海外に引越しする場合の準備期間はどのくらい必要?何から始めたらいい?

あなたは国内ではなく、海外に引越しすることになったらどうしますか?

国内なら何とか出来る部分も多くありますが、海外ともなると何を準備すればいいのか分かりにくいですし、海外に引越すという不安や心配ものしかかってくるでしょう。

ですが、無事に海外に引越す為にもしっかりと準備していれば問題なく引越すことは十分に可能です。

もちろん国内で引越す時とは違って勝手がまるで違いますが、事前にやるべきことを調べるだけでも格段に違ってきます。

そこで、海外に引越す場合の準備期間はどれくらい必要なのか、何から始めるべきなのかをご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



出来れば引越しの準備は3ヶ月前から行うべき

海外への引越しともなると、1ヶ月や2ヶ月では遅いと言えます。

何故なら、引越し先の海外や荷物の量にも左右されますが、基本的に日本から海外への荷物の輸送には時間がかかるからです。

しかも輸送方法によっては遅くて3ヶ月程度かかるほど遅い為、準備期間が遅いと自分だけ海外に来て荷物が遅れて届くということになりかねません。

荷物がないと慣れない海外生活がさらに送りにくくなってしまうので、少なくとも3ヶ月前から引越しの準備を始めるのが得策です。

海外へ引越す前に何を準備するべき?

既にどこの国へ引越すか決まっているなら、次にするべきことは引越しの準備です。

国内に引越すのとそこまで変わりはないかもしれませんが、それでも海外特有の準備をしなければなりません。

海外へ引越す以上は何が起こるか分からないので、抜かりなく準備しておきましょう。

では、海外へ引越す際の準備は何が必要なのかをご説明します。

引越し業者を探すのが最優先事項!海外への引越しに対応しているか調べよう

引越し先が決まっているなら、先に行うのは引越し業者探しです。

引越し業者を探す為には見積もりが必要不可欠となりますが、国内で引越しする場合と違って気を付けておきたいのは、業者や荷物の量、どこの国に輸送するかによって料金が大きく違うことです。

輸送方法は主に航空便と船便の2種類ですが、航空便を選ぶと通常より荷物が早く現地に届くので通常の1.5倍から2倍ほどの費用がかかります。

また、もう一つ注意しておきたいのは、引越し先の海外によっては荷物が破損したり紛失する可能性があるということです。

国によってはテロや戦争が起こる危険がないとは言い切れず、万が一でも巻き込まれてしまう恐れすらあります。

つまり、治安が悪い国ほど荷物の安全が危ぶまれる危険性がある為、保険をかけておいた方が良いということです。

ある程度の保険料を支払って荷物に保険をかけていれば、万が一荷物が破損したり紛失するようなことがあったとしても、保険をかけていたことで補償してくれます。

ただし、国の危険度によって保険料が高くなることに注意が必要です。

なお、引越し業者は全て海外への引越しに対応しているわけではありません。

海外への引越しに対応しているのは基本的に大手業者を除いてわずかしかないので、大手を中心に業者を探してみましょう。

大手の業者が海外への引越しを請け負っているのは、現地に日本人のスタッフがいるので対応してくれるからです。

しかし、海外先によっては日本人スタッフがいないこともあるので、大手の業者に見積もりを依頼する前に引越し先の海外にも対応しているか確認しましょう。

同時に引越し先のビザの申請も忘れないようにしてください。

海外に引越す場合でも目的に応じたビザを取得しなければならない為、各国の大使館のホームページなどでビザの申請方法を調べましょう。

海外へ引越すなら引越し業者の一括見積もりをしよう

自分が引越す海外先への引越しを請け負っている業者を探すのであれば、一括見積もりを活用するのが得策です。

特に海外への引越しは通常よりも費用が高くなりがちなので、出来る限り費用を抑える為にも業者ごとに比較する必要性があります。

海外への引越しの際に現地にスタッフがいればトラブルが起こりにくいので安心出来ますが、費用がかさむと余裕がない人にとっては困ります。

国内で引越すのとは違い、様々なサービスが受けられないこともある為、複数の業者を見積もる必要性があるでしょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

海外の引っ越しに対応していて安い業者を調べてみる(無料)

荷造り

国内に引越すのと同じように普通に荷造りをすればいいと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

国内では自由に持ち運べるものでも、海外では持ち込みが禁止されているものがあるので何が持ち込めないか確認しなければなりません。

また、海外への輸送中は乗せ換えなどによって中の荷物が破損する可能性があります。

もちろん荷物に保険がかけてあれば補償してくれますが、十分に梱包していなかった場合はこちらの責任になることも考えられます。

酒やたばこを持ち込みたいという人は、多くの税金が課せられるので注意が必要です。

なお、荷物の梱包が終わったらパッキングリストと呼ばれる梱包明細書を引越し業者に渡さなければなりません。

このパッキングリストには自分が知らべた保険金額を記入しなければならないので、保険会社が参考に提示している金額を元に保険金額を記入しましょう。

ただし、荷物によっては保険をかけたくても保険適用外になっていることがあるので、本当に大事なものは手荷物として持っていくのが得策です。

もう一つ覚えておきたいのが、洗濯機や冷蔵庫といった日本の家電製品の扱いです。

もちろん海外に引越すということで家電製品も一緒に持ち込みたいところですが、大型の家具を海外へ持ち込もうとすると非常に高い費用を支払うことになります。

大型の家具であるほど持ち込み費用が高くなり、購入価格を上回ることすらあります。

海外の賃貸住宅に引越す場合、既に部屋の中に家具が備え付けられていることが多いので、備え付けられている家具を利用するのがおすすめです。

どうしても処分したくない場合は、トランクルームを利用したり実家で預かってもらいましょう。

しかし、日本ならではの家電製品は持っていくべきかもしれません。

何故なら、海外で日本の製品を購入しようとすると非常に高額か、あるいは取り扱っていないことが多いからです。

もしも海外でも日本製の炊飯器や空気清浄機といった製品を使いたいなら、日本で購入してから持ち込むのが得策です。

引越し業者との入念な打ち合わせ

海外へ引越す際の荷物は、いわば輸出のような扱いになります。

海外からすれば荷物が輸入されてくるようなものなので、通関手続きが必要です。

通関手続きは引越し業者が代行してくれるので問題はありませんが、問題は荷物がいつ引越し先に届くかどうかです。

海外へ荷物を輸送する場合、遅くて3ヶ月ほどかかるとなるといつになったら荷物が配達されるのか不安に思いますよね。

何かトラブルが発生するのを避ける為にも、打ち合わせの中でいつ荷物を配達するのかしっかりと話し合いましょう。

荷物の搬入

いよいよ最後になりますが、最後はパッキングリストを確認しながら荷物が全部揃っているかを確認します。

引越し業者はパッキングリストに記載されている荷物を部屋まで届けるのが仕事なので、リストに記載されていないものがあったとしても責任が取りにくいです。

また、リストにはどの部屋にどの番号の荷物を配達するのかを記載する必要性もあります。

海外へ引越しする際に持ち込むものは?

海外に引越すにあたり、必ず忘れてはいけないものがあります。

• パスポート
• 飛行機のチケット
• パッキングリスト
• 転校手続きの書類

以上が必要になるものです。

とにもかくにもパスポートがなければ渡航することは出来ないので、自分が住む地域の役場にて本人確認書類や顔写真、戸籍謄本を持って申請しましょう。

特に忘れてはならないのが飛行機のチケットです。

引越し業者にいつどの便で移動するのか業者が把握していないと荷物の配達のしようがないので、いつどの便を利用するのか決まったら最優先で業者に報告しましょう。

また、子どもも海外に引越すことになったら、子どもの転校手続きが必要になります。

子どもが通う学校に連絡して在学証明書や成績証明書、健康診断書、歯科検診の診断書、教科書給与証明書などを発行してもらう必要性があります。

なお、引越し先が英語圏だった場合、全ての証明書を英語で作成してもらわなければならないので注意しましょう。

さいごに

海外に引越すこととなった場合、国内と違って用意するものや持ち込む荷物の注意点が多くあるので混乱しやすいでしょう。

様々な手続き等は国内に引越すのと変わりませんが、国内で引越すよりも費用が高いのも問題になるかもしれません。

ただ、引越し業者を吟味すれば安心して荷物を配達してくれますし、しっかりと見積もりを取ることで出来る限り費用も抑えられます。

海外に引越すということに不安や心配を感じるのも無理はありませんが、事前にしっかりと準備すれば問題なく引越すことが出来るのではないでしょうか。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

新築マンションの内覧会から引き渡し、引っ越しまでの流れは?

急な引っ越しの場合って業者はどうやって探したらいいの?

急な引っ越しの流れは?準備ややることは何があるの?

転勤で引っ越しする場合にまずやることって何?準備は何からしたらいいの?

引越しの見積もりや賃貸物件は何ヶ月前から探し始めたらいいの?

引っ越しするなら何日前から準備したらいい?何から始めたらいいの?