同じマンション内での引っ越しの費用の相場はいくら?

引っ越しする際には当然物件を探さなければなりませんが、場合によっては同じマンション内の物件に引っ越したい人もいるのではないでしょうか?

同じマンション内の部屋に引っ越すことができるのかと思われるかもしれませんが、同じマンションでも部屋によって日当たりや騒音など多くの違いが出てきます。

同じマンション内に引っ越す為だけでに大家さんに相談したり引っ越し業者に相談するのも気が引けるものの、より良い生活にする為にはやむを得ないでしょう。

今よりももっと条件が良い部屋に住めるなら、例え同じマンション内であっても引っ越したいと思いますよね。

そこで、同じマンション内に引っ越すにあたり、費用の相場はどれくらいなのかなどについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



同じマンション内に引っ越すことはできる?

結論から言えば、同じマンション内であっても引っ越すことはできます。

よく大家さんや管理会社に迷惑になるんじゃないかと心配する人もいますが、他の物件に引っ越すわけではありませんし、今の部屋が空室になって空き部屋に引っ越すだけなので家賃収入には全く響きません。

きちんと契約さえすれば問題なく引っ越せるので、同じマンション内で良い条件の空き部屋が出たら引っ越しを検討するのも良いでしょう。

ただ、同じマンション内で部屋を移動するだけだから楽という認識は良くありません。

部屋は移動してもきちんと契約をしなければ住むことができないので、最初に引っ越した時と同じ契約を結ぶことになります。

同じマンション内で引っ越し業者に依頼する必要性はあるの?

そもそも同じマンション内で引っ越しを行うにあたり、「引っ越し業者に依頼しなくてもいいのでは?」と考える人もいるでしょう。

同じマンション内だからこそトラックで運搬するわけではありませんし、頑張れば自分達で引っ越せそうだと思いますよね。

しかし、引っ越し業者に依頼しないとなると大型の家具や家電はどうやって運ぶのか疑問に思いませんか?

引っ越し業者は大型の家具家電を運搬する際、傷をつけないように養生して、重量があっても順序良く運びます。

それを引っ越しの素人がやろうものなら、家具家電に傷をつけてしまったり、自分達が怪我をするなどの大変な目に遭うかもしれません。

必ずしも引っ越し業者に依頼する必要性はありませんが、もしも自分達だけで引っ越したいのであれば、全ての荷物を問題なく運ぶにはどうすればいいのかを考える必要性があります。

同じマンション内であっても引っ越し業者は問題なく対応してくれるので、素直に業者に引っ越しを依頼した方が良い場面がほとんどでしょう。

同じマンション内に引っ越す場合、引っ越し料金は安くなる?

同じマンション内に引っ越すということで次に気になるのは、引っ越し料金です。

別の物件に引っ越すわけではないので、引っ越し料金にも変化が出てくるかもしれません。

では、同じマンション内に引っ越す際の引っ越し料金はどれくらいになるのかご説明しましょう。

同じマンション内に引っ越すと引っ越し料金に関するメリットがある

同じマンション内に引っ越す場合、他の物件に引っ越すのと比べて引っ越し料金に関するメリットがあります。

最大のメリットは、トラックを使わないことです。

通常、他の物件に引っ越す場合はトラックに荷造りした荷物を運びますが、同じマンション内に引っ越す場合はトラックが必要ありません。

トラックを使わないということはガソリン代や高速代、人件費がかからないので引っ越し料金が安くなります。

もしも引っ越し料金を安く抑えたい、同じマンション内に良い条件の空き部屋があったら引っ越したいのであれば、同じマンション内に引っ越す方が安く引っ越せるでしょう。

また、他の物件に引っ越すのとは違い、自分達で運べる荷物が多くなるのもメリットです。

引っ越し料金は作業時間が関係しているので、運ぶ荷物が多いほど料金が高くなります。

しかし、同じマンション内であれば自分達で運べる荷物が多くなるので、自分達で荷物を運べばその分スタッフの作業時間を減らすことができます。

梱包作業などのオプションを利用しなければその分の料金が浮くので、引っ越し料金を安くしやすいでしょう。

特に引っ越し業者にとって同じマンション内の引っ越しは喜んで請け負いたいはずです。

同じマンション内に引っ越すことを「同所移動」と呼びますが、この同所移動は引っ越し業者にとって非常にコストパフォーマンスが高いのです。

元々作業時間が短い上にトラックで移動することもなければ、渋滞に巻き込まれることがなく、積み下ろしもないのでスタッフも疲れにくいでしょう。

こうしたメリットがあるからこそ、安い引っ越し料金で作業を行ってくれるのです。

一人暮らしの人が同じマンション内に引っ越した場合の相場

一人暮らしの人は基本的に荷物が少ない為、格安で引っ越すことができます。

大体の相場は1万円から1万5000円程度であり、自分でできる限り運ぶようにすればさらに料金は下がるでしょう。

当然繁忙期などは値段が高くなるので注意してくださいね。

二人暮らしの人が同じマンション内に引っ越した場合の相場

二人暮らしの場合は一人暮らしの時より荷物が多くなるので、少々高めになります。

相場は大体1万5000円から2万3000円といったところです。

もちろん一人暮らしの時と同じように自分たちで運べるものは自分達で運ぶようにすれば、さらに料金が安くなるでしょう。

4人暮らしの人が同じマンション内に引っ越した場合の相場

4人の家族で引っ越す場合は、必然的に荷物が多くなるので引っ越し料金も高めになります。

大体の相場は2万円から2万5000円程度です。

荷物が多いとはいえ、やはり自分達で運べるものは自分たちで運ぶようにすれば、大きく料金が安くなるでしょう。

引っ越し料金が高くなる条件とは?

同じマンション内に引っ越すとはいえ、それでも引っ越し料金が高くなることもあります。

同じマンション内だからといって油断していると、予想以上の料金を請求されてしまうかもしれません。

では、引っ越し料金が高くなる条件についてご説明しましょう。

エレベーターがないと高くなる

基本的にエレベーターがあるマンションであれば、エレベーターを活用して荷物を運搬するので、引っ越し料金にはそれほど影響しません。

しかし、エレベーターがないマンション内に引っ越す場合、エレベーターがあれば楽に運搬できた荷物を手動で運搬することになります。

一人で運べるものならまだしも、大型の家具や家電ともなればスタッフを増員させないとスムーズに運べなくて危険です。

階段でも運べない、もしくは玄関や扉に入らないようなことがあればクレーンなどを使って搬入しなければならないので、その都度引っ越し料金が上乗せされるでしょう。

もし自宅であるマンション内にエレベーターがなかった場合は、引っ越し料金が高くなることを覚悟してくださいね。

引越しの際にエレベーターがあると荷物が運びやすくなるので便利ですが、もしもエレベーターがない住宅に引越した場合、料金が高くなる可能性があるでしょ...

同じマンション内でも旧居から離れているほど高くなる

同じマンション内でも1階から10階、マンション内の敷地であっても別の棟に引っ越すなど、引っ越し先が離れているほど引っ越し料金は高くなります。

元の階よりさらに離れているとそれだけスタッフを増員しなければなりませんし、別の棟ともなれば距離が近くてもトラックを利用せざるを得ません。

スタッフの増員とトラックの利用だけで引っ越し料金が高くなるので、引っ越しする階層や距離には十分に注意しましょう。

同じマンション内に引っ越す時の注意点

同じマンション内に引っ越す場合でも様々な注意点があります。

少なからず失敗してしまう可能性があるので、十分に注意する必要性があるでしょう。

では、同じマンション内に引っ越す場合の注意点についてご説明しましょう。

立ち会いが2人必要

通常の引越しでは立ち会う人が1人いれば十分でしたが、同じマンション内に引っ越す場合は最低でも2人必要です。

何故なら、旧居と新居を行き来しなければならないことと、スタッフが旧居と新居のどちらかでしか作業できないからです。

引っ越し作業を行うにあたって心配になるのは、スタッフが荷物を盗むことがないか、きちんと問題なく運搬してくれているかどうかでしょう。

こちらとしてもスタッフを信じたいですが、少なからず疑いの目を向けている以上はスタッフの作業についていく必要性があります。

そこで立ち会う人が1人だけだと、自分もスタッフに合わせて新居と旧居を行き来しなければなりません。

行き来するだけでも十分に疲れますし、立ち会う人が1人だけだとスタッフが旧居と新居で同時に作業することができません。

スムーズに引っ越す為にも、立ち会う人を2人用意しましょう。

新居の部屋が広くても玄関や扉の大きさは同じ

よく引っ越しを機に家具を買い替えることがありますが、買い替える場合は新居の玄関や扉の大きさが変わらないことを覚えておきましょう。

部屋が広いからといって家具や家電を大きいものに買い替えてしまうと、いざ引っ越す時に部屋に入らないという事態が起きてしまいます。

こうした不都合を起こさない為にも、事前に玄関や扉の大きさを測っておくのがおすすめです。

必ずマンションの管理人に連絡しよう

同じマンション内の引っ越しであっても、管理人に引っ越しの事前連絡を行うことはマンション管理規約で決まっています。

もし引っ越しの事前連絡を忘れてしまうと、引っ越しがかなりスムーズにできなくなってしまう可能性があるでしょう。

管理人は引っ越しの事前連絡を受けると、トラックが敷地内に駐車できるようにトラックの搬入口を開けてくれたり、警備を行ってくれます。

ここで事前連絡をしなかった場合、搬入口が開いていないので業者は道路に堂々とトラックを駐車することになってしまいます。

それでは近隣の住民に迷惑になってしまうので、引っ越しするのであれば必ずマンションの管理人に連絡しましょう。

少しでも引っ越し料金を安くするにはどうすればいい?

同じマンション内の引っ越しとはいえ、少しでも引っ越し料金が安いに越したことはありません。

できる限り引っ越し料金を抑えることができれば、ありがたいですよね。

そこで、できる限り引っ越し料金を抑える方法をご説明しましょう。

運べるものは自分で運ぶ

上記でも説明したように、引っ越し料金は作業時間が短いほど安くなります。

つまり、スタッフが運ぶ荷物を少なくするのが得策です。

したがって、自分たちで運べるものは全て自分たちで運びましょう。

さすがに大型の荷物は業者に頼まないと運べませんが、小物類やある程度の重さの荷物なら自分達でも運べるので、できる限り自分達で運ぶようにするのがおすすめです。

一括見積もりサイトを利用する

たとえ同じマンション内の引っ越しであっても、引っ越し業者によって引っ越し料金は大きく違ってきます。

とはいえ、1社だけに見積もりを依頼しても、その結果が妥当であるかどうかは分かりません。

それなら複数の業者に見積もりを依頼するのがベストですが、1社ずつ見積もりを依頼していたのでは時間ばかりかかってしまうでしょう。

そこでおすすめなのが、「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」の利用です。

一括見積もりサイトなら一度に10社も見積もりを依頼することができますし、しかもたった数分でできてしまいます。

一括見積もりなら時間がない人にもおすすめですし、見積もり結果を見てどの業者が一番安く引っ越ししてくれるのか非常に分かりやすいです。

大体の相場を知ることも可能で、見積もり結果によって見積もり金額が高い業者の値下げ交渉をすることもできます。

見積もりをしたからといって必ずその業者に引っ越しを依頼しなければならないわけでもないので、安心して利用できるでしょう。

一括見積もりを行うなら、是非とも以下のサイトで活用してくださいね。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を探してみる(無料)

さいごに

同じマンション内で生活してても、他の部屋の方が魅力的に見えてしまうこともありますよね。

同じマンション内の引っ越しは通常の引っ越しと比べて料金が安いので、工夫すればさらに安い料金で引っ越せるでしょう。

もし同じマンション内の引っ越しがしたいなら、一括見積もりをしてから注意点に気を付けて引っ越しするのが得策です。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

損してる?長距離引っ越しの費用の相場はいくら?

同一市内の引っ越し費用の相場は?安い業者を見つけるコツとは?