引越しの平日割引って何?費用はいくら安くなるの?

引越しをするにあたって業者を調査していると、平日割引という言葉を耳にしたことはないでしょうか。

その名の通り平日に割引してくれるというものですが、平日割引を利用することで通常よりも安くしてくれるので大変ありがたいですよね。

しかし、平日割引といってもどのくらい割引してくれるのか分からない人もいるかもしれません。

平日ではなく土日祝日に引越しする人もいますし、平日割引とは縁がない人もいます。

平日割引以外にも引越し料金を安くする方法があれば、非常に便利ですよね。

そこで、平日割引とは何か、平日割引を利用することでどのくらい安くなるのか、平日割引以外に引越し料金を安くする方法についてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



平日割引とは?

平日割引とはその名の通り、平日に引越しを依頼するということで通常よりも料金を割引してくれるサービスのことです。

平日は土日祝日や繁忙期でもない限り、引越しの予約を入れる人があまりいないので余裕がある状態です。

引越し業者としては平日にお客を確保する為に通常より安い料金であっても良いので、割引を適用してくれます。

こちらの記事でも詳しく解説しています。

引越しするにあたって一番気になるのは、引越しにかかる料金ですよね。 引越し料金は荷物の量やサービスなど様々な要素によって大きく変わるもので...

では、平日割引を行うことでどれくらい安くなるのかをご説明しましょう。

平日割引を利用するとどのくらい安くなる?

土日祝日はもちろん、繁忙期だと平日でも引越し料金が高くなってしまいます。

しかし、何もない平日だと引越しを依頼する人が少ない為、業者は経費ばかりかかって損することになってしまうのです。

それを防ぐ為に料金を割引してでもお客を確保しようとしてくるので、平日に引越しするのが狙い目なのです。

平日は基本的に土日祝日と比べて1割や2割ほど安いことがほとんどなのでそれだけでもお得ですが、平日割引が適用されると3割か4割程度割引してくれることが多くあります。

引越し業者としては採算がギリギリでもお客を確保することが最優先なので、割引してもらえないか聞くだけでも効果が見込めるでしょう。

平日の曜日で引越し料金の違いはある?

月曜日から金曜日までの平日に引越しを行う場合、基本的に月曜日と金曜日は引越し料金が高めになる傾向にあります。

何故なら、月曜日と金曜日は土日を挟む関係上、有給を取ることによって3連休になるからです。

逆に火曜日から木曜日の平日は基本的に安いままなので、値段にあまり差がありません。

もし平日に引越しを考えているなら、月曜日と金曜日は避けた方が良いのではないでしょうか。

平日割引を利用しなくても引越し料金を安くする方法はあるの?

平日割引を利用すれば引越し料金を安くすることは可能ですが、それ以外にも引越し料金を安くする方法はあります。

平日割引に加え、様々な方法を活用することでさらに引越し料金を安く出来るので是非とも活用してみてはいかがでしょうか。

では、平日割引以外に引越し料金を安くする方法をご説明しましょう。

時間帯を指定しないフリー便を利用する

意外と知られていないのが、引越し業者のフリー便です。

フリー便とは時間帯を指定しないプランであり、こちらが指定した日にちだけを伝え、後は引越し業者に引越しを開始する時間を決めてもらうというものです。

通常、引越しをする際には午前中に時間を指定することが多いと思われますが、その場合だと引越し業者の予定にも左右されてしまうので思うように都合がつかず、料金が高めになってしまいます。

しかし、時間帯を指定しないフリー便であれば業者が先に予約していた引越しを終わらせてからフリー便を頼んだ人の元へ向かうので、料金が安くなります。

通常はこちらの都合に合わせて依頼するものですが、フリー便は引越し業者に合わせたプランなので引越しが始まる時間が遅くなる代わりに料金が安くなるのです。

時間に余裕がある場合は、フリー便を利用するのがおすすめですね。

閑散期に引越しを予約する

平日は引越し料金が安くなりやすいですが、閑散期はもっと料金が安くなります。

閑散期は通常期とは違い、様々な要因によって引越しを依頼する人がさらに少なくなる時期のことです。

つまり、閑散期を狙って引越しを予約すれば、いつもよりさらに安い金額で引越しが出来るということになります。

閑散期は1月、2月上旬、6月、11月、12月といった月なので、この月を狙って引越しを依頼するのが得策です。

引越し業者を一括見積もりして比較する

引越し業者によって引越し料金は大きく違うので、一社だけに固執するのは得策ではありません。

したがって、一括見積もりを行って業者を比較するのがおすすめです。

一社ずつ見積もるのは時間がかかって非効率ですが、一度にまとめて複数の業者に見積もりを依頼し、見積もり結果を比較出来るのは非常に大きなメリットです。

引越し業者を比較することで、どの業者が一番安く引越しを行ってくれるかが分かるでしょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を見てみる(無料)

気にしないなら縁起が悪いとされる日に引越すのも得策

引越しをするにあたり、大安などの縁起が良い日を選んで引越す人もいるでしょう。

しかし、縁起が良い日は逆に誰もがその日を狙って引越そうと考えているので、かえって料金が高くなってしまいます。

それなら、いっそ仏滅など縁起が悪いとされている日に引越すのも得策です。

引越し業者にとっては大安など縁起の良い日にあれだけ引越しの予約が殺到していたのに、仏滅になると引越しの予約が大幅に減少すると困るので、かえって割引が利きやすくなります。

縁起の良し悪しを気にしないのであれば仏滅も引越し料金が安くなりやすいので、仏滅を狙って引越してみるのも検討の余地があるでしょう。

荷物の量を減らして少なくする

引越しの料金は荷物の量によって左右されます。

つまり、荷物が少なければその分引越しに割ける作業員が減り、トラックも小型で済むので料金が安くなる傾向にあります。

荷物を梱包しているダンボールの数も見積もりに影響するので、不用品をリサイクル、または買い取ってもらったり処分しましょう。

上手くリサイクル出来るものがあれば高く買い取ってもらえるので、お金が手に入って引越し料金も安くなって一石二鳥になります。

さいごに

引越しするにあたって大切なのは、いかに事前に引越し料金を安く出来るかどうかです。

引越し料金が安くなればその分のお金を他のことに利用することが出来ますし、平日の方が土日祝日よりもかえってスムーズな引越しが出来るでしょう。

まずは一括見積もりを行って、フリー便などが利用出来ないか、一番安くて信頼出来る業者を見つけるのが得策ですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい違うの?

一人暮らしの引っ越し初期費用の相場や平均はいくらなの?

引っ越しの初期費用を安く抑える方法やコツって何かある?

引越しの繁忙期や閑散期はいつ?料金の相場はどのくらい違うの?

引っ越しで初期費用を分割払いするのって可能なの?方法は何がある?

家賃が安い時期はいつ?引越しするなら何月がおすすめ?