新築マンションへの引っ越しだと必ず幹事会社使わないとダメなの?

新築マンションに引っ越すにあたり、多くの人が一斉に入居することになるので現場は非常に大混乱です。

大混乱の中で引っ越そうとすると、自分の荷物が他人の荷物に紛れてしまったりと様々なトラブルが起こる可能性があるでしょう。

そこで現場を取り仕切るのが、幹事会社です。

幹事会社は一斉入居を防ぐ為に全ての引っ越しのスケジュールを組んで効率良く引っ越しできるように管理してくれます。

しかし、ここで疑問に思うのは必ず幹事会社を利用しなければならないのかということです。

幹事会社を利用してもいいのですが、その場合だと引っ越し料金が高くならないか心配になりますよね。

幹事会社を利用せず、別の引っ越し業者を利用した方が安い料金で引っ越すことができるかもしれません。

そこで、新築マンションに引っ越す時、必ず幹事会社を利用しなければならないのかどうかの疑問についてお答えしましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



幹事会社って何?なぜ幹事会社があるの?

そもそも幹事会社とはどんな会社なのか分からない人もいるのではないでしょうか?

幹事会社とは新築マンションに引っ越す人達を取り仕切り、全ての人がスムーズに引っ越せるように全ての段取りを決めて作業を行う会社です。

では、幹事会社の役割について詳しくご説明しましょう。

幹事会社は何をしてくれるの?

冒頭で述べた通り、新築マンションに一斉に多くの人が引っ越そうとなだれ込んでしまうと、様々なトラブルが発生する可能性が高くなります。

全ての人が我先にと一斉に引っ越そうとしてくるので、トラブルが発生することはほぼ必然的だと言えるでしょう。

そこで全ての引っ越しを取りまとめてくれるのが、幹事会社の役割です。

正確には、新築マンションに引っ越す前にマンションの管理会社や販売会社が指定した幹事会社による入居説明会が行われます。

販売会社や管理会社にとって一斉入居によって、せっかくの新しいマンションに傷がつくような事態は何としても避けたいものです。

指定される幹事会社は、全ての引っ越しを取りまとめ、スムーズに引っ越しさせる立場にあるので引っ越しの経験が豊富な引っ越し業者が選ばれます。

つまり、幹事会社に引っ越しを任せるということは、プロの引っ越し業者が滞りなく引っ越し作業を行ってくれるということになるのです。

入居説明会では新築マンションに入居する全世帯の引っ越し希望日を決めるものであり、日時を調整してどの世帯がどの日の時間帯に引っ越すのかを決めます、

あとは新築マンションに傷をつけないように養生や搬入経路を指定したり、エレベーターの管理など細かなところまで指定します。

この幹事会社の働きがあってこそ、全ての世帯がスムーズに引っ越すことができると言えるでしょう。

詳しくはこちらもどうぞ。

新築マンションは入居希望者が非常に多く、少し時間が遅れただけで部屋が埋まってしまうこともあるほど人気があります。 全てが真新しい部屋に住め...

必ず幹事会社に引っ越しを任せなければならないの?

問題になるのが、引っ越しの際に必ず幹事会社に引っ越しを任せなければならないのかということです。

訳あって他の引っ越し業者に依頼したい場合もあるかもしれませんし、幹事会社に任せると料金が高い場合もあるでしょう。

こんな時、必ず幹事会社に任せなければならないのでしょうか。

推奨されているだけで強制ではない

幹事会社の入居説明会を受けると必ず幹事会社を利用しなければならないのかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

あくまで「幹事会社を利用するのがおすすめですよ」というだけなので、必ず幹事会社を利用しなければならないわけではないのです。

強制ではない以上、自分で引っ越し料金が安い業者に依頼しても構いません。

ただし、別の引っ越し業者を利用する際に気を付けたいことも多くあるので、十分に注意しなければならないでしょう。

自分で選んだ引っ越し業者を利用する時の注意点やデメリットは何がある?

幹事会社を利用せずに別の引っ越し業者に引っ越しを依頼する場合、様々な注意点があります。

幹事会社を無視して引っ越し作業を行うことはできないので、十分な注意が必要です。

では、幹事会社を利用せずに引っ越し業者を利用する場合の注意点やデメリットについてご説明しましょう。

自分で引っ越し業者を探す場合、引っ越しの流れは幹事会社に従うことになる

幹事会社による強制力がない以上、自分で引っ越し業者を探すことはもちろん可能です。

とはいえ、別の引っ越し業者に依頼したとしても幹事会社が決めたルールに従わなければならないので注意が必要です。

冷静に考えてみると分かるかもしれませんが、幹事会社が全ての世帯の引っ越し作業がスムーズに進むように段取りを決めているのに、それに別の引っ越し業者が割り込んで来たらどう思うでしょうか。

自分が引っ越し作業を行う貴重な時間帯であり、なおかつ数時間以内に作業を終わらせなければならないのに、別の引っ越し業者が作業を行っていると文句の一つでも言いたくなるものです。

そもそも別の引っ越し業者を利用する場合でも、幹事会社に別の引っ越し業者を利用するということを伝えなければなりません。

幹事会社は全ての段取りを決めている以上、スケジュールが乱れるようなことがあってはならないので他の世帯の引っ越し作業を含めたスケジュール調整を行うことになるからです。

ただ、自分の時間帯に別の引っ越し業者が作業を行う分には、一般的に引っ越しを行う時の流れと何も変わりはありません。

別の引っ越し業者に依頼する場合は、忘れずに幹事会社にその旨を伝えなければならないので注意しましょう。

利用する引っ越し業者にも幹事会社の件を伝える必要性がある

別の引っ越し業者を利用するのを伝えるのは幹事会社だけでなく、利用する引っ越し業者にも伝えなければなりません。

幹事会社だけがルールを理解していても、引っ越し業者が理解していない状態はトラブルが起こる原因になります。

特に幹事会社が決めたルールは細かく決められており、様々なルールの違いがあります。

当日になって幹事会社が取り仕切っていることを伝えられても業者が混乱してしまい、思うように引っ越し作業が進められない可能性があるので、事前に幹事会社が決めているルールについて伝えましょう。

搬入がスムーズに進められない可能性がある

別の引っ越し業者を利用する際に気を付けておきたいのが、当日になって搬入作業がスムーズに進められない可能性があることです。

幹事会社を利用していれば問題ないことですし、別の引っ越し業者を利用する上でもほとんど起こることがないものですが、稀に前の人の引っ越し作業が長引いてしまうことがあります。

そうなると長引いてしまった分、スケジュールが遅れてこちらの引っ越し作業が始められる時間帯が遅くなってしまうでしょう。

せっかく時間に間に合うように引っ越し業者が到着しているのに、スケジュールが遅れて待機時間が長くなると追加料金が発生する可能性もあります。

しかも幹事会社を利用している世帯を優先することもある為、場合によっては引っ越し業者を待たせてしまうことになりかねません。

このようなことが起こる可能性は低いですが、万が一のことを考えておいた方が良いでしょう。

別の引っ越し業者に依頼しても、引っ越し料金が安くなるとは限らない

基本的に幹事会社を利用すると高い引っ越し料金を請求される傾向にあるので、別の引っ越し業者に依頼した方が安い引っ越し料金で作業を行うことができます。

しかし、値段が安くなるかはケースバイケースといったところでしょう。

先ほどご説明したように、幹事会社を利用せずに別の引っ越し業者に依頼する場合は、幹事会社のルールを伝えなければなりません。

引っ越し日時が指定されていますし、引っ越し作業を始めるにあたって幹事会社が決めているルールに従わなければならないので、見積もりを行う時点でスムーズに進まない可能性があります。

やっと見積もり結果が出たと思ったら、幹事会社を利用するのと変わらない値段であったり、それ以上の値段になっていることもあるでしょう。

別の引っ越し業者を利用したからといって、少なからず引っ越し料金が安くなるとは限らないことに注意が必要です。

別の引っ越し業者を利用するなら、一括見積もりがおすすめ!

別の引っ越し業者を利用するにあたり、複数の業者の見積もりは確実に行いましょう。

一社だけに見積もりを依頼しても結果が妥当とは限りませんし、業者によって値段が大きく違うことも多くあります。

複数の見積もり結果を比較することで今回の引っ越しにかかる料金の相場が分かるので、見積もり結果が安い業者に依頼しやすくなるでしょう。

しかし、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するのは時間がかかってしまうので、非常に面倒ですよね。

時間がない人にとって、時間をかけて複数の業者に見積もりを依頼するのは非効率です。

ただでさえ幹事会社の細かいルールを伝えなければならないので、より時間がかかってしまうでしょう。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトを利用するのに費用がかかることがなく、一度に最大10社まで見積もりを依頼することができるので、いっぺんに見積もり結果を手に入れた時におすすめできます。

しかも各業者への依頼はたった数分で終わるので、時間がない人でも手軽に利用できるでしょう。

CMでも馴染みがある業者への見積もりも依頼できるので、条件に合う業者が見つけやすいのもポイントです。

幹事会社を前提とした引っ越し業者を見つけやすいのは大変ありがたいですよね。

見積もりを依頼したからといって、その業者に引っ越しを依頼しなければならないわけではないので安心して見積もりを依頼しましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

さいごに

一斉入居はトラブルが多発するので、それを取りまとめてくれる幹事会社があるのは非常にありがたいですよね。

それでも引っ越し料金が高かったら意味がないので、別の引っ越し業者に依頼した方が安くなるのではないかと思う人もいるでしょう。

別の引っ越し業者を利用しても料金が安くなるとは限りませんが、別の業者に依頼するなら一括見積もりを利用するのがおすすめです。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

ようやく新築マンションへの引っ越しが決まった時、問題になるのは引っ越しする際の家具や家電の搬入の問題です。 新築マンションともなれば多くの...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

一人暮らしから実家に引っ越しするけど不用品の処分はどうしたらいい?

旦那と離婚して引っ越しする場合って費用を請求できるの?自己負担になる?

引っ越しに保険ってあるの?業者に荷物を壊されたら弁償はしてもらえるの?

新築マンションに引っ越しする時って家具や家電の搬入ってどうなるの?

引越しの報告は年賀状と一緒にしてもいいの?例文はある?

引越しの転居はがきの文例はある?書く場合の注意点とは?