東京と大阪間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

 

東京から大阪、大阪から東京と二つの大きな政令都市を行き来する引越しは、多くの引越し費用がかかることが予想されます。

距離も離れているので移動距離などで引越し費用を算出する引越しを行うのであれば、見積もりはもちろん引越す時期も考慮する必要性があるかもしれません。

ただし、この二つの政令都市は日本でも随一を誇る物流があるので、案外安く引越せることもありそうです。

引越し費用の相場を知っておくことで、スムーズな引越しができるのではないでしょうか。

この記事を読み込むことで、東京と大阪間を引越す時の引っ越し費用の相場、またおすすめの業者や安く引越しするコツがが分かります。

それでは、東京と大阪間を引っ越しの費用についてご説明しましょう。

東京と大阪間を引越す人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



東京と大阪間の引越し費用の相場はどれくらい?

東京と大阪間の総距離は長いので、引越し費用もその分高くなることが考えられます。

単身で引越すのか、それとも家族で引越すのか、閑散期と繁忙期でも引越し費用が違うので注意が必要です。

一覧にしましたのでこちらをご覧ください。

東京と大阪間の引越し費用の相場
通常期
閑散期
繁忙期
単身者5万~7万3万~6万6万~12万
二人暮らし7万~15万6万~12万8万~20万
四人家族14万~30万12万~25万15万~40万

それでは、東京と大阪間の引越し費用の相場について詳しくご説明しましょう。

単身者が引越す時の引越しの費用の相場

単身者が引越す場合、引越し費用の相場はおよそ5万円から7万円とされています。

これでも引越し費用としては安い方で、単身者の引越しは基本的に荷物が少ないからこそこの相場になります。

もちろんスタッフの人数や使用するトラックによって細かな違いが出るため、見積もりが重要になってくるでしょう。

二人暮らしが引越す時の費用の相場

二人暮らしが東京と大阪間を引越す場合、およそ7万円から15万円が相場となります。

二人分の引越しともなれば単身者のおよそ二倍になるので、その分引越し費用も高くなります。

荷物やスタッフの人数が多く、大型の家具家電が多いなど引越し内容によって引越し費用が高くなることに注意が必要です。

四人家族で引越す時の費用の相場

四人家族が引越す場合だと、引越し費用の相場はおよそ14万円から30万円となります。

四人家族ともなれば荷物の量が総じて多く、その分スタッフを増員させて作業しなければならないので必然的に引越し費用が高くなります。

3トントラック以上の大きなトラックを使用することになりますし、大型の家具家電も運ぶとなれば引越し費用が高くなるのも無理はないでしょう。

閑散期に引越す時の費用の相場

閑散期は総じて引越す人が少なくなる時期なので、引越し業者も暇になるほど仕事が少なくなり、その分引越し料金も安くなります。

値引き交渉もしやすく、通常よりも安い費用で引越せるのはお得ですね。

単身者が引越す場合、引越し費用の相場はおよそ3万円から6万円です。

二人暮らしの場合だと、6万円から12万円が相場になります。

四人家族の場合で、12万円から25万円が引越し費用の相場です。

通常期と比べて閑散期は費用が安くなりやすく、値引き交渉もしやすいのでこの時期を狙って引越しするのがおすすめです。

他に引越し費用を安くする方法を利用すれば、さらに費用を安く抑えることができるでしょう。

繁忙期に引越す時の費用の相場

繁忙期となる時期は、どこも引越しする人でいっぱいになるので引越し業者が極端に忙しくなります。

引越し業者としては黙っていても引越しの予約が殺到してくるので、値引き交渉に応じてくれることはほとんどありません。

東京と大阪間の長距離を引越すという点から見ても、引越し費用は通常期よりも高くなることに注意しましょう。

単身者が引越す場合、引越し費用の相場は6万円から12万円となります。

二人暮らしの場合だと、8万円から20万円が相場です。

四人家族の場合、15万円から40万円にもなります。

繁忙期の時期はどこも引越しする人でいっぱいになるので、引越し業者も非常に忙しくなります。

そんな時に値引き交渉に応じてくれることはありませんし、応じるくらいなら断られるのが関の山でしょう。

どうしても繁忙期に引越さなければならない場合は仕方がないので、他に引越し費用を安く抑える方法を駆使してできる限り引越し費用を安く抑えることが大切です。

大手の引越し業者に依頼するならどの業者がおすすめ?

東京と大阪間の引越しに対応してくれる大手業者は数多くあります。

これも代表的な政令都市を繋ぐルートが数多くあるからで、引越し業者を探すのには苦労しないでしょう。

それでは、東京と大阪間を大手の引越し業者に依頼する場合、どの業者がおすすめなのかご紹介しましょう。

サカイ引越センター

サカイ引越センターは大手引越し業者の中でも特に人気を誇っており、安心と満足度の高さが大きなポイントになっています。

その人気は留まることを知らず、東京と大阪間の引越しにも難なく対応してくれるだけでなく、単身者でも家族の引越しでも安心して引越せるでしょう。

サカイ引越センターの特徴は、スタッフの教育が徹底されていることです。

スタッフの教育が細かなところにまで行き届いているため、荷物の数が多くてもテキパキと作業をこなし、予想以上の早さで引越し作業を進めてくれます。

最後の仕上げとして掃除を行ってくれるサービスもあり、どんなに狭い住宅でも問題なく作業を進めてくれるので安心です。

そしてメリットとしてあげられるのが、引越しする人のニーズに合わせたプランが選べることや、様々なサービスが提供されていることでしょう。

らくらくコースプレミアムや建て替えコース、節約コースなどのプランが提供されており、利用者のニーズに合わせたプランが利用できるようになっています。

その他にもハウスクリーニングや盗聴器発見サービス、消毒・殺虫サービスなど多くのサービスが利用できるので、満足度が高い引越しができるでしょう。

アート引越センター

アート引越センターは追って引越し業者の一つで、非常に質が高い作業を行ってくれます。

中でも最大の特徴と言えるのが、徹底したスタッフの研修が行われていることと、コンシェルジュがいることです。

引越し作業を円滑に進めるため、大切な荷物を傷つけたり壊したりしないように徹底した研修を行っているので、質の高い引越し作業を行ってくれます。

引越し作業を開始する時は新品の靴下に履き替えてから作業を始めるなど、細かなところにまで徹底しています。

アート引越センターのコンシェルジュは引越しをスムーズに行うためにあらゆる相談や疑問、質問に答えてくれる専門のスタッフです。

東京と大阪間の引越しを行うにあたって何か分からないことがあっても、コンシェルジュに聞くことで解決できるかもしれません。

さらにエコ楽ボックスという紙の資材を一切使わない梱包資材によって、食器類をしっかり梱包してくれます。

食器をそのまま入れるだけで梱包できる上に、ゴミが一切出ないので環境も考えている業者だと言えます。

アート引越センターのメリットは、様々なプランがあることや付帯サービスが充実していることです。

自動車からバイクの輸送、エアコンの移設、ハウスクリーニングや害虫駆除、アンテナ工事など実に多くのニーズに応えてくれるでしょう。

特に嬉しいのは、引越しした時に必要な手続きを無料で代行してくれることです。

この無料代行を利用すれば、引越しの手続きに追われることもほぼなくなります。

気になる人は、是非とも見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社で働く全てのスタッフは研修センターで全ての研修を終えた人で、質が高い引越しを行ってくれる引越し業者です。

お客様満足度第1位を獲得している大手引越し業者であり、様々な特徴があります。

まず、営業を行う人や運転手は社内規定の免許制度をクリアしているので、安心して引越しできるのが大きなポイントです。

クーポンを利用することで見積もり金額が10%割引になる上、地域限定ではあるものの、荷物の量や部屋の間取りを写真に撮り、ネットで写真と共に見積もりを依頼することで割引してくれます。

見積もりの依頼によって引越しすることが決まると、アリさんマークからハムテープや布団袋、ダンボールやベッドマットカバーをプレゼントしてくれるキャンペーンもあります。

ハンガーボックスも無料で貸し出してくれるので、衣装ケースの中の衣類を運びたい人は利用してみましょう。

そしてアリさんマークのメリットは、付帯サービスと共に割引キャンペーンがあることです。

インターネットを開通することで万単位で引越し費用を割引してくれますし、荷物を一時的に預かってくれる業者を紹介してくれるサービスもあります。

自動車やバイクだけでなく、ペットの輸送も行ってくれるので大事なペットを安全に引越しさせたい人におすすめです。

他にもハウスクリーニングやエアコンの移設、害虫駆除など、様々なサービスが利用できます。

東京と大阪間を引越す場合は、長距離向けのプランがあるので是非とも見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

東京の地域に密着しているおすすめの引越し業者は?

東京には大手業者のみならず、地域に密着している引越し業者も存在します。

地域に密着しているからこそのメリットがあるので、大阪に引越す際におすすめです。

それでは、東京の地域に密着しているおすすめの引越し業者をご紹介しましょう。

ZERO1引越センター

ZERO1引越センターは東京を初めとする関東地方を中心に活動している引越し業者であり、地域に密着した業者として多くの評判を集めています。

もちろん大阪までの引越しにも対応しており、値引き交渉にも柔軟に応じてくれるので安く引越したい人に向いているでしょう。

ZERO1引越センターの特徴は、地域密着型であり、業者が得意な引越し範囲で質の高いサービスを提供していることです。

この業者はCMでも広く知られており、関東地方から大阪方面と得意な引越しの範囲を熟知しているので、スムーズな引越しができます。

また、メリットとして挙げられるのが、低価格で引越しができること、ダンボールが50枚まで無料、布団袋は何枚でも無料などのサービスです。

家に十分なダンボールを常備している人は少ないので、50枚までダンボールを無料でもらうことができるのは大きなメリットでしょう。

使い終わったダンボールは無料で引き取ってもらえるので、ダンボールの後処理にも困りません。

特にありがたいのは、通常よりも低価格で引越しを請け負ってくれることでしょう。

荷物の量にもよりますが、単身者の引越しなら1万8000円から、家族3人でも引越し費用は3万円しかかからないなど、驚くほどの低価格で請け負ってくれます。

できる限り引越し費用を抑えたいなら、ZERO1引越センターがおすすめですね。

ファミリー引越センター

ファミリー引越センターはファミリーというだけあって家族で引越す際に費用がお得になりますが、単身者でも問題なく利用できる業者です。

ファミリー引越センターの特徴は、見積もりの際に『e得』というだけで見積もり金額が20%オフになることでしょう。

複数の業者に見積もりを依頼する際に、20%オフになるのとならないのでは大きな差が出てきます。

さらに引越し費用も年間を通して低価格なのも特徴の一つであり、シングルプランの費用はスタッフ1人だけで2万円を切っています。

一般的なファミリープランでも5万円程度と安く、追加料金がかかりにくいのもポイントです。

そしてメリットとして挙げられるのが、豊富なオプションの数です。

特に荷物の一時預かりが1ヶ月で2000円程度と安く、長期的に預けるのであれば1500円程度とさらに安くなります。

その他にもエアコン脱着工事や格安で不用品を処分してくれるサービス、友達を紹介すれば3000円の商品券をプレゼントしてくれるなど、嬉しいサービスばかりです。

アップル引越センター

アップル引越センターは関東と関西エリアを中心に営業している引越し業者で、顧客満足度を重視しています。

顧客満足を重視していることから、条件次第でお得に引越せるのが大きな特徴です。

中でも魅力的なのは、ウォーターサーバーを申し込むことで1万円もキャッシュバックしてくれることや、フレッツ光を開通すれば引越し費用から4万円も割引してくることでしょう。

その他にもエアコンクリーニングやウォシュレット、食洗器の脱着も行ってくれるなど、嬉しいサービスばかりです。

付帯サービスが充実しているのもメリットで、盗聴器発見サービスが無料であったり、車を陸送してくれたり、不用品の処分に対応していたりと様々なサービスが利用できます。

対応力も高く、突然の要望にも応えてくれるなど安心して利用できる業者だと言えますね。

大阪の地域に密着しているおすすめの引越し業者は?

大阪から東京に引越す場合、大阪の地域密着引越し業者に依頼するのもおすすめです。

中には大手業者に負けないサービスや質を提供している業者もあるので、依頼を検討してみてはいかがでしょうか

それでは、大阪の地域に密着しているおすすめの引越し業者についてご紹介しましょう。

人力引越社

人力引越社は本社が京都にある引越し業者であり、関西方面から関東方面への引越しを主に受け付けています。

人力引越社の大きな特徴として挙げられるのが、スタッフ全員への徹底したマナー教育が行き届いていることでしょう。

引越し作業はただ荷物を運び出すだけでなく、お客とのコミュニケーションも重要になります。

作業中に失礼なことがあってはならないので、人力引越社では徹底したマナー教育を重点的に行っています。

このことから、引越しする女性からの評判が良いというメリットがあるので、女性でも安心して依頼できるでしょう。

また、もう一つのメリットとして、単身者の引越し費用が非常に安いことです。

大阪から東京であれば単身引越しで2万円から3万円程度の費用しかかかりません。

もちろん引越しの内容によって変わるところですが、驚くほど安いので大阪から東京に引越す予定がある単身者は、是非とも依頼してみてはいかがでしょうか。

LIVE引越サービス

LIVE引越サービスは関西に本社を持つ、まさに大阪に密着している引越し業者です。

LIVE引越サービスの特徴は、大阪周辺はもちろん東京にも支店があるので関東方面への引越しに強いことでしょう。

引越し先に支店を持っている業者は基本的にスムーズな引越しがしやすく、引越し費用も安くなりやすいメリットがあります。

そしてメリットとして挙げられるのが、様々な顧客のニーズに応えられるように、多くのサービスを提供していることです。

長距離引越しを行う人向けのチャーター便や、混載便を初めとした様々なサービスが提供されており、費用を安くすることもできます。

ダンボールは必要な数だけ無料なので、気兼ねなく荷物が梱包できるのもありがたいでしょう。

リクラッソ引越サービス

リクラッソ引越サービスは大阪と東京に支店を持っており、スムーズに引越しができる業者です。

リクラッソ引越サービスの特徴は、様々な無料サービスが利用できることです。

様々なサービスを無料で利用することが可能であり、中には洗濯機を取り付けてくれたり、女性が一人暮らしを始めるのに安心の盗聴器発見サービスまでもあります。

痒いところに手が届く感覚で利用できるので、これを利用しない手はないでしょう。

リクラッソ引越サービスのメリットは、地域密着型の業者ということで格安の引越しができることです。

単身者で1万5000円、大阪から東京まで引越す長距離になるにもかかわらず、4トントラックを使用しても引越し費用は4万円程度しかかかりません。

荷物の量など様々な要素によって費用が変動しますが、ここまで安いのは非常にありがたいですよね。

東京と大阪間の引越し費用を少しでも安くするコツについて

東京と大阪間は必然的に長距離の引越しになるので、引越し費用も必然的に高くなります。

引越しするためには仕方ないとはいえ、できる限り安く引越したいですよね、

それでは、東京と大阪間の引越し費用を少しでも安くするコツについてご説明しましょう。

平日に引越すか、平日割引を利用する

東京と大阪間では必然的に長距離引越しになることから、土日祝日や連休を利用して引越そうと考える人が非常に多いです。

しかし、誰もが土日祝日や連休に引越しの予約を入れようとすると、引越し業者のスケジュールがいっぱいになってしまうので、引越し費用もその分高くなってしまいます。

このような時は、平日に引越すと引越し費用が安くなります。

休日よりも平日の方が引越し費用が安くなるのは、平日に休みを取りにくい人が多いからです。

平日に引越す人が少なくなれば、引越し費用もその分安くなるので平日に引越せる人は是非ともそうしましょう。

また、平日に引越すと同時に、平日割引が利用できる引越し業者を探すのもおすすめです。

平日割引は、平日に引越しを予約することで引越し費用を割引してくれるサービスであり、2割から3割ほど安くしてくれます。

ただでさえ引越し費用が1割ほど安い平日に割引が適用されれば、お得に引越せるでしょう。

早割を利用する

早割とは引越し予定日より1ヶ月以上前に予約した時に適用されるサービスです。

早めに希望日に予約できるメリットがありますし、引越し業者としても前々から予約してくれれば予定が立てやすくなります。

しかし、1ヶ月以上前から予約しておきながら、後で予定を変更することになった時のことを心配する人もいるでしょう。

もし予約を変更したりキャンセルすることになった場合でも、引越し予定日の2日前までならキャンセル料がかかりません。

もしものことがあったとしても、安心してキャンセルできますね。

フリー便を利用する

引越し作業が始まる時間が圧倒的に遅くなってもいいのであれば、フリー便を利用するのも得策です。

フリー便とは午前便や午後便のように時間指定をしないコースであり、3種類の中で最も引越し費用が安くなります。

フリー便は引越し業者の都合に合わせるコースで、その日に予約されている午前便と午後便の引越し作業が終了してからフリー便を選んだ人の元へ向かいます。

このことから、引越し作業が始まる時間帯が夕方以降になったり、夜中になることがあるので注意しましょう。

特に東京と大阪間の引越しは最低でも1日以上かかるので、日程を調整しないと思いもよらないトラブルになりかねません。

引越しの日程は十分の調整するのが得策です。

単身パックを利用する

単身者が東京と大阪間を引越す場合は、単身パックを利用するのがおすすめです。

単身パックとはコンテナボックスに収まる範囲内であれば低価格で荷物を運んでくれるプランであり、荷物が少ない単身引越しにピッタリです。

ただし、もしもコンテナボックスに収まり切らなかった場合、残りの荷物を運ぶ時は追加料金が発生するので注意しましょう。

混載便や帰り便を利用する

東京と大阪間を引越しするのであれば、混載便や帰り便を利用するのもおすすめです。

混載便は他に人の荷物と一緒に自分の荷物を運ぶ方法であり、帰り便は荷物を全て降ろしたトラックの帰り道を利用して自分の荷物を運んでもらう方法です。

これらの方法は他の人とのスケジュールが合わないと利用できなかったり、トラックの帰り道がちょうど同じ場所でなければ利用できないといったデメリットがあります。

しかし、東京と大阪間では1年を通して引越す人が多い傾向にあるので、難なく利用できる可能性があるでしょう。

どちらの方法も高速料金やガソリン代などを節約できることから、その分の費用が浮くので安く抑えることができます。

閑散期の一人暮らしであれば1万5000円から4万円程度で引越しできますし、繁忙期の4人家族が引越す場合でも、混載便や帰り便を利用することで6万円から25万円まで費用を安くすることが可能です。

もちろん引越し内容や荷物の量などによって左右されるところですが、大きく費用が安くなるとすれば検討する価値は十分にあるでしょう。

複数の業者に見積もりを依頼する

東京と大阪間の引越しを行う時は、複数の業者への見積もり依頼が欠かせません。

たとえ同じ内容の引越しでも、引越し業者によって引越し費用が大きく違っています。

1社だけに見積もりを依頼したところで、その見積もり金額が本当に正しいのかは分かりにくいです。

大体の見積もり金額の相場を知るためにも、1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

複数の業者に見積もりを依頼することで大体の相場が分かりますし、どの業者が一番見積もり金額が安いのか、サービスの優劣をも比較できます。

とはいえ、1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼していたのでは、見積もり結果が全て揃うまでに時間がかかってしまいます。

当に時間がない人にとっては非効率となってしまうでしょう。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」を利用することです。

一括見積もりサイトでは一度に最大10社まで見積もりを依頼することができる上に、1回のデータ入力で済むので見積もり依頼に時間がかかりません。

条件も絞りやすく、見積もりを依頼するまでの所要時間はたったの数分だけです。

見積もり結果を利用して他の業者に値引き交渉を持ちかけることもできるので、さらに引越し費用を安く抑えることが可能です。

見積もりを依頼したからといって必ずしも引越ししなければならないわけではないため、安心して利用できるでしょう。

最近では多くの人が一括見積もりサイトを利用している傾向にあるので、東京と大阪間の引越しをスムーズに行うために、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

東京と大阪間を安く引越しできる業者を調べてみる(無料)

東京と大阪間を引越す時のQ&A

東京と大阪間を引越す場合、様々な疑問があるのではないでしょうか。

スムーズに引越すためにも、疑問点は解消しておくに越したことはありません。

それでは、東京と大阪間を引越す時の疑問点についてお答えしましょう。

東京と大阪間ではどのくらいの距離があるの?

東京から大阪までの距離は、およそ510キロとなっています。

一見するととても長い距離に感じられますが、引越しするとなればそこまで長い距離ではないので、意外とそこまで時間はかからないでしょう。

ただし、東京から大阪、大阪から東京へ荷物を輸送する際のルートによって時間が変わるので注意が必要です。

東京と大阪間では引越し日数はどれくらいかかるの?

東京と大阪間では、基本的に引越し作業が完了するまで最短で1日、長くて2日ほどかかります。

これは東京と大阪間の距離がおよそ510キロと長距離輸送になるので、いくら輸送ルートが豊富にあったとしても時間がかかることに変わりはないからです。

午後便、フリー便を選んだ場合だと半日や1日ほど時間がずれ込むため、どの時間帯に引越し作業を始めるかによってでも変わります。

特に繁忙期の場合はどこも引越しで忙しいので、確保できるトラックやスタッフが少ないことから最低でも2日以上かかることもあるので注意しましょう。

東京と大阪間を引越す時の手段は何がある?

東京と大阪間を引越す時の手段は、主にトラックでの陸送が中心となります。

トラックで輸送する場合、首都高速道路から東名高速道路、名神高速道路と高速道路を経由するルートが一般的です。

他にもコンテナ便や貨物列車など、様々な輸送手段があります。

引越し業者のプランの中には陸送以外で荷物を輸送してくれるものもあるので、見積もり金額と比較してどの輸送手段が引越し費用を安く抑えられるのか、早く引越し先に輸送できるのかなどを確認しましょう。

さいごに

二代政令都市を引越しするのは、引越し業者にとって全く珍しいことではありません。

長距離引越しになるので必然的に引越し作業が完了するまで時間がかかりますし、引越し費用も高くなりやすいのでいかに引越し費用が抑えられるかが大切です。

引越し業者によって価格帯やサービスの質、スタッフの技量なども変わってくるため、引越し業者を比較することは何よりも重要なのではないでしょうか。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

佐渡島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

東京と北海道間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

離島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

東京と名古屋間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

東京と沖縄間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

奄美大島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?