クレーン車を使った引っ越し費用の相場はいくら?安くするコツはある?

 

引っ越しを行う時はスタッフが荷物を持って引っ越し先まで運んでくれますが、どうしても扉を通らない荷物も存在します。

この場合、クレーンを使用して窓から荷物を入れるのが一般的です。

しかし、クレーンを使用すると引っ越し費用が高くなるので、どれくらい費用が高くなるのか気になりますよね、

できればクレーンを使用せずに引っ越したいものですが、やむを得ずクレーンを使用する場合は致し方ありません。

クレーンを使用する場合でも、できる限り費用を安くしたいでしょう。

この記事を読み込むことで、クレーンを使用した時の引っ越し費用の相場や、費用を安くするコツが分かります。

それでは、クレーンを使った引っ越し費用の相場や、安くするコツについてご説明しましょう。

クレーンを使用することになったら、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



引っ越しでクレーンを使用する場面ってどんな時?

引っ越しの際にクレーンを使用しなければならない場合があると言われていますが、どんな場面で使用するのでしょうか。

通常の引っ越しではできない場合に利用するのかもしれませんね。

それでは、クレーンを使用する場面はどんな時なのかご説明しましょう。

玄関を通れない

大型のベッドを初めとする大型の家具は、どうやっても玄関を通れない可能性が高いです。

分解できる家具ならまだしも、分解できない家具などは玄関を通れないのでやむなくクレーンを導入して窓やベランダから運び入れるしか方法がありません。

玄関の大きさは住宅によって大きく変わるので、事前に玄関のサイズを調べて家具を運び入れることができるか調べる必要性があるでしょう。

階段が通れない

戸建て住宅にしろ、集合住宅にしろ、階段を通る際にどうしても家具が運び出せない時にクレーンを使用します。

外側の階段を使えない時だけでなく、玄関を通れたとしても部屋の中の階段が通れないことも珍しくありません。

玄関の時と同じく、分解できないタイプの家具などは階段が通れないことが多いのでクレーンを導入するケースが多くあるでしょう。

集合住宅にエレベーターがない

2階建て以上の集合住宅の場合、基本的にエレベーターがありますが、住宅によってはエレベーターがないこともあります。

エレベーターがないということは階段で荷物を運ぶことになるものの、大型の家具などはまず階段を通れません。

つまり、エレベーターがない集合住宅の場合は、ほぼ確実にクレーンを利用することになるでしょう。

特に団地の集合住宅は基本的にエレベーターがなく、階段もコの字に曲がっているのでクレーンでの搬入・搬出を余儀なくされるでしょう。

クレーンを使った場合の引っ越し費用の相場はどれくらい?

やむなくクレーンを利用する場合、引っ越し費用にどのくらい加算されるのか気になりますよね。

できることなら使用しない方が安いですが、そうもいきません。

それでは、クレーンを使った場合の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

引っ越し費用の相場は、業者がクレーンを所有しているかどうかで変わる

クレーンを使った時の引っ越し費用の相場は、引っ越し業者が自社でクレーンを所有しているかどうかで変わります。

そもそもクレーンを使用した場合、通常の見積もり金額にクレーンを使う時の費用を加算して算出されます。

もしも引っ越し業者が自社でクレーンなどの高所作業車を所有している場合は、別途で引っ越し費用が加算されることはほぼありません。

したがって、別途で費用をかけたくないのであれば、クレーンを所持している引っ越し業者に見積もりを依頼するのが得策です。

ただし、クレーンを所有していない引っ越し業者に見積もりを依頼した場合、他の会社からクレーンを借りてこなければなりません。

つまり、他の会社から借りてくるために別途でクレーンを使用する時の費用が加算されることになります。

もしも見積もり金額が6万円だった場合、クレーンを使用した場合は別途で2万円から3万円ほどかかります

合計で8万円から9万円ほどかかることになるので、クレーンを使用すると大体このくらいの金額が相場になるでしょう。

ここで気を付けておきたいのは、引っ越し先が何階にあるのかどうかです。

低い階層ほど費用が安くなりますが、高い階層ほど費用も高くなります。

基本的に階層が高くなる毎に大体5000円から1万円ほどかかるため、高い階層に引っ越す人は注意した方が良いでしょう。

また、クレーンで運ぶ荷物が増えるたびに5000円ずつかかることもあります

小型のクレーンではなく、大型のクレーンを使用する場合は10万円ほどの費用がかかることもあるでしょう。

どちらにしても旧居から荷物を運び出す際にクレーンを利用した場合、引っ越し先でもクレーンを利用する可能性が高いので最初から費用が高いものだと思った方が良いかもしれません。

クレーンを所有していない引っ越し業者に見積もりを依頼すると、見積もり結果でクレーンを使用した場合の費用が算出されていることがほとんどです。

事前にどのくらいの引っ越し費用がかかるのかが分かっていれば、安心して利用できるでしょう。

クレーンを使った時の引っ越し費用を安くするコツとは?

クレーンを利用すると、引っ越し費用が高くなるのでできる限り安く抑えたいですよね。

費用を安く抑えることができるのであれば、その分の費用を他に回すことができます。

それでは、クレーンを使った引っ越し費用を安くするコツについてご説明しましょう。

クレーンを所有している引っ越し業者を探す

クレーンを使用することによる引っ越し費用は、クレーンを所有していない業者に依頼することで高くなります。

しかし、クレーンを所有している引っ越し業者であれば、別途で引っ越し費用が加算されることはほぼありません。

つまり、引っ越し費用を安く抑えたいのであれば、クレーンを所有している引っ越し業者を探すことが大切です。

クレーンを所有しているということで、クレーンを使った作業にも慣れているので安心して作業を任せられるのも大きなポイントです。

クレーンで運ぶ荷物を処分し、引っ越し先で買い替える

クレーンを利用する前に考え直しておきたいのが、本当にクレーンで運ぶ必要性がある家具家電なのかどうかです。

クレーンを使った引っ越し費用は思いのほか高くなることが多く、これなら家具や家電を買い替えた方が結果的に安く済むことも珍しくありません。

高い費用を支払って家具や家電を運び入れたのに、すぐに壊れてしまっては費用がもったいなくなります。

それなら、あらかじめ古い家具や家電を処分し、引っ越し先で買い替えた方が引っ越し費用が安くなるでしょう。

買い替えによってクレーンを使用しないのであればその分の引っ越し費用が抑えられますし、クレーンを使用したとしても運ぶ荷物の量が少なければ費用もその分だけ抑えられます。

今一度、本当にクレーンで運ぶ必要性があるものかどうか考えるのがおすすめです。

一括見積もりサイトを利用する

同じクレーンを使用する引っ越しでも、業者によって見積もり金額が違うことは珍しくありません。

クレーンを使用した場合の引っ越し費用を安く抑えるためには、複数の業者に見積もりを取るのがおすすめです。

1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼することで、どの業者が一番安く引き受けてくれるかが分かるでしょう。

見積もり結果を利用すれば、他の業者に依頼する時に値引き交渉もできるのもポイントです。

しかし、1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼していたのでは、時間がかかりすぎてしまいます。

クレーンを所有している業者を絞って探すというのであれば、なおさら時間がかかるでしょう。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトでは一度に最大10社まで見積もりを依頼することが可能であり、クレーンを所有している業者に絞って探すこともできます。

所要時間はたった数分だけで、パソコンだけでなくスマホからでも利用できるのもポイントです。

見積もりを依頼したからといって必ずしも引っ越しを依頼しなければならないわけではないので、安心して利用できるでしょう。

見積もり結果を利用して他の業者に値引き交渉を持ちかけることもできますし、何より一回のデータ入力で済むなど、時間短縮ができるのは嬉しいメリットです。

クレーンを所有している引っ越し業者に見積もりを依頼したいのであれば、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

クレーンの費用が安い引越し業者を調べてみる(無料)

さいごに

通常の引っ越しならまだしも、クレーンを使うとなれば引っ越し費用が高くなるのも無理はありません。

クレーンでの作業は基本的に時間がかかるものですし、場合によってはスタッフを増員しなければならないので人件費などがかさみます。

本当にクレーンを使用するべきなのか、もしクレーンを利用するならクレーンを所有している引っ越し業者を探すなど、様々な対策を行った方が良いでしょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

ペット可物件に引っ越したいけど気をつけるべきことって何があるの?

建て替えで仮住まいへ引越しする場合の費用の相場はどのくらい?

夜間の引っ越し料金の相場はいくらくらい?夜間だと安いの?

エレベーターなしの引越し料金の相場は?5階4階3階で費用は違うの?

車を引っ越し先に輸送してもらう場合の費用の相場はいくら?

大学生の引っ越しの費用の相場はいくらくらい?料金を安くするコツってある?