引越しの見積もりや賃貸物件は何ヶ月前から探し始めたらいいの?

 

そろそろ引越そうと考えている人にとって疑問に思いやすいのが、賃貸物件は何ヶ月前から探し始めればいいのか、見積もりを行うのはいつ頃がベストなのかどうかです。

これから住む新たな引越し先を探すのは楽しい反面、賃貸物件が見つからない事態も想定できます。

引越し先が見つからない事態を防ぐためには、早めに物件を探し始める必要性があるでしょう。

また、引越し先が見つかっても、今度は引越しするどのくらい前から見積もりを依頼すればいいのかどうかです。

見積もりは早いに越したことはありませんが、業者を吟味する時間もほしいところですよね。

この記事を読み込むことで、賃貸物件は何ヶ月前から探すべきなのか、見積もりはいつ頃からすべきなのかが分かります。

それでは、引越しの時に賃貸物件は何ヶ月前から探すべきなのか、見積もりはいつ頃から行うのかご説明しましょう。

これから引越そうと考えている人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



賃貸物件は何ヶ月前から探した方がいいの?

自分の新たな住まいとなる賃貸物件を探すにあたり、様々な条件があるはずです。

これだけは外せない条件もあるでしょうが、なかなか理想的な物件が見つからないこともあるかもしれません。

それでは、賃貸物件は何ヶ月前から探し始めた方がいいのかご説明しましょう。

賃貸物件は2ヶ月前から探そう

まず最初に行うのは、余裕を持って2ヶ月前から賃貸物件を探しましょう。

賃貸物件を探すといっても、いきなり不動産会社に乗り込むのではなく、自分が住みたいと思う賃貸物件の条件を挙げることが先です。

駅に近い、築浅、部屋が広い、家賃が安いなど、人によって様々な条件があるでしょう。

しかし、自分が住みたいと思う理想の条件に全て合う物件を見つけることはほぼ不可能と言えます。

そういった物件こそ瞬く間に他の入居者が決めてしまうので、住みたい物件を決めるならある程度の妥協が必要です。

そのためには、インターネットなどを駆使して自分が住みたい立地にある物件の家賃相場を調べることから始めましょう。

まずは自分が住みたいと思う家賃の予算を決めよう

賃貸物件を探すのであれば、自分が住みたい賃貸物件の家賃相場を調べる必要性があります。

いかに理想に近い物件を見つけたとしても家賃が高くては意味がありません。

その物件に住み続けるのであれば毎月家賃を支払うことになるので、生活をひっ迫させるほどの高い家賃ではいずれ生活できなくなってしまいます。

自分の収入に合った家賃の相場を調べるためには、余裕を持って2ヶ月前から探し出すのがおすすめです。

2ヶ月前から少しずつインターネットで調べたり、不動産会社に足を運んでどんな物件があるのかを調べていきます。

地道に相場を調べて、家賃の価格帯や希望する条件が固まってきたら、本格的に物件を探しましょう。

自分が住みたいと思う地域の物件を調べ、物件の周辺環境を調べて本当にその物件が良いのか吟味することが大切です。

もしどの物件よりも条件が良い物件が見つかったとしても、すぐに問い合わせるのは得策ではありません。

引越しする2ヶ月前から物件を探すということで、誰かが入居しないように早めに話を進めたいと思うでしょう。

しかし、早めに問い合わせて契約する話を進めてしまうと、思いのほか契約手続きが進んでしまい、予定より早く引越すことになりかねません。

そうなると早めに家賃が発生してしまうことになるので、早くから話を進めないようにするのが得策です。

とはいえ、契約の話を進めず、予定日になる前に誰かに物件を取られてしまう可能性があるからといって、入居する時まで物件をキープすることはできません。

いつ誰に物件を取られてしまうか分からない以上、複数の物件の候補を挙げておくことが大切だと言えるでしょう。

物件を探すことに集中しすぎて、1ヶ月を切らないようにしよう

理想とする物件がなかなか見つからず、時間ばかりが過ぎていくことも少なくありません。

しかし、物件探しに集中しすぎて、引越し予定日まで1ヶ月を切らないようにしましょう。

具体的な条件を絞って物件を探すのは簡単なことではありませんし、残り1ヶ月を切ったとなればますます物件数が少なくなるとされています。

物件探しだけでなく、そろそろ荷造りを始めなければならない時期でもあるので物件探しに時間を割くことが難しくなります。

理想とする物件をできる限り探すためには、余裕を持って探した方が良いでしょう。

ただ、急な引越しが決まり、残り数週間で引越しの準備を始めなければならないという場合はこの限りではありません。

早めに物件を探しつつ、引越しの準備を始めるのが得策です。

引越し業者の見積もりはいつ頃から始めればいいの?

ようやく引越したい物件が決まった時、今度は引越し業者の見積もりを行う必要性がでてきます。

とはいえ、引越しの見積もりはいつ頃から始めるのがベストなのでしょうか。

それでは、引越し業者の見積もりはいつ頃から始めた方がいいのかご説明しましょう。

引越しの見積もりを行うタイミングは基本的に1ヶ月前から!

引越しの見積もりは、基本的にベストなタイミングがあるわけではありませんが、基本的に引越しする1ヶ月前がベストだとされています。

本来は引越しの見積もりは早ければ早いほど良いとされているので、引越し先が決まり次第すぐに引越し業者に見積もりを依頼しましょう。

なぜ早めに見積もりを依頼するのが良いのか、それは引越しする希望日に予約を取りやすいのと、余裕をもって荷造りができるからです。

もし遅めに見積もりを依頼すると、引越しする希望日を伝えてもスケジュールの問題で希望日に引越しすることができない可能性があります。

すると当初予定した引越しのスケジュールが崩れることになりますし、やっと予約が取れたと思ったら大幅に遅れることにもなるでしょう。

また、引越し予定日が決まったら、その日までに荷造りを全て終わらせておかなければなりません。

荷造りは基本的に時間がかかるもので、引越し前の手続きや粗大ゴミの回収など、時間を要することが立て続けに起こる可能性があります。

荷造りがどうしても適当になることもありますし、余裕を持って荷造りができないというのは想像以上に困るものです。

きちんと予定していた日に引越ししたり、余裕を持って荷造りを行うのであれば引越し予定日の1ヶ月前を基本に、できる限り早めに見積もりを依頼しましょう。

繁忙期の見積もりはどうなる?

引越し業者に見積もりを依頼する上で注意したいのが、繁忙期です。

繁忙期は多くの人が引越しを行うため、その分引越し業者のスケジュールもあっという間に埋まってしまいます。

したがって、繁忙期は遅くて1ヶ月前、早めに2ヶ月前から見積もりを依頼するのがおすすめです。

早く見積もりを依頼することで希望日に引越しやすくなるのは変わらないので、早めの行動が大切だと言えるでしょう。

見積もりは複数の引越し業者に依頼する

必ず複数の引越し業者に見積もりを取りましょう。

一社だけの見積もりだとその金額が高いのか、安いのか判断が付かないからです。

複数の引越し業者に見積もりを取ることで費用の相場を知ることができますし、安い引越し業者を探すこともできるのです。

「物件を探しつつ、引越し業者も探すとなると大変なんだけど…」

という悩みもありますよね。

複数の業者に見積もりを取った方がいいからと言って一社ずつ見積もりを取ったのでは時間と手間がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが複数の業者に見積もりを取ることができる「引っ越し料金一括見積もりサイト(無料)」です。

メリットとしては、

・一回のWEBからの入力で最大10社まで見積もりを取ることができる
・複数の業者に見積もりを取ることで引っ越し費用の相場を知ることができる
・業者の見積もりで費用の交渉をすることができる
・引っ越し一括見積もりサイトに登録している業者なのでぼったくりの被害に遭う可能性が低い
・無料で利用できる

などになります。

一番大きなメリットは、複数の業者から見積もりを取ることで費用の交渉材料にできるという事です。

他社の見積もり結果を持って本命の引越し業者に「引っ越し費用は安くなりませんか。安くなるなら御社で引っ越しをお願いしようかと思います」と交渉材料にすることで費用が安くなる可能性が高いです。

引越し業者も相見積もりを取られていることを知っているので限界まで費用の交渉に応じてくれるでしょう。

安く引越しをするなら一度、引っ越し料金一括見積もりサイトで費用の相場を調べてみることをおすすめします。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を調べてみる(無料)

さいごに

引越しの際に自分が理想とする賃貸物件を探すのは、困難を極めるでしょう。

ある程度の妥協が必要になりますし、あまり物件が見つかっていないと時間ばかりが過ぎて当初の予定が狂う可能性があります。

同時に引越し業者への見積もりも早めに行わないと、希望日に引越しできなくなる可能性があるので、早め早めの大切ですね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

海外に引越しする場合の準備期間はどのくらい必要?何から始めたらいい?

一人暮らしの引っ越しの準備期間はどのくらい必要?一週間でもできるの?

引っ越しするなら何日前から準備したらいい?何から始めたらいいの?

新築マンションの内覧会から引き渡し、引っ越しまでの流れは?

急な引っ越しの場合って業者はどうやって探したらいいの?

急な引っ越しの流れは?準備ややることは何があるの?