引っ越しすると固定電話の番号はどうなるの?変えない方法はあるの?

引っ越しに伴って固定電話の移転手続きをする必要性がありますが、この際に電話番号が変わる可能性があります。

電話番号が変わる場合だと、これまで固定電話の番号を知っている人達全てに電話番号が変わったということを知らせなければなりません。

特に知らせる人が少ないようなら気にすることもないかもしれませんが、知らせる人が多いと手間と時間がかかってしまいます。

それなら電話番号を変えない方がいいのですが、引っ越しの際に電話番号が必ず変わってしまうのか気になりますよね。

そこで、引っ越しの際に固定電話の番号はどうなるのか、電話番号を変えない方法があるのかをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



引っ越しの際には固定電話の番号を変えなければならないの?

引っ越しの際に固定電話の番号が変わらなければ面倒なことにはなりませんが、場合によっては変更になる場合もあるでしょう。

電話番号の変更にあたり、市外や市内に引っ越したり、NTTの収容局が違う場合など様々な状況によって変わるので、それぞれどうなるのかを確認する必要性があります。

はたして、固定電話の番号が変わる状況はどんなものでしょうか?

どのような場合に番号は変わる?

まず最初に、同じ市区町村内、そしてNTTの収容局が以前と同じであれば固定電話の番号を変える必要性はありません。

ただし、同じ市区町村に引っ越す場合でも収容局が変わるようであれば電話番号が変わる可能性が非常に高いです。

必ずしも絶対に変更になるわけではありませんが、電話番号をそのまま使い続けたいのであればNTTに確認を取る必要性があるでしょう。

たとえ電話番号を変えたくないといっても、収容局の違いによって変えられないと言われてしまい、最終的に変更することになる可能性があります。

当然県内でも市外へ引っ越す場合も収容局の違いによって電話番号が変わる為、番号が変わるのはNTTの収容局が関わっていることを覚えておきましょう。

なお、デジタル回線やアナログ回線以外にもIP回線というのがありますが、050から始まる番号だと収容局に関係なくどこに引っ越しても番号が変わることがありません。

しかし、03や06から変わる番号の場合は番号を引き継ぐことが出来ず、収容局の違いによって変わるので注意しましょう。

ケーブルテレビの電話サービスを利用している場合は?

もしもケーブルテレビの電話サービスを利用している人が引っ越した場合、電話番号は変わるのでしょうか。

結論から言えば、引っ越し先がケーブルテレビ会社における同じ局内であれば番号を引き継いで利用することが出来ます。

番号が変わらないようにするには同じ局内のみに限った話なので、当然他のケーブルテレビの会社に移転したり、ケーブルテレビのエリア外への移転の際にも番号が変わります。

同じケーブルテレビのエリア内であっても市外局番が変われば、電話番号を変える必要があるので注意しましょう。

インターネットによる電話サービスの場合はどうなる?

中にはインターネットによる電話サービスを利用している人もいるかと思われますが、引っ越しする際に番号が変わるのか気になる人もいるでしょう。

この場合の電話番号は番号ポータビリティといいますが、旧居と引っ越し先が同じ番号のエリア内にいること、そしてNTTの収容局が同じであることが同じ番号を利用することの条件となっています。

もちろんエリア内から外れれば番号は変わってしまいますし、同じエリア内でも番号の区画が違うだけで番号が変わるので注意しましょう。

引っ越しの際に電話番号が変わる場合でも、どうしても番号を変えたくない時はどうすればいい?

固定電話の番号を変えたくない時はNTTの収容局が同じ区画内に引っ越すか、050で始まるIP電話を利用するか、どちらかの方法になるでしょう。

しかし、どうしても引っ越し先がNTTの収容局が以前と違う場合は電話番号が変わる可能性が非常に高いですし、03や06から始まるIP電話を利用している人などはやむなく番号を変えることになりかねません。

電話番号が変わることで発生する不都合を何としてでも回避したい人におすすめ出来る方法はないのでしょうか。

ボイスワープというサービスを利用すれば番号を変えずに済む!

いかなる理由があっても何としてでも電話番号を変えたくない人に提案出来るのが、NTTが提供しているボイスワープというサービスを利用することです。

ボイスワープとは旧居に最初の電話番号を残しつつ、新居に引っ越した後でも新しい電話回線に電話を転送してくれる機能のことです。

この方法であれば市外に引っ越しても新居に引っ越した際にNTTの収容局が違っていても、固定電話の番号を変えることなく元の電話番号を利用し続けることが出来ます。

しかし、このボイスワープには問題があります。

それは、旧居の住所を残しておかなければならず、旧居と新居で基本料金が2倍になるということです。

ボイスワープはNTTの収容局が同じ住所に固定電話を置いておかなければならず、加えて旧居から新居までの通話料金も支払うことになるなど、手間や費用ばかりかかることになるでしょう。

以前住んでいた旧居に別の人が引っ越してきたら、そこの固定電話は使えなくなりますし、収容局が同じ場所に住んでいる友人に固定電話を置いてもらうか、自分で部屋を借りてまで固定電話を置く必要性があります。

正直言って電話番号を変えたくないが為だけにそこまですると、電話料などの料金がかさんでしまい、経済的な問題になりかねないので余程の理由がない限りおすすめ出来ない方法です。

どちらにしても電話回線が残せない場合はボイスワープを利用することが出来ないので、諦めて電話番号を変えることを視野に入れた方が良いでしょう。

さいごに

引っ越しの際には同じ市区町村という区切りで固定電話の番号が変わるわけではなく、NTTの収容局で変わるのでややこしくなりがちです。

電話番号が変わるか気になる場合は、引っ越しする前に現住所と引っ越し先が同じ収容局内に入っているか確認する必要性があります。

いくら電話番号を変えない方法があるとはいえ、一件メリットがあるようでデメリットも多い為、本当にそこまでして電話番号を変えない必要性があるか考えなければならないでしょう。

番号の変更に伴う労力に見合ったメリットなのかをよく考え、時には潔く電話番号を変える必要性もあるかもしれませんね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

NHK受信料は引っ越しを機に解約できる?解約方法はどうしたらいいの?

引越し時の水道の解約や開始手続きは?電話で何て伝えればいい?

引越しする際の銀行口座の住所変更手続きはいつどこで何をしたらいいの?

引っ越しする際のクレジットカードの住所変更手続きはどうしたらいいの?

引っ越しする際に新聞紙の解約手続きは何日前までに何をしたらいいの?

引越しする際の郵便物転送手続きってどうするの?転送期間はどのくらい?