トラックの大きさや種類で引っ越し料金はどのくらい違うの?

 

引っ越しを行う際に知っておきたいのが、トラックの大きさや種類によって引っ越し料金が違うことです。

引っ越し料金を安く抑えるためには、どんなトラックを使用するのかが重要になってきます。

もちろんトラックが大きいほど引っ越し料金も高くなるので、荷物の量には十分に注意した方が良いでしょう。

この記事を参考にすることで、トラックの大きさや種類によって引っ越し料金がどのくらい違うのかが分かります。

それでは、トラックの大きさや種類によって引っ越し料金がどのくらい違うのかをご説明しましょう。

引っ越し料金の違いを知りたい人は、この記事を読み込んでみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



トラックの大きさや種類について

引っ越しする時に荷物を運び入れるトラックですが、引っ越しに利用するトラックは大きさや種類が複数あります。

引っ越しの荷物の量によって、使用するトラックも変わるでしょう。

それでは、引っ越しの際に利用するトラックの大きさや種類についてご説明しましょう。

トラックの大きさや種類は複数ある

引っ越しの際に使用するトラックには、大きさが違う複数の種類があります。

その大きさと種類として挙げられるのが、以下のトラックです。

・軽トラック
・2トントラック(ショート)
・2トントラック(ロング)
・3トントラック
・4トントラック

軽トラックの場合、おおよそ畳1畳半ほどの広さになります。

1畳半ほどの広さしかないので荷物が多い時に利用するのはおすすめできませんし、完全に単身者が引っ越す時に向いているでしょう。

そこまで重量がある荷物も運べないため、家具や家電がなく、荷物が少ない人におすすめです。

2トントラックのショートは、大きさにして畳3畳半から4畳半ほどの広さがあります。

ここまでのサイズになれば家具家電一式を運ぶことができるようになりますし、家具家電を買い揃えていない2人暮らしの人でも利用できるでしょう。

2トントラックのロングは、4畳半ほどの大きさになります。

ここまでのサイズになると家具家電一式に加えて荷物が多い単身者や、家具家電を買い揃えている2人暮らしの人にもおすすめです。

3トントラックの場合、5畳半から6畳ほどの荷物を運べる大きさになります。

ここまでのサイズになれば、単身者が利用すると空きが出やすいので混載便が利用しやすくなるでしょう。

家具家電一式が揃っている上に荷物が多い2人暮らしの人や、小さな子どもがいる3人家族も利用できる大きさです。

4トントラックの場合、大きさにして8畳から9畳と全てのトラックの中で一番広いのが特徴です。

このサイズは3人暮らしはもちろん、一般的な4人暮らしの荷物でも難なく運べるようになります。

引っ越し料金の決まり方や注意点について

引っ越し料金を決める時は、3つの要素によって決められているのをご存知でしょうか?

トラックの大きさによって利用する時の注意点もあるので、気を付ける必要性があります。

それでは、引っ越し料金の決まり方やトラックを利用する時の注意点についてご説明しましょう。

引っ越し料金の決まり方は、3つの要素を合計している

貴方は引っ越し料金がどのようにして決められているのかご存知でしょうか。

引っ越し料金は、主に『トラックのサイズ』に加え、『荷物の量』と『引っ越し先までの移動距離』によって算出されています。

つまり、トラックのサイズが一番小さく、荷物の量も少なく、引っ越し先までの移動距離が短い場合に最も安い引っ越し料金になると言えるでしょう。

ただ、引っ越し先が既に決められている場合は移動距離をどうすることもできませんし、荷物の量によってトラックのサイズも変わります。

荷物の量を減らす方法は多くありますが、どちらにしても引っ越し料金が多くかかることについては致し方ないと言えますね。

トラックのサイズを決める時の注意点

軽トラックならほぼ荷物がない単身者向け、2トントラックのショートやロングなら単身者から2人暮らし向けとされていますよね。

しかし、これはあくまで向いているというだけで、必ずしもこのトラックを利用すれば引っ越せるというものではありません。

特に気を付けたいのは、2トントラックのショートとロングです。

一般的に2トントラックのショートを単身者、ロングを家族向けと思っている人がいますが、それは大きな間違いだと言えます。

ここで覚えておきたいのは、人によって荷物の量や大きさが違うということです。

単身者でも荷物が少ない人から多い人までいますし、一人暮らしだからといって2トントラックのショートを利用すれば確実に引っ越せるわけではありません。

当然ながらトラックのサイズ以上の荷物を積み込むことはできないので、一番大事なのはトラックのサイズよりも、積み込む荷物の量や大きさということになります。

一人暮らしだからといって2トントラックのショートを選ぶのではなく、2トントラックのロングを利用することも視野に入れるのがおすすめです。

もっと確実に荷物を積み込みたいのであれば、自分で荷物が積めるか判断するより引っ越し業者が訪問見積もりを行っている時に相談してみましょう。

プロの引っ越し業者はこれから運ぶ予定の荷物によってピッタリのサイズのトラックを用意してくれるので、よりベストなトラックで運んでくれます。

トラックが積み込める最大積載重量を超える場合は積み込めない

トラックのサイズを選ぶ上で注意したいのが、たとえば2トントラックなら2トン以上の重量になる場合は2トントラックが利用できないという点です。

2トントラックなら2トンまでしか積み込めず、3トンなら3トンまでしか積み込めません。

つまり、荷物の重量がトラックの限界を超えてしまう場合は、いかなる理由でもそのトラックでは運べないということになります。

トラックのサイズも重要ですが、引っ越し先に運ぶ荷物の総重量がトラックの限界を超えないように注意しましょう。

トラックのサイズによる引っ越し料金の違いは?

トラックのサイズによって、引っ越し料金が変わることを忘れてはいけません。

計算式自体は簡単なので、トラックのサイズを決める時の参考になります。

それでは、トラックのサイズによる引っ越し料金の違いについてご説明しましょう。

引っ越し料金を計算する時は、『トン2』を使う

トラックのサイズによる引っ越し料金を計算するには、『トン2』と言われる計算式を使用します。

トン2とは1トンが2万円という計算で、全てのトラックのサイズで計算すると以下の通りになります。

・軽トラック=2万円
・2トントラック(ショート)=4万円
・2トントラック(ロング)=4万円
・3トントラック=6万円
・4トントラック=8万円

通常期であれば以上の引っ越し料金がかかることになるでしょう。

閑散期の場合は『トン1』、繁忙期の場合は『トン3』となり、それぞれ料金が低くなったり高くなったりするので、時期に合わせて計算するのが得策です。

さいごに

トラックのサイズはあくまで目安のようなものなので、引っ越し先に運ぶ荷物の量によってサイズが変わるでしょう。

荷物の総重量が多いとトラックのサイズを大きくしなければならず、引っ越し料金もその分高くなります。

どのくらいのサイズが適しているのかどうかは、訪問見積もりの際に相談するのがおすすめですね。

関連記事

ペット可物件に引っ越したいけど気をつけるべきことって何があるの?

転勤による引っ越し費用は自己負担なの?それとも会社負担?

引っ越しの作業員人数の相場は?単価はどのくらい?減らしてもらうことは可能なの?

自転車を引っ越し先に運ぶ方法は何がある?費用はいくら?梱包はどうするの?

車を引っ越し先に輸送してもらう場合の費用の相場はいくら?

エレベーターなしの引越し料金の相場は?5階4階3階で費用は違うの?