布団を引っ越し先に運ぶ方法は何がある?料金はいくら?梱包はどうするの?

 

引っ越し先に布団を運ぶ時、どうやって持っていけばいいのか迷ったことがあるのではないでしょうか。

他の荷物と違ってかさばりやすく、スペースを取りがちなものなので梱包にも工夫が必要になります。

ですが、きちんと梱包すればしっかり運ぶことができるので問題はありません。

布団を運ぶ方法は複数ある為、それぞれの方法によって料金も変わるので調べる必要性があります。

それでは、布団を引っ越し先に運ぶ方法や梱包方法、料金についてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



引っ越し業者に布団の運搬を運ぶ時に梱包や料金はどれくらい?

引っ越し業者に布団の梱包をお願いする場合、自分で梱包する必要性があったり、引っ越し先までの距離によって料金が変わります。

梱包も工夫が必要なので、どうやって梱包すればいいのかを知る必要性がありますね。

では、引っ越し業者に布団の運搬をお願いした場合についてご説明しましょう。

引っ越し業者に布団の運搬をお願いした時の費用

引っ越し業者に布団の運搬をお願いした場合、5千円から1万円程度が費用の相場となっています。

布団一つだけでここまでかかってしまうのは、基本的にかさばるので他の荷物の邪魔になりやすく、重量があるからです。

引っ越し業者に前もって布団の運搬をお願いすれば、布団込みの見積もり料金を算出してくれるでしょう。

ただ、この相場は引っ越し業者によって違いますし、引っ越し先までの距離によってでも変わってくるので、場合によっては買い替えた方が安く済むこともあります。

引っ越し業者以外の運搬方法や料金について

引っ越し業者を利用する方法以外にも、布団を運ぶ方法が複数あります。

梱包方法はほとんど変わりませんが、それぞれ料金が違ってくるので注意が必要です。

では、引っ越し業者以外の運搬方法や料金についてご説明しましょう。

宅配便を利用する

大きくて重量がある布団でも、宅配便で引っ越し先まで送ってくれるので大変便利です。

ただし、宅配便を利用する場合は布団をそのまま引っ越し先まで運んでくれるわけでないので、きちんとダンボールに入れて梱包する必要性があります。

ダンボールを梱包しておけば、インターネットか電話で集荷をお願いするだけで引っ越し先まで運んでくれます。

料金については、同一県内だと2000円から3000円が相場です。

他県に運送する場合、3000円から6000円が相場となっています。

場合によっては引っ越し業者にお願いするよりも安い料金で布団が運べるので、検討してみるのも良いでしょう。

単身パックで運ぶ

同じ引っ越し業者に依頼することになりますが、単身パックのプランを利用するのもおすすめです。

宅配便では布団の量が多かったりサイズが大きかったりすると運べない可能性があるので、単身パックを利用すると運べるでしょう。

ただ、宅配便で運ぶ方法よりも料金は高くなります。

料金相場は1万3500円から1万8000円程度であり、引っ越し先までの距離や曜日など様々な条件によって料金が変動します。

単身パックを利用する場合は、業者との話し合いが必要になるでしょう。

何でも屋に相談する

引っ越しを初めとする様々なことを請け負っている何でも屋なら、布団の運搬をも受け付けています。

何でも屋のメリットは、利用することで様々なキャンペーンの対象になれることでしょう。

今なら10%OFFであったり、他の物と一緒に運ぶことで料金が割引されたり、無料券がもらえたりと業者によって嬉しいサービスが豊富にあります。

何でも屋も様々な種類があるので、料金制度も大きく違います。

また、何でも屋によっては軽自動車までなら追加料金が発生することなく利用することができますし、1時間3000円という料金体制で営業しているところもあるでしょう。

自分で運ぶ

引っ越し業者などを利用しなくても、車を所有しているのであれば自分で布団を運ぶこともできます。

自分で運べるのであれば料金は一切かからないので、最もお得な方法だと言えるでしょう。

ただし、車で運べるかどうかは車の大きさにもよりますし、布団の大きさにも左右されるところです。

布団は圧縮して運ぶとしても、予想以上に大きい可能性があるので場合によっては大きいサイズの車を借りる必要性があるでしょう。

引っ越し先で買い替える

どうしても布団を運ぶ時の料金が高くなり、布団に特別な思い入れがないようであれば引っ越し先で買い替えてしまうのもおすすめです。

布団一つでも様々な商品がありますが、安くても5000円以内で済んだり、万年使える寝具セットのようなものでも1万3000円程度で済むこともあるなど、業者に運搬してもらうよりも安く済ませることができるでしょう。

現在使っている布団を処分する場合でも基本的に1000円以下の処分費用しかかからないので、大変お得だと言えます。

ただし、現在使っている布団に思い入れがある場合はおすすめできないので、他の方法にするのが得策です。

布団の梱包方法について

どの方法で運搬するにしても、基本的に布団の梱包方法が変わるわけではありません。

ただでさえ布団は大きくて重量があるので、布団が収納できる袋がないとお互いに困ってしまいます。

では、布団の梱包方法についてご説明しましょう。

自分で梱包するなら、布団袋や圧縮袋を用意しよう

引っ越し業者に布団の運搬をお願いした時、引越し業者が代わりに梱包してくれることもありますが、大抵は自分で梱包しなければなりません。

そこで、布団を梱包する為には布団袋や圧縮袋を用意しましょう。

布団袋や圧縮袋はホームセンターなどで購入できますが、購入するなら少し高いものの方が安定して収納や保管ができます。

収納する布団によって袋のサイズも変わるので、使っている布団のサイズに合わせた袋を購入しましょう。

ただし、布団袋を購入しただけでは、いざ運ぶ時になってかさばってしまう可能性があります。

そんな時は圧縮袋に布団を入れて圧縮させるのが効果的です。

重さは変わりませんが、圧縮させればコンパクトに持ち運べるようになるので業者も運びやすくなります。

布団を圧縮させるつもりなら、羽毛布団を圧縮させるのはやめましょう。

羽毛布団は羽毛によるふわふわ感が重要なので、圧縮させてしまうと元通りになりません。

それどころか布団の布を傷つけてしまう為、布団の痛みが早くなる可能性があります。

また、ダンボールに入れて梱包するのは本来NGです。

梱包する時にダンボールに入れる人がいますが、ダンボールの中は基本的に通気性が悪く、湿気で布団がカビやすくなります。

宅配便を利用する場合はダンボールに入れて梱包しなければならないので致し方ありませんが、引っ越し業者などにお願いする場合はダンボールは必要ないので注意しましょう。

布団を袋に入れた時、袋に取っ手がない場合はロープで縛っておくのが得策です。

本来であれば布団に圧力をかけてしまいますが、取っ手がないとスタッフが布団を運ぶのに苦労してしまいます。

ロープで縛って取っ手を作っておけば、スタッフが布団を運びやすくなるので一つの配慮だと言えるでしょう。

さいごに

布団は基本的に大きく、重量があるので意外に運ぶのが大変なものです。

そこはスタッフも同じですし、せめて運びやすいようにしておくのがせめてもの配慮だと言えます。

布団を運ぶ方法も様々なので、どの方法が自分に合っているかよく考えておきましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

夜間の引っ越し料金の相場はいくらくらい?夜間だと安いの?

エレベーターなしの引越し料金の相場は?5階4階3階で費用は違うの?

自転車を引っ越し先に運ぶ方法は何がある?費用はいくら?梱包はどうするの?

大学生の引っ越しの費用の相場はいくらくらい?料金を安くするコツってある?

ペット可物件に引っ越したいけど気をつけるべきことって何があるの?

クレーン車を使った引っ越し費用の相場はいくら?安くするコツはある?