家賃が安い時期はいつ?引越しするなら何月がおすすめ?

引越しするにあたって物件を探している時に気になるのが、どれだけ家賃が安いかどうかです。

家賃と物件の質は比例するとされていますが、出来る限り家賃が安い物件に引越したいと考えるのは当然ですよね。

家賃収入が得られるかどうかは物件の空室の数にもよりますし、大家さんとしても空室を埋めたいと考えるのは当然です。

家賃が安い時期というのは、引越しにおける閑散期や繁忙期などと関係している可能性があるかもしれません。

そこで、家賃が安い時期はいつ頃なのか、何月に引越しするのがおすすめなのかをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



本当に時期によって家賃が変動することはあるの?

物件の家主によって家賃が決められているので、本当に時期によって家賃が変動するのか疑問に思う人がいるのも無理はありません。

自分が住んでいる家の賃料がいつまで経っても変化しないことは少なくないので、家賃が変動するはずがないと思うでしょう。

しかし、結論から言えば時期によって家賃が変動することは十分にあり得ます。

家主にとって家賃収入は最大の収入源となるので、空室リスクは絶対に避けたいものです。

空室がある分だけ家賃収入が減ってしまうので、家主にとっても赤字になるかどうかの瀬戸際になることもあるでしょう。

空室リスクを避ける為には入居者を確保するしかないので、家賃を安くして入居者が契約してくるのを待つということになります。

この家賃が安くなる時期が引越しと大きく関係していると言えますね。

つまり、家賃が安くなる時期を知っていれば、引越しによって家賃が安い物件に引越すことが出来るのです。

家賃が安くなる時期に引越すメリットとは?

家賃が安くなる時期に引越すのには、様々なメリットがあります。

これはお互いにメリットがあるので、家賃が安い時期の引越しを検討するのも良いのではないでしょうか。

では、家賃が安くなる時期に引越すメリットについてご説明しましょう。

家賃だけでなく、敷金礼金も安くなる可能性がある

家主にとって何としてでも避けたいのが、家賃収入が減る最大の原因である空室です。

空室を埋める為には入居希望者を募ることが大切ですが、引越しする人が少ないと空室が埋まる可能性が低くなってしまいます。

そこで家主は入居希望者を集める為に、家賃だけでなく敷金や礼金を下げるのです。

家主にとっては苦渋の決断ではありますが、空室によるリスクの方が大きいので入居者を確保しようとするでしょう。

こちらにとってはいつもより安い家賃・敷金・礼金で住めるので入居を決めるポイントになりますよね。

交渉次第ではさらに家賃を安くしてくれる可能性があるので、交渉しない手はありません。

フリーレント物件で家賃要らず

フリーレント物件とは、特定の期間に入居していれば、一定期間だけ家賃を支払わなくてもいい契約がある物件のことです。

これから入居してくる人だけに対して家賃や敷金礼金の値段を下げてしまうと、他の入居者とのトラブルになりかねません。

しかし、フリーレント物件であれば家賃などを下げずに済みますし、入居者にとっては初期費用を抑えることが出来るのでお互いにメリットがあります。

フリーレント物件といっても一定期間が過ぎる前に引越そうとすると違約金が発生することがありますし、家賃を支払わなくてもいいというだけで他の費用を支払うことにもなるでしょう。

どちらにしても引越しは費用がかかるものなので、初期費用が抑えられる物件というのは非常にありがたい物件だと言えます。

家賃が安くなる時期とは?

家賃が安くなる時期を見極めるのは難しいかもしれませんが、意外と簡単に把握することが出来ます。

家賃が安くなる時期を知っておけば、今後引越しをするにあたって役に立つかもしれません。

では、家賃が安くなる時期についてご説明しましょう。

家賃が安くなる時期

家賃が安くなる時期は、主に4月下旬と5月下旬から7月下旬、11月と12月です。

4月下旬にもなると3月や4月上旬に引越しを始めた人達が落ち着く時期でもあるので、家主にとっても需要が減りつつあります。

指数で表すと通常が100なら、90ほどになります。

中でも5月下旬から7月下旬は特に引越しする人が少なく、空室がいつまでも残りやすい時期です。

引越しを考える人が激減するということは、めぼしい物件がないということでもあるので、家賃を下げない限り入居希望者が極端に表れなくなるでしょう。

指数で表すと通常が100なら、70ほどになり得ます。

また、11月や12月は寒い時期であったり年末年始で忙しくなるなどの理由で物件を探す人が減りつつある時期です。

特に11月は引越しを考える人が大幅に減る時期でもあるので、需要が大幅に減ってしまうこともあります。

指数で表すと通常が100なら、この時期は80ほどになるでしょう。

ですが、11月から12月は新しい物件の情報が出始めるので、新年を迎える時までに引越そうと考える人も出てきます。

若干需要が大きくなるので、その分家賃の変動が起こる可能性もあるでしょう。

家賃が高くなる時期

逆に家賃が高くなる時期は、1月から4月上旬、8月中旬から10月です。

特に1月から2月は3月から4月の新生活の為に物件を探す人で溢れかえっており、家主としても新しい入居者が続々とやってくるので家賃の相場を引き上げる傾向にあります。

入居希望者としては家賃が高いのはネックですが、それでもどんどん部屋が別の旧居者によって埋まってしまう為、そうも言ってられないというのが正直なところでしょう。

3月から4月にかけて引越しを始める人で業者も大変忙しくなるので、1月から2月は勝負時と言っても過言ではありません。

指数で表すと通常が100なら、120や130ほどにもなります。

しかも3月に入った時点であんなにあった物件数も契約されてどんどんなくなってしまう為、1月や2月は本当に忙しくなるので11月や12月に行動を起こしておいた方が良いかもしれませんね。

そして8月中旬から10月にかけての時期は、これから新学期や転勤など様々な理由で引越す人が多くなる為、物件の需要が再び上がります。

3月や4月ほどではありませんが、比較的物件が埋まりやすく、家賃も高くなりやすいので注意しましょう。

指数で表すと通常が100なら、110ほどになります。

家賃の安さと引っ越し費用の安さを両立させるなら、どの時期に引越すべき?

家賃が安い時期と同時に、引越し費用を安く済ませたい人もいるでしょう。

いくら家賃が安かったとしても、引越し費用が高いのは避けたいところです。

では、家賃の安さと引越し費用の安さを両立出来る月はどの月なのかをご説明しましょう。

安さを両立させたいなら、6月や11月などがおすすめ!

家賃の安さのみならず、引越し費用の安さを求めるなら6月や11月に引越すのがおすすめです。

6月や11月は閑散期と呼ばれる時期の一つであり、最も引越す人がいない時期です。

つまり、この時期は引越しする月として人気がないので入居希望者がほとんど現れず、引越しを予約する人もほとんどいないことから引越し料金も安いということになります。

家主としては空室が埋まらないので家賃を下げざるを得ませんし、引越し業者としてもお客を何としてでも確保したいので値下げ交渉に応じてくれる可能性が高いです。

したがって家賃の安さと引越し料金の安さを両立させるなら、6月と11月が狙い目なのでこの時期を狙ってみましょう。

ただし、こうした時期は同時に物件数が少ない傾向にある為、目新しい物件が見当たらない可能性があります。

引越す人がほとんどいないということは誰も現在住んでいる部屋を引越したくないということなので、新築物件を探している人からすれば一つのデメリットにもなり得るでしょう。

同時に新築物件を探しているのであれば、11月中旬がおすすめです。

11月中旬は引越し料金と家賃の安さのバランスが良く、これから迎える繁忙期の為に新築物件の情報が出始める時期です。

よって11月中旬から物件を探し始めると、家賃相場が上がる前に安い引越し料金で引越すことが出来るかもしれませんね。

引越し料金を安くするなら一括見積もりがおすすめ!

いかなる場合であっても、引越し料金を出来る限り安く抑えたいと考えるのは自然なことです。

引越し料金が安くなった分だけ他に回せるので、あらゆる方法で料金を安く抑えるのが得策です。

まず、引越し料金を安く抑える方法として、「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」がおすすめ出来ます。

同じ内容の引越しでも引越し業者によって料金が違うので、業者を比較することが重要です。

その為には一社ずつではなく、一度にまとめて複数の業者に見積もりを依頼出来る一括見積もりを活用するのがおすすめです。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を見てみる(無料)

さいごに

入居者にとって引越し料金を安く抑えられることも大切ですが、出来ることなら家賃も安く抑えたいと思うのも当然ですよね。

家賃が安くなる時期というのは確かにあるので、その時期を見極めて家賃交渉をしてみましょう。

家主にとって入居者を確保すること自体が重要だからこそ、家賃交渉に応じてくれる可能性が高いのではないでしょうか。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しの繁忙期や閑散期はいつ?料金の相場はどのくらい違うの?

引越しの平日割引って何?費用はいくら安くなるの?

平日と土日(休日)で引越しの料金はどのくらい違うの?

引っ越しの初期費用を安く抑える方法やコツって何かある?

一人暮らしの引っ越し初期費用の相場や平均はいくらなの?

引っ越しで初期費用を分割払いするのって可能なの?方法は何がある?