引っ越しの初期費用を安く抑える方法やコツって何かある?

引っ越しするにあたって重要になるのが、いかに初期費用を安く抑えられるかどうかです。

引っ越しはどうしても多方面でお金がかかるものですし、節約できるところは節約しておかないと今後の生活に大きな影響をもたらすことになりかねません。

しかし、いくら初期費用を抑えるといっても、どうやって抑えればいいのか分からない人もいるのではないでしょうか。

そこで、引っ越しの際にかかる初期費用を抑える為にはどんな方法やコツがあるのかをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



初期費用を安く抑える方法やコツとは?

引っ越しにかかる初期費用といえば、敷金や礼金、仲介手数料、前家賃、鍵の交換費用、火災保険料など様々です、

これらの初期費用を必ず支払うことになるのかと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

やり方や交渉次第では初期費用をグッと抑えることができます。

もしも家賃が約5万円だった場合、初期費用は大体20万円から25万円はかかると考えていいでしょう。

この初期費用を少しでも抑えることができれば、非常にお得ですよね。

では、この初期費用を安く抑える方法をご説明しましょう。

敷金や礼金が0円の物件を探す

通常、敷金や礼金はそれぞれ家賃の1ヶ月分を事前に支払うことになります。

つまり、家賃が5万円だった場合はこの時点で10万円を支払わなくてはならないので、よく考えなくても非常に大きな痛手となるでしょう。

しかし、敷金と礼金の両方が0円であれば10万円を支払わなくて済みますし、どちらかが0円だった場合は10万円のところを半額の5万円で済ませられるので、初期費用を抑えるのに効果的です。

なお、敷金が0円の場合は代わりにハウスクリーニング代を請求されることがほとんどです。

ですが、この時のハウスクリーニング代の相場は約3万円であることから、家賃が5万円だと考えると2万円の節約になるのでどちらにしてもお得になります。

また、礼金は最初に家賃の1ヶ月分を支払う必要性がありますが、大家さんに交渉する時は礼金が最も狙い目だとされています。

基本的に家賃交渉を行う場合だと、他の住民とのトラブルに発展する可能性があるでしょう。

しかし、礼金は一番最初に請求されるだけの費用なので、後から住人とのトラブルが起こることはほとんどありません。

大家さんにとっても家賃交渉されると困るものですが、最初に支払うだけの礼金に関してはあまり抵抗がない傾向にあります。

新築の場合はほぼ確実に交渉することはできませんが、築浅でも半月分くらいは下げてくれる可能性がありますし、築10年以上ともなれば2ヶ月分を1ヶ月分に下げてくれることも珍しくありません。

家賃交渉は無理でも、礼金の交渉を行う価値は十分にあるでしょう。

仲介手数料が安い不動産会社を選ぶ

不動産会社を介して物件を決めた場合、不動産会社に対するお礼金として仲介手数料を支払うことになります。

基本的に仲介手数料は家賃1ヶ月分であることが多いので、仲介手数料が安い不動産会社を探すことに越したことはないでしょう。

不動産会社によっては家賃の半月分で済むこともありますし、中には無料のところもあります。

ただし、予め仲介手数料が最初から1ヶ月分を決まっている場合に交渉するのは難しいでしょう。

不動産会社における収入は仲介手数料しかない為、仲介手数料を安くしてくれる不動産会社は少ないです。

契約する際にしつこく仲介手数料が安くならないか交渉しようとしても、余程のことがない限り応じてくれることはほとんどないので、最初から仲介手数料が安い会社で物件を探した方が良いでしょう。

フリーレント物件を探す

フリーレント物件というのは、最初の数ヶ月間は家賃を支払わなくてもいいという物件です。

フリーレント物件であれば最初の数ヶ月分の家賃が実質無料になるので、初期費用を抑えるのに適しているでしょう。

ただし、指定された期間は必ず住む契約となっており、もし途中で退去しようものなら数ヶ月分の家賃を請求される可能性が高いです。

前家賃が無料になるのは嬉しいですが、必ず一定期間は住むようにしましょう。

引っ越し業者の一括見積もりをする

引っ越しにかかる初期費用を抑える為には、いかに引っ越し料金を抑えるかどうかにもかかっています。

引っ越し業者によっては同じ内容の引っ越しであっても料金が違うことが多い為、一社だけに固執するのではなく、複数の引っ越し業者に見積もりを依頼しましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を見てみる(無料)

一括見積もりサイトでは一度に気になる引っ越し業者に見積もりを依頼することができるので時間がかからず、見積もり結果で一番安い業者へすぐに引っ越しの予約ができるでしょう。

時間短縮や費用を抑える為の手段として、一括見積もりは非常に便利な方法です。

家賃交渉を行う時のコツは?

家賃なんて交渉できるわけないと思っているかもしれませんが、そんなことはありません。

確かに後から住人とトラブルになる可能性もありますし、そもそも大家さんに遠慮してしまうこともあるでしょう。

大家さんにとっての大事な収入源なので、応じてくれないことがほとんどです。

しかし、家賃交渉も立派な初期費用を抑える方法の一つなので、挑戦しないよりした方が良いでしょう。

では、家賃交渉などを行う時のポイントをご説明しましょう。

家賃交渉は慎重に

大家さんの最大の収入源である家賃交渉を行うのは至難の業かと思われるかもしれませんが、実際は数千円程度なら安くしてくれる可能性があります。

そもそも物件の家賃相場というのは、どこも一律というわけではありません。

大家さんや不動産会社が考えて決めただけの金額なので、実は同じアパートでも他の物件に住んでいる人の方が数千円ほど家賃が安い可能性だってあり得る話なのです。

ただし、家賃交渉は慎重に行うべきでしょう。

これから長く住むつもりなのであればなおさら大家さんとの関係は良好であるに越したことはありませんし、大幅な家賃の値下げをしようとすると信用を失ってしまいます。

基本的に減額出来る金額は2千円から3千円が限度だと考えていいでしょう。

それ以上は大家さんの収入に関わるところなので、まずは2千円から3千円ほど下げられないか交渉するのがおすすめです。

しかし、築年数が古いなど様々な条件によっては最大1割ほど下げてくれる可能性があります。

物件を調べただけでは予想できないので、まずは不動産会社に値下げしてくれそうな物件はないか、大家さんに少しだけでも家賃を下げてくれないか交渉してみましょう。

敷金を値下げしてくれる可能性は低い

敷金が最初から0円の場合ならまだしも、1ヶ月分の敷金を値下げしてくれることはほぼないといって良いでしょう。

敷金は退去する時に返還される費用であり、入居する際に支払うものです。

この時の敷金は退去する時に部屋の原状復帰を行う際に引かれるものであり、実質的に大家さん個人に支払うお金ではありません。

つまり、単なる預け金なので大家さんの直接的な収入に繋がるわけではないので、敷金を値下げしても問題ないと思う人もいるでしょう。

しかし、敷金はいわば担保のようなものです。

物件に入居する人の中には、家賃を滞納してしまったり退去する際に部屋をひどい状態のままにしたりする人もいます。

そのような問題が起きた時の為に敷金を使って問題を解消するのが、敷金の本当の使い道だと言えるでしょう。

そうなると単にお互いの損得の為だけに敷金を請求されるわけではないので、ほとんどの場合敷金の値段交渉に応じてくれない可能性が高いです。

大家さんとの関係を悪化させない為にも、他のところの値段交渉を行うのがおすすめです。

自信がないなら不動産会社に交渉を任せるのも一つの手段

自分で交渉を行うことで値段を下げてくれる可能性がありますが、そもそも上手く交渉できるか分からない、交渉に成功する自信がないという人もいるでしょう。

そんな時におすすめできるのが、不動産会社に交渉を任せてしまうことです。

交渉の知識や実力がない素人が交渉を行うより、圧倒的な知識や経験がある不動産会社に交渉を任せた方が交渉に成功しやすくなります。

可能な限り物件に入居してもらえるように尽力してくれる不動産会社であれば、予想よりかなりの値段を下げてくれるかもしれません。

さいごに

引っ越しには様々な費用がかかるので、初期費用をいくら抑えられるかどうかはとても大切です。

交渉次第では何とかなる部分も多くありますが、中には望み薄な部分もあるので他の部分の交渉を行う必要性もあるでしょう。

物件探しにも工夫が必要な場面もあるので、いかに初期費用が抑えられるかにかかっています。

引っ越し業者の選定はもちろん、敷金や礼金が0円、フリーレント物件など様々な選択肢があるのではないでしょうか。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

これから引っ越しをするにあたって気になるのは、一人暮らしをするにあって引っ越しに必要な初期費用がどれくらいかかるのかということです。 引っ...
引っ越しするにあたり、初期費用がどれくらいになるか気になることってありませんか? 初期費用を抑えるに越したことはありませんが、何人で暮らし...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

家賃が安い時期はいつ?引越しするなら何月がおすすめ?

引っ越しで初期費用を分割払いするのって可能なの?方法は何がある?

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい違うの?

引越しの繁忙期や閑散期はいつ?料金の相場はどのくらい違うの?

引越しの平日割引って何?費用はいくら安くなるの?

一人暮らしの引っ越し初期費用の相場や平均はいくらなの?