車を引っ越し先に輸送してもらう場合の費用の相場はいくら?

 

引っ越し先に運ぶ荷物といえば家具や家電など様々ですが、車を輸送してもらえないか気になった人もいるのではないでしょうか?

車も輸送してくれるならこれほど便利なことはありませんし、自分は他のことに時間を割くことができます。

しかし、気になるのは車を輸送してもらう時にかかる費用の相場です。

引っ越し業者に大事な車を預けるのは少し不安に思う人もいますし、本当に費用をかけてまで頼むことなのか気になるところでしょう。

この記事を読み込むことで、引っ越し業者に車の輸送をしてもらう時の費用の相場が分かります。

それでは、引っ越し業者に車の輸送をしてもらう場合の費用の相場についてご説明しましょう。

引っ越し業者に車を輸送してもらおうと考えている人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



車を輸送してもらう方法は2種類!

引っ越し先までの距離によっては自分で運んだ方が良い場合もありますが、引っ越し先が遠いと輸送してもらった方が安くなるでしょう。

また、輸送方法によってはメリットやデメリットがあるので、どんな方法で輸送してもらうのか慎重に吟味するべきですね。

共通して挙げられるメリットとして、事故と渋滞のリスクを避けることが挙げられます。

近距離ならまだしも長距離を車で運転するとなると、事故のリスクが上がってしまいます。

また、場合によっては渋滞に巻き込まれてしまい、引っ越し作業が始まる時間帯になっても未だに渋滞の真っ只中にいることもあるでしょう。

そういったリスクが避けられるのは、大きなメリットですね。

それでは、車を輸送してもらう方法についてご説明しましょう。

引っ越し業者に運んでもらう

自分で車を輸送するのもおすすめですが、長距離引っ越しとなると自分で運転する以上は事故のリスクが上がってしまいます。

よほどのことがない限りは引っ越し業者に輸送してもらった方が良いでしょう。

引っ越し業者に車を輸送してもらう場合、車の輸送に対応している引っ越し業者を探す必要性があります。

それでは、引っ越し業者に車の輸送を依頼するメリットとデメリットをご説明しましょう。

引っ越し業者に車を輸送してもらうメリット

引っ越し業者に車を輸送してもらうことのメリットは、車の輸送を依頼すると同時に手続きと見積もりを行ってくれることです。

通常、車を輸送する場合だと様々な手続きを行う必要性がありますが、引っ越し業者に依頼する場合だと手続きも見積もりも同時に行ってくれます。

見積もり金額の内訳には既に車を輸送する際の費用が加算されているので、別々に料金を支払うような二度手間になりません。

別の輸送業者を探す手間が省けることを考えると、申し分ないメリットだと言えるでしょう。

引っ越し業者に車を輸送してもらうデメリット

確かに引っ越し業者に車を輸送してもらうメリットはありますが、デメリットもあります。

それは、専門業者に依頼する時よりも費用が高くなってしまう可能性があることです。

基本的に引っ越し業者自体が車を輸送してくれますが、中には輸送の専門業者と提携している引っ越し業者が存在します。

専門業者と提携している引っ越し業者は車の輸送を委託しているため、車の輸送料金に加えて仲介手数料までも発生することになるのです。

このことから、引っ越し業者に車を輸送してもらう時は相場よりも高くなる可能性があることに注意しましょう。

専門業者に車を輸送してもらう

引っ越し業者の他にも、車の輸送を専門に行う業者に輸送してもらう方法もあります。

専門業者なので車を安全に輸送してくれるので、安心して預けられます。

それでは、専門業者に車を輸送してもらうメリットとデメリットについてご説明しましょう。

専門業者に車を輸送してもらうメリット

専門業者に車の輸送を依頼するメリットとして挙げられるのが、車を輸送することによって発生する全ての手続きを行ってくれることです。

引っ越しによって車を輸送する場合、免許証や車検証、車庫証明書などの手続きを行わなければなりません。

それぞれの手続きで必要になるものが違いますし、他の手続きで時間を取られることもあるでしょう。

全ての専門業者が手続きを行ってくれるわけではありませんが、専門業者の中には行政書士と提携している場合があります。

行政書士と提携している専門業者であれば、車の輸送に伴う全ての手続きを行うサービスが利用できるので非常に便利です。

たとえ他県に引っ越しする時にナンバープレートが変わったとしても、ナンバープレートの変更手続きを済ませた状態で輸送してくれます。

車の手続きが面倒だと思う人は、専門業者への依頼がおすすめです。

ただし、このサービスを利用する際には追加料金が発生するので注意しましょう。

専門業者に車を輸送してもらうデメリット

専門業者に車を輸送してもらうデメリットは、引っ越し業者とのやり取りとは別に専門業者との手続きを進めなければならないことでしょう。

引っ越し業者も専門業者も自分で探さなければならず、引っ越し予定日に車を輸送してもらうように日程を調整する必要性があります。

両方の業者から見積もりを取って手続きをしなければなりませんし、打ち合わせもあるなど手間と時間がかかってしまうのが大きなデメリットです。

それを踏まえたとしても各種手続きを行ってくれるのは、大変な魅力だと言えるのではないでしょうか。

車を輸送してもらう時の費用の相場

車を輸送してもらう場合、どの方法で運んでもらうのかによって費用の相場が変わります。

安く輸送してもらうためにも、業者ごとの費用の相場を知っておくのがおすすめです。

それでは、車を輸送してもらう時の費用の相場についてご説明しましょう。

車の輸送費用の相場は、基本的に引っ越し先までの距離で変わる

車を引っ越し業者や専門業者に運んでもらう場合、基本的に費用の相場は引っ越し先までの距離によって変わります。

車を輸送してもらう時の費用の相場は、以下の通りです。

・近距離引っ越し:1万円から2万円
・中距離引っ越し:3万円から5万円
・遠距離引っ越し:5万円から9万円

一般的なサイズの車であれば以上が相場の費用になりますが、車のサイズが大きいほど費用が高くなる傾向にあります。

また、北海道や沖縄などのように海を超えて輸送しなければならない場合は、船を利用するのでその分費用がかかるので注意しましょう。

もちろん引っ越し業者や専門業者によって費用の相場が変わるため、どのくらいの費用がかかるのか相談するのがおすすめです。

さいごに

車を自分で輸送するのもおすすめできますが、長距離引っ越しで自分で輸送するのはおすすめできません。

引っ越し業者や専門業者であれば引っ越し先がどんなに遠くになっても請け負ってくれますし、自分で運ぶ手間が省けます。

輸送する時の手続きが面倒であれば、追加費用を支払ったとしても専門業者に依頼した方が良いかもしれませんね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

トラックの大きさや種類で引っ越し料金はどのくらい違うの?

引っ越しの作業員人数の相場は?単価はどのくらい?減らしてもらうことは可能なの?

自転車を引っ越し先に運ぶ方法は何がある?費用はいくら?梱包はどうするの?

転勤による引っ越し費用は自己負担なの?それとも会社負担?

クレーン車を使った引っ越し費用の相場はいくら?安くするコツはある?

布団を引っ越し先に運ぶ方法は何がある?料金はいくら?梱包はどうするの?