家賃交渉の仕方ってどうするの?コツってある?何て言ったらいいの?

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか?

大家さんに対して家賃交渉を行うということ自体が信じられない人もいますし、交渉のやり方によっては失敗することも考えられます。

ただ、家賃交渉には様々なコツがあるので、コツを掴んでから交渉すれば上手くいくかもしれません。

今後の生活の為にも、家賃交渉のやり方を覚えて実践してみるのが得策です。

そこで、家賃交渉のやり方やコツなどをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



家賃交渉をする時のコツ

家賃交渉を成功させる為には、様々なコツがあります。

事前に調べる必要性があることもありますし、ポイントを押さえておくことで交渉を有利に進められます。

では、家賃交渉のコツについてご説明しましょう。

家賃交渉を行う前に、物件の相場について調べる

家賃交渉を行うのであれば、事前の調査が必要不可欠です。

物件の事前調査を行うことにより、家賃交渉を有利に進めることができます。

まず最初に行うのは、これから入居しようとしている物件の相場を調べ、次に同じタイプの物件の相場を比較することです。

家賃交渉を行うにあたってのポイントは、入居を希望する物件の相場が他の物件よりも割高でないかどうかです。

もし入居を希望する物件が他の物件より割高だった場合、入居するにあたって損をしてしまうので家賃を下げてもらうように進言できる余地があります。

一見すると相場を調べるのは大変かもしれませんが、インターネットによる比較が容易になっていることもあって調査がやりやすいのは大きなメリットです。

家賃交渉を行う時の資料を揃えておくのは重要なので、是非とも相場を調べましょう。

何が我慢できて、譲歩できないのかを予め決めておく

人は生活するにあたってどうしても我慢できないことがあったり、問題があったとしても我慢できる場合があります。

特に物件によっては生活する上でデメリットにしかならないようなポイントがあります。

物件のデメリットはそのまま入居者のデメリットになってしまうので、そこが家賃交渉を成功させる隙を与えることになるでしょう。

例えば洗濯をするのに日当たりが悪い、立地が悪い、設備が古いなどが譲歩できないことにあたります。

ただし、自分の生活スタイルによっては譲歩できることもあるかもしれないので、もしも入居した時のことを考えて譲歩できることとできないことを分けておきましょう。

大家さんにとっても空室が埋まるに越したことはありませんし、もし物件に対して譲歩できない部分があれば家賃を下げる他にないと考えてくれるかもしれません。

先に譲歩できる部分とできない部分を分けることにより、家賃交渉を上手く進めることができるでしょう。

管理物件を探してみよう

家賃交渉をしようとしているのであれば、管理物件を探すのもおすすめです。

管理物件というのは不動産会社が物件を管理している物件のことです。

管理物件の場合は不動産会社がオーナーに直接交渉を行うことになるので、自分だったら失敗する可能性があったとしても会社側が直接交渉を行う為、家賃交渉の成功率が高くなります。

もちろん必ずしも成功するとは限りませんが、素人同然の入居者が交渉を行うよりもずっと成功率が高くなるでしょう。

閑散期に引っ越ししよう

繁忙期はほっといても入居者がどんどんやってくるので、家賃交渉を行う隙が全くなくなります。

しかし、閑散期は反対に引っ越す人が激減する為に空室が埋まりづらく、何としても入居者を迎え入れたい状態にあります。

つまり、他に入居者が現れない時期だからこそ家賃交渉に成功率がグッと高まるのです。

本来であれば数千円ほど値下げできれば良かったのですが、閑散期のに家賃交渉を行う場合だと5千円から1万円ほど値下げしてくれる可能性があります。

再三言うようですが、閑散期だからといって必ずしも成功するとは限りません。

しかし、繁忙期はもちろん通常期に家賃交渉を行うよりも成功率がグッと高まるので、引っ越し料金の観点から見ても閑散期に引っ越しを検討するのがベストだと言えるでしょう。

引っ越しの際には、大家さんに対して家賃交渉を行う余地があります。 もちろん大家さんに対して家賃交渉ができるとは考えられない人もいますが、タ...

営業マンと親しくなるのも家賃交渉を成功させる為のコツ

家賃交渉を行う上で絶対に外せないのが、営業マンの存在です。

営業マンに良い印象を与え、味方にすることができれば家賃交渉の成功率はさらに高くなります。

では、営業マンを見極めるポイントについてご説明しましょう。

営業マンに失礼な態度を取らない

家賃交渉を成功させる為には、いかに営業マンと親しくなっておくかも重要です。

何故なら、こちらの要望は全て営業マンを通して伝えられるからです。

営業マンからの信用を失ってしまうと、家賃交渉どころの話ではなくなってしまいます。

営業マンと親しくなる為にも、横柄な態度を取ったりいいかげんな言動など失礼な行為は慎むようにしましょう。

営業マンからの信頼を得られるようになれば、より家賃交渉がやりやすくなります。

約束を守り、しっかりとしたマナーができている営業マンかどうか

社会人である前に人として当然のことだと思うかもしれませんが、信じられないことに営業マンの中には約束を守らない、マナーがなっていない営業マンが存在します。

必要最低限のことすらできていない営業マンに何を相談しても信憑性がありませんし、ちゃんと仕事してくれるのかどうか不安になりますよね。

やはりきちんと約束を守り、マナーがしっかりとしている営業マンの方が安心して契約を進めることができるでしょう。

営業マンを見極めるなら、最低限のことができている人を探すのが得策です。

こちらの要望や希望など、様々な話を真剣に聞いてくれるかどうか

家賃交渉を行う時もそうですが、物件を探す上で多くの要望や希望が出てくるでしょう。

物件には設備や立地など、様々な条件がついて回るものですが、こちらの要望や希望を一蹴したり、まともに話を聞いていないような営業マンは信用に値しません。

一方的に話を進めてしまうような営業マンはなおさら信用できないので、その営業マンの元で話を進めるのは止めた方がいいでしょう。

しかし、こちらの要望や希望をちゃんと聞き入れ、条件や要望に合うような物件を見つけてくれる営業マンは信用できます。

さらに要望や希望を聞いた上で優先順位を決め、アドバイスや提案をしてくれるとなお信用できるでしょう。

いくら必要最低限のマナーができていたとしても、話を聞いてくれない営業マンだったらすぐに話を切り上げるのが得策です。

地元の不動産の事情や詳しい情報を持っているかどうか

地元の不動産の事情や詳しい情報を持っているということは、それだけ熱心に勉強しているということになります。

物件の情報を知る上で重要な情報があればなおありがたいですし、物件を決める上での決め手になるでしょう。

特に物件情報において同じ間取りでも値段が違う場合、家賃交渉ができないか聞くこともできます。

様々な情報を元に条件に合う最良の物件を見つけてくれた上で家賃交渉ができるというのは、大きなメリットだと言えるでしょう。

家賃交渉をする時は何て言ったらいいの?

家賃交渉を行う時に何て言えばいいのか分からない人が多いのではないでしょうか。

あまり失礼な態度で交渉してしまうと、せっかく減額できるものもできなくなってしまいます。

では、家賃交渉を行う時は何て言えばいいのかをご説明しましょう。

漠然と値下げを要求するのはNG

よくやりがちなのが、「もう少し安くなりませんか」という言葉です。

このように漠然ともう少し安くしてほしいと大家さんに言っても、大家さんとしてはいくら安くすれば契約してくれるのか分からなくなってしまいます。

大家さんとしては契約してほしいのが山々ですが、漠然と値段を安くしてほしいと言われても困ります。

漠然とした値下げ交渉では応じてもらいにくいので、ハッキリと1000円か2000円と値段を言って交渉するのがポイントです。

あまり欲張らないようにしながら具体的な値段を提示した方が、交渉が上手くいきやすくなります。

引っ越しの際に家賃交渉をしようと考えている人が知っておきたいのは、いくらまで家賃を安くすることができるのかどうかです。 家賃の値下げを交渉...
引越しする中で忘れてはならないのが、毎日の家賃がいくらかかるかどうかです。 他にも初期費用など様々な費用がかかるのでそちらを先に心配した方...

さいごに

家賃交渉はとてもシビアなものですが、必ずしも失敗するわけではありません。

交渉する時期はもちろん、コツを掴めば家賃交渉の成功率がグッと高まるはずです。

こちらがいいかげんな態度だと家賃交渉は望み薄になってしまうので、真面目な態度で交渉に臨むようにしましょう。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

あなたは物件に引っ越した時、「家賃だけじゃなくて礼金も安くなったらいいのに」と思ったことはありませんか? 家賃を安くできるかどうかは交渉次...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しする際の家賃交渉ってどのタイミングでしたらいいの?

家賃交渉はいくらまで安くすることができるの?相場は?

礼金の値引き交渉はすること可能?どのタイミングで何て言ったらいいの?

家賃交渉が成功しやすい時期や難しい時期ってあるの?