4月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

 

これから新しい生活が始まるというのに、3月に引っ越しができなかったせいでまだ引っ越せていない人もいるのではないでしょうか?

4月も3月と同じように繁忙期となりますが、さすがに3月ほど引っ越し料金が高いわけではありません。

それでも繁忙期なので通常期よりも高いことに変わりはないので、引っ越し料金を安く抑えられるかが重要です。

はたして上旬・中旬・下旬でどのように引っ越し費用が変わるのかをご説明しましょう。

さらに引っ越し料金を安く抑える方法についてもご説明しますので、引っ越す時に参考にしていてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



繁忙期の4月は、どれくらい引っ越し費用が高くなる?

引っ越しのピークだった3月に比べ、4月は少し引っ越し費用が下がっている傾向にあります。

とはいえ、4月も繁忙期なので引っ越し費用が高いので忘れずに見積もりを依頼することが大切です。

それでは、4月の引っ越し費用の相場はどれくらいなのかご説明しましょう。

4月上旬の引っ越し費用の相場

4月上旬は3月の繁忙期にやむを得ず引っ越せなかった人がずれ込んでくる時期なので、引っ越し費用は高めになります。

3月に比べれば引っ越し費用の相場は下がっている方ですが、まだまだ業者の予約が取りづらいことに変わりはありません。

むしろ上旬を避けて中旬に引っ越すのも一つの選択肢だと言えるでしょう。

また、ゴールデンウィークに引っ越そうと考えているのであれば、今からでも物件を探さないと見つかりにくくなります。

指数で表すなら、通常期が100なら4月上旬は130といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で6万円から6万9000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体6万5000円から7万円が相場となるでしょう。

4月中旬の引っ越し費用の相場

4月中旬は上旬に引っ越す人が集中していた為、一旦引っ越しが落ち着く束の間の休息といったところです。

上旬に引っ越しが集中している以上、上旬を避けて中旬に引っ越すのも一つの選択肢と言えるでしょう。

しかし、落ち着くといってもまだ繁忙期なので、通常期よりも引っ越し費用が高いことに変わりはありません。

さらに上旬を避けて中旬に引っ越そうと考えている人も多いため、早めに引っ越し業者の予約を取る必要性があります。

指数で表すと、4月中旬は110から120といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で5万8000円から6万3000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体6万2000円から6万9000円が相場となるでしょう。

4月下旬の引っ越し費用の相場

4月下旬はこれからゴールデンウィークを迎えるため、中旬とはうってかわって上旬と同じような相場に逆戻りします。

平日が高いのはもちろん、月末は特に引っ越し費用が高いので十分な注意が必要です。

気候的にも引っ越ししやすいので、誰もがこの時期に引っ越そうと考えているでしょう。

できれば余程の理由がない限り、この時期の引っ越しも避けるのが賢明なのではないでしょうか。

指数で表すと、4月下旬は120から130といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で5万9000円から6万8000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体6万4000円から7万1000円が相場となるでしょう。

4月に引っ越しをずれ込ませる意味はあるの?

4月は上旬・下旬が引っ越し費用が高く、中旬がやや安い時期となります。

それ以前に4月は3月に引っ越せなかった人が引っ越す時期でもあるので、この時期に引越しをずれ込ませる意味は十分にあるでしょう。

とはいえ、上旬は同じように引っ越しを考えている人が多いので、中旬に引っ越すのがおすすめです。

少なくともゴールデンウィークを迎えるまでには、引っ越せるように準備するのが得策でしょう。

4月は3月に比べて物件数はどうなっている?

3月は非常に多くの人が引っ越すので、もはや残っている物件はないのではないかと思われるかもしれません。

しかし、上旬や下旬のように物件を探し出す人は多いため、物件を探す意味があります。

それでは、4月の物件情報についてご説明しましょう。

4月は3月の物件の残りがある

3月が引っ越しのピークであったように、「物件の数もピークでは?」と思う人もいるでしょう。

しかし、3月にあれだけ入居希望者がいてもなお売れ残っている物件があります。

また、内装の関係で3月に物件を貸し出せなかった物件も4月に出ているため、まだまだ多くの物件が残っていると言えるでしょう。

3月に比べれば優良物件は少ないかもしれませんが、それでも人によって住みやすい便利な物件を見つけられるはずです。

4月の家賃相場や家賃交渉はどうなる?

4月の家賃相場は、3月とうってかわって少し下がっている傾向にあります。

もちろん大家さんにもよりますが、通常期の指数が100なら90程度まで下げられている可能性があるでしょう。

何故なら、大家さんにとって4月は空室を埋める最後のチャンスだからです。

ゴールデンウィークが過ぎれば引っ越しのペースが格段に落ちるので、4月を逃してしまうと空室が埋まらなくなってしまい、その分の家賃収入が得られなくなります。

月10万円のところが9万円まで落ちるとなれば、これを逃す手はありません。

また、4月は比較的家賃交渉がしやすい時期でもあります。

先ほどの理由のように入居希望者を逃すわけにはいかないと考えているので、大家さんや不動産会社共々値引き交渉に応じてくれる可能性があるでしょう。

不動産会社も3月と比べればやや状況が落ち着いているため、様々な相談に親身になってくれやすいことから、物件をじっくり探すことができますね。

家賃の交渉についてはこちらをどうぞ。

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか? ...

4月の引っ越し費用を安く抑える方法について

4月はまだまだ繁忙期なので、引っ越し費用が高い傾向にあります。

せめて少しでも引っ越し費用を抑えることができれば、まさに御の字だと言えますね。

それでは、引っ越し費用を安く抑える方法についてご説明しましょう。

平日割引を利用する

引っ越し費用というのは、基本的に土日祝日よりも平日の方が安いです。

そこで引っ越し業者が提供している、平日割引というサービスを利用する手段が挙げられます。

平日割引とは平日に引っ越しを行うことで費用を割引してくれるサービスであり、業者によっては3割ほど割引してくれることがあります。

平日割引を提供している引っ越し業者を探して、見積もりを依頼してみましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

引越しをするにあたって業者を調査していると、平日割引という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 その名の通り平日に割引してくれるというもの...

フリー便を利用する

午前便や午後便よりもフリー便の方が引っ越し費用が安くなることをご存知でしょうか?

フリー便は完全に引っ越し業者の都合に合わせる代わりに、引っ越し費用が安くなるプランの一つです。

ただし、このフリー便を利用する時は引っ越し作業が始まる時間が極端に遅くなる可能性があります。

引っ越し業者の都合に合わせる以上、夕方になってもスタッフから連絡が来ないことは珍しくありませんし、夜中になってようやく作業が開始されることもあるでしょう。

万が一夜中に引っ越し作業が開始された時のために、周囲の住民にあらかじめ知らせておきましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

学割パックや単身パックを利用する

引っ越し費用が安くなるプランの一つとして、学生しか利用できない学割パックや単身パックがあります。

学割パックは学生が利用することで、引っ越し費用を半分近く割引してくれるものです。

ただ、学割パックは業者によって値引きされる金額が違うので、思ったよりも割引されない可能性があります。

単身パックは一定の大きさのコンテナボックスに入る分だけ輸送してくれるプランであり、場合によっては学割パックよりも費用が安くなるでしょう。

しかし、コンテナボックスに入る分しか利用できないので、それ以上荷物がある場合は別途費用がかかるので注意しましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

これから引っ越しをするにあたって心配になるのが、引っ越し料金の問題です。 引っ越し料金を安く抑える方法は多くありますが、学生が引っ越すとな...

自分で運ぶ

引っ越し費用を一切かけたくないのであれば、自分で荷物を引っ越し先に運ぶ方法があります。

自分で運べば費用が一切かかりませんし、距離が近いほど楽な引っ越しができるでしょう。

とはいえ、車を使用したり友人に手伝ってもらう場合は、ガソリン代やその他の費用がかかってしまいます。

場合によっては素直に引っ越し業者に依頼した方が安く済ませられることがあるので、引っ越し先との距離に注意しましょう。

一括見積もりサイトを利用する

引っ越し業者に予約を取る前にやっておきたいのが、業者に見積もりを依頼することです。

一社だけに見積もりを依頼しても、その金額が妥当な相場なのか分からないので複数の業者に見積もりを依頼するのが得策です。

そうすることで得た見積もり結果は他の業者との価格交渉に利用できますし、安い業者を見つけやすくなるでしょう。

しかし、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼していたのでは、手間がかかって時間がもったいないです。

そんな時に便利なのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトは無料で利用可能であり、1回のデータ入力で一度に最大10社まで見積もりが依頼できます。

もちろんそこで得た見積もり結果を利用すれば、価格交渉もお手の物です。

業者側も複数の業者に見積もりを依頼していることを見越しているので、快く交渉に応じてくれる可能性が高いでしょう。

スマホからでも利用できる上、お得なキャンペーンが開催されていることもあります。

引っ越しを依頼したからといって引っ越ししなければならないわけではないので、気軽に利用できますね。

これから引っ越しを考えている人は、是非とも利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

4月の引っ越しで最安値の業者を調べてみる(無料)

さいごに

3月を過ぎてやってきた4月は、まだまだ繁忙期なので物件数も多く、引っ越し費用がやや高い傾向にあります。

それでも3月には見つからなかった物件が出てくる可能性がありますし、引っ越し費用を安く抑える方法もあるのでお得な引っ越しができるかもしれません。

これから5月を迎えるからこそ家賃交渉もやりやすいので、4月の中旬に向けた準備を早々に進めるのがおすすめですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

6月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

10月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

3月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

年末年始の引っ越し費用は高い?料金の相場は〇〇くらいです

1月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

8月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?