急な引っ越しで初期費用が足りない場合に考えることとは?

 

転勤など様々な理由で急に引っ越さなければならなくなった時に困るのが、初期費用の問題です。

初期費用は基本的に家賃の5倍か6倍はするものですから、急にそんな大金を用意できない人もいます。

とはいえ、どうしても引っ越さなければならない場合は、何としてでも初期費用を集めなければなりません。

それでも初期費用が足りない場合は、どうすればいいのか気になりますよね。

そこでこの記事を読み込むことにより、急な引っ越しでも初期費用をどうにかする方法が分かります。

それでは、急な引っ越しで初期費用が足りない場合はどうすればいいのかについてご説明しましょう。

急な引っ越しで初期費用が足りない可能性があるなら、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



引っ越しする時に必要になる初期費用はどれくらいになるの?

気になるのは、引っ越しにかかる初期費用はいくらかかかるのかについてです。

初期費用を抑えることも大切ですが、まずはどんな初期費用がかかるのかを知る必要性があるでしょう。

それでは、引っ越しの際に初期費用がいくらかかるのかについてご説明しましょう。

引っ越しに必要な初期費用の内訳について

引っ越しの際に必要になる初期費用は、以下の通りです。

・敷金……家賃1ヶ月分(または2ヶ月分)
・礼金……家賃1ヶ月分
・前家賃……家賃半月分から1ヶ月分
・仲介手数料……家賃半月分から1ヶ月分
・火災保険料……一人暮らしなら1万5000円、二人暮らしや家族なら2万円程度
・保証料……家賃1ヶ月分と共益費半月分
・引っ越し費用

基本的に以上の初期費用がかかることになるので、急な引っ越しともなればこれらの費用を用意するのは難しいでしょう。

敷金は基本的に部屋を退去する時に原状回復のために使われる費用であり、原状回復を行ってもまだ費用が残っていた分だけ戻ってくる仕組みになっています。

基本的には1ヶ月分が請求されますが、物件によっては2ヶ月分を請求されることがあります。

礼金はいわば大家さんへのお礼金として支払う費用であり、退去する時になっても戻ってきません。

ただ、物件によっては礼金がないこともあるので、そういった物件を見つけるのも得策です。

そして前家賃はあらかじめ入居する月の家賃を支払っておくもので、月の途中から住む場合は日割り家賃を支払うことになります。

仲介手数料は大家さんに対して支払う費用ではなく、仲介してくれた不動産会社に対して支払うものです。

仲介手数料は法律によって家賃1ヶ月分を超える費用を支払ってはいけない決まりになっているので、多くても家賃1ヶ月分を支払うことになるでしょう。

火災保険料は、火災に関するトラブルが起きた時のために損害保険に加入する際に必要になります。

基本的に不動産会社が用意した損害保険に加入することになりますが、自分で選んだ損害保険に加入することもできます。

しかし、自分で選んだ損害保険に加入する場合、不動産会社に加入証明を見せる必要性があるでしょう。

保証料とは家賃保証会社を利用する場合に支払う必要性がある費用で、住人が家賃を支払えなくなった時に活用されます。

連帯保証人がいない場合は利用する可能性が高いですが、基本的に連帯保証人がいれば保証料を必要としない可能性の方が高いです。

引越し費用は人によって変化しやすく、一人暮らしや二人暮らし、家族で引っ越すのか、引っ越し先までの距離、荷物の量、引っ越しする時期などによって大きく変動します。

以上の初期費用の他にも、鍵の交換代や害虫駆除代など様々な費用がかかる可能性があるでしょう。

初期費用を安く抑えることはできないの?

およそ家賃の5倍から6倍ほどかかる初期費用を一度に支払うのは、経済的にも非常に大変です。

しかし、初期費用を抑えることは十分にできます。

たとえば礼金ナシ、仲介手数料が無料、前家賃ナシなどの物件や、一定の期間だけ初期費用を抑えられるフリーレント物件などが代表的だと言えるのではないでしょうか。

初期費用をいくら安くできるかは物件探しにかかっているといっても過言ではありません。

とはいえ、フリーレント物件だと元々の家賃が高かったり、契約期間内に引っ越した場合はそれまで住んでいた分の家賃を請求されることもあります。

初期費用を抑えるためにしていることが、逆に後悔してしまうことになる可能性もあるので十分に注意しましょう。

大家さんに交渉することで初期費用を抑えられることもある

初期費用を抑えたいのであれば、大家さんに家賃や敷金、礼金の値引き交渉を持ちかけてみるのもおすすめです。

せっかく住まわせてもらうのに値引き交渉を持ちかけるのは気が引けるかもしれませんが、時期によってはある程度値引きしてくれる可能性があります。

いつでも値引き交渉が成功するわけではないので、値引き交渉を行うなら引っ越しする人が少ない閑散期を狙うのが得策です。

閑散期は大家さんにとって値引き交渉に応じてでも入居してもらいたいと考えているため、時期を見極めることで初期費用を抑えることができるでしょう。

急な引っ越しで初期費用が足りない場合は、初期費用を分割払いしよう

急な引っ越しで初期費用が足りない場合は、初期費用を分割払いする方法がおすすめです。

分割払いすることで一度に多くの費用を支払う必要性がなくなるので、急な引っ越しでも安心できますね。

それでは、初期費用を分割払いすることについてご説明しましょう。

初期費用の分割払いとは?

急な引っ越しによって初期費用が足りない場合、分割払いを行うのがおすすめです。

分割払いとは一度に初期費用を支払うのではなく、数ヶ月に分割して決められた回数分を支払っていく方法です。

基本的にどこの不動産会社も分割払いに応じているので、もし急な引っ越しで初期費用が足りない場合は分割払いを利用してみましょう。

分割払いを利用する時は、不動産会社の営業マンに急な引っ越しで初期費用が足りないという旨を伝え、分割払いが利用できないか相談します。

多くの不動産会社は分割払いに応じてくれますが、ほぼ100%クレジットカードでの分割払いになります。

つまり、クレジットカードを持っていない場合は途端に分割払いに応じてくれないことがほとんどなので、クレジットカードを持ってない人は注意が必要です。

また、分割払いに応じていない不動産会社でも、交渉によって分割払いに応じてくれることもあります。

この時にクレジットカードを持っていない場合でも、『どうしても初期費用を工面するのが難しく、分割払いに応じてくれるのであれば必ず契約する』という旨を伝えれば上手くいくこともあるでしょう。

分割払いを利用する時の注意点

初期費用を分割払いする時に注意したいのが、分割払いできる項目です。

分割払いできるといっても全ての項目を分割払いすることはほぼ不可能だと言えます。

敷金や礼金は分割払いできても、前家賃や仲介手数料は分割払いに対応してなかったりと、様々なケースがあります。

分割払いを利用するのであれば、どの項目が分割払いに対応しているのか確認してみましょう。

分割払いのメリット

初期費用を分割払いにすることで、様々なメリットが挙げられます。

金銭面の負担が軽くなる

まず最初に挙げられるのは、一度に初期費用を支払う必要性がなく、金銭面での負担が軽くなることです。

特に急な引っ越しではまとまった費用を用意することが難しく、当日になっても費用が用意できていないことも珍しくありません。

このままでは契約することができないので、分割払いを利用することで金銭的な負担を軽減することができます。

現金と分割払いを併用することも可能であり、柔軟に対応してくれるところばかりなので利用しやすいのもポイントです。

急な引っ越しで初期費用に困った時は、正直に理由を話して分割払いが利用できないか相談してみましょう。

クレジットカードを利用することでポイントが加算される

分割払いを利用するということはほとんどの場合、クレジットカードを使用することになります。

つまり、クレジットカードを利用して分割払いを行うため、初期費用の額に応じたポイントが加算されるというメリットが挙げられます。

初期費用がポイントに還元されるのと同義なので、そのポイントを好きなことに使えるようになるでしょう。

ポイントで新しい家具を購入したり、自分の好きなことに利用したりと様々な利用用途があるのは大きなポイントです。

場合によっては割引などの対象になることもある

不動産会社によっては、分割払いによってクレジットカードを利用したことで様々なキャンペーンの対象になることもあります。

初期費用の一部を割引してくれたり、特典で何かもらえたりと様々です。

もちろん不動産会社によっては割引や特典がないこともあるので、割引や特典がないか調べてみましょう。

分割払いのデメリット

分割払いには様々なメリットがありますが、デメリットもあります。

引っ越せる物件が制限される

急な引っ越しによって初期費用が足りないとはいえ、どこの不動産会社も分割払いに応じてくれるわけではありません。

中には分割払いに全く応じてくれない不動産会社もあるので、引っ越したい物件があったとしても泣く泣く諦めることになりかねないでしょう。

また、基本的に分割払いに応じてくれる不動産会社であっても、物件によっては分割払いに応じてくれないこともあります。

初期費用の分割払いをあてにしているのであれば、引っ越せる物件に制限がかけられることを覚えておきましょう。

クレジットカードの自動引き落としに注意!

クレジットカードで分割払いを行っていくのは構いませんが、代わりに常に残高に注意する必要性があります。

クレジットカードで分割払いを行う場合、自動的に引き落とされる仕組みになっているので、残高が不足している状態だと初期費用を支払うことができなくなってしまいます。

残高不足によって支払いができなかったという履歴が残ってしまうため、不動産会社からの信用を失うきっかけにもなるでしょう。

この先新しいクレジットカードを作る際に不利になることもありますし、うっかりして残高不足にならないように注意する必要性があります。

さいごに

急な引っ越しをしなければならなくなった時は、誰でも荷造りや初期費用の用意に追われることになります。

特にまとまった初期費用を用意できない可能性もあるので、いかに初期費用を抑えられるか、または分割払いが利用できるかにかかっているでしょう。

もし初期費用が足りない場合は、なんとか分割払いが利用できないか相談するのがおすすめです。

急な引っ越しの流れについてはこちらをどうぞ。

何らかの理由で急に引っ越すことが決まった時、何からやればいいのか分からない人もいるのではないでしょうか。 引っ越しは基本的に1ヶ月...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

転勤で引っ越しする場合にまずやることって何?準備は何からしたらいいの?

引っ越しするなら何日前までに業者に予約する必要があるの?

新築マンションの内覧会から引き渡し、引っ越しまでの流れは?

引っ越しするなら何日前から準備したらいい?何から始めたらいいの?

海外に引越しする場合の準備期間はどのくらい必要?何から始めたらいい?

急な引っ越しの場合って業者はどうやって探したらいいの?