引っ越しする際に車検証や車庫証明の変更手続きって必要なの?

 

引っ越しする際に車を所有している人は、必ず車検証や車庫証明の変更手続きを行わなければなりません。

自分たちの住所が変わるだけでなく、車も住所が変わるので住所変更をしないままだと後で様々なトラブルが起きたり、対応できなくて厄介なことになるでしょう。

手続き自体は必要書類を用意して指定の場所で行うだけでいいので、早めに手続きを済ませておきましょう。

手続きの際には手数料がかかりますが、それでも数百円から数千円程度とそこまでかからないのも幸いです。

この記事を読み込むことで、車検証や車庫証明の変更手続きを行う理由や手順を理解することができます。

それでは、車検証と車庫証明の変更手続きについてご説明しましょう。

変更手続きを行う時は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



どうして車検証と車庫証明の変更手続きが必要になるの?

車検証や車庫証明の変更手続きは、引っ越してから15日以内に済ませなければならないので時間がない人にとって大変なスケジュールになりかねません。

荷解きや他の手続きの方が大切だからといって、車検証や車庫証明の変更手続きを後回しにしても良いと思う人もいるのではないでしょうか。

それでは、車検証と車庫証明書の変更手続きを済ませなかったらどうなるのかご説明しましょう。

車検証の住所変更を怠るとどうなる?

まず車検証ですが、もしも車検証の住所変更を怠った場合は罰金が課せられる可能性があります。

これは道路運送車両法によって規定が定められており、住所変更を怠ると規定違反として50万円以下の罰金が課せられる可能性があるでしょう。

それだけでなく、自動車税の納税通知書が自宅に届きません。

これは車検証に記載されている住所宛てに郵送されるので、車検証の住所変更を行っていないということは旧居に納税通知書が届くことになります。

つまり、納税通知書が自宅に郵送されないということは自動車税を納税することができなければ車検も受けられなくなるということです。

また、車検証の住所変更を行わないまま車を手放す場合も車検証が重要になります。

現在の自宅の住所と車検証に記載されている住所が違う場合、用意する書類とは別に住民票などの書類も用意しなければならなくなるでしょう。

車検証の住所変更を行っていないだけでこんなにも手間がかかるので、住所変更を行わない理由はありません。

車庫証明書の住所変更を怠るとどうなる?

車検証の住所変更を行う前に、車庫証明書の住所変更を行う必要性があります。

しかし、車庫証明書の住所変更は車検証の住所変更を行う時に必要になるので、もし住所変更を怠ってしまうと車検証の住所変更ができなくなります。

同時に道路交通法に違反したとみなされる可能性があり、10万円以下の罰金が課せられるかもしれません。

車検証の住所変更を行うためにも、車庫証明書の住所変更を忘れないようにしましょう。

車検証と車庫証明書の変更手続きの手順について

車検証と車庫証明書の変更手続きを怠っただけで法律や規定違反になるなど、様々なトラブルに元になる可能性があるので早めに手続きを済ませる必要性があります。

それぞれの手続きには様々な書類や、手数料が必要です。

それでは、車検証と車庫証明書の変更手続きについてご説明しましょう。

車庫証明書の住所変更を行う際に必要な書類と手数料について

車庫証明書の住所変更は引っ越し先か自動車が保管されている駐車場を管轄している警察署で行います。

手続きで必要な書類は以下の通りです。

・自動車保管場所証明申請書
・保管場所標章交付申請書
・車の保管場所の所在図・配置図
・印鑑
・住所が確認できる身分証明書

駐車場ではなく自分の自宅の敷地内で自動車を保管する場合は、上記の書類に加えて自認書が必要です。

また、マンションやアパートなどが管理する駐車場を使用する場合は、それらを管理している人に保管場所使用承諾証明書を記入してもらうか、賃貸契約書の写しや領収書が必要になるので覚えておきましょう。

以上の書類を揃えて警察署に提出すると、納入通知書兼領収書を渡されるので車庫証明書が交付されるまで待つことになります。

交付されるまで3日から7日ほど時間を要するので、その間に済ませられることは済ませてしまいましょう。

車庫証明書が交付される時、窓口で納入通知書兼領収書を提示すると同時に標章交付手数料を支払うことで、以下の書類を受け取ります。

・自動車保管場所証明書
・保管場所標章
・保管場所標章番号通知書

自動車保管場所証明書とは車庫証明書のことで、保管場所標章はシールになっています。

この時に受け取った車庫証明書は次の車検証の住所変更を行う時に必要です。

保管場所標章は車の窓ガラスに分かりやすいように貼っておき、番号通知書はしっかり保管しておきましょう。

なお、最初の申請の際に必要な手数料は2000円から3000円程度です。

標章交付手数料は500円なので、最大で3500円ほどかかることになるでしょう。

車検証の住所変更を行う時に必要な書類と手数料について

車検証の住所変更を行う時、普通自動車の場合は引っ越し先の地域を管轄している陸運局で、軽自動車の場合は引っ越し先の地域を管轄している軽自動車検査協会で行います。

住所変更に必要な書類は以下の通りです。

・新住所が記載されている住民票
・自動車検査証
・車庫証明書
・印鑑

なお、代理人が代わりに手続きを行う場合は以上の書類に加えて委任状が必要になります。

また、以上の書類だけでなく、以下の書類を購入しなければなりません。

・自動車税申告書
・手数料納付書
・申請書

これらの書類が配布されたら必要事項を記入し、窓口で変更登録手数料を支払って支払い印紙を購入します。

購入した支払い印紙は手数料納付書に貼りつけ、以上の書類全てを提出すると新しい車検証が交付されます。

新しい車検証を持って陸運支局内にある自動車税申告窓口に行き、自動車税申告書と車検証を提出すれば終了です。

自動車税申告書や手数料納付書、申請書は3点セットで100円程度であり、変更登録手数料も350円で済みます。

さいごに

自動車を所有している人なら運転免許証だけでなく、車検証や車庫証明書の変更手続きは必ず行っておきましょう。

引っ越してから15日以内という短い期間の中で手続きを済ませなければなりませんが、自動車を所有している人は誰でもやらなければなりません。

必要書類と手数料を用意して、速やかに手続きを済ませるのがベストですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引っ越しする際に自動車の住所やナンバーの変更手続きって必要なの?

引越し時の原付やバイクの輸送ってどうするの?料金はどのくらいかかる?

引っ越しする際の運転免許証の住所変更手続きってどうしたらいい?

引っ越しする際の自動車登録変更の手続きはどうしたらいいの?

引っ越しする際の自動車税の住所変更手続きはどこで何をしたらいいの?

引越し時の原付やバイクの住所変更手続きはどうしたらいいの?