11月の単身の引っ越し費用の相場とは?料金は安い?高いの?

 

あなたは11月の引っ越し費用がいくらになるか気になっていませんか?

転勤や転職などで一人暮らしの引っ越しをしなければいけなくなったという人も多いと思います。

しかし、11月のいつ頃に引っ越すのかによって引っ越し費用の相場が変わることを忘れてはいけません。

11月にも祝日はありますし、どの日でも引っ越し費用が安いということはないでしょう。

上旬や中旬、下旬のどれかに引っ越すことで、引っ越し費用を抑えることができますね。

それでは、11月の単身の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



11月は本当に引っ越し費用が安くなるの?

引っ越しには時期というものがあり、閑散期、通常期、繁忙期の3種類があります。

11月はこの3種類のうち、閑散期にあたる時期で、12月ほどではありませんが引っ越し費用が安くなりやすいとされています。

ただ、同じ11月で上旬、中旬、下旬によって料金が変動するので、どの日でも引っ越し費用が一律で安いということにはなりません。

11月に引っ越すのであれば、どの日に引っ越せばいいのか確認する必要性があります。

では、上旬、中旬、下旬の単身の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

11月上旬の単身の引っ越し費用の相場

通常期の引っ越し費用の指数が100なら、11月上旬は85といったところでしょう。

近距離の単身の引っ越し費用は通常時は40000円程度なので上旬だと34000円前後で引っ越しできるでしょう。

遠距離の単身引っ越しだと通常時は55000円前後なので上旬だと46750円前後が相場になります。

11月に入った時点でこれから閑散期を迎えるだけですし、引っ越し業者としても忙しくなることがなければ、暇になりつつある時期になります。

これから引っ越しをするのであれば、11月に入った後に計画するのがおすすめです。

11月中旬の引っ越し費用の相場

通常期の引っ越し費用の指数が100なら、11月中旬は80といったところです。

近距離の単身の引っ越し費用は通常時は40000円程度とすると32000円前後になります。

遠距離の単身引っ越しの通常時は55000円前後なので中旬は44000円前後が相場になります。

中旬に入ってくるとますます引っ越しを計画する人が少なくなるので、引っ越し業者も徐々に暇になりつつあります。

中旬に引っ越す計画を立てるのもおすすめでしょう。

11月下旬の引っ越し費用の相場

通常期の引っ越し費用の指数が100なら、11月下旬は75といったところでしょう。

近距離の単身の引っ越し費用は通常時は40000円程度なので上旬だと30000円前後と安く引っ越しできます。

遠距離の単身引っ越しだと通常時は55000円前後なので上旬だと41250円前後になるでしょう。

12月に近づくにつれて引っ越しを依頼する人が少なくなる傾向にあるので、引っ越し料金もその分安くなります。

引っ越し業者にとっては仕事が少なく、暇な状況が続くので安い引っ越し料金で請け負ってくれる可能性が高いのもポイントです。

11月の中で最も安い引っ越し料金で引っ越せるので、引っ越しを検討するなら11月下旬がおすすめだと言えるでしょう。

11月下旬には祝日があるけど、引っ越し料金はどうなるの?

11月23日には勤労感謝の日という祝日があります。

土日祝日は休みを利用して引っ越ししようと考えている人が多いので、11月下旬の祝日は基本的に引っ越し料金が高くなることが予想されるでしょう。

しかし、カレンダーを見て、祝日の前後が土日や休みの日だったりしなければそこまで引っ越し料金が高くなることはありません。

もし有給を利用する場合は絶好の引っ越しのチャンスではありますが、祝日を狙って引っ越ししようと思ったとしても料金が劇的に高額になるとは言えないのです。

3連休ともなればほぼ確実に引っ越し料金が高くなるものの、元々11月は閑散期なので引っ越しする人が少ない為、祝日を狙ったとしてもあまり料金には影響はないでしょう

11月に引っ越しするのは良いけど、賃貸物件などに引っ越す場合はどうなるの?

11月に引っ越すことが決まったのは良いですが、賃貸物件がスムーズに見つかるかどうかが問題です。

住みたいと思える物件がなければ引っ越しようがないので、いかに物件が見つけられるかが重要になります。

では、賃貸物件の数はどれくらいなのか、家賃交渉はできるのかなどについてご説明しましょう。

11月の賃貸物件の数はどうなっている?

11月は閑散期ということで引っ越しを考える人が少なく、それに応じて賃貸物件の数も少なくなっていると言えるでしょう。

しかし、11月は賃貸物件をチェックした方が良い時期でもあります。

何故なら、これから来る3月の繁忙期の為に、物件の数を小出ししている可能性があるからです、

不動産会社にとっては閑散期の間に新しい物件の数を少しずつ増やしている傾向にあるので、根気よく探せば他の誰よりもいち早く賃貸物件を見つけることができます。

12月に近づくほど物件の数も徐々に少しずつ増える傾向にある為、諦めずに調べる必要性があるでしょう。

11月の家賃相場は他の月と比べて違うところはある?

11月は閑散期なので引っ越す人が少なくなります。

それは大家さんにとって死活問題でもあると言えます。

何故なら、引越す人が少ないということは入居者が現れにくく、募集をかけてもなかなか空室が埋まらないからです。

大家さんにとって1月や2月あたりまで空室が埋まらない状況は何としても避けたいところであり、家賃収入の為にも積極的に入居者と契約したいと考えています。

入居者が入居しやすくなる為に、大家さんは家賃を少し安くする可能性が高いと言えるでしょう。

家賃が10万円だった場合、9万円まで下げてくれることもあるなど、逆にこの時期は引っ越すのに適していると言えます。

これからの12月や1月に比べて11月はまだ入居者が現れる可能性が高いので、少しでも家賃を下げた方が望みが出るでしょう。

11月は家賃交渉しやすい?

11月は閑散期ということで引っ越しを依頼する人が少なく、値引き交渉がしやすい時期でもあります。

これは家賃交渉にも同じことが言えるので、積極的に家賃交渉を行うことが大切です。

大家さんとしてはこれからの数ヶ月を空室のまま過ごすわけにはいかない為、家賃交渉に応じてでも入居者を迎え入れたいと考えています。

もちろん大幅な値下げ交渉には応じてくれませんが、1万円程度の値下げなら応じてくれるかもしれません。

しかし、物件を探しているこちらからは家賃を下げた状態で表示されているわけではないので、どの物件に住むにしても一度家賃交渉の話を持ちかけるのがベストです。

家賃の交渉についてはこちらをどうぞ。

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか? ...

引っ越し料金を安く抑えるコツについて

閑散期である11月に引っ越すにあたり、少しでも引っ越し料金を安く抑えたいと思うのは至極当然のことだと言えるでしょう。

少しでも安くなれば、その分の費用を他に回すことができますね。

では、引っ越し料金を安く抑えるコツについてご説明しましょう。

フリー便を利用する

引っ越しには午前に時間を指定して引っ越す午前便と、午後に時間を指定して引っ越す午後便の他に、時間を指定しないフリー便があります。

フリー便とは時間を指定しない代わりに引っ越し料金が安い方法であり、引っ越し料金を安くしたいのであればフリー便を利用するのがおすすめです。

しかし、フリー便は完全に引っ越し業者の都合に任せる方法なので、引っ越し業者が1日に何件も引っ越しを請け負っていると自分の引っ越しはかなり後回しになってしまいます。

後回しになった末に自分の引っ越し作業が始まったのは夜中だったということもあり得るので、ご利用の際は近隣住民にあらかじめ報告するか、別の方法で引っ越しした方が良いでしょう。

ただ、引っ越し業者が1日に請け負っている数によって左右される為、閑散期で引っ越しする人が少ない11月なら、フリー便を利用しても午前中や午後に引っ越しできる可能性があります。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

混載便や帰り便を利用する

混載便は同じ行き先に引っ越す人の荷物と一緒に自分の荷物を運ぶ方法であり、ガソリン代などを二人で半分ずつ支払うことで安く引っ越す方法です。

そして帰り便は本拠地に帰る何も載せていないトラックを利用する方法であり、片道分のガソリン代などを浮かせることでℛ引っ越し料金を安くする方法です。

両方とも引っ越し料金を安くする上では効果的な方法ですが、これらの方法ではスケジュールが合わなければ実現できないデメリットがあります。

混載便の場合だと自分と同じ行き先に引っ越す人が現れない限り、すぐに引っ越すことができません。

帰り便も引っ越し先から旧居がある地域に引っ越す人がいなければ利用できません。

しかも11月は閑散期なので引っ越す人自体が少なく、スケジュールにピッタリ合う人がいるかどうかも分かりにくいでしょう。

スケジュールに大幅な余裕がある時だけ利用するのが得策なのではないでしょうか。

宅配便で郵送する

引っ越し料金は荷物の量や作業時間などで決まってくるので、荷物の量が多い分だけ作業時間が取られてしまいます。

つまり、引っ越し料金を安く抑えたいのであれば一部の荷物を宅配便で郵送するのがおすすめです。

宅配便でいくつか荷物を引っ越し先に郵送することで荷物の量が減り、それだけ作業時間も短くなるので時間短縮にもなるなど一石二鳥だと言えるでしょう。

単身パックプランを利用する

単身の引っ越しプランとして単身パックがあります。
荷物が多い単身の引っ越しはできませんが、単身赴任や学生の引っ越しなど荷物が少ない場合は安く引っ越しできるプランになります。

一括見積もりサイトを利用する

閑散期ということでどこの引っ越し業者も引っ越し料金を安く見積もってくれますが、同じ引っ越し内容でも料金が違うのは珍しくありません。

そこで引越し料金を比較する為にも、複数の業者に見積もりを依頼する「引っ越し料金の一括見積もり(無料)」がおすすめです。

複数の業者に見積もりを依頼することで見積もり結果が比較できるので、どの引っ越し業者が安い料金で引っ越してくれるのかが分かるでしょう。

しかし、1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼していたのでは、かえって時間がかかってしまいます。

引っ越しまで時間がない人にとってはデメリットでしかないので、おすすめできません。

こんな時は、一括見積もりサイトを利用するのが得策です。

一括見積もりサイトであれば一度に最大10社まで見積もりが依頼できる他、それぞれの業者にいちいち同じ情報を入力する必要性がありません。

見積もりまでにかかる作業はたった数分と、時間がない人でも手軽に利用できます。

一括見積もりサイトを利用したことでキャッシュバックの対象になることもあるだけでなく、CMにもなっていることもあるなど、様々な面で役立ってくれるでしょう。

もし11月の引っ越しを検討しているなら、一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

さいごに

12ヶ月のうち、11月は閑散期なのでどこの引っ越し業者も通常より比較的安い料金で引っ越しを請け負ってくれるでしょう。

引っ越し料金を安く済ませる方法もありますが、一長一短があるのでよく考えてから選ぶのが得策です。

家賃交渉が上手くいく可能性も高いので、まずは少し値下げしてもらう前提で交渉するのがおすすめですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

7月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

3月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

12月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

5月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

9月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

クリスマス前後の引っ越し料金は高いの?相場はどのくらい?