一人暮らしの引っ越しの準備期間はどのくらい必要?一週間でもできるの?

引っ越しすることになった時、家族ではなく一人で引っ越すことになるケースも多くあります。

この場合だと一人で引っ越しの準備をしなければならないので、誰かに手伝ってもらわない限り大変な作業に追われることでしょう。

しかし、家族なら大変なことでも一人暮らしの引っ越しだと荷物もそんなに多くないので意外に素早く済ませられるかもしれません。

そこで、一人暮らしが引っ越す場合、準備期間はどれくらい必要になるのか、一週間だけで引っ越すことは出来るのかについてご説明しましょう。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



一人暮らしのメリットはそこまで荷物が多くないので日数が少なくても問題ないこと

家族世帯の引っ越しの場合、様々な手続きや荷造りなどで多くの時間を要するケースがほとんどです。

多くの世帯は1ヶ月前から準備しておかないと厳しいスケジュールになるでしょう。

しかし、一人暮らしの場合だと単身者ということで手続きも一人分で良いですし、荷造りも少ない傾向にあるのである程度日数が差し迫っていても問題ありません。

では、どのくらいの準備期間が必要になるのでしょうか。

一人暮らしの引っ越しの準備期間は二週間程度あれば十分

本当は1ヶ月前に準備した方がいいと言いたいところですが、一人暮らしの場合だと逆に時間が余ってしまうくらいなので二週間程度の準備期間があれば問題ありません。

一人暮らしでも済ませるべき手続きは多くありますが、家族世帯ほど多いわけではないので期間が多少短くても無事に引っ越しすることが出来ます。

しかし、自分一人で行動しなければならないので準備を怠けているとそれだけ時間が足りなくなってしまいますし、一人では分からないことも多くあるでしょう。

その分友人などに手伝ってもらうなど、様々な対処が柔軟に出来るのも一人暮らしならではの大きなポイントです。

一人暮らしの引っ越しを成功させる為にも、まずは事前に計画を立ててしっかりと準備や手続きを済ませていくことが大切ですね。

もしも引っ越しまで一週間しかなかった場合、引っ越しすることは出来る?

二週間ではなく、もしも引っ越しするまで一週間しかないとなった場合、無事に引っ越しすることが出来るのか気になりますよね。

いくら一人暮らしである程度の期間があれば余裕を持って準備出来るとはいえ、一週間しかないとなるとさすがに厳しいと思われるのも無理はありません。

しかし、たとえ一週間しかなかったとしても引っ越しすることは十分に可能です。

では、一人暮らしの人が一週間で引っ越しするにはどうすればいいのかをご説明しましょう。

引っ越しする一週間前

もしも一週間で引っ越しするとなったら、

• 新しい引っ越し先を見つける
• 引っ越し業者を選ぶ
• 大家さんに契約の途中解約の旨を伝える
• 荷造り
• 粗大ごみの処分

先にこれらを始めます。

特に新しい引っ越し先を見つけなければ他の手続きが出来ないままなので、先に引っ越し先を見つけることに専念しましょう。

新しい引っ越し先を見つけたら、次に引っ越し業者を選びましょう。

引っ越し業者といっても同じ内容の引っ越しで料金が違う為、複数の業者に見積もりを取るようにするのがポイントです。

しかし、ただでさえ時間がないのに一社ずつ見積もりを取っているようでは非効率になってしまいます。

そこでおすすめ出来るのが、業者の一括見積もりです。

一括見積もりであればわざわざ一社ずつ見積もりを取る必要性がないので、大幅な時間の短縮が出来ます。

自分が求める条件に合わせて好きな業者に一度に見積もりの依頼が出来る為、比較もしやすいのがポイントです。

詳しくはこちらをどうぞ。

あなたに合った最安値の引っ越し業者を探してみる(無料)

そして次に大切なのは、大家さんに引っ越すことを伝えなければならないことです。

大家さんに引っ越しの連絡をしなければならないのは、最初の契約の段階で契約期間が満期を迎えるまでに途中解約する時、ほとんどの場合1ヶ月以内に連絡することになっているからです。

もしも直前になって大家さんに連絡したり、連絡するのを忘れたりしていると新居に引っ越したにもかかわらず旧居の家賃を支払うことになりかねません。

これも優先事項の一つなので、忘れずに連絡しましょう。

また、家ですることといえば荷造りの問題です。

家族世帯とは違って一人暮らしなので荷物の量はそれほど多くないかもしれませんが、一週間前から少しずつ始めていくのが理想的です。

もちろん普段の生活で使う物を先に詰めてしまうと困るので、最初は普段から使っていないものを詰めていきましょう。

この時にいらない大型のものは粗大ごみとして処分していきます。

粗大ごみを出す際には期間が設定されているものもあるので、一週間前から始めないとスムーズに処分出来ない可能性があります。

必ずどのように処分すればいいのかを確認して、早めに行動しましょう。

引っ越しの5日前

引っ越しする5日前になったら、

固定電話やインターネットの移転手続き
郵便物を新居に転送してくれる転送サービスの申し込み
• 定期購入しているものの住所変更届、あるいは解約
• 友人や親戚などに引っ越し先の住所を伝える

以上を済ませておきましょう。

固定電話やインターネットを普段から利用している人は、引っ越し先でも使用出来るように電話会社やインターネットのプロバイダーに連絡しなければなりません。

また、引っ越し先が西日本から東日本、あるいはその逆になる場合は解約して新たに契約しなければならないので注意しましょう。

次に、郵便物の転送サービスの利用も忘れないようにしてください。

転送サービスを利用していなかった場合、引っ越したことを知らない人は旧居に郵便物を送ることになります。

すると誰もいない家、もしくは既に誰かが住んでいる旧居に郵便物が届けられてしまいます。

家に誰もいなければ郵便物を送った人に返されてしまうので、引っ越し先を教えてくれなかったことによる不信感を抱かせてしまうでしょう。

もしも旧居に既に誰かが引っ越していた場合は、他人に個人情報を盗み取られてしまう恐れがあります。

安全や信用、大事な郵便物を逃さない為にも必ず郵便局で転送サービスの利用を申し込みましょう。

また、現在定期購入しているものがあるなら、住所変更届を出したり解約する必要性があります。

もしこれらの手続きが遅れてしまった場合、余分にお金を請求される可能性があるので忘れないようにしましょう。

そして、友人や親戚、両親や取引先など様々な人に引っ越すことを知らせる必要性もあります。

引っ越し先の住所が分からなければ旧居に郵便物が送られてしまいますし、信用問題にも関わるので必ず伝えましょう。

引っ越しする4日前~2日前

引っ越しする4日前~2日前になったら、

電気ガス水道の解約と契約
• 転出届、あるいは転居届の提出
• 各種金融機関での手続き

以上の手続きが必要です。

特に自分が住む地域の役所で必ず転出届、あるいは転居届を提出しましょう、

転出届や転居届を提出して転出証明書をもらわないと、引っ越し先の役所で行う転入届の提出が面倒になります。

また、電気・ガス・水道の手続きは、それぞれ契約している会社に連絡して止めてもらわなければなりません。

連絡は早めに行った方が予約しやすいので、出来る限り早めに予約しましょう。

金融機関では銀行口座の住所変更やクレジットカードの住所変更などを行います。

ここで住所変更を行っておかないと、引っ越し先で金融機関からの郵便物が届かなくなるので注意しましょう。

いよいよ引っ越しする時や引っ越しが終わった後など、ようやく一段落ついたと思っていても、まだまだやることは多くあります。 中でも絶対...
引っ越しする際に忘れてはいけないのが、自分が住んでいる市区町村の役所や役場に転居届を提出することです。 転居届は提出期限が決められ...

引っ越しの前日

引っ越しの前日に行うのは、

• 冷蔵庫や洗濯機の水抜き
• 近所への挨拶

以上の2つです。

近所への挨拶は必須ではありませんが、必要性を感じたら挨拶しておきましょう。

また、冷蔵庫や洗濯機は水抜きしておかないと運ぶ最中に水が漏れてしまい、様々な問題になりかねないので必ず水抜きしておきましょう。

引っ越しする当日

引っ越しする当日の場合、

• いらない荷物の処分
• 電気のブレーカーを下げる
• 部屋の掃除
• 全てが終わったら鍵を閉めて返却する

以上が当日に行うことです。

荷造りが終わった後にいらない荷物を全て処分し、綺麗に荷物をまとめておきます。

もちろん部屋を出る時に物がないようにしましょう。

また、ブレーカーを下げるのは、ブレーカーが上がっていると引っ越しした後に料金を請求されてしまうからです。

忘れずにブレーカーを下げておきましょう。

最後にカギを閉めて退室しますが、鍵はポストに入れておくか、大家さんに返却するか、後日郵送するかのどれかなので、事前にどの方法で返却するのか確認してくださいね。

さいごに

一人暮らしの引っ越しでもやることは多いので、慌ただしくなることには違いありません。

引っ越し先に持っていく荷物が少ないのであればそれほど苦労しないかもしれませんが、手続きは忘れずにやっておかないと後で困ることになります。

無事に引っ越しが完了出来れば、後は引っ越し先での手続きが待っているので油断しないようにしましょう。

また、部屋を退室する際には部屋に感謝することを忘れないでくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

海外に引越しする場合の準備期間はどのくらい必要?何から始めたらいい?

引越しの見積もりや賃貸物件は何ヶ月前から探し始めたらいいの?

新築マンションの内覧会から引き渡し、引っ越しまでの流れは?

急な引っ越しで初期費用が足りない場合に考えることとは?

引っ越しするなら何日前までに業者に予約する必要があるの?

転勤で引っ越しする場合にまずやることって何?準備は何からしたらいいの?