引越しを機にエアコンを買い替えるメリットは?買い替えの時期や年数はどのくらい?

 

引越しすることが決まった時、エアコンを買い替えようか悩んだことはありませんか?

型は古いけどまだまだ使えるので、買い替えるのはもったいないと思うこともあるでしょう。

しかし、場合によってはエアコンを買い替えた方が良い時もあります。

エアコンを買い替えることによって逆に引越しにかかる費用が抑えられることもあるので、買い替えを検討する意味は十分にあるでしょう。

とはいえ、エアコンを買い替える時期や、エアコンを購入してどれくらい年数が経っているかも関係してきます。

エアコンの買い替えを検討している人は、この記事を読み込むことで買い替えのメリットなどが分かります。

それでは、引越しを機にエアコンを買い替えるメリットや、時期や年数をご説明しましょう。

エアコンの扱いに悩んでいる人は、是非とも参考にしてみてくださいね。



引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



エアコンを買い替えるメリットとは?

引越しの際にエアコンを買い替えるか迷う人もいるかもしれませんが、買い替えることによるメリットもあります。

現在使用しているエアコンが古い場合は、買い替えた方が良いかもしれませんね。

それでは、エアコンを買い替えるメリットについてご説明しましょう。

エアコンは新しいものほど消費電力が少ない

ここで、エアコンの消費電力について考えてみましょう。

エアコンは数ある電化製品の中で最も消費電力が多い家電です。

さらに、エアコンは古い型ほど消費電力を抑える機能がなく、効率良く電気代を節約することが難しい家電でもあります。

逆に新しい型ほど消費電力を抑える省エネ機能が備わっていたり、効率良く電気代を節約することが可能です。

つまり、今現在古いエアコンを使っている人は、買い替えた方が電気代を抑えられるということになります。

基本的にエアコンの寿命は10年程度とされており、10年前のエアコンと最新のエアコンを比べてみると、年間で4000円ほど電気代を節約できるとされています。

エアコンの買い替えは、まさに光熱費の節約になるという大きなメリットがあると言えるでしょう。

エアコンの移設は高額な費用が発生しやすい

エアコンの移設には高額な費用が発生することをご存知でしょうか?

エアコンの移設を行う場合、まずエアコンの取り外しと引越し先までの移動費用、エアコンクリーニング、取り付け工事を行うのが一般的です。

もしも買い替えるくらいなら、今のエアコンはまだ動くので使い続けた方がお得だと思っている人もいることでしょう。

しかし、その考えは間違っているかもしれません。

先ほどご説明したエアコンの移設は、一連の工事を行うだけで新品のエアコンが購入できてしまうほど費用が高くなる可能性があります。

新しく買い替えたばかりのエアコンを移設するのであれば問題ありません。

ですが、数年前の古い型のエアコンを移設させた場合だと、同じ費用がかかるくらいなら新しく買い替えた方が良かったと後悔する人もいるほどです。

ここでエアコンを移設させる時の内訳を見てみましょう。

まず、旧居での取り外しと引越し先にエアコンを取りつけるだけで、1万円から2万円ほどかかるのが一般的です。

それだけでなく、エアコンクリーニングとして6000円程度、エアコンを取り外した後の壁に開いた穴を塞ぐための費用として2000円程度、エアコンにガスを充填させる時に2万円程度かかる可能性があります。

さらに追加料金が発生する場合だと、1万円から2万円ほどかかるでしょう。

つまり、エアコンの移設にかかる費用は約5万円から8万円ということになります。

新しいエアコンは基本的に6万円から8万円が相場となっているので、まだ動くエアコンでもどちらがお得なのかは一目瞭然です。

たとえ5万円から8万円の費用をかけて移設しても、移設して数ヶ月も経たないうちに壊れてしまうことがあります。

これは移設したことでエアコンの耐久性が落ちやすく、壊れやすい状態になってしまうからです。

エアコンが壊れてから新しく買い替える場合、エアコン代に加えて古いエアコンを取り外す時の費用や新しいエアコンを取りつける費用も発生します。

ここまで費用がかかるくらいなら、最初から買い替えた方が古いエアコンを移設する費用がかかりません。

エアコンが古いなら、買い替えた方がメリットが多くあります。

移設についてはこちらの記事をご覧ください。

今現在使用しているエアコンを新居でも使いたいという人は、エアコン移設工事を業者に依頼しなければなりません。 エアコンを移設させるということ...

インターネットを利用すればお得に購入できる

エアコンを新しく買い替える場合、直接店舗で購入するよりもインターネットを利用して購入した方がお得です。

インターネットであれば同じ型で同じ製造年数なのに、費用が1万円から2万円ほど安いことがあります。

さらに、通販サイトによってはエアコンを購入したことでポイントが還元されることもあるでしょう。

配送日時も指定できるので、引越しの邪魔にならないように調整できるのも大きなポイントです。

エアコンを買い替えるのであれば、事前にインターネットで購入したいエアコンをsガスのがおすすめですね。

エアコンの移設に関するトラブルに巻き込まれない

エアコンの移設を行う場合、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

エアコンを移設させる時に問題になりやすいのが、エアコンを取り外す業者と取り付ける業者が違うケースです。

エアコンを取り外して引越し先で取り付ける間にエアコンが故障してしまう可能性があり、故障の責任がどちらの業者にあるかで揉めてしまうことがあります。

どちらかの業者が非を認めて責任を取ってくれるのであれば問題ありませんが、どちらも非を認めないようであれば、もはやどうすることもできません。

まだ使えるエアコンを移設させたいと誰もが考えるものの、こうした不安要素があるので注意する必要性があるでしょう。

エアコンを買い替える場合は、このようなトラブルが起こることがないので大きなメリットとなります。

エアコンを買い替える時期や年数はどれくらいがベスト?

エアコンを買い替える場合、時期や年数を気にした方が良いでしょう。

タイミングや年数を気にしないで買い替えようとすると、上手くいかないことになりかねません。

それでは、エアコンを買い替える時期や年数についてご説明しましょう。

エアコンが製造されて5年以上経っている場合は買い替えるチャンス

エアコンの買い替えを検討しているなら、製造年数を確認してみましょう。

まだ製造年数から1年や2年ほどしか経っていないなら、買い替えるのはまだ早いです。

しかし、製造されてから5年以上経っている場合は買い替えるのがおすすめです。

エアコンの寿命は基本的に10年とされているので、5年以上経っているエアコンは残り数年で壊れる可能性があるということになります。

もちろん10年経った時点で必ず壊れるということではありませんが、いつ壊れるか分からない家電をずっと使い続けるというのはあまり良いことではないでしょう。

どちらにしても製造されて5年経っていた場合、その半分の価値しかないエアコンを買い取ってくれる店舗はほとんどありません。

むしろ電気代のことを考えれば、古いエアコンを使い続けた時の方が赤字になることもあります。

もったいないからといって長く使い続けることの方が、デメリットが大きいことも十分考えられます。

全体的なコストとして見合わなくなってしまうので、新しいエアコンに買い替えた方が10年ほど長持ちしつつ、省エネ機能があるエアコンを使用できるでしょう。

夏の暑い時期や冬の寒い時期が到来する少し前の時期が買い替えのタイミング

エアコンを買い替える場合、時期によるタイミングも重要です。

まず、エアコンが高騰したり品薄状態になりやすいのは、夏の暑い時期と冬の寒い時期です。

どちらもエアコンをフル稼働させていると、何かの拍子に故障してしまい、購入するしか方法がない場合があります。

つまり、冷房と暖房を稼働させる人が急激に増える時期はエアコンが購入しにくくなります。

暑いから、寒いからエアコンを買い替えるのではなく、「そろそろ気温が高くなったり低くなったりするだろう」と感じ始めた時が絶好のタイミングだと言えるでしょう。

エアコンを販売している側としても、これから品薄状態になることを見越して準備をしているはずなので、この時期にエアコンを探せば高品質のエアコンが購入できる可能性が高いです。

引越しの際に賢く買い替えることも、引越しの初期費用を抑えることになるのではないでしょうか。

さいごに

エアコンはデリケートな家電であり、引越しを機に買い替えか移設を迫られる家電でもあります。

古いエアコンを所有しているのであれば、ただちに買い替えた方がメリットが大きいので、是非ともエアコンの買い替えを検討してみましょう。

エアコンを買い替えた方が長く使えて電気代も節約できるため、製造年数を確認して買い替えの時期がいつになるのか考えるのが得策ですね。

買い替えたエアコンの処分についてはこちらをご覧ください。

引越しする時になって不要になるものや、家電の買い替えなどが出てくることもありますよね。 引越しを機にいろいろと変化することによって、新しい...


引越しで損しないために
引っ越し料金一括見積もりサイトで相見積もりを取ることで料金が安くなる場合が多いです。

私の場合、83,000円の業者と44,000円の業者がありました

危なく39,000円も損するところでした。

1分程度の入力で最大30社から見積もりを取ることができます。

電話登録が不要なので電話がかかってくる心配もありません。

利用料無料で安く引越しをした人にはおすすめのサービスです。

賃貸物件サイトで有名なSUUMOが運営している一括見積もりサイト『SUUMO引越し見積もり』を詳しく見てみるならこちらをどうぞ。

最安値で引っ越しできる業者を試しに見てみる(無料)



関連記事

引越しで不要になったエアコンを取り外し処分すると料金はどのくらいかかるの?

引越しで不要になったエアコンを売ることはできる?買取業者ってあるの?

引っ越しでエアコンを外すついでクリーニングすると代金はいくらくらい?

引越しでエアコン移設(取り付け取り外し)する場合の費用の相場はいくらなの?

引っ越し前のエアコンの掃除はどうするの?自分で?業者がやってくれるの?

引越しでエアコンが不要になったけど処分はどうしたらいい?料金はどのくらいかかる?