引っ越しする際に自動車の住所やナンバーの変更手続きって必要なの?

 

引っ越しした時に忘れてはならないのが、自動車の住所変更です。

私たちの住所が変更になるだけでなく、自動車にも住所が設定されているので住所変更を行わないと後で面倒なことになるでしょう。

しかし、自動車の住所変更はどこでどのようにしてやればいいのか、費用がかかるのか、どんな書類が必要になるのかなど、分からないことが多くあるのではないでしょうか。

この記事を読み込むことで、自動車の住所変更に必要なことが分かります。

それでは、自動車の住所変更に伴う必要書類などについてご説明しましょう。

自動車の住所変更を行う時は、この記事を参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



もし自動車の住所変更を行わなかったらどうなるの?

自動車の住所変更は、引っ越してから原則15日以内に済ませなければいけないと決められています。

ここで言う自動車の住所変更とは、運転免許証や車検証、車庫証明書のことで、これらの住所変更を行って初めて自動車の住所変更ができたと言えます。

しかし、15日以内に住所変更を済ませたくても、荷解きや他の手続きなどで忙しくて手が回らない状態になっている人もいるでしょう。

もしも15日以内に住所変更を行わなかった場合、どんなことが起こるのでしょうか。

運転免許証の住所変更を行っておかないと、いろいろと困ることになる

引っ越しに伴う自動車の住所変更を行わなくても、「車に乗ることはできるので後回しにしてもいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、住所変更を済ませていないことによって困ることが多くあります。

まず最初に、運転免許証の住所変更を済ませていない場合、道路交通法違反によって罰金が課せられる可能性があります。

自動車の住所変更は道路交通法によって定められているので、もし住所変更を済ませていないことが何らかの理由でバレてしまうと1万円以下の罰金又は科料に処される可能性があるでしょう。

いくら運転免許証などの失効がないとはいえ、住所変更を行っていないだけで法律違反になるので注意が必要です。

また、自動車の更新のお知らせは運転免許証に記載されている住所宛てに郵送されます。

つまり、旧居に更新のお知らせが届くということになるので、更新し忘れる可能性があるでしょう。

もちろん運転免許証に記載されている住所と現在住んでいる住所が違うので、身分証としても使用することができません。

その他にも車庫証明書や車検証の住所変更手続きを済ませていないと様々な問題が起こる可能性が高いため、忘れずに手続きを済ませる必要性があります。

運転免許証の住所変更の手順について

運転免許証と車庫証明書、車検証の住所変更を15日以内に済ませなければならないので時間がない人は大変です。

それぞれ手続きに必要になる書類や手数料が違うので、しっかり確認することが大切です。

それでは、それぞれの住所変更に必要な書類などについてご説明しましょう。

運転免許証の住所変更に必要な書類について

運転免許証の住所変更は警察署か、引っ越し先の地域を管轄する運転免許センターで行います。

住所変更に必要な書類は、以下の通りです。

・運転免許証
・新住所の住民票、新住所の保険証などを初めとする引っ越し先の住所が確認できる書類
・印鑑

お案寺都道府県内であれば以上の書類が必要ですが、他の都道府県から引っ越してきた場合は30㎜×24㎜の証明写真が必要です。

なお、住民票のコピーは受け付けていないので注意しましょう。

また、本籍地や氏名に変更がある場合は、本籍地が記載されている住民票が必要です。

以上の書類を用意し、運転免許証記載事項変更届に必要事項を記入して一緒に提出するだけでOKです。

この住所変更に伴う手数料は一切発生しませんし、その場ですぐに発行してくれます。

車庫証明書と車検証の手続きを行う時に必要な書類とは?

基本的に車庫証明書と車検証に共通しているのは、以下の書類です。

・新住所が記載されている住民票
・印鑑

特に住民票は発行されてから3ヶ月以内のものでないと認めてくれないので注意しましょう。

上記の2つに加え、車庫証明書の住所変更を行うためには自動車を保管している場所の証明申請書や車の保管場所の配置図などが必要になります。

なお、車庫証明書の住所変更手続きを行っても、すぐに交付されるわけではありません。

車庫証明書が交付されるのは基本的に3日から7日ほどかかるので、15日以内という期限内では大きな痛手となり得るでしょう。

万が一7日程かかった時のことを想定して、早めに手続きを済ませる必要性があります。

また、車検証の手続きを行う際には車庫証明書が必要になるので、なおさら早めに手続きを済ませなければなりません。

車検証の住所変更に必要な書類は、住民票と印鑑、そして新しく交付された車庫証明書と車検証です。

あらかじめ車検証の手続きを行う前に申請書などの書類を購入しなければなりません。

手続きに必要な書類なので、忘れずに購入しましょう。

車庫証明書も車検証も住所変更の手続きを行う際は数百円から数千円程度の手数料がかかるため、ある程度のお金を持っていくのが得策です。

手続きに必要な書類は窓口で手に入るのがほとんどなので、難しく考える必要性はありません。

どちらにしても車庫証明書の交付に時間がかかるため、余裕を持って住所変更の手続きを済ませましょう。

ナンバープレートの変更手続きを行う必要性はあるの?

自動車の住所変更を行う上で忘れてはならないのが、ナンバープレートの変更手続きです。

自動車の住所変更を行うにあたって、ナンバープレートの変更手続きを行う必要性もあるでしょう。

とはいえ、ナンバープレートの変更手続きを行うのは、引っ越し先を管轄する陸運局が変わった時や他の都道府県に引っ越した時のみです。

ナンバープレートの変更手続きを行う場合、古いナンバープレートを返却して新しいナンバープレートを発行しなければならないので、1500円から4000円程度の手数料がかかります。

管轄する陸運局によって手数料が変わるので、手数料がいくらになるのか確認しておきましょう。

後は新しいナンバープレートを自動車に取りつければ、変更手続きは完了です。

さいごに

自動車の変更手続きは15日以内に済ませなければならないので、時間がない人にとっては大変かもしれません。

しかし、時間がないからといって後回しにしておくと後で困ることになるので、必ず運転免許証と車庫証明書、車検証の手続きは忘れないようにしましょう。

車庫証明書の交付には時間がかかるため、早めに手続きを行うことが大切ですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引っ越しする際の自動車登録変更の手続きはどうしたらいいの?

引っ越しする際の運転免許証の住所変更手続きってどうしたらいい?

引越し時の原付やバイクの住所変更手続きはどうしたらいいの?

引越し時の原付やバイクの輸送ってどうするの?料金はどのくらいかかる?

引っ越しする際の自動車税の住所変更手続きはどこで何をしたらいいの?

引っ越しする際に車検証や車庫証明の変更手続きって必要なの?