過ぎないようにすることです。

手続きが繁忙期の真っ最中ならなおさら引越しする1ヶ月前などに申し込む必要性がありますし、直前になって希望する日にちに申し込めないようだと様々な問題に繋がりかねません。

ガスの解約はきちんと行っておくのがマナーであり、引越した当日にガスが開栓されないようであれば開栓出来る日までガスが使えないことになります。

様々な迷惑をかけず、不便な生活を1日でも送りたくないのであれば、余裕をもって行動することが大事ですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しする際の銀行口座の住所変更手続きはいつどこで何をしたらいいの?

引越し時の水道の解約や開始手続きは?電話で何て伝えればいい?

引っ越しする際のクレジットカードの住所変更手続きはどうしたらいいの?

NHK受信料は引っ越しを機に解約できる?解約方法はどうしたらいいの?

引っ越しすると固定電話の番号はどうなるの?変えない方法はあるの?

引っ越しする際に新聞紙の解約手続きは何日前までに何をしたらいいの?