引っ越しで初期費用を分割払いするのって可能なの?方法は何がある?

引っ越しするにあたり、初期費用がどれくらいになるか気になることってありませんか?

初期費用を抑えるに越したことはありませんが、何人で暮らしているかによって金額が変わるので節約方法を考える必要性があるでしょう。

もしも初期費用を分割払いできる方法があったとしたら、嬉しく思う人もいるのではないでしょうか。

そこで、引っ越しの初期費用を分割払いすることができるのかについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



それぞれの世帯で引っ越しにかかる初期費用はどれくらい?

引っ越しする初期費用は一人暮らしや二人暮らし、4人暮らしなど世帯毎に大きく違います。

初期費用にかかるのは大きく分けて物件と引っ越し業者、そして家具家電の3つです。

これらを合わせた金額が引越しにかかる初期費用になります。

では、それぞれの世帯が引っ越す際に必要な初期費用についてご説明しましょう。

一人暮らしの場合

一人暮らしの場合、基本的な初期費用は家賃の6ヶ月分、つまり家賃が5万円なら30万円程度が初期費用となります。

一人暮らしにかかる家具家電を揃える際に必要な費用は最低でも10万円程度となっており、工夫すればさらに抑えられるでしょう。

生活必需品を含めた日用品を揃える場合、5千円から1万円程度が相場です。

敷金や礼金が0円の物件を選ぶことにより、初期費用をさらに減らすこともできるので物件選びが重要になります。

これから引っ越しをするにあたって気になるのは、一人暮らしをするにあって引っ越しに必要な初期費用がどれくらいかかるのかということです。 引っ...

二人暮らしの場合

二人暮らしの場合、初期費用は1LDKで大体100万円程度が妥当です。

一見すると100万円は高いと思うかもしれませんが、二人で暮らすとなると広い部屋が必要であったりと二人で暮らすのに十分な物件が必要になります。

また、二人で暮らす以上は家具家電や日用品など、ある程度グレードが高いものを購入する計画を立てる傾向にあるでしょう。

二人で使い回す場合だとすぐに壊れてしまうものでは駄目なので、少々値段が高い家具家電を購入する必要性があるかもしれません。

家具家電に関しては、家電一式で20万前後、家具一式で50万前後となります。

あくまで一般的な数字ではありますが、必要な家具家電があればその分の費用を節約することができます。

日用品や引っ越しにかかる費用はそれぞれ5万円が一般的です。

ただし、繁忙期に引っ越しする場合だと引っ越し料金が高くなるので7万円から14万円ほどになり得る為、十分に注意しましょう。

1LDKでの契約金の目安は礼金や仲介手数料などを含め、25万円となります。

4人暮らしの場合

4人暮らしが引っ越しする場合、全ての家具家電などを買い替えるつもりなら基本的に二人暮らしの時より何倍もかかると考えていいでしょう。

引っ越し料金を計算すると、同一市区町村内における閑散期で5万円から12万円、繁忙期だと10万円から24万円ほどかかります。

これらの費用は同一市区町村内における引っ越しなので、より遠くの県外に引っ越す場合だとグンと高くなるでしょう。

家賃は大体10万円から20万円程度が相場であり、高いところだと40万円前後になることもあります。

4人暮らしともなると部屋数が欲しいので、2LDKや3LDKが妥当な広さでしょう。

家具家電一式を全て買い替えたり、設備や日用品などを気にするのであれば、大体200万円から300万円程度が妥当ではないでしょうか。

しかし、これは家具家電などを全て買い替える場合の金額なので、以前から使っている家具家電などを再び使うのであれば、初期費用をグッと抑えられます。

引っ越しの初期費用を分割払いするってどういうこと?

今まで引っ越しの費用を支払う時の常識として、現金でしか支払えないというのが鉄則でした。

しかし、現在ではクレジットカードやローンといった方法で引っ越しの初期費用を分割払いすることが可能であり、急な引っ越しでお金が用意できない人におすすめできます。

ただし、それぞれの方法で分割払いする場合でも様々なメリットやデメリットがあるので、よく注意しなければなりません。

では、分割払いをする時のメリットや注意点についてご説明しましょう。

クレジットカードで分割払いする時のメリット

もしもお手持ちのクレジットカードで初期費用の分割払いをする場合、様々なメリットがあります。

まず、一番のメリットは引っ越しの初期費用を軽減させられるということです。

どこまで軽減できるかは場合によって変わってきますが、もしも前もって引っ越し費用を準備できなかった時にクレジットカードを利用することにより、初期費用を大きく軽減させることができます。

特に急な転勤などで引っ越さなければならなくなった時に非常に役立つでしょう。

リボ払いなどであれば前倒しで返済できるので、金利も安くて済みます。

次に、ポイントが貯められるクレジットカードの場合、分割払いに利用することでポイントが貯められるメリットが挙げられます。

小さな買い物を繰り返していても、一回に使う費用が少ないのでなかなかポイントが貯まらない、と思ったことはありませんか?

しかし、初期費用は軒並み金額が高い為、クレジットカードで分割払いすることで多くのポイントが貯められるでしょう。

マイルも同時に溜まるので旅行に行く楽しみもできますし、家賃でさえもクレジットカード決済ができるなら、さらに多くのポイントが月々に入ってきます。

次に挙げられるのは、クレジットカードで分割払いをすると様々な割引や特典が受けられるというものです。

ハウスクリーニング代を10%から20%割引してくれたり、食べ物がもらえたりすることもあります。

割引や特典の内容は不動産会社によって変わるので、何が割引されてどんな特典があるのか事前に確認する必要性があるでしょう。

そして最後に、オンラインでクレジットカード決済ができる場合、携帯ですぐに決済の手続きを行うことができることです。

わざわざ外出して決済手続きを行わなくても、家にいながらカード決済ができるので非常に便利です。

クレジットカードで分割払いをする時のデメリット・注意点

クレジットカードで分割払いをすると様々なメリットがありますが。デメリットや注意点もあるので注意しましょう。

まず最初に、クレジットカードで分割払いができるのは一部の不動産会社だけだということです。

クレジットカードで分割払いをしようとしても、全ての不動産会社でカード決済ができるわけではありません。

基本的に分割払いを受け付けていることが前提なので、事前に不動産会社が分割払いを受け付けているか確認する必要性があるでしょう。

なお、分割払いを受け付けていない場合でも、交渉することで分割払いにしてもらえる可能性があります。

珍しいケースなのでどの不動産会社も受け付けてくれるわけではありませんが、お金に余裕がない、クレジットカードがないという人でも相談してみる価値は十分にあるでしょう。

次に、クレジットカードが利用できる不動産会社が限られている以上、住む物件も制限されてしまうことが挙げられます。

分割払いに対応している不動産会社でも分割払いができる物件とできない物件があるので、引っ越し先の物件が自然と限られてしまいます。

分割払いを利用するのであれば、住める物件も選り好みできない可能性があることを覚えておきましょう。

次に、クレジットカードの決済は先延ばしにすることができず、残高が不足する可能性があることが挙げられます。

クレジットカードによる分割払いは大家さんでも不動産会社に対しても行うものではありません。

引き落としを行うのはクレジットカードの会社なので、会社に先延ばしにするように連絡しても取り合ってもらえないでしょう。

自分の口座に引き落とせるお金がなかった場合は残高不足となって遅延扱いとなり、カードの履歴に残ってしまいます。

もし遅延するような事態になれば大家さんや不動産会社との信用問題に繋がりかねませんし、新しくクレジットカードを作りたいと思ってもできなくなる可能性もあります。

もちろん何度も遅延するようであれば、最悪の場合クレジットカードの使用が止められる恐れもあるので厳重な支払い計画を立てるのはもちろん、常に口座から引き落とせる状態にしましょう。

ローンで分割払いをする時のメリット

クレジットカードの他には、フリーローンかカードローンで分割払いする方法があります。

それぞれの方法には様々なメリットがあるので、分割払いをするなら検討してみてはいかがでしょうか。

まず最初に、フリーローンのメリットを以下に挙げていきましょう。

• 銀行から安心して融資が受けられる
• 年利が4%から5%と低金利
• 融資目的を聞かれない

そもそもフリーローンというのは多目的ローンのことで、一部を除いて融資目的を聞かれることがなく、金利も低いことから手軽に融資が受けられるのが特徴です。

そしてカードローンのメリットは、

• 契約範囲内であれば、何回でも融資が受けられる
• 提携しているATMで昼夜を問わず利用できる
• カード自体の審査基準が低い為、即日発行もしてもらえる

以上が主なメリットとしてあげられます。

契約範囲を超えた融資を受けることはできませんが、代わりに契約範囲内であればここぞという時に何度も融資を受けることができます。

さらには銀行が利用できない夜中でも提携しているATMが近くにあればいつでも利用できるので、お金が必要になった時など様々な場面で活用できます。

しかもカードの審査基準は収入がない主婦でも契約できる可能性があるほど低い為、必要になったらすぐに活用できるのもポイントです。

ローンで分割払いする時のデメリット

ローンで分割払いをするメリットは多くありますが、デメリットもあるので注意しましょう。

フリーローンで分割払いをする場合……

• 審査に時間がかかる
• 融資の目的に合わせてその都度書類を用意しなければならない
• 融資を一回行うごとに審査を行う

以上のデメリットが発生します。

引っ越しするまでの時間が迫っている中で、いつ審査が下りるか分からない時間のかかり方は致命的だと言えるでしょう。

しかも融資を一回行うたびに審査を行うので、時間がない場合はおすすめできない方法になってしまいます。

審査h亜基本的に申請してから3日から1週間ほどかかる為、時間がない場合は他の方法にする必要性があります。

融資の目的に合わせて書類を用意するなど、何回も融資を受ける場合だと非常に面倒に感じることもあるでしょう。

そしてカードローンを利用する場合……

• 年利が14%から18%と高い金利
• 自由に借りれることから、無計画になりやすい
• 依存症の恐れがある

以上のデメリットが挙げられます。

カードローンは即日発行が可能であり、昼夜を問わずATMが使用できること、そして契約範囲内であれば何回でも融資を受けることができるとはいえ、代わりに金利が高く、経済面を圧迫しかねません。

また、この自由度の高さから無限にお金があるような錯覚に陥る可能性もありますし、引っ越し費用の為に借り入れたお金を他のところに使い続ける恐れもあります。

自由度の高さは依存症に繋がる恐れがあるので、引っ越しの初期費用を少しでも安くすること以外には利用しない方が良いかもしれません。

分割で払える項目は?

引っ越しの初期費用を分割払いすることができるとはいえ、全ての項目の費用を分割で支払えるわけではありません。

分割で支払える項目は、敷金や礼金、前家賃、仲介手数料、家賃などですが、中でも家賃が分割払いできるケースは少なく、可能性があるとすれば敷金や礼金、仲介手数料あたりが妥当でしょう。

事前に不動産会社で分割払いができるのか、もし可能ならどの項目が分割払いできるのかを調べる必要性があります。

さいごに

引っ越しにかかる初期費用を分割払いできるなんて信じられないかもしれませんが、まとまったお金が用意できない人にとっては非常にありがたいでしょう。

分割払いをするには限りがありますし、全ての不動産会社で行えるわけではありませんが、余裕がない場合の最終手段にもなり得ます。

ただし、引っ越し先が限定される部分には注意しなければならないので、物件探しは慎重に行って方が良いかもしれませんね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

引っ越しするにあたって重要になるのが、いかに初期費用を安く抑えられるかどうかです。 引っ越しはどうしても多方面でお金がかかるものですし、節...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しの繁忙期や閑散期はいつ?料金の相場はどのくらい違うの?

引っ越しの初期費用を安く抑える方法やコツって何かある?

引越しの平日割引って何?費用はいくら安くなるの?

家賃が安い時期はいつ?引越しするなら何月がおすすめ?

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい違うの?

一人暮らしの引っ越し初期費用の相場や平均はいくらなの?