大学卒業で県外に引っ越すけど引っ越し時期はいつがいい?準備はいつから?

 

大学を卒業すると共に県外に引っ越しを考える人もいるでしょう。

就職するためや実家に引っ越すためなど様々な理由がありますが、引っ越しするなら時期を見極める必要性があります。

引っ越しは時期やタイミングを逃してしまうと引っ越し費用が高くなってしまうので、県外に引っ越すつもりなら卒業する前から準備した方が良いでしょう。

前もって少しずつ準備を始めておけば、スムーズな引っ越しができますね。

大学卒業を間近に控えているなら、この記事を読み込むことで卒業と共に県外に引っ越す時期はいつ頃なのかが分かります。

それでは、大学の卒業と共に県外に引っ越す場合、引っ越す時期や準備はいつ頃からが良いのかご説明しましょう。

大学を卒業する年になったら、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



大学を卒業する前の時期がベストなタイミング

大学を卒業すると同時に引っ越すのでは、引っ越し費用が高くなるのでとてもお得な引っ越しとは言えません。

お得に引っ越すためには、大学を卒業する前に引っ越しておくことがポイントです。

それでは、大学を卒業する際のベストな引っ越し時期はいつ頃がいいのかご説明しましょう。

閑散期と繁忙期の違いを覚えておくことが大切です。

大学を卒業するということで3月や4月に引っ越すのがベストだと思う人もいるかもしれません。

しかし、閑散期や繁忙期のことを考えると3月や4月に引っ越すのは得策ではないでしょう。

閑散期は引っ越しする人が少なく、引っ越し業者も引っ越しの依頼を待っている状態なので引っ越し費用が安い傾向にあります。

反対に繁忙期は引っ越しする人が多く、引っ越し業者も引っ越しに追われるほど忙しくなることから引っ越し費用も高くなります。

つまり、大学を卒業するであろう3月や4月は繁忙期なので、この時期に引っ越してしまうと割高な引っ越し費用をかけて引っ越すことになるでしょう。

大学卒業を間近に控えた学生が引っ越す場合は、実家に引っ越す場合でも就職で引っ越す場合でも、いかなる場合でも早めに引っ越しの準備を行うに越したことはありません。

繁忙期である3月中や4月中に引っ越すのは止めた方が良いでしょう。

大学を卒業するだけなら、2月中に引っ越すのがベスト

卒業するのに必要な課程を全てクリアし、後は大学を卒業するだけの状態になったら、早めに引っ越し先を探すことが大切です。

何故なら、大学卒業間近となる2月下旬や3月、4月に引っ越そうとするとなかなか物件が見つからないばかりか、もし物件が見つかったとしても時期の関係で引っ越し費用が高くなってしまうからです。

大学を卒業すると共に県外に引っ越したいのであれば、2月中旬に引っ越せる状態にして置くのがベストだと言えます。

2月中旬まではそこまで物件を探している人も少なく、まだ繁忙期ではないので引っ越し費用も安い傾向にあるでしょう。

特に単身者の引っ越しは単身パックを初め、様々なプランやサービスを利用することでさらに引っ越し費用を抑えることができます。

卒業を控えた大学生というのはほとんど大学に行く必要性がありませんし、学生の思い出作りを行うにしても早めに行動しておくと損をせずに済みますよ。

思い出作りも大切ですが、卒業後の生活をスムーズに始めたいなら早めに引っ越しの準備をしましょう。

2月の引越し費用はこちらをご覧ください。

2月に引越しを考えているなら、確実に3月に入る前に引っ越した方が良いでしょう。 3月は1年の中で最も忙しく、引っ越し費用も高くなるので早め...

これから卒業する予定の大学生は、いつから引っ越しの準備を始めるべき?

大学を卒業する予定の大学生は2月中旬までに引っ越すのがベストとされていますが、引っ越しの準備はいつから始めた方がいいのか気になりますよね。

特に県外に引っ越す場合は、距離によって数日程度の期間を要するので早めの準備が必要になります。

それでは、大学生が引っ越しの準備を始めるのはいつ頃がいいのかご説明しましょう。

引っ越しの準備を始めるのは12月頃からがおすすめ

先ほど2月中旬までに引っ越すのがベストだとご説明しましたが、2月中旬までに引っ越すなら12月から引っ越しの準備を始めるのがおすすめです。

遅くても1月中に準備を始めた方が良いでしょう。

12月から1月はまだ閑散期といえる時期なので、様々な物件の費用相場が安い傾向にありますし、数も多いので物件が探しやすいメリットがあります。

12月から1月に準備を始める時の流れ

12月から1月に引っ越しの準備を始めるなら、慌てずに少しずつ準備を始めることが大切です。

まず引っ越しをするとなったら最初に行うのは物件探しなので、1月中旬までに物件を見つけておくのが理想的です。

早めに物件を見つけたら、そのまま引っ越し業者に見積もりを依頼してどの業者に引っ越しを依頼するのか検討することになります。

同じ引っ越し内容であっても業者によって見積もり金額が違うので、複数の引っ越し業者を比較する必要性があるでしょう。

いよいよ引っ越しを依頼する業者が見つかったら、今度は荷造りと不用品の処分などを行います。

時間に余裕があれば落ち着いて荷造りができるので、新居に持っていくものと処分するものを分ければ引っ越し費用を抑えることもできます。

特に家具家電などの不用品を処分する時は数日から1週間ほど時間を要することもあることから、早めに準備するに越したことはありません。

引っ越しする予定日の1ヶ月前までには準備を済ませておいた方がスムーズに行動できるため、少しずつでもいいので準備を進めておくのが得策です。

2月中旬に引っ越すまでの簡単な流れは、以下の通りです。

・12月に物件探しを始める
・1月中旬までに物件が見つかったら、引っ越し業者を探す
・複数の引っ越し業者に見積もりを依頼して、できれば値引き交渉を済ませる
・引っ越し業者が決まったら、荷造りや不用品の処分などの準備を進める
・引っ越しする前に必要な手続きを全て済ませておく
・2月中旬に新居へ引っ越す

引っ越しに必要な手続きは非常に多く、必要書類も用意しなければならないので時間がかかりますし、手間がかかります。

必要書類を確認して、きちんと手続きを済ませておきましょう。

さいごに

大学を卒業するとなれば、後は実家に戻るのか就職するのか決めなければなりませんが、どちらにしても早めに引っ越しの準備を始めることに変わりはありません。

3月や4月に慌てて引っ越すようでは物件も引っ越し費用も損してしまう可能性が高いので、2月中旬までに引っ越すことを目安にしましょう。

早めに準備しておけば、スムーズに引っ越しできて卒業した後もすぐに新生活を始められますね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

一人暮らしから実家に引っ越しするけど不用品の処分はどうしたらいい?

断捨離で引っ越し費用が安くなる!断捨離のコツとメリットとは?

引越しの報告は年賀状と一緒にしてもいいの?例文はある?

引っ越しを機に不要な自転車を処分したいんだけどどうしたらいいの?

一斉入居で新築マンションに引っ越しするけれど気をつけることって何がある?

新築マンションへの引っ越しだと必ず幹事会社使わないとダメなの?