1月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

 

これから2月や3月を迎えるにあたって引っ越そうと考えている人は、1月に引っ越すとどれくらいの引っ越し費用がかかるのか気になるのではないでしょうか?

無事に新年を迎えることができたのは喜ばしいことですが、これから2月や3月を迎える前に早めに引っ越そうと考えている人もいるでしょう。

しかし、結論から言えば2月や3月ほど忙しくなるわけではないので、1月の引っ越し費用はそこまで高くなることはありません

逆に2月や3月が近づくにつれて引っ越し費用の相場が高くなるため、早めに引っ越すのが得策です。

それでが、1月に一人暮らしの人が引っ越す時の費用の相場についてご説明しましょう。

この記事をじっくりと読むことで、1月のどのタイミングで引っ越せばいいのかが分かります。

1月に引っ越す予定がある人は、是非とも目を通してみてはいかがでしょうか。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



1月の引っ越し費用はどれくらい安くなる?

1月は年始ということで引っ越す人が少ない傾向にありますが、その分引っ越し費用にも影響されます。

引っ越し費用が比較的安く済むのは大きなメリットであるものの、祝日も入ってくるので費用の相場が変動するかもしれません。

それでは、1月の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

1月上旬の引っ越し費用の相場

1月上旬は三が日や祝日がありますが、平日なら12月と同じくらい引っ越し費用が安い傾向にあります。

とはいえ、三が日を過ぎると仕事で休みが取れない人が多いので、いくら平日が安いといっても引っ越しするのは難しいでしょう。

指数で表すなら、通常期が100だった場合、1月上旬は75から85といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で3万5000円から4万円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、5万円から6万円が相場となるでしょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引っ越しする時は時期を考えて日程を調整する方法もおすすめされていますが、年末年始に引っ越しを検討している人もいるのではないでしょうか? ...

1月中旬の引っ越し費用の相場

1月中旬は祝日がない分、閑散期のような引っ越し相場がメインとなります。

それでも引っ越しの需要が徐々に高まりつつあるので、費用に関しては油断しない方が良いでしょう。

指数で表すと、1月中旬は85といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で3万6000円から4万2000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、5万2000円から6万1000円が相場となるでしょう。

1月下旬の引っ越し費用の相場

1月下旬になると、上旬や中旬とはうってかわって、引っ越し業者にとっての需要が高まります。

引っ越し業者はこれから迎える繁忙期に向けて準備を始めるので、費用の相場もある程度上がっていきます。

ただ、1月下旬は引っ越し業者がアルバイトを雇って繁忙期に備えているため、引っ越しの質が落ちる可能性があるかもしれません。

指数で表すと、1月下旬は85から90といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で3万5000円から4万6000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、5万5000円から6万5000円が相場となるでしょう。

三が日や祝日の引っ越し費用はどうなるの?

1月に引っ越す上で気になるのは、三が日や祝日を挟むことです。

引っ越しは早いに越したことはありませんが、あまり早すぎてもいろいろと困ることになりかねません。

それでは、三が日や祝日の引っ越しについてご説明しましょう。

そもそも三が日に引っ越せるの?

1月1日から1月3日までの3日間を三が日と呼びますが、この三が日に引っ越しを受け付けている業者はかなり少ないでしょう。

とはいえ、三が日全て休んでいる業者がいないわけではないため、見積もりを依頼して引っ越すことはできます。

最短で引っ越しができるのは1月3日からですが、費用の相場的にも引っ越しの質の観点から見て1月4日から引っ越しをするのがおすすめです。

三が日に引っ越すと縁起が悪いって本当?

三が日に引っ越すのは縁起が悪いと言われていますが、そもそも1月に引っ越すこと自体が縁起が悪いと言われています。

しかし、1月に引っ越しても特に問題が起こるわけではありません。

1月の引っ越しは縁起が悪いと言われているのは、昔から1月は友人や知人、親戚など様々な世帯が正月休みで忙しいので、ほとんど誰も引っ越しを手伝ってくれないということからきています。

とはいえ、誰かに手伝ってもらうつもりでないのであれば、特にデメリットにはなりません。

むしろ1月の引っ越しは引っ越し費用や家賃の観点から見てお得な時期なので、引っ越しを検討するには十分だと言えるでしょう。

三が日の引っ越し費用はどれくらい?

三が日に引っ越すことは十分可能ですが、問題なのは引っ越し費用です。

三が日の引っ越し費用は繁忙期並みと言っても過言ではなく、指数で表すと『120』にもなります。

近距離で4万3000円から5万2000円、遠距離だと6万円から7万円程度の相場です。

しかし、1月4日になると各地で引っ越し業者が営業を再開するので、費用の相場は一気に下がります。

1月4日が平日だった場合、費用の相場を指数で表すと『75』にまで下がるため、閑散期並みの安い引っ越し費用で引っ越すことができるでしょう。

たとえ1月4日が土日でも75とまではいきませんが、通常値の100まで上がることはありません。

したがって、引っ越すなら1月4日以降にするのが得策です。

1月の上旬に祝日があるけど、その日の引っ越し費用はどうなる?

1月の上旬には三が日と共に第二月曜日の成人の日があります。

第二月曜日ということで三連休がやってくるので、これを機に引っ越す人が非常に多くいるでしょう。

このことから引っ越し業者にとっての需要も高まるため、同時に引っ越し費用も高くなります。

指数で表すと1月下旬並みの『90』となり、近距離で3万6000円から4万7000円、遠距離だと5万6000円から6万6000円程度の相場です。

連休を利用して引っ越す場合は十分に注意しましょう。

1月に引っ越す場合、住民税や確定申告はどうなるの?

1月に引っ越すことになった場合、住民税の扱いがどうなるのか気になるのではないでしょうか。

確定申告のやり方も変わる可能性があるので、やり方を知る必要性がありますね。

それでは、1月に引っ越した場合の住民税や確定申告についてご説明しましょう。

住民税は旧住所がある自治体から請求される!

住民税の仕組みはややこしいですが、1月2日以降に引っ越したのであればそれほど難しくありません。

1月2日以降に引っ越した場合は旧住所がある自治体から住民税が請求されます。

納める住民税の金額は1月1日から12月31日までの所得によって決まるため、新住所で住民税を納めるのは来年になるからです。

間違って新住所がある自治体に納めないようにしましょう。

確定申告のやり方について

新しい引っ越し先に引っ越すにあたり、確定申告はどうすればいいのか分からない人もいるでしょう。

確定申告を行うために作成した確定申告書は、提出する日の住所がある税務署へ提出することになります。

1月になって確定申告を行う時に去年分の確定申告書を旧住所があった税務署に提出する人が少なからずいますが、それは間違いなので注意してくださいね。

ただ、源泉徴収票に関しては旧住所が記載されていても問題ないので、そのまま確定申告書に添付して提出しましょう。

また、確定申告書を提出する際に本人確認書類が必要になりますが、使用するのは新住所が記載されている運転免許証やパスポートなどを使いましょう。

1月は物件が狙い目!?物件数や家賃交渉はどうなる?

1月はこれから2月3月と引っ越しの需要が高まる前の時期なので、物件数に期待が持てると言えます。

それに応じて家賃相場や家賃交渉のしやすさにも影響してくるかもしれませんね。

それでは、1月の物件数や家賃についてご説明しましょう。

1月の物件数はどうなっているの?

1月の物件数は、12月とは比較にならないほど期待できると言えます。

何故なら、不動産会社はこれから繁忙期を迎えるにあたって新しい物件の情報を次々と仕入れているからです。

特に2月や3月に引っ越しを考えている人は既に物件探しを始めている可能性が高いので、今からでも物件を探すのがおすすめです。

むしろ早めに探さないとあっという間に物件が減ってしまうため、すぐに行動した方が良いでしょう。

1月の家賃相場は低い?それとも高い?家賃交渉はできる?

基本的に1月はまだ閑散期と言える時期なので、大家さんにとっては需要が増える2月3月を迎えるまでに空室を埋めたいと考えているでしょう。

そのため、12月ほどではありませんが、月10万円のところが9万円程度にまで下げられている可能性があります

それと同時に家賃交渉にも応じてくれる可能性もあるでしょう。

とはいえ、そこまで大きな値下げには応じてくれないので、あまり過度な期待はしない方がいいかもしれません。

家賃の交渉についてはこちらをどうぞ。

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか? ...

1月の引っ越し料金を安く抑えるポイントとは?

1月に引っ越しをするにあたって少々引っ越し料金が高くなりつつあるので、できる限り引っ越し料金を安く抑えたいですよね。

引っ越し料金を安く抑える方法は多くあるため、負担を減らすことが大切です。

それでは、引っ越し料金を安く抑えるポイントについてご説明しましょう。

フリー便を利用する

引っ越し料金を安く抑えるのであれば、フリー便を利用してみましょう。

午前便は時間指定便の中で最も料金が高いのでおすすめできませんし、午後便は午前便よりも料金が安いものの、それでも高いと感じるかもしれません。

対してフリー便は時間を指定せず、完全に引っ越し業者の都合に合わせた方法なので料金が安めです。

午前便の費用を指数で表すと100だった場合、フリー便は大体80くらいになるでしょう。

ただし、料金は安くなりますが、引っ越し作業が開始される時間がかなり遅くなる可能性があるので注意が必要です。

引っ越しには基本的に午前便と午後便の2種類がありますが、フリー便という方法があるのをご存知でしょうか? 基本的に午前便や午後便を選ぶ人が多...

土日祝日や月末を避ける

引っ越し費用は土日祝日や月末に上がる傾向にあります。

土日を利用して引っ越す人や、月末まで住んでから引っ越す人が多いため、自ずと引っ越し料金が高くなってしまいます。

逆に平日や月中は休みが取れない、家賃がもったいないといった理由から引っ越す人が少ないです。

引っ越す人がいないということは自ずと引っ越し費用も下がっていくので、休みが取れるのであれば平日や月中の引っ越しを検討するのがおすすめですね。

引越しするにあたって一番気になるのは、引越しにかかる料金ですよね。 引越し料金は荷物の量やサービスなど様々な要素によって大きく変わるもので...

一括見積もりサイトを利用する

引っ越し費用の相場を知るためには、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するのが得策です。

同じ内容の引っ越しでも費用が違うことは珍しくないので、必ず見積もりを依頼して安い業者に引っ越しを依頼しましょう。

とはいえ、一社ずつ複数の業者に見積もってもらう場合、その引っ越し業者を探さなければならないので時間がもったいないです。

業者ごとに同じ引っ越し内容を入力したり、電話で逐一説明しなければならないなど手間がかかってしまいます。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトは無料で利用することが可能であり、1回条件を入力しただけで複数の業者にまとめて知らせることができます。

1度に最大10社まで見積もりが依頼できますし、作業に必要な時間もたった数分で済むので時間がない人でもおすすめです。

見積もり結果を元に他の業者へ『見積もりを依頼したら別の業者の方が安かった』といって交渉を持ちかけることもできるでしょう。

一括見積もりサイトを利用すればスムーズに安い引っ越し料金で引っ越してくれる業者が見つけやすいので、是非とも利用してみてはいかがでしょうか。

1月に安く引っ越しできる業者を調べてみる(無料)

さいごに

1月は新年ということもあって、上旬は引っ越し料金が安いままです。

ただ、下旬に近づくにつれて引っ越し料金が高くなるので、1月中に引っ越しを考えている人は引っ越す日に十分注意した方が良いでしょう。

一括見積もりサイトを利用することで安い業者が見つけられるため、利用して賢い引っ越しをするのがおすすめですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

5月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

6月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

8月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

クリスマス前後の引っ越し料金は高いの?相場はどのくらい?

9月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

11月の単身の引っ越し費用の相場とは?料金は安い?高いの?