引っ越しの作業員人数の相場は?単価はどのくらい?減らしてもらうことは可能なの?

 

引っ越しする際にかかる引っ越し費用は、引っ越し先までの距離や荷物の量などが関係してきますが、スタッフの人数にも左右されることを知っていましたか?

つまり、引っ越し費用はスタッフの人数が多くなるほど高くなるということになります。

それならスタッフの人数を減らせばいいと思うかもしれませんが、それだと引っ越し作業の効率が悪くなるというジレンマに陥ってしまうでしょう。

スタッフの人数と作業の効率を考えれば、スタッフ一人あたりの単価や相場が気になるところですね。

この記事を読み込むことで、引っ越し作業を行うスタッフ一人あたりの単価や相場、減らすことができるのかが分かります。

それでは、引っ越し作業を行うスタッフの人数に応じた相場や単価、人数を減らしてもらうことは可能なのかご説明しましょう。

スタッフの人数に応じた費用の相場が気になる人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



作業人数一人あたりの費用の単価や相場はどれくらい?

引っ越しは決して慈善事業ではないので、作業人数に応じた引っ越し費用を請求されることになります。

作業人数一人あたりの単価や相場が分かれば、見積もり金額がどのくらいかかるのかが分かるかもしれません。

それでは、作業人数一人あたりの費用の単価や相場についてご説明しましょう。

引っ越し作業を行う時は、基本的に何人で行うの?

まず、引っ越し作業は依頼者の部屋数や何人で引っ越すのかによって増減します。

ワンルームに住む単身者が引っ越す場合、引っ越し作業員は1人から3人となっています。

2DKから3DKに住む二人暮らしの人が引っ越す場合だと、引っ越し作業員は2人から4人です。

3LDK以上の家に住む家族が引っ越す場合、引っ越し作業員は3人から5人となっています。

これらの部屋の広さや引っ越し作業員の人数は、あくまで一般的な数字なので確実ではありません。

つまり、依頼者の人数が少なく、部屋が狭いほど引っ越し費用が安くなるということになります。

作業人数一人あたりの費用の単価や相場はどれくらい?

いよいよ本題になりますが、作業人数に応じて引っ越し費用が高くなるということは作業人数一人あたりの単価が決められているということになります。

ここで逆の立場になって考えてみると、引っ越し作業員として働いた時の日給が引っ越し費用の単価になるとも判断できます。

ただし、実際に請求されるのは『作業人数一人あたりの費用』に加えて『引っ越し会社に入ってくる費用』となるため、作業人数が増えるたびに一人あたりの単価の2倍の費用を請求されるでしょう。

作業人数一人あたりの単価の相場は引っ越し業者によって左右されますが、7000円から8000円となっています。

つまり、引っ越しを依頼した時に請求される費用は、その2倍の1万4000円から1万6000円が作業人数一人あたりの相場だと言えるでしょう。

あくまでこの費用は引っ越し業者によって変わりますし、他にも荷物の量や引っ越し先までの移動距離も関係してくるので注意が必要です。

引っ越し作業を行う人数を減らすことはできるの?

引っ越し作業を行う人数が増えるたびに引っ越し費用が高くなるのであれば、何とか減らしてもらうことができないか気になりますよね。

場合によっては逆に作業人数が増えることもあるので、注意した方が良いかもしれません。

それでは、引っ越し作業を行う人数を減らすことはできるのかどうかご説明しましょう。

逆に作業人数が増えることはあるの?

人数を減らすどころか、逆に引っ越し作業を行う時にスタッフの人数が増えてしまうこともあります。

作業人数が増える原因は、引っ越し先にエレベーターがない、もしくは長距離引っ越しになる場合です。

一戸建ての住宅であればエレベーターの有無は影響しませんが、集合住宅の場合はエレベーターの有無で荷物の運搬方法がまるで違います。

エレベーターがあれば大型の家具や家電も運びやすくなりますが、エレベーターがない場合はスタッフの人力によって階段を上り下りしながら運ばなければなりません。

軽い荷物ならまだしも、大型の家具や家電は重量があるのでスタッフを増やして運び込むことになります。

そうすると必然的に作業人数が増えてしまうため、引っ越し費用もその分高くなるでしょう。

また、長距離引っ越しの場合だと運転を一人だけに任せるのは危ないので、最低でも2人のドライバーを確保します。

もしくは運転専門の作業員を用意して引っ越しを行うことになるため、その分引っ越し費用が高くなりますね。

引っ越し作業人数を減らすメリットとデメリット

結論から言えば、引っ越しの作業人数を減らすことはできます。

作業人数を減らすことによって引っ越し費用が安くなるのが最大のメリットであり、その分お得に引っ越すことができるでしょう。

ただし、作業人数を減らすことができるからといって、引っ越し作業を一人だけに任せることはできません。

一人暮らしで荷物が少ない場合は一人でもできるかもしれませんが、100キロを超えるような大型の家具や家電がある時は一定人数のスタッフを確保することになります。

スタッフを減らせる目安は、自宅にある一番重い荷物の搬出と搬入が何人でできるかによって決まります。

重量物をたった一人で運ぶのは不可能に近いので、最低でも二人か三人以上は確保しなければならないでしょう。

荷物の量によって増員されるスタッフも変わるため、必要以上のスタッフを増やさないように注意する必要性もあります。

ただし、引っ越し費用を抑えたい目的のために、必要以上にスタッフを減らすと引っ越し作業全体の効率が下がってしまうという大きなデメリットも見逃せません。

引っ越し作業を行う時は当然人数が多いほど、引っ越し作業が終わるスピードが格段に違います。

しかし、通常四人必要なところを三人にすると、それだけでスタッフ一人あたりの作業量が増えてしまうので時間がかかってしまうでしょう。

さらにスタッフ一人一人に疲労が溜まりやすくなるため、作業能率も下がるなどでメリットが目立ちます。

疲労の蓄積や荷物の量は搬出作業や搬入作業に大きく影響するため、安易にスタッフを減らすのは得策ではないかもしれません。

また、スタッフを減らすことで一人あたりの疲労が溜まりやすくなるということは、普段起きないようなミスが起こる可能性もあるでしょう。

何らかのミスが起こって荷物が破損する可能性が高まってしまうため、余計なトラブルが発生しかねません。

この点から考えても、引っ越し費用を安く抑えたいだけのためにスタッフを必要以上に減らすのは得策ではないでしょう。

さいごに

引っ越し作業員一人あたりの単価や相場はある程度決められており、作業人数が増えるほど引っ越し費用が高くなるでしょう。

引っ越し費用を安く抑えたいならスタッフの人数を減らすのがおすすめですが、スタッフを減らしてしまうとその分だけ一人一人の負担が大きくなってしまいます。

あまりにもスタッフが多いと感じたなら減らす必要性があるものの、必要以上にスタッフを減らさないように注意した方が良いでしょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

エレベーターなしの引越し料金の相場は?5階4階3階で費用は違うの?

クレーン車を使った引っ越し費用の相場はいくら?安くするコツはある?

夜間の引っ越し料金の相場はいくらくらい?夜間だと安いの?

学割プランが使える引っ越し業者はどこ?どのくらい安くなる?

自転車を引っ越し先に運ぶ方法は何がある?費用はいくら?梱包はどうするの?

大学生の引っ越しの費用の相場はいくらくらい?料金を安くするコツってある?