8月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

 

夏休み真っ只中の8月は、基本的に引っ越し費用が高い傾向にあります。

繁忙期というわけではありませんが、お盆があるので引っ越しする際には注意が必要です。

どのタイミングで引っ越すのがベストなのか、引っ越し費用にどんな違いがあるのかが分かれば、自分が引っ越すタイミングが分かりやすいのではないでしょうか。

ただ、8月は気温が非常に高いので、熱中症にはくれぐれも気を付けてくださいね。

それでは、一人暮らしの人が8月に引っ越す時の相場についてご説明しましょう。

この記事を読み込むことで8月に引っ越す時の情報が分かるので、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



8月はお盆があるので全体的に引っ越し費用が高め

8月や夏休みの時期なので、軒並み引っ越しの需要が高いです。

特に8月の下旬は基本的に非常に忙しいため、どのタイミングで引っ越すかによって大きく変わるでしょう。

それでは、8月の引っ越し費用の相場についてご説明しましょう。

そもそもお盆に引っ越すことはできるの?

お盆は旅行に行ったり実家に帰省したりと引っ越すイメージがありませんが、はたして引っ越すことができるのか気になりますよね。

しかし、結論から言えば、お盆に引っ越すことは十分に可能です。

お盆でも引っ越し業者は関係なく営業していますし、お盆中の連休を利用して引っ越しを計画する人もいるほどです。

なので、気兼ねなくお盆の引っ越しを検討してくださいね。

8月上旬(お盆前)の引っ越し費用の相場

8月上旬はこれからお盆を迎えることや、秋に向けた引っ越しが始まると同時に、夏場の引っ越し業界のピークとなります。

この時期は特に引っ越しする人でどこの業者もいっぱいになるので、8月を迎えるまでに予約を済ませておきたいところです。

特に引っ越し業者にとっては夏の暑さの影響によって予約を増やすことが難しくなり、スタッフをむやみに増やすこともできません。

スタッフを増員しやすいからこそ、引っ越し料金が高くなります。

もし8月を迎えたとしても、すぐに引っ越し業者を探せば予約できる可能性があるため、積極的に探しましょう。

指数で表すなら、通常期が100だった場合、8月上旬は120から130といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で5万9000円から8万円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体8万2000円から9万5000円が相場となるでしょう。

8月中旬(お盆期間)の引っ越し費用の相場

8月中旬は上旬とうってかわって、一旦引っ越しの需要が落ち着く時期です。

何故なら、お盆は帰省や旅行、どこかに遊びに行ったりと多くの人が何らかの予定を入れているからでしょう。

この時期に引っ越しの予定を入れる人はあまり多くないので、引っ越し業者もそこまで忙しくありません。

逆にお盆は8月の中で最も引っ越しに適した時期だと言えます。

指数で表すと、8月中旬は100から110といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で4万3000円から5万1000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、5万8000円から6万4000円が相場となるでしょう。

8月下旬(お盆後)の引っ越し費用の相場

8月下旬になると、途端に引っ越し業者が非常に忙しくなる時期に早変わりします。

何故なら、この時期は秋の異動のために引っ越しを計画する人を中心に需要が高まっていくからです。

引っ越し費用も軒並み高くなるだけでなく、予約も取りづらくなるのでいかに早く見積もりを依頼して契約するかがカギになるでしょう。

ただ、予約は取りづらくても平日の引っ越しがやりやすいという利点もあります。

お盆明けは有給が取りづらいので、平日に引っ越す人が少ないです。

平日に引っ越すことができれば、思っていたよりも通常通りの引っ越し費用で引っ越せる可能性があるでしょう。

指数で表すと、8月下旬は110から120といったところです。

一人暮らしの人が引っ越す場合だと、近距離で4万6000円から5万4000円が相場になります。

遠距離引っ越しの場合だと、大体6万円から7万円が相場となるでしょう。

お盆に引っ越すと縁起が悪いって本当?

8月はお盆の時期がありますが、お盆に引っ越すのは縁起が悪いと言われています。

縁起が悪いと言われているのは、先祖の魂を迎える時期なので静かに過ごすべきだと言われていること、忌み事の期間なので祝い事は行わない方がいいと言われているからです。

単に暑いから熱中症を引き起こしかねないので止めた方がいいということから来ているかもしれません。

しかし、お盆の時期に引っ越したからといって縁起が悪いことが起こるわけではありません。

縁起の良し悪しを気にするならお盆の前や後に引っ越すのが得策ですが、気にしないならそのまま引っ越してしまいましょう。

8月の物件数や家賃相場はどれくらいになる?

8月は夏休みということで引っ越す人が多く、これから秋を迎える時のために引っ越しを検討する人が増えてくるでしょう。

引っ越しの需要が増え、物件数や家賃相場にも大きな影響を与えるかもしれません。

それでは、8月の家賃相場や物件数などについてご説明しましょう。

8月の賃貸物件数はどれくらい?

8月の物件数は、全体的に少なめです。

8月に入ってからも引っ越しの需要が高まっていることも理由の一つですが、これから秋の繁忙期がやってくるのが大きな理由として挙げられます。

この時期は不動産会社も忙しくなりつつあるので、物件数が減りつつある状況下で物件探しをしなければなりません。

8月上旬なら物件が見つかる可能性があるので、引っ越す予定がある人はなるべく早めに物件を見つけておくのがおすすめです。

8月の家賃相場は他の月と比べて違うところはある?家賃交渉は?

8月の家賃相場は、上旬や中旬は通常期と変わりませんが、下旬が少し高くなります。

お盆の時期は不動産会社やオーナーが休みを取っている可能性が高いので、家賃相場は安くても家賃交渉がしにくいので注意が必要です。

8月上旬は引っ越しする人が通常より少ないので、家賃交渉を狙う価値は十分にあります。

ただ、下旬は家賃交渉に応じてくれない可能性が高いでしょう。

これから迎える秋の繁忙期のために不動産会社が忙しくなるので、家賃交渉に応じてくれるとは限りません。

このことから、安い物件を見つけようとしたり、家賃交渉をしようとするのは難しいため、引っ越しには向かない時期だと言えます。

家賃交渉についてはこちらの記事をご覧ください。

引っ越しの際に家賃交渉を行う手段がありますが、そもそもどのように交渉すれば家賃を下げてくれるのか分からない人もいるのではないでしょうか? ...

引っ越し料金を安く抑えるにはどうすればいい?

8月は下旬が最も引っ越し費用が高いので、引っ越し費用を安く抑える必要性があります。

どれだけ引っ越し費用が高くても、費用を安く抑える方法は多くあるので通常よりも安く引っ越すことができるかもしれません。

それでは、引っ越し費用を安く抑える方法についてご説明しましょう。

混載便や帰り便を利用する

引っ越しする人が多くなりやすい8月におすすめなのが、混載便と帰り便です。

混載便は同じ地域に引っ越す人と一緒に荷物を運ぶ方法であり、帰り便は引っ越しが終わったトラックをそのまま活用する方法です。

両方とも他の人とのスケジュールが合うまで待機しなければならないデメリットがありますが、引っ越しする人が多い8月であればスムーズに引っ越せる可能性があります。

混載便であれば一緒に荷物を運んだ人と移動にかかった費用を分担することで引っ越し費用を安く抑えることができますし、帰り便は帰りの分の費用を無駄にせずに済みます。

引っ越し費用を抑えたいなら、この二つのどちらかの利用を検討してみましょう。

自分で荷物を運ぶ

引っ越し費用を抑えたいなら、自分で荷物を運ぶ方法がおすすめです。

遠距離なら別の方法がおすすめですが、近距離で単身者の引っ越しなら自分で引っ越しすることができるかもしれません。

自分で荷物を運べば引っ越し費用がかかることがありませんし、実質無料で引っ越せるのは非常にありがたいでしょう。

ただ、引っ越し先が遠距離で自分で引っ越すのであれば、車もなしに引っ越すのはほぼ不可能です。

この場合は費用をかけてでも車を使用したり、友人に手伝ってもらうのが得策です。

平日割引を利用する

これから依頼する引っ越し業者が平日割引のサービスを提供していて平日に引っ越すなら、是非とも利用しましょう。

平日割引は平日に引っ越しすると引っ越し費用が割引されるサービスであり、平日の引っ越し費用をさらに安くしてくれます。

土日祝日よりも平日の方が基本的に安いのですが、平日割引を利用すれば2割から3割ほど安くなるでしょう。

平日割引を利用するなら、このサービスを提供している引っ越し業者を探すのがおすすめです。

引越しをするにあたって業者を調査していると、平日割引という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 その名の通り平日に割引してくれるというもの...

宅配便で郵送する

宅配便を利用することによって、引っ越し費用を安くする方法もあります。

引っ越し費用は荷物の多さなどによって変わるので、事前に宅配便を利用して荷物を減らしておけば引っ越し費用が安くなります。

ダンボール100サイズで1400円程度の料金がかかるため、10箱で1万4000円、20箱でも2万8000円と引っ越し費用をかけるよりも安くなる可能性が高いでしょう。

単身者の引っ越しは基本的に荷物が少ない傾向にあるので、宅配便の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

一括見積もりサイトを利用する

8月は下旬に入ると引っ越し費用が高くなるので、引っ越し費用を抑えるためには複数の業者に見積もりを依頼する必要性があるでしょう。

ところが、一社だけに見積もりを依頼しても相場通りの費用になるとは限りませんし、同じ内容の引っ越しでも業者によって大きく差が出てしまいます。

ここは一社だけではなく、複数の業者に見積もりを依頼するのが得策です。

一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼することで大体の見積もり金額が把握できますし、最も安い業者を見つけて依頼することができます。

見積もり結果を利用して他の業者に値下げ交渉を持ちかければ、思った以上に費用を安くしてくれることもあるでしょう。

ただ、一社ずつ複数の業者に見積もりを依頼するということは、その都度業者を探さなければなりませんし、そのたびに同じ情報を入力して伝えなければならないので手間がかかってしまいます。

早く引っ越し業者を見つけて準備を進めたいのに、業者を探して見積もりを依頼するだけで時間がかかるのはもったいないですよね。

そんな時に役立つのが、「引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)」です。

一括見積もりサイトのメリットは、何といっても条件を絞り込むだけで見積もりを依頼したい業者がすぐに見つけられることです。

業者を見つけるのに手間がかからず、さらに一回のデータ入力で済むのでたった数分で見積もりが依頼できます。

しかも一度に最大10社まで見積もりを依頼することができるため、簡単に見積もり結果を比較することも可能です。

見積もり結果を比較することで他の業者に値下げ交渉を持ちかけやすい点は変わりませんが、一括見積もりサイトに登録している業者は見積もりを比較していることを前提としています。

つまり、値下げ交渉に応じてくれやすいということなので、相場よりも安い引っ越し費用で引っ越しできる可能性があるでしょう。

8月の引っ越しを検討しているなら、是非とも一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをどうぞ。

8月に最安値で引っ越しすることができる業者を調べてみる(無料)

さいごに

8月はお盆がある以上、どうしても引っ越し業者は忙しくなりがちです。

お盆を過ぎても需要が収まるばかりか、逆に高まっていくのでお盆が終わっても油断することはできません。

8月中の引っ越しを計画するなら、早め早めの行動を心がけるようにしてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

1月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

11月の単身の引っ越し費用の相場とは?料金は安い?高いの?

10月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引っ越しするコツはある?

3月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?

年末年始の引っ越し費用は高い?料金の相場は〇〇くらいです

2月の単身の引っ越し費用の相場は?安く引越しするコツはある?