引越しで縁起が良い日悪い日ってある?費用は変わってくるの?

引越しするにあたって覚えておきたいのが、縁起が良い日と悪い日があることです。

ただの迷信だと思って信じない人もいるかもしれませんが、引越しのイベント中に厄介なことにならない為にも縁起が良い日に引越したい人もいるでしょう。

しかし、誰もが縁起が良い日に引越そうとすると、その日に限って料金が高くなってしまうでしょう。

逆に縁起が悪い日はどこも引越そうとしないので、料金が安くなる傾向にあるのではないでしょうか。

そこで、引越しするにあたって縁起が良い日と悪い日はあるのか、日によって料金が変わるのかについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



縁起が良い日はいつ?

引越しするにあたって縁起が良い日か悪い日に引越したいかと聞かれたら、もちろん縁起が良い日に引越したいと思いますよね。

引越しのイベント中に不幸なことが起こらないようにする為にも、なるべく縁起が良い日に引越したいものです。

では、縁起が良い日とはいつ頃なのでしょうか。

縁起が良い月とは?

縁起が良い月とは、2月から4月、6月から8月、10月から12月です。

なぜこれらの月以外が縁起が悪いかは後述しますが、特にこの月に引越したからといって縁起が良くなるかといえばそのようなことはありません。

引越し料金からみれば3月頃は繁忙期なので値段の高さがピークに達します。

ただ、6月は閑散期なので引越し料金が通常よりも安くなるでしょう。

縁起が良い日は?

引越しにおける縁起が良い日とは、大安、先勝の午前、先負の午後です。

これらは六曜の一つであり、中でも大安の日は一番縁起が良い日として最も引越し料金が高くなる日です。

大安は何をしても上手くいく、失敗することがない日とされているので非常に人気が高いです。

先勝は早く動くほど縁起が良くなるとされていて、午前中に引越すのがおすすめです。

先負は先勝とは逆に急がずに行動することで縁起が良くなるとされており、午後に引越すのがおすすめです。

特に大安の日は大安吉日を呼ばれるように、六曜の中で最も人気がある日です。

縁起が良い日に引越したいのであれば、カレンダーなどを確かめて六曜を確認する必要性があるでしょう。

縁起が良い日は料金にどんな影響を与える?

縁起が良い六曜の日は、引越し料金に大きな影響を与えます。

先勝の午前や先負の午後はもちろん、中でも大安の日は引越しの料金を上げるのにも水分ありません。

引越し料金が上がってしまうのは、誰もが縁起を担ぐ為に大安に引越しを依頼するからです。

引越し業者は必然的に多くの引越しの依頼を抱えるので、引越し料金を高くせざるを得なくなります。

特に月末や月初、土日祝日、繁忙期ともなれば引越し料金はさらに高くなるでしょう。

引越し料金を抑える為には大安を避けるのが一番ですが、どうしても都合によって大安に引越したい場合は料金が高くなることを覚悟しておかなければなりません。

縁起が悪い日はいつ?

反対に縁起が悪い日がいつなのかが分かれば、引越しした時に良くないことが起こらずに済むかもしれません。

しかし、縁起が悪いからといって必ずしも悪い日ではないこともあるのではないでしょうか。

では、縁起が悪い日とはいつ頃なのかご説明しましょう。

縁起が悪い月は?

引越しする上で縁起が悪い月は、1月と5月、9月です。

なぜこれらの月が縁起が悪いと言われているのか、それは昔、親戚や近所の協力によって引越していたからです。

親戚や近所の協力を得て引越していたということは、必然的にその人達の時間を奪ってしまうことになります。

昔は正月だけでなく田植え、稲刈りなどを行っていた時代なので、忙しい時期に引越しをされてしまうと大変迷惑になってしまうでしょう。

今現在もこの風習は続いており、縁起が悪い月とされています。

しかし、縁起が悪い月だからといって月をずらすことができない人もいますし、親戚や近所の手を借りて引越す必要性もないので、そこまで気にすることはありません。

これらの月に引越ししたからといって悪いことが起こるわけではありませんし、引越し業者としても仕事がなければやっていけません。

縁起が悪い日は?

縁起が悪い日と言われているのは、六曜の仏滅、先勝の午後、先負の午前、赤口の11時から13時以外です。

特に仏滅は六曜の中でも特に縁起が悪い日と言われており、この日に祝い事などはしない方が言われているほどです。

先勝の午後は落ち着きすぎ、先負の午前は急ぎ過ぎということで縁起が悪く、赤口は11時から13時以外の時間は全て縁起が悪いとされています。

先勝の午後は縁起が悪いとされていますが、夕方や夜は含まれていませんし、赤口の11時から13時までは縁起が良い時間なので、引越すならこれらの時間帯に引越すのが得策です。

ですが、縁起が悪い日だからといって必ず悪いことが起こるわけではありません。

気にしすぎていると本当に悪いことが起こる可能性があるので、あまり気にしないで引越した方が良いでしょう。

縁起が悪い日は料金にどんな影響を与える?

縁起が悪いとはいえ、必ずしも悪いことばかりではありません。

それは、引越し料金です。

縁起が悪いということは、その日を避けて引越す人が多い傾向にあるので、必然的に縁起が悪い日の引越し料金が安くなるでしょう。

特に仏滅は引越しを依頼する人が他の日と比べてかなり少ないので、引越し業者としても仕事が少ない状況になってしまいます。

引越し業者としては縁起の良し悪しに関係なく仕事がほしいので、何とかして引越しを依頼してもらう為に様々なサービスを提供するなど、様々なメリットがあります。

このことから、必ずしも縁起が悪い日に引越してはいけないわけではありません。

むしろ仏滅は他に引越しを依頼する人が少ない影響から値段が安い傾向にあるので、縁起の良し悪しを気にせずに値段の安さを気にするのであれば、仏滅など縁起の悪い日に引越すのがおすすめです。

さいごに

引越しにおいて縁起の良し悪しというのは比較的重要視される傾向にあります。

どちらかと言われれば縁起が良い日に引越したいものですが、値段の安さを気にするなら縁起の悪い日に引越すのも一考の余地があるでしょう。

時期によっては大安も仏滅もそこまで料金が変わらないこともありますが、引越し料金を安くしたいなら縁起の良し悪しも考慮した方が良いかもしれませんね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引越しの際に気になるのが、六曜によって縁起の良し悪しが変わるかどうか、六曜によって費用が変わるかどうかです。 ただの迷信だと言う人もいるか...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引っ越しを機に不要な自転車を処分したいんだけどどうしたらいいの?

一人暮らしから実家に引っ越しするけど不用品の処分はどうしたらいい?

引っ越し業者にお礼やお心付けは渡すべきなの?渡すなら相場はいくらくらい?

旦那と離婚して引っ越しする場合って費用を請求できるの?自己負担になる?

引越しの転居はがきの文例はある?書く場合の注意点とは?

引越し業者に女性スタッフはいるの?お願いすることは可能なの?