急な引っ越しの流れは?準備ややることは何があるの?

 

何らかの理由で急に引っ越すことが決まった時、何からやればいいのか分からない人もいるのではないでしょうか。

引っ越しは基本的に1ヶ月から2ヶ月ほど時間をかけて少しずつ準備を進めていくものなので、短い期間で引っ越しの準備をするのは大変ですよね。

もし急な引っ越しが決まったら、まずやるべきことから先に済ませることが大切です。

急な引っ越しということで順序良く引っ越しの準備を進めなければならないので、慌てているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

先に何を準備するべきなのか、何から始めるべきなのかを理解しておけば、慌てずに行動することができるでしょう。

この記事を読み込むことで、急な引っ越しが決まった時の流れが分かります。

それでは、急な引っ越しが決まった時の準備ややることの流れについてご説明しましょう。

急な引っ越すが決まったなら、この記事を読んで是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



急な引っ越しをする時の流れ

急に引っ越しをすることになった時、時間がないからといって慌てるのはNGです。

無駄に慌ててしまうと余計に時間をロスしてしまうので、冷静に行動することが大事です。

それでは、急な引っ越しをする時の流れについてご説明しましょう。

まずは引っ越し業者に連絡する

とにもかくにも、引っ越しするにあたって引っ越し業者を確保しておかないと、引っ越ししたくてもできません。

数日でも余裕があるのであれば、引っ越し料金の一括見積もりサイト(無料)を利用して急な引っ越しに対応してくれる業者を探すことが大切です。

特に急な引っ越しをする場合は早めに一括見積もりを行って引っ越し業者の予約を取らないと、業者のスケジュールに空きがないせいで引っ越せなくなる可能性もあります。

スケジュールやトラックに空きさえあれば引っ越しを請け負ってくれるので、引っ越しをすることが決まった時点ですぐに引っ越し業者を探しましょう。

急な引っ越しに対応してくれる引っ越し業者に絞り、それぞれに一括で見積もりを依頼するのがおすすめです。

一括見積もりを行うことで一番安い費用を提示してくれる引っ越し業者を探せるので、お得に引っ越ししやすくなります。

時間に余裕がない中で引っ越し業者を吟味している時間はないかもしれませんが、少なからず引っ越し費用で損をしないためにも、引っ越し業者の吟味はしっかりと行いましょう。

より正確な見積もり金額を提示してもらうためにも、訪問見積もりに応じてくれるような是非ともそうするのが得策です。

訪問見積もりによって正確に荷物の量を確認してもらい、正確な見積もり金額を提示してくれた方が損することがありません。

詳しくはこちらをどうぞ。

急な引っ越しにも対応してくれる業者を調べてみる(無料)

正式に引っ越し業者に依頼したら、すぐに荷造りを始める

見積もりによって正式に引っ越し業者に引っ越しを依頼することができたら、すぐに荷造りを始めましょう。

引っ越し予定日まで時間がない人は、急いで荷造りを完了させないと当日に荷物を運んでくれません。

運んでもらいたい荷物を全て運んでもらうためにも、一刻も早く荷造りを済ませることが大切です。

また、費用がかかってもいいのであれば引っ越し業者に荷造りを全て任せてしまうのもおすすめできます。

引っ越し業者が提供するプランの中には、荷造りから荷解きまで全てスタッフが行ってくれるおまかせプランというのがあります。

おまかせプランであれば自分で荷造りしなくても業者のスタッフが全て行ってくれるので、慌てて荷造りしなくて済むでしょう。

特に引っ越しする前に済ませなければならない手続きが多くあることから、最初からおまかせプランを利用することが決まっていれば手続きに集中できます。

ただし、万が一のことを考えて貴重品などの重要なものは自分で管理しましょう。

引っ越しする前の手続きは重要

急な引っ越しを行う上で忘れてはならないのが、引っ越しする前に済ませておく各種手続きです。

新居に引っ越す前に済ませておかないと後で困ることになる可能性もあるので、引っ越す前にできる手続きは全て済ませる必要性があります。

また、賃貸物件に住んでいる人は、急な引っ越しが決まった移転で大家さんに急な引っ越しをすることになった旨を報告しましょう。

大家さんへの引っ越しの報告は、本来であれば引っ越す1ヶ月前や2ヶ月前に行うものなので、急に引っ越すことになったお詫びをすると共に、いつまで家賃を支払うのか聞くのが得策です。

大家さんへの引っ越しの連絡が遅れてしまうと、新居に引っ越した後も旧居の家賃を支払うことになる可能性があります。

せめて早めに報告して、家賃の支払いはいつまで発生するのかを確認することが重要です。

いよいよ引っ越し当日になったら、引っ越しに立ち会おう

荷造りが終わり、手続きが完了して引っ越し当日に引っ越し業者が到着したら、搬出作業をスムーズに進めるために現場に立ち会うことが大切です。

作業中は何が起こるか分かりませんし、自分も手伝うことになる可能性があります。

スタッフに対して運ぶ際に注意してほしい荷物もあるかもしれないので、立ち会う意味は十分すぎるほどにあるでしょう。

ただ、おまかせプランを利用している場合は搬出を手伝う必要性はありません。

貴重品は自分で管理しておき、後はスタッフに任せて最終的に運び忘れがないかを確認するだけでOKです。

新居に到着したら荷物がきちんと揃っているか、荷物が破損していないかをチェックします。

後は大型の家具や家電を配置してもらい、精算を行ったら完了です。

急な引っ越しでバタバタするのは仕方ないことなので、順序良く準備を進めれば意外とスムーズに引っ越せると言えるでしょう。

先に済ませるべき手続きと、引っ越し後に行える手続き

急な引っ越しを行うことになった時、引っ越しする前に様々な手続きを済ませなければなりません。

引っ越しする前に行う手続きは非常に多くあるものの、中には引っ越しした後に行える手続きもあるので後回しにできます。

引っ越しする前に行うべき手続きと後回しにできる手続きが分かっていれば、時間を無駄にすることなく手続きが済ませられますね。

それでは、引っ越し前に行うべき手続きや後回しにできる手続きについてご説明しましょう。

先に済ませなければならない手続き

引っ越しする前に済ませておかなければならない手続きは多くあります。

必要書類も用意しなければならないので、時間に余裕がないこともあってかなり慌ててしまうかもしれません。

しかし、冷静に行動しなければ、時間を浪費しやすくなるので注意しましょう。

先に済ませなければならない手続きは、以下の通りです。

・学校の転校手続き
・ガス・水道・電気の転居手続き
・固定電話の移設手続き
・インターネットの転居手続き
・自分が住む市区町村の役所や役場で転出届・転居届の手続き
・国民健康保険の転居手続き
・印鑑登録の住所変更手続き
・NHK受信料の住所変更手続き
・郵便物や宅配物の転送届
・新聞や配達サービスなどの住所変更手続き
・ケーブルテレビや衛星放送の住所変更手続き

主に以上の手続きを行う必要性がありますが、人によって行う手続きが違います。

子どもがいない場合は転校手続きは必要ありませんし、ケーブルテレビや衛星放送、新聞や配達サービスなどを利用していない人は関係ありません。

テレビを所有していないとハッキリ証明できる人なら、NHK受信料の住所変更も必要ありません。

特に会社の社会保険に加入している人は国民健康保険の転居手続きを行う必要性がなく、固定電話を使用していない人も移設手続きを行わずに済みます。

また、引っ越し先が同じ市区町村内であれば転居届を提出するだけでOKであり、転出届は別の市区町村に引っ越す場合に手続きを行う必要性があります。

自分が以上の項目のどれに当てはまっているのかを確認して、滞りなく手続きを行いましょう。

後回しにできる手続き

引っ越しする前でも手続きを行うことができますが、引っ越しした後でもできる手続きがあります。

ただでさえ時間がない時にまとめて手続きを済ませるのはかなりハードなので、後回しにできる手続きは引っ越しした後に済ませましょう。

ただし、後回しにできるといっても手続きには期限が設けられているものもあるため、急な引っ越しが終わって一段落ついても油断することはできません。

引っ越しした後も油断せずに手続きを済ませるのが得策です。

後回しにできる手続きは、以下の通りです。

・新居がある市区町村の役所や役場に転入届を提出する
・国民健康保険の加入手続き
・クレジットカードの住所変更手続き
・通帳の住所変更手続き
・各種保険の住所変更手続き
・マイナンバーカードの住所変更手続き
・印鑑登録の手続き
・国民年金の転居手続き
・運転免許証の住所変更手続き
・車検証や車庫証明書の申請
・携帯電話の住所変更手続き
・パスポートの住所変更手続き
・福祉医療や手当などの手続き
・様々な会員サービスの住所変更手続き

これらの手続きも引っ越しする前の手続きと同様に、人によっては手続きする必要性がない項目があります。

クレジットカードや運転免許証などを持っていない人、携帯電話やパスポートを持っていない人は手続きをする必要性がありません。

会社で国民年金に加入している場合は、自分で手続きしなくても構いません。

自分が利用している会員サービスのみ手続きすればいいだけで、後は必要な手続きを済ませるだけでOKです。

特に転入届は引っ越したその日から14日以内に提出しないと、期限を過ぎた時に罰金が科せられる可能性があるので注意しましょう。

さいごに

急な引っ越しが決まった時は誰でも焦るものですが、焦らずにしっかりと流れを理解して準備を進めれば問題なく引っ越しすることができるでしょう。

引っ越しする前に手続きする必要性があるものが非常に多いですが、中には後回しにできる手続きもあります。

とにかく先に引っ越し業者を見つけなければどうにもならないので、まずは一括見積もりサイトを利用して急な引っ越しに対応してくれる業者を見つけましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

新築マンションの内覧会から引き渡し、引っ越しまでの流れは?

急な引っ越しの場合って業者はどうやって探したらいいの?

転勤で引っ越しする場合にまずやることって何?準備は何からしたらいいの?

引越しの見積もりや賃貸物件は何ヶ月前から探し始めたらいいの?

急な引っ越しで初期費用が足りない場合に考えることとは?

一人暮らしの引っ越しの準備期間はどのくらい必要?一週間でもできるの?