損してる?長距離引っ越しの費用の相場はいくら?

近距離ではなく、長距離引っ越しになる人もいることでしょう。

どのような引っ越しをするにしても引っ越し業者を利用することになりますが、ここで問題になるのは引っ越し料金がどれくらいになるのかどうかです。

引っ越し料金は距離によっても決まる為、あまり長距離になると引っ越し料金が高くなる恐れがあります。

長距離になる分には仕方がありませんが、長距離であってもできる限り引っ越し料金を抑えたいですよね。

そこで、長距離引っ越しの相場などについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



どこからが長距離になるの?

長距離引っ越しと一言で言っていますが、一般的にどこからが長距離になるのか気になる人もいるのではないでしょうか?

引っ越し料金の問題はシビアなので、どこから長距離になるのか知っておくと便利ですよね。

一般的に長距離引っ越しと呼ばれるのは、100キロからになります。

つまり、100キロ以上の移動になると距離が長くなるにつれて引っ越し料金が高くなるシステムになっているのです。

したがって、もし遠方に引っ越す場合はどのくらいの距離を移動することになるのかを重要視する必要性があるでしょう。

長距離の基準

長距離引っ越しは基本的に100キロ以上の移動になると距離を優先して料金が算出されます。

しかし、この長距離引っ越しには基準が設定されており、200キロ以上の引っ越しになると20キロ移動する毎に追加料金が発生し、500キロを超える引っ越しになると50キロ移動する毎に追加料金が発生するようになっています。

もし遠方に引っ越すことになった場合は、どのくらいの距離を移動することになるのか詳しく聞いた方が良いでしょう。

長距離引っ越しの費用の相場はどれくらい?

もし長距離引っ越しをすることになった場合、どのくらい料金がかかるのか気になるところです。

人数によって料金が変わるところでもあるので、相場が分かれば引っ越ししやすくなります。

では、長距離引っ越しの費用の相場についてご説明しましょう。

一人暮らしの長距離引っ越しの費用の相場

一人暮らしの人が長距離引っ越しを行う場合、費用の相場は通常期で約6万4000円~約19万円となっています。

これが繁忙期になると、約11万~32万3000円となります。

繁忙期はとにかくどこの引っ越し業者も忙しいので、長距離引っ越しともなれば一日にこなせる引っ越し作業の量が減ってしまうので業者としても痛手です。

その分、繁忙期は引っ越し料金が大幅に高くなると考えられるでしょう。

2人暮らしの長距離引っ越しの費用の相場

2人暮らしの長距離引っ越しの場合、通常期で約14万~30万となります。

繁忙期に長距離引っ越しを行う場合だと、約23万5000円~51万円になるでしょう。

2人暮らしは一人暮らしに比べて荷物が増えやすいので、その分料金も大幅に高くなります。

4人暮らしの長距離引っ越しの費用の相場

4人家族で長距離引っ越しを行う場合、通常期で約29万~42万円となります。

繁忙期ともなれば、約48万円~60万円にもなるなど、通常期と比べてかなり高くなります。

荷物の量も相当に多く、それも長距離移動によって引っ越し業者の時間を独占してしまうようなものなので、人数が多くなるほど料金が高くなると考えていいでしょう。

少しでも引っ越し料金を安くするには?運送方法はどれがいい?

先ほど説明したように、長距離引っ越しは基本的に費用が高いので少しでも安くするに越したことはありません。

また、長距離引っ越しは基本的に一般的な運送方法以外にも混載便やフリー便、チャーター便といった方法もあります。

少しでも引っ越し料金を安くする為には、どんな方法があるのでしょうか。

フリー便を利用する

時間帯を選ばないフリー便なら引っ越し料金を安くすることができます。

基本的に時間帯を指定する午前便と午後便のどちらかを選ぶ人が多くいますが、長距離引っ越しともなれば長い時間を確保しなければなりません。

引っ越し業者としてはなるべく一日の間に多くの引越し作業を完了させたいと思っているので、多くの予約が入る時間帯だと通常よりも多く料金を請求されるでしょう。

しかし、フリー便であれば午前や午後に限らず時間帯を指定しないので、引っ越し業者の都合で引っ越し作業を始めることができます。

もちろん引っ越す側としては引っ越しが始まる時間が遅くなりますが、時間帯を指定しない方が料金が安くなります。

とはいえ、時間帯を指定せずに長距離の引っ越しを行うとなると、ただでさえ引っ越し作業が始まるのが遅い上に、長距離を移動することもあって深夜や早朝にようやく引っ越しが終わる自体になりかねません。

あるいは引っ越し作業が翌日に繰り越されることもあり得ます。

どうしても引っ越しが後回しにされてしまう以上は仕方ありませんが、時間に余裕がある時に依頼するのが得策でしょう。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

混載便を利用する

混載便というのは、トラックの空いているスペースに別の依頼者の荷物を積み込み、一緒に運送する方法です。

通常、引っ越しは1台のトラックで運送するので、別々に引っ越しを行うとなるとガソリン代や高速代がそれぞれ請求されることになります。

しかし、混載便であればわざわざ別々のトラックで運送しなくても、同じトラックで2世帯分の荷物が運べるのでガソリン代や高速代が節約できます。

節約したガソリン代や高速代はそれぞれの依頼者が分けて負担するので、通常よりも引っ越し料金が安い状態で引っ越せるのです。

ただし、混載便は2世帯分の荷物を一緒に運ぶシステムの関係上、自分の引っ越し先と同じ方面へ引っ越す人が現れるまで動けないといったデメリットがあります。

このことから自分から引っ越しする日時を指定することもできませんし、急いでいる人にとって輸送する時間がかかるのはネックでしょう。

しかも、2世帯分の荷物を一緒に運送する関係上、お互いの荷物が混ざり合って紛失するような事態になる可能性もあります。

引っ越し業者としては混ざり合うのを防ぐ為に対処していますが、それでも混ざり合う可能性があるので十分な注意が必要です。

また、混載便が利用できるのはトラックに空きスペースができるほど荷物が少ない場合のみです。

もしトラック1台分に相当する荷物を運ぶ場合、他に荷物を載せるスペースがないので通常の引っ越し料金になってしまいます。

混載便を利用するなら、運ぶ荷物が少ない場合に利用しましょう。

帰り便を利用する

帰り便というのは、これから本拠地に帰る予定の何も載せていないトラックを利用して引っ越す方法です。

通常、荷物を載せていない状態で本拠地まで帰ってしまうと、その片道分のガソリン代や高速代などが無駄になってしまいます。

そこで帰り便を利用することにより、同じ方面へ引っ越す際に自分の荷物を載せて引っ越しすることができます。

帰り便であれば往復分の費用がかからず、片道分の費用しかかからないので節約できるでしょう。

ただし、帰り便は引っ越し先から旧居がある方面に引っ越す依頼が他にないと利用できない欠点があります。

つまり、自分から引っ越しする日程を選ぶことができず、引っ越し先から旧居がある方面まで引っ越す人がいない限り引っ越すことができません。

また、ようやく日程が決まっても今度は運送する荷物の量にも注意する必要性があります。

荷物の量によっては空になったトラックの大きさに合わず、全ての荷物が運びきれない可能性があるのです。

運びきれなかった分の荷物は別の方法で運送しなければならないので、場合によっては引っ越し料金が高くなるので荷物の量には十分に注意しましょう。

コンテナ便を利用する

荷物を運ぶのは、何もトラックだけではありません。

貨物用のコンテナを利用することにより、引っ越し料金を安くすることができます。

通常、トラックを利用する場合はガソリン代や高速代、人件費など多くの料金が発生するところですが、コンテナ便の場合はこれら全ての料金が発生しません。

渋滞に巻き込まれることもありませんし、一気に引っ越し先まで運べるのが大きなメリットです。

しかし、貨物列車の特性上、複数の駅で別の荷物を積み下ろすことになるので、トラックで運ぶよりも時間がかかる可能性があります。

時間によって引っ越し料金が高くなるということはない為、コンテナのサイズに合うように荷物が運べて時間的な余裕があるなら、もはやデメリットはなくなるでしょう。

一部の荷物を宅配便で送る

何も引っ越しの際に必ず全ての荷物を業者に運んでもらわなければならないわけではありません。

そもそも引っ越し料金は運ぶ荷物の量に応じた作業時間でも決まってきます。

つまり、スタッフが運ぶ荷物が少なければその分作業時間が短くなり、引っ越し料金が安くなるということになります。

場合によっては引っ越し業者にお願いするよりも宅配便で新居に荷物を送った方がトータルでの料金が安くなる可能性も十分にあるでしょう。

少しでも引っ越し料金を安くする為にも、ある程度の荷物は宅配便で送るのがおすすめです。

一括見積もりサイトを利用する

どの運送方法を利用する場合でも、引っ越し業者によって見積もり料金は大きく変わります。

妥当な相場を知る為には見積もりを依頼するのがおすすめですが、1社だけに見積もってもらっても見積もり結果が妥当なものであるかは分かりません。

それなら、「引っ越し料金一括見積もり(無料)」を利用するのが得策です。

一括見積もりサイトは最大10社まで見積もりを依頼することが可能であり、今回の引っ越し料金の相場を知ることができます。

条件を絞って複数の業者に見積もりを依頼する作業が、わずか数分でできるのも大きな特徴です。

本来1社ずつ複数の業者に見積もりを依頼する場合だと多くの時間をかけることになりますが、一括見積もりを利用すればわずか数分と時間を無駄にしません。

中には一括見積もりを利用したことで、特典やプレゼントがもらえることもあるなど、見積もりを依頼しただけで様々なメリットが満載です。

これから長距離引っ越ししようと考えている人は、是非とも以下のサイトで一括見積もりを行ってみてはいかがでしょうか。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を見てみる(無料)

さいごに

短距離ではなく長距離の引っ越しを行う人も多く、軒並み引っ越し料金が高くなるので注意が必要です。

ただ、少しでも引っ越し料金を安くする方法はあるので、工夫次第では相場よりも安い費用で引っ越すこともできるでしょう。

可能な限り安く長距離引っ越しを行う為にも、まずは一括見積もりをして安く信頼できる引っ越し業者に相談するのが得策ですね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

様々な理由によってやむを得ず遠方に引っ越すことになった場合、引っ越し料金が高くなる可能性が高いでしょう。 遠方ということは長距離の引っ越し...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

同一市内の引っ越し費用の相場は?安い業者を見つけるコツとは?

同じマンション内での引っ越しの費用の相場はいくら?