大学生の引っ越しの費用の相場はいくらくらい?料金を安くするコツってある?

いよいよ大学へ進学することになったら、そろそろ一人暮らしを始めたいと思う人もいるのではないでしょうか。

学生の一人暮らしともなると必要になる費用を調達しなければならないので、引っ越すまでにできることをやっておかなければなりません。

ですが、家族で引っ越すわけではないので、必要となる費用も幾分か抑えられるのではないでしょうか。

市外ではなく市内に引っ越すなら手続きも簡単に済ませられますし、ある程度の荷物を運ぶだけで良いのもポイントですね。

そこで、大学生が一人暮らしを始める際に引っ越す時の料金の相場や、料金を安くするコツをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



大学生が市内に引っ越す時の引っ越し料金の相場は?

大学に進学する時を初め、大学生は様々な理由で引っ越すことでしょう。

家族で引っ越すのとは違い、一人で引っ越すとなると必要となる費用も比較的安くて済むのではないでしょうか。

では、大学生が市内に引っ越す場合、引越し料金の相場はどれくらいになるのかご説明しましょう。

一人暮らしだと相場は比較的安い傾向にある

大学生が引っ越す時だけに限らず、一人暮らしの引っ越し料金の相場は家族で引っ越すのと比べて比較的安い傾向にあります。

同一市内に引っ越すのであれば、大体3万円から6万円が相場になります。

これは引っ越し業者に引っ越しを依頼した際にかかる料金の相場であり、もし県外に引っ越すとなると2倍から3倍はかかってしまうでしょう。

もちろん引っ越し先に運ぶ荷物の量が多いとその分料金が高めになってしまうので、引っ越し先に持っていく必要性がないものは取捨選択するなど、工夫が必要です。

もし家族で引っ越すとなると引っ越し先にもよりますが、少なくとも7万円から10万円以上はかかるでしょう。

そうなるといかに単身で引っ越す方が安いかが分かります。

また、引っ越し業者ではなく自力で引っ越す方法もありますが、あまりおすすめはできません。

引っ越し業者に依頼する面倒がなくなっていいと思われるかもしれませんが、実際は引っ越し先までの移動代やガソリン代、トラックをレンタルする場合はレンタル代がかかります。

友人などに手伝ってもらった場合は謝礼なども渡さなければならないので、引っ越し業者に依頼するよりも料金が高くなる可能性があるでしょう。

したがって自力で引っ越しをする場合は、大体4万円程度かかります。

自分で荷物を運ぶ手間もかかりますし、余程のことがない限りは引っ越し業者に引っ越しを依頼するのが得策です。

一人暮らしの引っ越し料金を安く抑えるコツとは?

いかに一人暮らしの方が引っ越し料金が安いとはいえ、今後の生活の為にもできる限り引越し料金を抑えたいと思いますよね。

大学生は何かとお金がかかる時期でもあるので、費用を抑えるに越したことはないでしょう。

はたして、引っ越し料金を安く抑えるにはどうすればいいのでしょうか。

引っ越し業者の単身パックを利用する

多くの引っ越し業者は、単身者向けのサービスとして単身パックを利用することができます。

単身パックとは少ない荷物で引っ越しをすることにより、引っ越し料金を大幅に安くできるというサービスです、

単身パックは移動距離によって値段が変わりますが、同一市内の30キロ圏内であればそこまで料金が高くなることはありません。

引っ越し業者によって値段が変わりますが、1万5千円程度が単身パックの相場になります。

移動距離によってはこの限りではありませんが、もしもすぐ近くに引っ越す場合や、荷物が少ない場合は単身パックを利用するのがおすすめです。

ただし、注意しておきたいのは、引っ越し業者によってサイズや運べる荷物、料金などに違いがあることです。

単身パックに収まるサイズをオーバーしていたり、荷物の量が予想以上に多かったりすると結局通常通りの引っ越し料金がかかることになりかねません。

意外と運ぶ荷物の量を把握しきれていないこともあるので、事前にしっかりと取捨選択をして可能な限り荷物を減らしてから利用するようにしましょう。

大型の家具や家電は引っ越し先で購入する

引っ越しするにあたって冷蔵庫や洗濯機など大型の家具家電を運ぶ場合、運搬量が大きくなり、重量も増してしまうので追加料金が発生しやすくなります。

この場合は、引っ越し先で家具家電を購入することで安くなる可能性があります。

古くなった家具家電を買い替えるチャンスでもありますし、いらなくなった家具家電はリサイクルショップなどで買い取ってもらった方が他の資金に割り当てられるでしょう。

引越しする時期を見極める

引っ越し料金は時期によって左右されます。

土日祝日などの休日や六曜の中で最も人気がある大安、そして繁忙期を見極める必要性があるでしょう。

大安は縁起が良い日として人気があるので、誰もが大安に引っ越そうと考える傾向にあります。

土日祝日を利用して引っ越しを考えている人もいますが、逆に平日で大安以外なら引っ越し料金が安くなります。

特に繁忙期に引っ越ししようとすると、引っ越し料金が1.5倍から2倍ほど高くなることも珍しくありません。

6月や11月などの閑散期は引っ越し料金が安い傾向にあるので、引っ越しする時期をずらすのが得策です。

家族で引っ越すのとは違い、一人暮らしの大学生は日にちが調節しやすいので時期をずらしやすいメリットがあります。

引っ越し業者を一括見積もりする

引っ越し業者によっては、同じ引っ越し内容でも料金が違うことも少なくありません。

したがって引っ越し業者に引っ越しを依頼する前に、複数の業者を一括見積もりするのがおすすめです。

一社ずつ見積もりを取ってもらったのでは時間がかかりすぎてしまいますし、一括見積もりであれば条件に合う業者の中から複数の業者を一度に見積もりを依頼することができます。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を見てみる(無料)

こちらのサイトから一括見積もりを依頼することができるので、一番安く引っ越しをしてくれる業者に引っ越しを依頼しましょう。

無料で何回でも優良な引っ越し業者を探せるのは、大きなメリットになります。

さいごに

大学生になったことをきっかけに一人暮らしを始めたい人は多くいることでしょう。

家族で引っ越すのとは違い、一人で引っ越すので料金もそう高くありません。

取捨選択をしっかりとすれば、さらに引っ越し料金を抑えることができます。

可能な限り引越し料金を抑える為にも、できることは全てやっていきましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

https://hkkoshi-woman.net/archives/414



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

自転車を引っ越し先に運ぶ方法は何がある?費用はいくら?梱包はどうするの?

学割プランが使える引っ越し業者はどこ?どのくらい安くなる?

布団を引っ越し先に運ぶ方法は何がある?料金はいくら?梱包はどうするの?

建て替えで仮住まいへ引越しする場合の費用の相場はどのくらい?

車を引っ越し先に輸送してもらう場合の費用の相場はいくら?

ペット可物件に引っ越したいけど気をつけるべきことって何があるの?