離島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

国内の引っ越しの中でも、どうやって離島に引っ越せばいいのか分かりにくい人もいるのではないでしょうか?

引っ越しなら業者に依頼すればいいと思うかもしれませんが、離島への引っ越しに対応している業者でないと受け付けてくれないでしょう。

特に離島は陸から離れているので、基本的に引っ越し料金も高くなります。

離島へ引っ越す場合は、どうやって引っ越し料金を安く抑えればいいのかを調べる必要性もありますね。

そこで、離島へ引っ越す場合の費用の相場や、安い業者を見つけるにはどうすればいいのかなどをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



離島に引っ越す場合、どんな方法で引っ越せばいいの?

国内でも陸から離れている離島へ引っ越す場合だと、特別な方法が必要になるでしょう。

トラックを利用することに変わりはないかもしれませんが、離島まで荷物を運ぶ為の手段が必要です。

では、離島に引っ越す方法をご説明しましょう。

離島への引っ越しに対応している業者に依頼する

離島に引っ越すなら、一般的に離島への引っ越しに対応している引っ越し業者に依頼する方法が挙げられます。

この方法は一旦荷物を預かった業者が離島近くの船着き場などに移動し、そこから別の業者がフェリーなどで荷物を離島まで運ぶのが一般的です。

つまり、大手の引っ越し業者に依頼しても、結局海を渡らなければならないので、別の業者に作業を任せることになります。

そうなると料金もその分高くなるので、注意が必要になるでしょう。

業者によっては離島への引っ越しに対応していないところもありますし、一部の離島しか対応していない場合もあります。

引っ越し先の離島に対応している業者を探すことが先決になりますね。

離島への引っ越しを専門にする業者に依頼する

別の業者に作業が任されることになるなら、最初から離島への引っ越しを専門に扱う業者に依頼した方が早いと思った人は、この方法がおすすめです。

この方法は離島への引っ越しを専門にする業者に依頼することにより、最初から最後まで引っ越し作業を行ってくれる方法です。

離島への引っ越しとなると天候の問題など様々な不安が付き物ですが、離島への引っ越しに慣れている業者であれば安心して引っ越しを任せることができるでしょう。

宅配便

離島への引っ越しの問題は、海を超えなければならないのでどうしても引っ越し料金が高めになってしまうことです。

そこで引っ越し料金を安くする為の方法として挙げられるのが、宅配便です。

宅配便は距離やダンボールの大きさで料金が変わるものであり、離島に郵送する場合でも2000円から3000円ほどかかります。

もしも宅配便で荷物をまとめて郵送することで料金が安くなる見込みがあるなら、荷物の梱包を工夫すれば引っ越し料金を効率良く下げることができるかもしれません。

離島へ引っ越す時の費用の相場

離島へ引っ越す場合、必然的に海を超えて移動する距離が長くなる為、費用が高くなりやすいことに注意が必要です。

ただ、工夫すれば引っ越し料金を下げることは十分に可能なので、相場を知ることで安く引っ越しすることができます。

では、離島へ引っ越す時の費用の相場についてご説明しましょう。

各離島への費用の相場について

東京から沖縄本島

一般的に東京から沖縄本島に引っ越す場合だと、費用の相場は40万円から64万円となります。

この費用は単身者及び2人で引っ越した場合の相場であり、移動距離は2000キロ以上です。

単身者でもここまで高いので、3人や4人だとさらに高くなるでしょう。

もちろんこの料金は業者によって大きく違うところですし、混載便や帰り便なども利用することでさらに料金を安くすることが可能です。

東京から奄美大島

東京から奄美大島まで引っ越す場合、費用の相場は約30万円から約45万円となります。

この場合、沖縄を経由して奄美大島に入る為、1週間もすれば荷物が届くでしょう。

しかし、東京の中で立地が悪い場合だと料金がさらに高くなる恐れがあります。

立地が悪い場所から奄美大島に引っ越す場合だと、約37万円から約55万円となります。

ですが、ゆうパックを利用する場合、離島料金がかからないのが最大のメリットだと言えるでしょう。

ダンボール20個分でも3万円弱で奄美大島まで運んでくれるので、非常に便利です。

綺麗な海が広がる奄美大島へ引っ越したいと思ったら、引っ越し業者を探して引っ越す算段を立てるのが得策です。 九州の離島ともなれば様々な楽しみ...

東京から石垣島

東京から石垣島に引っ越す場合、費用の相場は約40万円から50万円となります。

離島である分条件は他の離島に引っ越す場合と変わらず、荷物の分量と距離によって大きく違ってくるでしょう。

格安プランがある業者であれば、約20万円程度で引っ越すことも可能です。

また、石垣島には営業所があるので、他の離島よりも安く引っ越せる可能性が高いでしょう。

沖縄の離島の一つである石垣島は綺麗な海が広がる雄大な景色が特徴的であり、訪れる人も多くいるでしょう。 その景色に魅せられて引っ越ししたいと...

離島に引っ越す場合、業者はどうやって探せばいい?

離島に引っ越すにあたって重要なのは、引っ越し業者を探すことです。

離島への引っ越しに対応している業者でなければなりませんし、それを探すのにも苦労しそうですね。

では、離島に引っ越す場合、どうやって引っ越し業者を探せばいいのかをご説明しましょう。

どの業者でも離島への引っ越しに対応しているわけではない

引っ越し業者を探す上で注意したいのが、どの業者も離島への引っ越しに対応しているわけではないということです。

全く対応していないこともあれば、一部の離島にしか対応していないケースもあります。

つまり、離島に引っ越すには引っ越し先の離島に対応する引っ越し業者を探さなければなりません。

対応する引っ越し業者を探す為にも、見積もりを行うのが得策です。

安い業者を見つけるポイント

通常、引っ越し料金が高くなってしまうのは、引っ越し先の離島に営業所がないからです。

営業所がない離島に引っ越す場合、スタッフを現地まで派遣しなければならなくなる為、人件費など様々な面で料金が上乗せされます。

しかし、離島に対応する営業所がある場合だと、現地までスタッフを派遣せずに済むので派遣費用など様々な料金を節約することができるのです。

したがって、安く離島に引っ越したいなら、離島に営業所がある引っ越し業者を探すのがおすすめです。

また、大手の引っ越し業者よりも地元の業者に依頼した方が安くなることもあります。

本当に信用できるかどうかは調べてみないと分からないかもしれませんが、大手の業者といっても他の業者に頼らざるをえない状況になる可能性があるでしょう。

地元の業者なら離島まで行ける船を持っていたり、船便を契約していたりと様々なメリットがあるので、地元の業者に引っ越しを依頼することも検討してみてはいかがでしょうか。

そして、混載便や帰り便を利用するのも得策です。

混載便は他の人の荷物と一緒に引っ越すことで、帰り便は空になったトラックを利用して帰り道にある自分の家に直接出向き、荷物を運んでくれることです。

混載便は2世帯の荷物を同時に搬送することで、ガソリン代などの費用を2人で半分ずつにすることができます。

帰り便も帰り道に自宅に寄って荷物を運んでくれれば、片道分のガソリン代などが無駄になりません。

これらの方法を活用すれば、3割から6割ほど費用を抑えることができるでしょう。

一括見積もりサイトを利用する

離島に引っ越す場合、引っ越し業者によって引っ越し料金が大きく違います。

格安で引っ越してくれる業者を探す為にも、複数の業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。

ただ、1社ずつ見積もりを依頼しても時間がかかるだけですし、離島への引っ越しに対応してくれる業者を探すとなるとなおさら時間がかかってしまいます。

そこでおすすめできるのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトでは自分の条件に合う引っ越し業者を数分で探せる上に、一度に最大10社まで見積もりが依頼できます。

業者にいちいち離島への引っ越しに対応しているか聞く手間が省けますし、相見積もりをすることで依頼したい業者に値段交渉を呼びかけることも可能です。

中には離島へ引っ越す人の為にキャンペーンが行われていることもあるなど、一括見積もりをすることで様々なメリットがあるでしょう。

利用料金は無料であり、依頼した業者をじっくりと吟味できます。

離島への引っ越しを考えているなら、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

さいごに

離島への引っ越しというのは、海外ほどではありませんが何かと不安が残るものです。

料金も高くなりやすいですし、大手の引っ越し業者でも対応していないことがあるので早めに準備する必要性もあるでしょう。

離島で生活することの楽しみもありますが、スムーズに引っ越しする為にもまずは一括見積もりをしてベストな業者を探すことが重要ですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

奄美大島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

石垣島への引っ越し費用の相場は?安い業者はどうやって見つけるの?

海外への引越しで船便と航空便の費用の相場は?どっちが安いの?

東京と北海道間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

東京と名古屋間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?

東京と京都間の引越し費用の相場はいくら?安く引っ越しするコツはある?