引越しする際の家賃交渉ってどのタイミングでしたらいいの?

引越しする中で忘れてはならないのが、毎日の家賃がいくらかかるかどうかです。

他にも初期費用など様々な費用がかかるのでそちらを先に心配した方がいいのかもしれませんが、最終的に一番高くなるのは毎月支払わなければならない家賃ですよね。

節約次第でいくらでも出費を抑えることができるものの、家賃だけは節約することができません。

ですが、タイミングによっては家賃交渉を行うことで家賃を安くすることができます。

必ずしも安くなるとは限りませんが、今後の生活の為にも家賃交渉を行う意味は十分にあるのではないでしょうか。

そこで、引越しする際に家賃交渉を行うタイミングがどの場面なのかについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



そもそも家賃交渉をすることはできるの?

そもそも大家さんに対して家賃交渉を行うのが憚られると思っていたり、家賃交渉なんてできるわけがないと思っている人もいるかもしれません。

しかし、タイミングによっては家賃交渉を行って家賃を下げてもらうことができるのは確かです。

もちろんタイミングを見誤ったり家賃交渉のやり方を間違えてしまうと家賃を値下げしてくれることはないので、必ず家賃交渉のタイミングや注意点を知る必要性があります。

家賃交渉を行うタイミングは?

適当なタイミングで大家さんに家賃交渉を持ちかけたとしても、大家さんがそれに応じてくれることはないでしょう。

突然家賃を値下げしてほしいと言われても、大家さんも家賃で生計を立てているのでそう簡単に応じてくれるはずがありません。

家賃交渉をするなら、タイミングを見計らって行う必要性があります。

では、そのタイミングについてご説明しましょう。

家賃交渉をするなら、契約の申し込みをする前に行おう

家賃交渉を行うベストタイミングは、まさにこれから物件に申し込もうとしている時です。

大家さんにとっては何が何でも入居者を引き入れたいと思っているので、これから契約を申し込んでくれるのは非常にありがたいでしょう。

そんなタイミングだからこそ家賃交渉を申し込むことにより、大家さんが応じてくれる可能性があります。

しかし、ただ家賃交渉を申し込むだけでは大家さんが難色を示す可能性もあるので、駐車場を利用する契約を同時に行うなど、大家さんに何らかのメリットが出るように交渉を行ってみましょう。

大家さんにメリットがあるようでなければなりませんし、家賃を値下げしたところで入居者がすぐに引越してしまうようでは意味がありません。

数年間は確実に住むということを確約するのも効果的なので、契約を申し込む前に家賃の交渉を行ってみましょう。

なお、契約を申し込んだ後に家賃交渉を行っても、不動産会社はもちろん大家さんに対しても失礼になるので止めておきましょう。

契約を更新する時

家賃交渉の2回目のタイミングは、契約を更新する時です。

多くの物件の更新は2年ごとに行われているので、このタイミングで家賃交渉を行うのもおすすめです。

特に家賃の相場は2年で変わっていることが多い為、周辺の家賃相場を調べることが大切です。

もし今住んでいる家賃が周辺の家賃相場よりも高かった場合、家賃交渉をする余地が出てきます。

もちろん正しく部屋を使っていることが大前提となりますが、これ以上多くの家賃を支払う損をしない為にも、更新する時期や周辺の家賃相場を調べて交渉するのがポイントです。

家賃交渉を行う上での注意点

家賃交渉を行うタイミングを逃さなかったとしても、その後の交渉のやり方を間違えてしまうと値下げを断られてしまうでしょう。

値下げ交渉を断られないようにする為にも、様々な注意点を知る必要性があります。

では、家賃交渉を行う時の注意点をご説明しましょう。

本当のベストタイミングは様々な条件を決めて部屋の下見をしてから

本来ならすぐにでも家賃交渉を始めたいところですが、絶好のタイミングである契約の申し込み前にいきなり家賃交渉を初めてしまうのはNGです。

まだ契約する話も何もしていない状態で、いきなり家賃交渉の話をするのはこちらのイメージが悪くなってしまいます。

実際に入居する意思を見せなければ何も始まらないので、まずは契約の話を進めると共に住むにあたっての条件を決め、部屋を下見した後に家賃交渉の話をしましょう。

こちらの印象が良い状態で、いよいよ契約が決まるという時に家賃交渉を行うことにより、上手く値下げしてくれるかもしれません。

新築物件だと家賃交渉を行うのはほぼ不可能

新築だろうと関係なく家賃を値下げしてもらいたいと思うかもしれませんが、新築物件の家賃交渉はほぼ不可能です。

中古物件ならまだしも、新築物件を建てるのにかかった全ての費用や経費などの観点から家賃の額を決めているので、家賃交渉をしても断られるでしょう。

ただでさえ新築は入居希望者が多いので、無理に家賃交渉をしようとすると契約すら断られてしまう可能性があります。

新築物件は確かに値段が高いですが、家賃交渉には応じてくれないものだと思って契約するのが得策です。

大家さんに対して失礼な態度を取らない

これは当たり前かもしれませんが、家賃交渉の成功のカギは入居者の態度にあります。

大家さんに良い印象を与えることによって家賃交渉に応じてくれやすくなりますが、あまり横柄な態度を取る入居者だとイメージが悪くなってしまいます。

いくら入居者を確保したいと思っていても、いいかげんな人には住んでもらいたくないと思うのが大家さんの心情です。

大家さんの直接の収入である家賃の交渉であればなおさらなので、家賃交渉を行うなら横柄な態度で迫らないようにするのが得策でしょう。

大幅に値段を下げようとしない

大家さんにとって直接の収入源となる家賃は、高くなることはなくてもできる限り下がるような事態にはなりたくないものです。

こちらが家賃の交渉をしようとした時、大幅に家賃を値下げしようとすると確実に断られてしまうでしょう。

家賃の値下げはそれだけ大家さんの収入に関わることですし、いくら入居する気があったとしても大幅に家賃を下げられてしまった後では大きな影響を与えることになります。

大幅に家賃を値下げしようとするとほぼ確実に断られるので、家賃交渉を行うのであれば少額にするのがポイントです。

むしろ数千円ほど安く済むならよしと思った方が、家賃交渉も成功しやすくなるでしょう。

引っ越しの際に家賃交渉をしようと考えている人が知っておきたいのは、いくらまで家賃を安くすることができるのかどうかです。 家賃の値下げを交渉...

さいごに

いくら家賃を安くしてくれるかどうかはシビアな問題ですし、そもそも家賃交渉に応じてくれない可能性もあります。

しかし、中には家賃交渉に応じてくれるケースもあるので、それとなく家賃を値下げしてくれないか聞いてみるだけでも良いでしょう。

家賃交渉に応じてくれないのであればそれで構いませんし、それ以上しつこく迫るのはかえって関係を悪くさせます。

タイミングを見計らって、なるべく大家さんに有利になるように交渉を初めてみてはいかがでしょうか。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか? ...
引っ越しの際には、大家さんに対して家賃交渉を行う余地があります。 もちろん大家さんに対して家賃交渉ができるとは考えられない人もいますが、タ...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

家賃交渉の仕方ってどうするの?コツってある?何て言ったらいいの?

礼金の値引き交渉はすること可能?どのタイミングで何て言ったらいいの?

家賃交渉はいくらまで安くすることができるの?相場は?

家賃交渉が成功しやすい時期や難しい時期ってあるの?